【読んどいて!!】現在開催中の激熱キャンペーン、セールまとめ!

最終更新 [2019年5月31日]





ドコモの料金プラン『ギガホ』と『docomo with』での契約は毎月の維持費がとちらがおトクか?を比較してみました。

ドコモ分離プラン『ギガホ』『ギガライト』

[2019年5月29日 追記]
docomo with回線を5月末までに契約して割引が適用されている場合、2019年夏モデル以降の端末を購入した場合もwith割引を適用し続けることができます。
また、対象機種であればwith割引適用中でもスマホおかえしプログラムにも加入できます。
機種変更時に新プラン「ギガホ/ギガライト」にプラン変更しないことが条件となります。

[2019年5月22日更新]
ギガホ/ギガライトの予約受付が開始されました。
6月30日までにマイドコモ(ウェブ)から新料金プランを申し込むと300ポイントがもらえるキャンペーンが開催されています。
ただ、新プランの方が月額料金が高くなる場合もあるので申し込みは慎重にどうぞ。


新しい料金プランとなる分離プラン『ギガホ』『ギガライト』が発表されました。
新プランは5月22日から受付開始⇒6月1日から提供開始となります。

また、ギガホ・ギガライト提供に伴い、月々サポートや端末購入サポート、docomo withは5月31日をもって受付終了となります。

新プランとdocomo withを継続、結局どっちが安い??
ドコモ分離プラン『ギガホ』『ギガライト』

ドコモの分離プランは「高い」「安い」というどちらの意見もあります。
実際に新プランの方がおトクかどうか?は、家族割引(何回線契約があるか?)や毎月使いたいモバイルデータ通信量など自分が利用、契約する環境によって異なります。
個人的には、ギガホは正直そこまで安いとは思っていません。。

新旧プランでシェアの定義などが違うので単純比較はできませんが、可能な限りケース別に新プラン「ギガホ」「ギガライト」と新規受付中止となる「docomo with」割引を適用した現在のプランのどちらが毎月の料金が安くなるかを比べてみました。

ドコモ的には「4割安い」新プランとdocomo withを継続するか?で悩んでいる人(自分もそうなんですが…)はチェックしてみてください。

[目次]
最初に。新料金の分離プラン「ギガホ」と「ギガライト」について
一人で契約する場合(家族割なし)の比較
夫婦など家族2人で契約する場合の比較
家族3人(以上)で契約する場合



【ドコモ】新料金の分離プラン『ギガホ』『ギガライト』とdocomo withの毎月の料金を比べてみた

最初に。新料金の分離プラン「ギガホ」と「ギガライト」について

ドコモ『ギガホ』『ギガライト』
ギガホ ギガライト
価格 6,980円
※2年契約時。2年契約なしは8,480円
2,980円~5,980円
※2年契約時。2年契約なしは4,480円~7,480円
セット内容 家族間国内通話無料(家族以外は30秒20円)+データ通信+インターネット接続サービス
特徴 月30GBまでは超高速通信
30GB以上は速度制限となるが制限時のスピードは1Mbps
最大で月7GBまでは超高速通信
7GB以上は従来と同じ128kbpsでの速度制限
割引 グループ内に2回線:-500円/1回線
グループ内に3回線以上:-1,000円/1回線
【ギガホのみ】2019年9月30日までに契約:-1,000円/1回線 ※最大6ヵ月のギガホ割

分離プランとなるギガホとギガホライトの概要や価格は↑の通りです。
現在提供されているプランとは違い、価格に「通話」「インターネット接続料(SPモード)」の料金も含まれている&端末を購入しても割引がないことが大きな特徴です。

月間5GB以上利用する可能性があるなら「ギガホ」の選択を!

また、ギガライトは月5GB以上利用するとギガホの方がおトクになります。
最低利用金額は、ギガホライトを月1GB以内で納める&家族3人以上の契約で1,980円となります。
※ガラケーからの乗り換えや契約変更なら、はじめてスマホ割が適用され980円~ですが、一部のユーザーにしか適用されないと思うので1,980円~としています。

ギガホ、ギガライトの詳細や注意点などは↓の記事にガッツリまとめているのでチェックしてみてください。

関連記事:【ドコモ分離プラン】新料金『ギガホ』『ギガライト』徹底まとめ


新プランとdocomo withのケース別料金比較

一人で契約する場合(家族割なし)

ドコモ『ギガホ』『ギガライト』
毎月データ通信量が多い人向けの大容量プランでの比較
新プラン 旧プラン
ギガホ ウルトラデータLLパック ウルトラデータLパック
データ量 30GB
超過時の速度は1Mbps
30GB
超過時の速度は128kbps
20GB
超過時の速度は128kbps
パケットパック価格 6,980円 8,000円 6,000円
通話プラン
※かけ放題なし
0円
※プランに付属
980円
インターネット接続料金 0円
※プランに付属
300円
割引 -0円
※9月30日までの申し込みで-1,000円/月が最大6ヶ月間
-1,500円
コミコミ価格 6,980円
(30GB+1Mbps通信)
7,780円
(30GB+128kbps通信)
5,780円
(20GB+128kbps通信)
その他 余ったパケットは繰り越し可

※価格は税別
※2年契約時の価格
※両プランとも5分かけ放題は+700円、フルでかけ放題は+1,700円と考えればOK

一人で家族割なしで20~30GBの大容量パケットプランを契約した場合の比較はこんな感じです。
20GB以上使うと考えると新プランのギガホの方がおトクになります。
月間20GB以内に収まると考えた場合は、旧プランとなるウルトラデータLパック(20GBプラン)の方がおトクです。

毎月のデータ通信量が少ない人向けの従量制プランでの比較
新プラン 旧プラン
ギガライト ベーシックパック
データ量 1GB未満~7GB
超過時の速度は128kbps
1GB未満~20GB
超過時の速度は128kbps
パケットパック価格 2,980円~5,980円 2,900円~7,000円
通話プラン
※かけ放題なし
0円
※プランに付属
980円
インターネット接続料金 0円
※プランに付属
300円
割引 -0円 -1,500円
コミコミ価格 2,980円~5,980円
(最大7GB+128kbps通信)
2,680円~6,780円
(最大20GB+128kbps通信)

※価格は税別
※2年契約時の価格
※両プランとも5分かけ放題は+700円、フルでかけ放題は+1,700円と考えればOK

一人で家族割なしで段階制(従量制)プランを契約した場合はこんな感じです。
従量制プランに関しては、docomo with割引を適用した方がおトクになると思います。

ただし、新旧両プランとも5GB/月を超過した場合は、先述した大容量プランの方が月額料金が安くなります。
これらのプランを契約する人は、月4GB以内くらいまでしか絶対に使わない!くらいの感覚でいた方がいいと思います。

【1人利用】ギガホとベーシックパックの比較
新プラン 旧プラン
ギガホ ベーシックパック
データ量 30GB
超過時の速度は1Mbps
1GB未満~20GB
超過時の速度は128kbps
パケットパック価格 6,980円 2,900円~7,000円
通話プラン
※かけ放題なし
0円
※プランに付属
980円
インターネット接続料金 0円
※プランに付属
300円
割引 -0円
※9月30日までの申し込みで-1,000円/月が最大6ヶ月間
-1,500円
コミコミ価格 6,980円
(30GB+1Mbps通信)
2,680円~6,780円
(最大20GB+128kbps通信)

※価格は税別
※2年契約時の価格
※両プランとも5分かけ放題は+700円、フルでかけ放題は+1,700円と考えればOK

一人で家族割なしでギガホとベーシックパックを比べた場合の比較はこんな感じです。
全体的にギガホよりも旧プランの従量制プランとなるベーシックパックの方がおトクになります。

ただし、ベーシックパックの場合は20GB以上使うと128kbpsの通信速度規制となります。
月間20GBは絶対に超えない(できれば5GBを超えない)という人であればベーシックパック+docomo withの方がおトクということになります。

夫婦など家族2人で契約する場合

ドコモ『ギガホ』『ギガライト』
毎月データ通信量が多い人向けの大容量プランでの比較
新プラン 旧プラン
ギガホ ウルトラシェアパック30 ウルトラシェアパック50
データ量 30GB/1回線当たり
超過時の速度は1Mbps
30GB/全回線合計
超過時の速度は128kbps
50GB/全回線合計
超過時の速度は128kbps
パケットパック価格 13,960円
(6,980円×2)
13,500円 16,000円
通話プラン
※かけ放題なし
0円
※プランに付属
1,960円(980円×2)
インターネット接続料金 0円
※プランに付属
600円(300円×2)
その他 0円 500円
(シェアグループ子回線の価格)
割引 -1,000円
(-500円/1回線×2)
※9月30日までの申し込みで月-1,000円/1回線が最大6ヶ月間
-3,000円(-1,500円×2)
コミコミ価格 12,980円
(1回線当たり30GB+1Mbps通信)
13,560円
(全回線合計で30GB+128kbps通信)
16,060円
(全回線合計で50GB+128kbps通信)
その他 余ったパケットは繰り越し可

※価格は税別
※2年契約時の価格
※2回線ともdocomo withで計算
※両プランとも5分かけ放題は+700円、フルでかけ放題は+1,700円と考えればOK

夫婦など2名で契約した場合の比較はこんな感じです。
ギガホは1回線あたり30GBが使える、旧プランはあくまでもシェアなので全く同じ条件での比較は難しいですが、各回線が月に30GB近く使うと考えると新プランの方がおトクになります。

毎月データ通信量が少ない人向けの従量制プランでの比較
新プラン 旧プラン
ギガライト ベーシックシェアパック
データ量 1GB未満~7GB/1回線当たり
超過時の速度は128kbps
5GB未満~30GB/全回線合計
超過時の速度は128kbps
パケットパック価格 5,960円~11,960円
(2,980円×2~5,980円×2)
6,500円~15,000円
通話プラン
※かけ放題なし
0円
※プランに付属
1,960円(980円×2)
インターネット接続料金 0円
※プランに付属
600円(300円×2)
その他 0円 500円
(シェアグループ子回線の価格)
割引 -1,000円
(-500円/1回線×2)
-3,000円(-1,500円×2)
コミコミ価格 4,960円~10,960円
(1回線当たり1GB~7GB+128kbps通信)
6,560円~15,060円
(全回線合計で5GB~30GB+128kbps通信)

※価格は税別
※2年契約時の価格
※2回線ともdocomo withで計算
※両プランとも5分かけ放題は+700円、フルでかけ放題は+1,700円と考えればOK

二人で家族割なしで段階制(従量制)プランを契約した場合はこんな感じです。
単純に価格だけで見ると新プランのギガライトの方が安く見えます。

が、新プランのギガライトは1回線当たり5GB/月を超えた場合はギガホの方がおトクになりますし、旧プランとなるベーシックシェアパックは全回線合計で月間15GBを超えた場合は、ウルトラシェアパック30GBの方がおトクになります。

これを考慮して、ギガライトを5GB未満/1回線、ベーシックシェアパックを10GB未満/2回線合計で考えた場合は、ギガライトが8,960円(2回線合計)、ベーシックシェアパックが9,060円(2回線合計)とほぼ同じになります。

【2人利用】ギガホとベーシックパックの比較
新プラン 旧プラン
ギガホ ベーシックシェアパック
データ量 30GB/1回線当たり
超過時の速度は1Mbps
5GB未満~30GB/全回線合計
超過時の速度は128kbps
パケットパック価格 13,960円
(6,980円×2)
6,500円~15,000円
通話プラン
※かけ放題なし
0円
※プランに付属
1,960円(980円×2)
インターネット接続料金 0円
※プランに付属
600円(300円×2)
その他 0円 500円
(シェアグループ子回線の価格)
割引 -1,000円
(-500円/1回線×2)
-3,000円(-1,500円×2)
コミコミ価格 12,980円
(1回線当たり30GB+1Mbps通信)
6,560円~15,060円
(全回線合計で5GB~30GB+128kbps通信)

※価格は税別
※2年契約時の価格
※3回線ともdocomo withで計算
※両プランとも5分かけ放題は+700円、フルでかけ放題は+1,700円と考えればOK

家族2人の契約でギガホとベーシックシェアパックを比較するとこんな感じです。
使い放題と従量制プランの比較となりますが、ベーシックシェアパックは最大で30GBまで利用できるので比較する人も多いと思います。

家族2人で利用して2回線合計のデータ通信量が少ない場合は↑のようにdocomo withとベーシックシェアパックの組み合わせの方がかなり安くなります。

2回線合計で月間10GB未満であれば9,060円。
15GB未満までであれば12,060円で利用できます。
が、15GBを超えた場合は、ベーシックシェアパックの料金が上限となるので2回線合計で15,060円となり、ギガホ×2の方が安くなります。



家族3人(以上)で契約する場合

ドコモ『ギガホ』『ギガライト』
毎月データ通信量が多い人向けの大容量プランでの比較
新プラン 旧プラン
ギガホ ウルトラシェアパック30 ウルトラシェアパック50 ウルトラシェアパック100
データ量 30GB/1回線当たり
超過時の速度は1Mbps
30GB/全回線合計
超過時の速度は128kbps
50GB/全回線合計
超過時の速度は128kbps
100GB/全回線合計
超過時の速度は128kbps
パケットパック価格 20,940円
(6,980円×3)
13,500円 16,000円 25,000円
通話プラン
※かけ放題なし
0円
※プランに付属
2,940円(980円×3)
インターネット接続料金 0円
※プランに付属
900円(300円×3)
その他 0円 1,000円
(シェアグループ子回線の価格 500円×2)
割引 -3,000円
(-1,000円/1回線×3)
※9月30日までの申し込みで月-1,000円/1回線が最大6ヶ月間
-4,500円(-1,500円×3)
コミコミ価格 17,940円
(1回線当たり30GB+1Mbps通信)
13,840円
(全回線合計で30GB+128kbps通信)
15,450円
(全回線合計で50GB+128kbps通信)
25,340円
(全回線合計で100GB+128kbps通信)
その他 余ったパケットは繰り越し可

※価格は税別
※2年契約時の価格
※3回線ともdocomo withで計算
※両プランとも5分かけ放題は+700円、フルでかけ放題は+1,700円と考えればOK

家族3名で契約した場合の比較はこんな感じです。
ギガホ・ギガライトは3名以上で利用すると割引料金が1回線あたり-1,000円となります。
4名以上で利用しても基本的に↑の計算となります。

新旧プランの価格を比べてみると月間データ通信量によって価格が大幅に変わってくることがわかります。
3回線合計でデータ通信量が月間50GBでおさまるという人であれば、旧プランの方が大分安くなります。

逆に3回線で100GB近く(1回線あたり30GB近くまで)使うという人は、新プランのギガホの方が大分安くなります。

毎月データ通信量が少ない人向けの従量制プランでの比較
新プラン 旧プラン
ギガライト ベーシックシェアパック
データ量 1GB未満~7GB/1回線当たり
超過時の速度は128kbps
5GB未満~30GB/全回線合計
超過時の速度は128kbps
パケットパック価格 8,940円~17,940円
(2,980円×3~5,980円×3)
6,500円~15,000円
通話プラン
※かけ放題なし
0円
※プランに付属
2,940円(980円×3)
インターネット接続料金 0円
※プランに付属
900円(300円×3)
その他 0円 1,000円
(シェアグループ子回線の価格 500円×2)
割引 -3,000円
(-1,000円/1回線×3)
-4,500円(-1,500円×3)
コミコミ価格 5,940円~14,940円
(1回線当たり1GB~7GB+128kbps通信)
6,840円~15,340円
(全回線合計で5GB~30GB+128kbps通信)

※価格は税別
※2年契約時の価格
※3回線ともdocomo withで計算
※両プランとも5分かけ放題は+700円、フルでかけ放題は+1,700円と考えればOK

家族3名で従量制プランを契約した場合の比較はこんな感じです。
4名以上で利用しても基本的に↑の計算となります。

が、新プランのギガライトは1回線当たり5GB/月を超えた場合はギガホの方がおトクになりますし、旧プランとなるベーシックシェアパックは全回線合計で月間15GBを超えた場合は、ウルトラシェアパック30GBの方がおトクになります。

【3人利用】ギガホとベーシックパックの比較
新プラン 旧プラン
ギガホ ベーシックシェアパック
データ量 30GB/1回線当たり
超過時の速度は1Mbps
5GB未満~30GB/全回線合計
超過時の速度は128kbps
パケットパック価格 20,940円
(6,980円×3)
6,500円~15,000円
通話プラン
※かけ放題なし
0円
※プランに付属
2,940円(980円×3)
インターネット接続料金 0円
※プランに付属
900円(300円×3)
その他 0円 1,000円
(シェアグループ子回線の価格 500円×2)
割引 -3,000円
(-1,000円/1回線×3)
※9月30日までの申し込みで月-1,000円/1回線が最大6ヶ月間
-4,500円(-1,500円×3)
コミコミ価格 17,940円
(1回線当たり30GB+1Mbps通信)
6,840円~15,340円
(全回線合計で5GB~30GB+128kbps通信)

※価格は税別
※2年契約時の価格
※3回線ともdocomo withで計算
※両プランとも5分かけ放題は+700円、フルでかけ放題は+1,700円と考えればOK

家族3名の場合にギガホとベーシックシェアパックを比較するとこんな感じです。
使い放題と従量制プランの比較となりますが、ベーシックシェアパックは最大で30GBまで利用できるので比較する人も多いと思います。
実際に自分が契約している環境だとこの2つのプランが比較対象でした。

ギガホだと1回線当たり30GB/月のデータ通信が利用できますが、3回線で17,940円かかります。
ベーシックシェアパックだと3回線で6,840円~で利用できますが、これだと3回線で5GB/月というデータ量になります。
10GB未満であれば、3回線で9,340円。
15GB未満であれば、3回線で12,340円となります。

自分の環境(1ヵ月10GB未満、多くても15GB未満)の場合は、ギガホよりベーシックシェアパックの方が断然安くなります。

家族内でギガホとギガライトを組み合わせることもできるので↑で紹介した以外のパターンもあり

ドコモ『ギガホ』『ギガライト』

新プランの「ギガホ」と「ギガホライト」は組み合わせて契約することもできます。
家族で3回線契約している人が、パパママはギガホ、子どもはギガライトなんていう契約ができるということです。
この組み合わせもできるので全てに↑で紹介したケースの料金になるという訳ではありません。

従量制の「ギガライト」は正直オススメしません

ドコモ『ギガホ』『ギガライト』

今回登場した新プランの安い方で従量制の「ギガライト」は正直オススメしません。
何度か書いていますが、5GBを超えるとギガホの方が安くなります。
月間のデータ通信量が5GBを超えることがない!とわかっているのであれば安いのでOKだと思いますが、何か月かに1回は5GBを超える、といったことが起きる可能性がある場合は、ギガホを選択しておく方がいいと思います。

5GBを超えても7GBまでしか高速通信が使えず、その後は128kbpsという従来通りの遅すぎる通信速度の速度規制となります。
「5GB超えたら損、さらに7GB以上は激遅の通信規制がくる…」みたいなことを毎月考えるのもしんどいと思います。

新プランの従量制プランをオススメしないと言いつつも自分は現在、旧プランの従量制プランにあたるベーシックシェアパックを契約しています。
ただ、これは3回線合計のデータ通信量がほぼ絶対に15GBを超えることがない(基本的に10GB以下)なのでベーシックシェアパックにしています。
ベーシックシェアパックはあくまでも全回線の「合計」なので統計がわかりますが、新プランのギガホは各回線毎なので月によってブレやすいと思います。

【まとめ】ギガホ・ギガライト vs docomo withの価格比較

現在自分(&家族)が使っている月間データ通信量によってどちらがおトクになるかが変わる

自分の使用状況を再確認して最適なプラン選択を
ドコモ分離プラン『ギガホ』『ギガライト』

いろいろと計算してみての結論は、月間のデータ通信量によって選択した方がいいプランが違うとなりました。

現在、自分のようにベーシックシェアパックを組んでいて「回線合計の毎月のデータ通信量が少ない人」は、docomo withを適用したベーシックシェアパックの方がおトクになるケースが多いと思います。
逆に1回線当たりの月間データ通信量が多いという人は、新プランの「ギガホ」に変更する方が安くなると思います。

旧プランを続けるという人はdocomo withなどの割引を適用させておいた方がいい
docomowith割引ケータイ料金おトク

5月31日で新規受付を終了するdocomo with。
現在契約している人でdocomo withを継続するのか?ギガホまたはギガライトに変更するのか?はたまた、月々サポート割引を受けている人はdocomo withに機種変更するのか?

人によって環境が異なることでおトクかどうかが変わってきます。
ただ、現在契約しているプランで割引が一切ないという人で旧プランを継続したいと考えている人は、新規申込ができるうちにdocomo with(月々サポートでもいいですがこれだと最大24ヵ月となります)などの割引を適用させておいた方がいいと思います。

何にしても一度、現在自分が契約しているドコモの全回線の利用状況をチェックして新旧プランどちらを選択するか?を考えてみてください。

[関連記事]
『docomo with』で毎月のケータイ料金を-1,500円(永年継続)にする方法
docomo with対象全モデルの価格、スペック徹底比較




< この記事をシェア >






現在開催中の「おトク」なキャンペーン、セール

【現金9.6万円もらえる】ソフトバンクのiPhone 8を購入して高額キャッシュバックをGETする方法

携帯電話

MNPでソフトバンクのiPhone 8買うならここがいいかも!高額キャッシュバックがもらえるぞ!

ソフトバンクのiPhone Xを購入して高額キャッシュバックをGETする方法

携帯電話

iPhone Xで高額キャッシュバックがもらえるのは超激熱!

【一括0円+キャッシュバック】ソフトバンクのAndroidスマホ(Pixel 3a、Xperia XZ3、AQUOS R2など)を激安で購入する方法

携帯電話

MNPならソフトバンクのGoogle Pixel 3aやXperia XZ3、AQUOS R2が一括0円+キャッシュバック!

【6月21日で終了】Amazonギフト券を超おトクにチャージする方法 – 1,000ポイント+最大2.5%還元!!

キャンペーン

自分が対象かどうかはすぐにチェックできる。Amazonで買い物するなら絶対おトク


≫ 開催中のキャンペーンをもっと見る

usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m


キーワード:Android , docomo with , iPhone , ギガホ , ギガライト , ドコモ , ドコモオトク , 分離プラン , 注目・ピックアップ , 維持費 ,




同じカテゴリの記事

ドコモ『エンジョイ♪15ギガキャンペーン』で5,000dポイントをGETする方法

キャンペーン

「シェアパック15」「ウルトラシェアパック30/50/100」のいずれかを契約するとdポイントがもらえるぞ!

【1月31日まで】機種変更1台でもOK!!ドコモオンラインショップ『10th Anniversaryキャンペーン』でiPhone、Androidを5,184円割引で購入する方法

キャンペーン

全契約でドコモの対象機種が5,184円割引で買えちゃう。さらにオンラインショップは手数料&頭金が完全無料!


新着記事

【6月30日まで&残り2,100本!!】Dropbox Plus(有料版)を超おトクに契約する方法 – 3年版が超コスパよし!

Dropbox

公式は値上げ!あのおトクなDropbox3年版がついに復活!Plus契約するならソースネクスト経由がマジでオススメ!

【値下げ!】Galaxy Note9の価格比較&キャンペーンまとめ – ドコモ、auでお得に購入する方法

Androidスマホ

auが32,400円値下げ!さらにのりかえならAndroid MNPau購入サポートでさらに最大54,000円割引です。

Amazonの商品を返品する方法 – 実際の配送手順と条件などまとめ

ショッピング

Amazonの返品は神対応。条件や理由がかなり緩くても返品に応じてくれる。イタズラ&過度な返品は絶対NG

【最大59,400円割引】auの「Android MNPau購入サポート」でお得にスマホを購入する方法

スマートフォン

6/18より「Galaxy Note8 SCV37」がAndroid MNPau購入サポートの対象に追加され、最大54,000円割引になりました。


≫ 新着記事をもっと見る



usedoorTOPへ戻る

usedoorをフォロー


  • 注目の使い方

    日本での『Uber』の使い方 – 実際乗ってみた!

    クーポンでのおトクな乗り方、配車方法、注意点、アプリ、タクシーとの比較などUberのことガッツリまとめました


    【ドコモ】docomo with割引を継続したまま新機種に機種変更する方法 – with対象外端末もOK。2019年夏モデル以降は絶対おトク!デメリットは?

    2019年6月からは月々サポートや端末購入サポートがなくなるドコモ。新機種の購入はdocomo withを継続したまま機種変更するのがオススメ!


    【6月版】auのキャッシュバック、機種割引クーポンをWEB上やアプリからゲットする方法

    au WALLETにキャッシュバックまたは機種代金を割引!機種変更に使えるスペシャルクーポンも


    【楽天ポイント】期間限定ポイントのオススメの使い方 – 楽天系のサービス以外でも使える!有効期限確認、少額でも使い切る方法

    いつの間にか貯まる『期間限定の楽天ポイント』楽天市場で無理やり使うのではなく街のお店などで効率的に使うのがいいかも!


    注目の記事をぜんぶ見る

  • 最新記事

    【6月30日まで&残り2,100本!!】Dropbox Plus(有料版)を超おトクに契約する方法 – 3年版が超コスパよし!

    公式は値上げ!あのおトクなDropbox3年版がついに復活!Plus契約するならソースネクスト経由がマジでオススメ!


    【値下げ!】Galaxy Note9の価格比較&キャンペーンまとめ – ドコモ、auでお得に購入する方法

    auが32,400円値下げ!さらにのりかえならAndroid MNPau購入サポートでさらに最大54,000円割引です。


    Amazonの商品を返品する方法 – 実際の配送手順と条件などまとめ

    Amazonの返品は神対応。条件や理由がかなり緩くても返品に応じてくれる。イタズラ&過度な返品は絶対NG


    【最大59,400円割引】auの「Android MNPau購入サポート」でお得にスマホを購入する方法

    6/18より「Galaxy Note8 SCV37」がAndroid MNPau購入サポートの対象に追加され、最大54,000円割引になりました。


    最新記事をもっとチェック

  • usedoorをフォロー


  • 現在開催中の"おトク"なセール、キャンペーン、お買い得アイテムまとめ

    dファッションのクーポンをゲットする方法

    ドコモが運営するd fashionにもクーポン多数!キャンペーンとクーポンを組み合わせるとめちゃくちゃ安くアイテムが買えることも多々!


    【7月1日まで】楽天Payの還元率を5%にアップする方法 – 第1弾キャンペーンの概要と参加条件、注意点など

    楽天カード支払いを設定すれば楽天ペイのコード支払いで還元率が5%にアップする!


    【6月はドラッグストアが20%還元、7月はランチ】『ワクワクペイペイ』の内容&参加条件まとめ – PayPayでおトクに買い物する方法。ホークスは常時開催

    月替わりで開催されるPayPayのおトクなキャンペーン「ワクワクペイペイ」参加条件や今月対象のお店は?


    Amazon Music Unlimitedを90日間無料で利用する方法 – 通常の30日から90日に延長!非プライム会員も対象

    Amazonの音楽聞き放題サービス「Music Unlimited」が90日間も無料で体験できちゃう!


    【最大20,000dポイント】運試しに。ドキドキキーワードあみだくじでdポイントをゲットする方法 – 毎週火曜日更新。今週のキーワードは?

    超簡単に参加できるクジ。当たればラッキー!dアカウント+ポイントカード持っている人は是非


    開催中のキャンペーンをぜんぶ見る

  • あわせて読みたい記事