【最新版】格安SIM(MVNO)料金徹底比較・まとめ - 携帯料金が絶対下がるぞ

最終更新 [2019年3月18日]





クレジットカード「JCB THE CLASS」のインビテーション(招待)を受け取る方法です。

JCBザ・クラス インビテーション

[3月18日更新]
2019年のメンバーズセレクションの内容を追記しました。

JCBカードの中では最上級でブラックカードの立ち位置となる「JCB THE CLASS(ザ・クラス)」

このJCB THE CLASSは、インビテーションと呼ばれるJCBからの招待が必要となります。
以前は突撃と呼ばれる自己申請もできたようですが、現在は突撃は受け付けていないとのことです。

今回、JCBゴールドに入会⇒ゴールド・ザ・プレミア⇒ザ・クラスと切り替わっていく実録データが手に入ったのでカードの利用履歴(実際に利用した金額)やインビテーションが届くまでに行ったことなどを紹介します。

ザ・クラスはブラックカードの中だとかなりコスパのいいカード(実質年会費3万円以下)
JCBザ・クラスコスパ

JCB THE CLASSの年会費は50,000円(税別)です。
よく同じレイヤーのクレジットカードとして比較されるアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードやダイナースクラブ プレミアムカードは共に130,000円(税別)となっているのでJCB THE CLASSが格段に安いということがわかります。
(金額が違いすぎるので比較対象なのか微妙かもですが…)

さらにザ・クラスには年に1回『メンバーズセレクション(通称:メンセレ)』という会員向けのカタログギフトのようなプレゼントがもらえるという特典があります。
このメンバーズセレクションでディズニーランド/シーやUSJのペアチケットやJCBトラベルクーポンなどを1つ選ぶことができ、これが25,000円相当となっています。
2019年のメンセレでゲットできるアイテムや旅行なども後述しています。

このメンバーズセレクションの特典分を考えるとJCB THE CLASSの年会費は実質3万円以下ということになります。
ブラックカードだと考えるとかなりコスパがいいのではないでしょうか。

実際にザ・クラスのインビテーションが届くまでの利用履歴などを細かく公開!
JCBザ・クラス インビテーション

JCB THE CLASS含め、クレジットカードは基本的に審査基準が全く公開されていないので、この記事で紹介しているものと同じことをすれば確実にインビテーションが届くという保証はありませんが、この記事で紹介している金額の利用、使い方をしたらゴールド入会から3年でザ・クラスのインビテーションが届いたのは事実です。

JCB THE CLASSをゲットしたい!と考えている人は、一例として参考にしてみてください。
※最近は招待なしで作れる「JCBプラチナ」というカードも存在していますが、この記事ではゴールドからクラスになるまでの流れやメンバーズセレクションの特典などを紹介しています。

JCBカードのお申し込みはこちら
JCB一般カード
JCBゴールド
JCBプラチナ



【実録】ブラックカード「JCB THE CLASS」のインビテーションを受け取る方法 – 招待が届くまでのカード履歴など

31歳でゴールドに入会⇒3年後の34歳でザ・クラスのインビテーションが届く

最初の第一歩はJCBプロパーカードの「ゴールド」を作る
JCBゴールドカード

JCBゴールド

今回紹介しているJCB THE CLASSゲットまでの流れは、ゴールド⇒プレミア⇒クラスとなります。
一番最初のスタートとなる作ったカードは↑のJCB ORIGINAL SERIESと呼ばれるプロパーカード『JCBゴールド』です。

年会費が10,000円(税別)という一般的なゴールドカードです。
基本還元率は0.5%と高くはないですが、セブンイレブンやスタバ、Amazonでの買い物などはポイント優待店となりポイントが数倍となるので使い方によっては還元率がグッと高くなるカードです。

また「JCBスターメンバーズ」という4段階のステージが用意されており、年間利用金額が多くなるとステージアップして還元率が高くなります。
JCBプロパーカードは利用金額が多い&利用する環境によっては、けっこう高還元率のクレジットカードとなります。

このカードでクイックペイ機能付きカードを申し込んだのがスタートとなります。
ゴールドカードを作成した時の年齢は31歳でした。

JCBゴールド⇒ザ・プレミアに切り替え(最短2年)

2年連続100万円以上の利用で絶対に『ザ・プレミア』の案内が届く
JCBゴールドからクラス

JCBゴールドの1つ上のカードに「JCBゴールド・ザ・プレミア」というカードがあります。
このザ・プレミアは、『ゴールドカードのショッピング枠を2年間連続で100万円(税込)以上使う』ことで絶対に案内が届くカードとなっています。

JCB ORIGINAL SERIES(プロパーカード)には、JCBスターメンバーズというステージ(ランク)があります。
年間100万円以上を利用した場合、「スターα PLUS」というステージとなります。
このスターα PLUSが2年間続く=ザ・プレミアの案内が確実に届くということになります。

『ザ・プレミア』は申し込んでもデメリットはないと思う
JCBザ・プレミア

ザ・プレミアの年会費は15,000円(税別)ですが、前年度のショッピング枠の利用金額が100万円以上(ステージがスターα PLUS以上)であれば年会費はゴールドと同じ10,000円(税別)となります。

ちなみにゴールド⇒プレミアに変更の場合はカード番号の変更はありません(後述していますが、ザ・クラスになる時はカード番号の変更が必須となります)

ザ・プレミアの案内が届いても申請せずにゴールドを続けることもできますが、大きなデメリットもない(利用額が年間100万円以下になると年会費が上がるくらい)&ザ・クラスへの道のりの1つだと思うので、ザ・プレミアの案内が届いた人は、切り替えておくといいと思います。

ザ・プレミア⇒ザ・クラスに切り替え(実録で1年)

JCBザ・プレミア
年間利用金額は100万円以上、300万円以下(スターα PLUSが3年連続)

今回のケースの場合は、ゴールドからザ・プレミアに切り替えて1年間利用したタイミングでザ・クラスのインビテーションが届きました。
カード利用額の詳細は後述していますが、年間の利用額は引き続き100万円以上、300万円以下でステージはスターα PLUSを引き続き継続しているという状態でした。

結果的にスターα PLUSを3年連続維持することでJCBゴールドからザ・クラスになったということになります。

ザ・クラスは一時期は40歳以上という話もあったみたいですが今は30代でもOKみたい

今回のケースでは、ゴールド入会が31歳、ザ・クラスに切り替えたのが34歳です。
昔は「JCB THE CLASSは40歳以上」という条件があったという話も聞いたことがありますが、現在は違うようです。

自分で申し込む(通称:突撃)は現在は受付ていない

最初にも書いていますが、JCBゴールドやプレミアデスクなどサポートに電話などで問い合わせて「ザ・クラスのインビテーションを送って欲しい」という突撃と呼ばれる自己申請は現在は全く受け付けていないようです。
以前は突撃でもゲットできたようですが、現在はこの記事で紹介しているようにゴールドなどからコツコツと実績を積み上げていくしかないようです。

以上がJCBゴールド⇒ザ・プレミア⇒ザ・クラスと切り替わっていった流れとなります。
ここからは、実際にクレジットカードを利用した年間の金額や実際にこんな感じで使っていたというのを紹介しています。

JCBカードのお申し込みはこちら
JCB一般カード
JCBゴールド
JCBプラチナ


JCB THE CLASSの招待が届くまでのカード履歴(1年間の合計金額とステージ)

ザ・クラスが届くまでに利用した毎年のカード利用金額
年度 カードの種類 利用金額 ステージ
1年目 ゴールド 1,631,379円
2年目 ゴールド 2,081,428円 スターα PLUS
3年目 ザ・プレミア 2,589,106円 スターα PLUS
4年目 ザ・クラス スターα PLUS
3年間合計 6,301,913円

実際のJCBカードの利用金額は↑でした。
JCBスターメンバーズの集計期間は毎年12月16日~翌年の12月15日となっており、最初にゴールドに入会したのは1月でした。
今回のケースでは、【JCBゴールド】163万円⇒208万円⇒【ザ・プレミア】259万円⇒合計630万円分の利用で【ザ・クラス】という結果となりました。

一度も年間合計100万円以下の利用を下回ったことはない(ずっとスターα PLUS)
JCBカード利用履歴

途中にも書きましたが、↑のカード利用を見てもらってもわかるようにJCBゴールド入会からザ・クラスに切り替えるまで一度も年間利用金額100万円以下になったことはありませんでした。

1年目以外は、ずっとスターα PLUSのステージにいたということになります。


逆に一度も年間300万円以上のロイヤルαPLUSになったことはない

JCBスターメンバーズは4つのステージから構成されています。

一番上のステージはロイヤルαPLUS年間300万円以上を利用する人のみに与えられる「ロイヤルαPLUS」というステージですが、このステージには一度もなったことがない(年間300万円以上利用したことはない)状態でザ・クラスのインビテーションが届きました。

毎月の金額が3万円以下など少額なこともあった
JCBカード利用履歴

ちなみに毎月の支払いが50,000円以下という月も多々ありました。
↑のように光熱費とコンビニなどでのクイックペイによるちょっとした買い物しか利用しておらず、利用金額が30,000円を切ったという月もありました。

リボや分割払い、キャッシングは一度も利用したことがない

また、リボ払いや分割払い、およびキャッシングは一度も利用したことがありませんでした。
基本的にJCBカードを利用しての買い物は次月に一括払いで支払いを行っていました。

ザ・クラスのインビテーションが届くまでJCBカード利用で心がけたこと

光熱費や携帯電話料金など固定費をJCBカードにまとめる
JCBカード利用ポイントfor THE CLASS

光熱費や携帯電話など毎月絶対お金がかかる出費に関しては全てJCBカードにまとめました。
光熱費の他に有料のサービス(↑だとスカパー視聴料など)など毎月出ていくことが確定しているお金はJCBカードにまとめています。

個人事業主などをやっていて国民年金に加入している人や個人年金などに入っている人は商品によってはクレジットカード支払いに対応していると思うので、固定費で引き落としになっている項目がクレジットカード払いに対応していないか?をチェックしてみてください。

関連記事:【おトク】国民年金保険料をクレジットカードで支払う方法


Apple Pay、Google Pay含めクイックペイを積極的に利用。少額決済もほぼJCBで行った
クイックペイfor THE CLASS

クイックペイを利用して少額決済でもJCBカードでの支払いを行いました。
最初は、クイックペイ機能が付帯したJCBゴールドカード自体を利用してクイックペイを使用していましたが、その後は、nanacoとクイックペイをくっつけた「クイックペイnanaco」およびApple Pay&Google Payといったスマホで決済を行いました。

コンビニでジュースを買うなど少額決済であっても基本的にJCBカードから支払いが行われるクイックペイを使って決済しました。

ちなみにJCB ORIGINAL SERIESでクイックペイnanacoを使うと超便利&おトクなのでJCBプロパーカードを使っている人には絶対オススメします。

関連記事:nanacoにquicpay機能を追加する方法


税金やふるさと納税、自動車関連でかかるお金などの支払いもJCBを使う
JCBカード税金支払いfor THE CLASS

税金や自動車税、クルマの保険、ふるさと納税などの支払いもJCBカードを利用しました。
税金やクルマ関連の費用は金額が大きくなりがちなので利用金額アップにはもってこいです。

ただ、所得税など国税の場合は、JCBカードで支払うと手数料を考えると損になることもある(ステージによる)のでご注意を。

関連記事:国税をクレジットカードで支払う方法


【意味ないと思うけど】キャンペーンには積極的に参加してみた
JCBカードキャンペーン

開催されているキャンペーンには積極的に参加してみました。

といっても普通に参加した方がおトクだっただけですが…


この辺はJCB THE CLASSの審査やクレヒスには関係ないと思いますが一応。。

【意味ないと思うけど】ディズニーランドに行ったらJCBを率先して使ってみた
JCBカードディズニー

これも全く関係ないと思いますが一応。
JCBはディズニーランド/シーのオフィシャルスポンサーということもあり、ミッキーデザインのカードを発行していたり、ディズニー関連のキャンペーンが多くあったりします。
何かとディズニーをプッシュしています。

なので、時々ディズニーランドに行く(といっても多くて年2回程度ですが)時などは、絶対にJCBカードで何かと決済するようにしていました。
なんか媚を売るみたいな感じがちょっとイヤですが。。
まぁ本当に関係ないとは思います。。

こんな感じの利用状態を続けていると…

JCB THE CLASSのインビテーションが届いた!

3回目のカード更新時にインビテーション到着。事前連絡などはなし
ザ・クラスインビテーション

今回のケースでは、このような利用状況で3回目のステージ更新時にJCB THE CLASSのインビテーションが届きました。
1年間ザ・プレミアを使っており、何度かプレミアデスクのサポートさんとも電話などでやり取りさせてもらっていたのですが、そういったデスクなどから一切連絡はなく、突然家に↑のインビテーションが届きました。

ザ・プレミア⇒ザ・クラスに変更する時の概要や注意点

ザ・プレミアとは違い、カード番号が変更になるので注意!
JCBザ・プレミアカード番号変更

JCBゴールド⇒ザ・プレミアに変更される時はカード番号の変更はないのですが、ザ・クラスに切り替える時はカード番号が変更となります。
光熱費等の固定費にJCBカードを登録している人は、再登録が必要となるのでご注意を。

既存のクイックペイ、ETCはそのまま継続OK。ApplePayなどへの再登録も必要

クイックペイnanacoなどクレジットカード本体とは別に発行しているクイックペイ機能がついたカードおよびETCカードは情報が引き継がれるとのことでそのまま引き続き同じものが利用可能です。

逆にApple PayやGoogle Payなどスマホ決済用に登録している場合もカード番号が変更となるので再度登録する必要があります。
まぁこれに関してはスマホとカードが手元にあればすぐに完了します。

[関連記事]
【Apple Pay】クレジットカードをiPhoneに登録する方法
Google Payにクレジットカードを登録する方法


ザ・クラス申請のタイミングでクイックペイあり/なしの切り替えができる
ザ・クラス★●

ちなみにJCBカードはクイックペイ機能あり⇔なしの切り替えは基本的にできませんが、ザ・クラスに切り替えるタイミングであれば変更することができます。
ゴールド(またはザ・プレミア)のクイックペイ機能ありのカードを使っているとクイックペイ機能ありのザ・クラスのインビテーションが送られてきますが、ここでJCBのサポートさんに電話するとクイックペイ機能なしのインビテーションに切り替えて再度送ってもらうことができます。

★:クイックペイ機能なし、●:クイックペイ機能あり

★ザ・クラス:クイックペイ機能なし
●ザ・クラス:クイックペイ機能あり

どうでもいい話ですが、MyJCB(カードの管理画面)にログインした時に★と表示されているとクイックペイ機能なし、●と表示されているとクイックペイ機能ありのカードとなります。
あくまでもクレジットカード自体にクイックペイ機能があるorないという意味なだけであって、別途クイックペイ機能のあるカードはもちろん発行できますし、現在利用しているクイックペイnanacoなども引き続き利用可能です。

ザ・クラスが届いてから1ヵ月程度はザ・プレミアも併行して利用可能

ちなみにザ・クラスに切り替えることになってもザ・プレミアは1ヵ月程度は併行して利用可能とのことでした。
登録しているカードの変更なども考えて、猶予期間が設定されているんだと思います。
まぁ当たり前か。。

【3月中旬に届いだ】JCB THE CLASSのメンバーズセレクション(通常:メンセレ)の内容

JCB THE CLASSメンバーズセレクション

JCB THE CLASS入会後、3月中旬に年1回の楽しみである『メンバーズセレクション(通称:メンセレ)』が届きました。
2019年の内容だと「厳選ギフトコース」か「トラベルコース」から1つ選ぶことができます。
どのアイテム、旅行を選んでも25,000円相当となっており、無料でもらえます(年会費に含まれています)

厳選ギフトコース
JCB THE CLASSメンバーズセレクション JCB THE CLASSメンバーズセレクション

厳選ギフトコースは、メンバーズセレクションのカタログ内にあるアイテムを選ぶことができるコースです。
2019年の物だとSIXPADやクラシックミムゴの折り畳み自転車、ティファールのアイロンやシャープのプラズマクラスター、デロンギ、Dimplex etc…かなり様々&豪華なアイテムラインナップとなっていました。

自分は時々、カタログギフトなどを貰うこともあるのですが、あまり欲しいものがないなぁということが多くありました。
が、メンバーズセレクションの厳選ギフトコースは豪華なアイテムがラインナップされており、どれにしようか迷えるレベルのラインナップでした。

エンターテインメント&トラベルコース
JCB THE CLASSメンバーズセレクション JCB THE CLASSメンバーズセレクション

メンバーズセレクションでは、ギフトアイテム以外に旅行を選ぶこともできます。
2019年の物だと

・JCBトラベルクーポン25,000円分
・ディズニーリゾートパークチケット2枚組&ダッフィー、シェリーメイのぬいぐるみセット(またはジェラトーニ、ステラ・ルーのぬいぐるみセット)
・ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)のスタジオパス2枚組&JCBエクスプレスパス引換券4枚セット(またはスタジオパス2枚とオリジナルデザインプレモカード1万円分)

といったラインナップとなっていました。

ディズニーホテルスイートルーム優待券も
JCB THE CLASSメンバーズセレクション

またメンバーズセレクションと同梱される形でディズニーホテルスイートルーム優待プランの案内も入っていました・
ディズニーアンバサダーホテル(ミッキーズ・ペントハウス・スイート)とディズニーランドホテル(ウォルト・ディズニー・スイート)が通常価格の40%割引、ディズニーシーミラコスタ(イル・マニーフィコ・スイート)が20%割引で利用できるトンことでした。

JCBゴールドからザ・クラスまでの道のりはこんな感じ

コスパのいいブラックカード「JCB THE CLASS」をゲットしたいと考えている人は参考にしてみてください

ザ・クラスインビテーション

JCBゴールドからザ・クラスまでの道のりはこんな感じです。
今回のケースでは、特にめっちゃくちゃ派手な決済を行いまくったという印象ではなく、払える(支払いが対応している)ものはすべてJCBカードでの決済を繰り返すという印象でした。
以前のように『突撃』ができない今、ゆっくりとクレジットカードの利用を積み立てていくということがやっぱり一番だと思います。

アメックスプラチナやダイナースのブラックカードと呼ばれるものは年会費が高すて躊躇するレベルですが、JCB THE CLASSであればメンバーズセレクションで毎年何かがもらえると考えるとそこまで高額な年会費ではないと思います。

最初にも書きましたが、この記事で紹介しているものと全く同じ利用金額および利用方法でザ・クラスのインビテーションが確実に届くという保証はありません。
が、この記事で紹介している利用方法でインビテーションが届いたのは間違いありません。

コスパのいいブラックカード『JCB THE CLASS』のゲットを考えている人は、この記事も一例だと思って参考にしてみてください。

ちなみに最近だと最初から申し込める「ザ・プラチナ」がある

ザ・プラチナ⇒ザ・クラスの方がインビテーションが届くのも早いかも?
JCBカード税金支払いfor THE CLASS

ちなみに今回のケースでJCBゴールドに入会した時は、「JCBプラチナ」というカード自体がありませんでした。
現在は、年会費25,000円(税別)のJCBプラチナカードも申し込めるようになっています。

今回紹介した内容だとゴールドからザ・クラスまで3年でしたが、プラチナを利用していればもっと早くザ・クラスになれるのかも??
この辺は何とも言えませんが、ゴールドより最初からもっと上位のカードが欲しい!と感じている人は、JCBプラチナという選択肢もアリかもしれません。

ただ、ザ・クラスが紹介されているJCBの公式ページでは、ゴールド⇒ザ・プレミア⇒ザ・クラスという流れとなっているのは間違いありませんが。

JCBカードのお申し込みはこちら
JCB一般カード
JCBゴールド
JCBプラチナ


< この記事をシェア >






現在開催中の「おトク」なキャンペーン、セール

【7.1万円還元!】ソフトバンクのAndroidを購入して高額キャッシュバックをGETする方法

携帯電話

ソフトバンクのAndroidにお乗り換えすると高額キャッシュバックがもらえるぞ!

ソフトバンクのiPhone Xを購入して高額キャッシュバックをGETする方法

携帯電話

iPhone Xで高額キャッシュバックがもらえるのは超激熱!

【9月30日まで】機種変更も対象!ワイモバイルのAndroidスマホ、タブレットを一括5円~555円で購入する方法 – Y!mobileのおトクなるセール

携帯電話

ワイモバイルのAndroidやタブレットを一括5円~555円で購入する方法です。 Y!mobile(ワイモバイル)がワイモバイル「おトクなる5周年キャンペーン」というキャンペーンを開催しており、Androidスマホやタブ […]

【一括0円+キャッシュバック】ソフトバンクのAndroidスマホ(Pixel 3a、Xperia XZ3など)を激安で購入する方法

携帯電話

MNPならソフトバンクのGoogle Pixel 3aやXperia XZ3が一括0円!一括0円でさらにキャッシュバックが貰える機種もアリ!

Amazon Music Unlimitedを90日間無料で利用する方法 – 通常の30日から90日に延長!非プライム会員も対象

キャンペーン

Amazonの音楽聞き放題サービス「Music Unlimited」が90日間も無料で体験できちゃう!


≫ 開催中のキャンペーンをもっと見る

usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m


キーワード:JCB , JCB ORIGINAL SERIES , JCB THE CLASS , JCBカード , JCBゴールド , JCBザ・クラス , プロパーカード ,




新着記事

【5~10%OFFクーポン】イトーヨーカドーネット通販のクーポンをゲットする方法

キャンペーン

イトーヨーカドーネットの割引クーポンを使ってお得にお買い物しよう!

【iPhone・iPad】現在利用中の月額課金アプリ/サービスを確認&解約(退会)する方法 – 自動更新の停止もOK

iPhone / iPad

意外と入って解約を忘れるApple IDの月額課金サービス&アプリ。今何に加入しているか?の確認して要らないものは退会しよう

Uberで自分がいる現在地をドライバーに共有する方法

乗り物

ドライバーに自分の現在位置をシェアする事ができるぞ!

【LINE】オープンチャットのトークルームから退会できない時の対処方法(強制退会する手順)

LINE

メッセージが多すぎて?LINEオープンチャットのトークルームから退会ができない… そんな時はLINE公式のこのやり方で強制退会できる!


≫ 新着記事をもっと見る



usedoorTOPへ戻る

usedoorをフォロー


  • 注目の使い方

    LINEで駅構内のロッカーの空き状況を調べる方法 – JR東日本ChatBotが優秀!

    駅着く前にロッカーの状況がわかるので地味に便利。駅内で探し回らなくてもすむぞー


    【LINE】トークの写真、画像内の文字を読み取ってテキスト化する方法 – 写真の中の文字をメッセージに変換。翻訳もできる!OCRアプリとして使えちゃう

    これは便利!スクリーンショット画像の文字をLINEに読み取ってもらってそのままメッセージとしてトークに送信したり翻訳したりできちゃう!


    【LINE】自分が操作しているスマホの画面をリアルタイム共有する方法 – スマホやアプリの操作方法等を簡単にシェア!

    LINEを通して両親や友だちなどにスマホやアプリの操作方法などを教える、紹介する時にマジ便利!


    注目の記事をぜんぶ見る

  • 最新記事

    【5~10%OFFクーポン】イトーヨーカドーネット通販のクーポンをゲットする方法

    イトーヨーカドーネットの割引クーポンを使ってお得にお買い物しよう!


    【iPhone・iPad】現在利用中の月額課金アプリ/サービスを確認&解約(退会)する方法 – 自動更新の停止もOK

    意外と入って解約を忘れるApple IDの月額課金サービス&アプリ。今何に加入しているか?の確認して要らないものは退会しよう


    Uberで自分がいる現在地をドライバーに共有する方法

    ドライバーに自分の現在位置をシェアする事ができるぞ!


    【LINE】オープンチャットのトークルームから退会できない時の対処方法(強制退会する手順)

    メッセージが多すぎて?LINEオープンチャットのトークルームから退会ができない… そんな時はLINE公式のこのやり方で強制退会できる!


    最新記事をもっとチェック

  • usedoorをフォロー


  • 現在開催中の"おトク"なセール、キャンペーン、お買い得アイテムまとめ

    【8月版】dカード&dカード GOLDのおトクな使い方、徹底まとめ。ドコモユーザー以外にもメリット多数!おトクな入会キャンペーン開催中

    10%還元で噂のdカード GOLDと通常dカードの還元率、メリット、デメリット、比較、疑問を徹底的にまとめています


    【7.1万円還元!】ソフトバンクのAndroidを購入して高額キャッシュバックをGETする方法

    ソフトバンクのAndroidにお乗り換えすると高額キャッシュバックがもらえるぞ!


    Amazon Music Unlimitedを90日間無料で利用する方法 – 通常の30日から90日に延長!非プライム会員も対象

    Amazonの音楽聞き放題サービス「Music Unlimited」が90日間も無料で体験できちゃう!


    開催中のキャンペーンをぜんぶ見る

  • あわせて読みたい記事