【高額キャッシュバック】ソフトバンクのiPhone XS / XS Maxを購入して高額キャッシュバックをGETする方法

最終更新 [2017年4月15日]





Windows10の動きが「ディスクの使用率100%」で重くなっている時の対処方法です。

自宅のデスクトップWindows10の動きが異常に重くなりました。。
タスクマネージャーから確認したところ、ディスク(C: D:)の使用率が常に100%という状況。。

いろいろやって標準に戻ったのでメモがてらやったこと全てを書いています。
かなり長い&最後の方はシステム設定をイジったりもしているので上から順にやってみてちょこちょこ時間をおいて、直ったらそこで完了という感じでやってみてください。


【Windows10】激重。常にディスクの使用率が100%になっている時の対処方法

タスクマネージャー&リソースモニターで確認

犯人がわかれば、プロセスを終了させて終わり

Windowsボタン右クリックやAlt+Ctrl+Deleteなどからタスクマネージャーを起動します。
左のメニューを「ディスク」に合わて使用率を確認します。

また、下にある「リソースモニターを開く」をクリックすれば、より詳細なプロセスを確認することができます。

↑リソースモニターの様子
ディスクをガリガリやっているプロセスが確認できます。
ここのプロセスから犯人がわかれば、そのプロセスを右クリックして終了させれば解決します。

ここからは自分が実際にやったことを順番に書いています。
1つづつやってみて使用率が落ち着くかをチェックしながら進んでみてください。
※HDD関連の内容なので実行は自己責任でお願いします。

そもそも。ディスク(C)のエラーをチェック

まずは、システムファイルの入っているCドライブのディスク自体にエラーがないかをチェックしてみました。
Cドライブを右クリックして「プロパティ」をクリックします。

プロパティが開いたら「ツール」を選択し「エラーチェック」を実行します。

エラーチェックが実行されます。
環境によって左右されますが、自分の場合は10分程度で結果が出ました。

Cドライブにエラーはないとの診断でした。

ディスクのクリーンアップ

いきなりシンプルですが、ディスクのクリーンアップを実行しました。
この作業は、ディスク内の不要なファイルを削除するお掃除機能ですが「システムファイルのクリーンアップ」もあるので念のため実行しました。

クリーンアップの方法は↓の記事に詳しく書いているのでこちらをチェックしてみてください。

関連記事:Windowsの『ディスクのクリーンアップ』の使い方



電源をパワー重視に変更

モバイル環境で使うノートPCとかはヤメといた方がいいかも

電源プランの設定を「高パフォーマンス」に変更しました。
注意書きにもあるようにパフォーマンスが優先されますが、消費電力が増えます。
充電環境がないモバイルPCなどにはオススメしません。

コントロールパネルを開きます。
中にある「電源オプション」をクリックします。

電源オプションが開きます。
左のメニューで「電源プランの作成をクリックします。

「高パフォーマンス」を選択すればOKです。

ウイルスソフトを停止してみる

次にWindowsにインストールしているウイルスソフトをオフにしました。
といっても今回のPCはWindows10備え付けの「Windows Defender」のみ。

こいつをオフにして様子を見てみましたが、ディスク使用率に変化はありませんでした。
Windows Defender以外のウイルスソフトを使っている人はそちらもオフにして様子見してみてください。
※ウイルスソフトを停止して解消した場合は、アンインストール状態で放置せず、他のウイルスソフトをインストールする等を行いPCの保護をお忘れなく!

関連記事:Windows Defenderを停止する方法


オンラインストレージを停止してみる

まだ落ち着かなかったので、次はオンラインストレージの同期を停止してみました。
同じような症状の人でOneDriveが悪さしていたという人もいました。

自分のマシンにはオンラインストレージは「OneDrive」と「Dropbox」が入っている状態でした。

オンラインストレージの同期停止は、だいたいどのアプリでも基本的にタスクバーからできます。
タスクバーに常駐しているアイコンを右クリック > 同期を停止をクリックすればOKです。

Windows10では備え付けになっているOneDriveの無効化やアンインストールをやりたい人は↓の記事をチェックしてみてください。

[関連記事]
【Windows10】Onedriveをアンインストール、完全削除する方法
【Windows10】OneDriveを無効化、非表示にする方法


ここまでは特にデメリットなくできる方法です。

↓ここからは、サービスの停止やシステム系の操作などをやっているので自分の環境に合わせて、また自己判断でお願いします。


ディスクをガリガリしてそうなサービスを停止

Windowsボタンを右クリックして表示される「コンピュータの管理」をクリックします。
左のメニューの「サービスとアプリケーション」を選択し、右側に表示される「サービス」をクリックします。
(最終的に「サービス」が開ければどのような感じで開いても大丈夫です)

SuperFetchを停止&無効化

サービスの中から「SuperFetch」を探します。
見つけたらこれを右クリックして「プロパティ」をクリックします。

SuperFetchのサービスを停止します。
自分はスタートアップも「無効」にしました。
SuperFetchは、本来パフォーマンスの向上が期待されるものですが環境によってはパフォーマンスに影響が出ることがあるようです。

Windows Searchを停止&無効化

次にWindows Searchのサービスを停止します。
Windows Searchは、Windows内にあるファイルやアプリなどが検索ボックスにワードを入力すると探せる機能。
MacでいうとこのSpotlightにあたる感じでしょうか。

使わないのであればオフにします。
オフにした場合、スタートメニューやタスクバーなどの検索ボックスが表示されなくなります。
機能がオフになっているので使えなくなるので当たり前かもしれません。

再起動後も使わないという人は、停止の後に無効化にしておいてもOKだと思います。
手順は↑でやったSuperFetchと同じでOKです。

これらを無効化に設定した後、ちょっと時間をおいてみます。

それでもディスク使用率が下がらないようであれば、次のステップに進みます。
ここからは起動設定や保護設定を変更したり、ディスクをガリガリやったりします。

システムの保護を無効化

【注意】システム復元ポイントがなくなる

システムの保護を無効にします。
無効にすることによってWindowsの復元ポイントが削除され、これ以降、復元ポイントが作成されなくなります。

復元ポイントがあれば、OSに何かしらエラーがあった時に過去の状態に戻れますが、無効化してなくなった場合、OSにエラーが生じた際は初期化が必要となります。
この辺の詳細は↓の記事をどうぞ。

関連記事:【Windows10】PCが起動しない⇒復元ポイントから手動でOSを回復させる方法


問題ないと判断した場合は、↓の手順でシステムの保護を無効化します。

Windowsボタン右クリックで「システム」を表示します。

左のメニューの「システムの保護」をクリックします。

Cドライブが「有効」になっていたら「構成」をクリックします。

「システムの保護を無効にする」を選択して「適用」をクリックします。

復元ポイントの削除と今後作成されないよ?という警告が表示されます。
問題なければ「はい」をクリックして無効化します。


仮想メモリを割り当てる

【注意】環境によって適切な値は変化する

次に仮想メモリの設定を変更しました。
自分のマシンはメモリが8GB搭載されているので設定しましたが、あまりメモリを積んでないマシンだとメモリ不足の警告が表示されることもあります。
メモリ多めのマシンであれば設定してみてください。

Windowsボタン右クリックで「システム」を表示します。

左のメニューの「システムの詳細設定」をクリックします。

詳細タブを選択した状態で表示されるパフォーマンスの「設定」をクリックします。

パフォーマンスオプションが表示されます。
仮想メモリの部分の「設定」をクリックします。

仮想メモリの設定が表示されます。
一番上のチェックを外すと下の項目が選択できるようになります。

カスタムサイズを選択して初期サイズと最大サイズを変更します。
自分のマシンはメモリ8GBで初期:4096、最大:8192を入力しました。
ここに入力するサイズは、基本的に1GBをMBに換算した1024の倍数を入力します。
決定したら「OK」をクリックして保存します。

ちなみにメモリが不足する場合は、警告が表示されるので元の状態に戻すことをオススメします。

最終手段?デフラグを実行

【注意】ディスクに悪いという話も。特にSSDだとNGかも

最後に昔からWindowsに搭載されている「デフラグツール」を実行しました。
ハードディスク上の断片化を見つけ、最適化してくれるというwindowsのツールです。

このデフラグ、自分昔は超ガツガツやっていました。
が、これ、ハードディスクをけっこうガリガリやるようでディスク的にはあまりよろしくはないようです。
特にSSDマシンの人とかはやらない方がいいと言われていたりもします。

ただ、自分はデフラグやりまくっていても特に大きなトラブルに発生したということはないです。
実行方法は↓となります。

Cドライブなどを右クリックして「プロパティ」をクリックします。

ツールタブを選択し、ドライブの最適化とデフラグの下にある「最適化」をクリックします。

デフラグの画面が表示されます。
まずは最適化が必要かをチェックするためにチェックしたいドライブにカーソルを合わせて「分析」をクリックします。

分析が開始されます。
終わるまで少々待ちます。

分析完了後、実行時間が更新され、状態の部分に「〇%が断片化しています」と表示されます。
これは完全に主観ですが、過去の経験上、断片化が20%を超えているとデフラグで最適化すると体感的にも動作が速くなるイメージがあります。

「最適化」をクリックするとデフラグツールによる最適化が開始されます。
どうせデフラグしたのであれば、C以外のドライブも分析、最適化しておくのもアリだと思います。

この一連の流れをやったらディスク使用率が落ち着いた

自分が今回やったのはコレでした。
この一連の流れをやったみたところ、ディスク使用率がかなり落ち着きました。
(ディスクEの使用率が高いのはエラーじゃなくてワザとです)
原因がはっきりしてないのでスッキリしないのもあるのですが、ここまでやればそれなりに落ち着きました。

人によって暴れているプロセスや機能が違うと思いますが、Windows10で同じような現象で苦しんでいる人がいれば参考にしてみてください。


< この記事をシェア >






この【Windows10】激重…ディスク使用率が常に100%でマシン動作が重すぎる時の対処方法の最終更新日は2017年4月15日です。
記事の内容に変化やご指摘がありましたら問い合わせフォームまたはusedoorのTwitterまたはusedoorのFacebookページよりご連絡ください。

現在開催中の「おトク」なキャンペーン、セール

Amazon Music Unlimitedを90日間無料で利用する方法 – 通常の30日から90日に延長!非プライム会員も対象

キャンペーン

Amazonの音楽聞き放題サービス「Music Unlimited」が90日間も無料で体験できちゃう!

【激安すぎて怖い】iPhone、XPERIA、Galaxy用アクセサリが大量に108円~販売中。エレコム製品のスマホ関連アクセサリをおトクに購入する方法

ショッピング

エレコムダイレクトショップの100円セールが安すぎて怖いレベル。。同じものでも家電量販店などで買うより絶対おトク

「メルペイ」のキャンペーン&クーポンまとめ – メルペイでお得にお買い物する方法

キャンペーン

メルペイでは定期的におトクなキャンペーンやクーポンを配信中。メルペイ払いしなくてもクーポンも使えちゃう

【2万円キャッシュバック】ソフトバンクのiPhone XS / XS Maxを購入して高額キャッシュバックをGETする方法

携帯電話

「iPhone XS / XS Max」でもキャッシュバックがもらえるぞ!これはマジで熱い!


≫ 開催中のキャンペーンをもっと見る

usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m


キーワード:HDD , windows 10 , サービス , チェック , ツール , ディスク , デフラグ , ハードディスク , 仮想メモリ , 使用率 , 停止 , 動作 , 無効化 , 重い ,




同じカテゴリの記事

【最安一括648円】機種変更もOK。ドコモ2016年モデル『arrows SV F-03H』『AQUOS EVER SH-02J』を激安で購入する方法

携帯電話

2016年後半発売のミドルスペックモデルが値下げで激安に。新規/MNP/機種変更どれでもOK

【ドコモ】カードケータイ(KY-01L)実機レビュー – 『機能はほぼ何もない』ことが逆に超新鮮な京セラの新感覚ガラケー

携帯電話

ドコモ2018年~2019年冬春の中で異彩を放つ世界最薄、最軽量のカードサイズケータイをレビューしてみました

【ドコモ】オンラインショップで機種変更後の『利用開始手続き(開通)』のやり方 – 新しいSIMカードが同梱されていたら手動での手続きが必要

携帯電話

ドコモオンラインショップで機種変更⇒届いた商品にSIMカードが同梱されていたら開通手続きをしておかないと何かと不便

【iPhone・Android共通】スマホのIMEI(製造番号)を確認する方法 – 隠し(?)コマンドで一発!

携帯電話

SIMロック解除やネットワーク利用制限チェックには必要となる固体識別番号


新着記事

【値下げ!!】iPhone 8 / 8 Plus 価格・比較&おトクに購入する方法

iPhone / iPad

ドコモがiPhone 8 64GBを値下げ!機種変更と新規契約なら一括58,520円で、MNPなら一括47,520円です。

LINE無料スタンプまとめ – 現在ダウンロードできる無料&隠し&ディズニースタンプをゲットする方法。取り放題も開始!

LINE

LINEスタンプショップ、ストアのイベントで無料でダウンロードできるスタンプ&隠しスタンプをまとめています。会員制のディズニースタンプも登場!

【毎月11日&22日】ワイモバイルの「ゾロ目の日特別セール」でスマホを激安でゲットする方法

セール

Yahoo!JAPANワイモバイルオンラインストアで毎月11日と22日にスマホが激安で販売される「ゾロ目の日特別セール」が開催!


≫ 新着記事をもっと見る



usedoorTOPへ戻る

usedoorをフォロー


  • 注目の使い方

    Dropbox Plus(有料版)を超おトクに契約する方法 – ソースネクストの3年版がコスパよし!

    公式は値上げ!あのおトクなDropbox3年版がついに復活!Plus契約するならソースネクスト経由がマジでオススメ!


    日本での『Uber』の使い方 – 実際乗ってみた!配車、支払い方法やクーポンの取得、利用方法など

    クーポンでのおトクな乗り方、配車方法、注意点、アプリ、タクシーとの比較などUberのことガッツリまとめました


    【サラダ&みそ汁無料】吉野家で使えるクーポン&キャッシュレス決済まとめ。クレジットカードやLINE Pay、メルペイ、nanaco、楽天Edyなどでも支払える

    現金払いは絶対損!元からコスパのいい吉野家の牛丼や定食をさらにおトクに頼むことができる支払い方法やクーポンなどをまとめました


    注目の記事をぜんぶ見る

  • 最新記事

    【値下げ!!】iPhone 8 / 8 Plus 価格・比較&おトクに購入する方法

    ドコモがiPhone 8 64GBを値下げ!機種変更と新規契約なら一括58,520円で、MNPなら一括47,520円です。


    LINE無料スタンプまとめ – 現在ダウンロードできる無料&隠し&ディズニースタンプをゲットする方法。取り放題も開始!

    LINEスタンプショップ、ストアのイベントで無料でダウンロードできるスタンプ&隠しスタンプをまとめています。会員制のディズニースタンプも登場!


    【最大20,000dポイント】運試しに。ドキドキキーワードあみだくじでdポイントをゲットする方法 – 毎週火曜日更新。今週のキーワードは?

    超簡単に参加できるクジ。当たればラッキー!dアカウント+ポイントカード持っている人は是非


    【毎月11日&22日】ワイモバイルの「ゾロ目の日特別セール」でスマホを激安でゲットする方法

    Yahoo!JAPANワイモバイルオンラインストアで毎月11日と22日にスマホが激安で販売される「ゾロ目の日特別セール」が開催!


    最新記事をもっとチェック

  • usedoorをフォロー


  • 現在開催中の"おトク"なセール、キャンペーン、お買い得アイテムまとめ

    【値上げ…】Amazonプライムで使えるサービスを使い倒す方法&年会費の元が取れるキャンペーンまとめ

    5月17日から4,900円/年に値上げ。でもこれだけのサービスが使えれば年会費は惜しくない!プライム会員の人は使えるサービスをフルに使い倒してみて!


    【最大20,000dポイント】運試しに。ドキドキキーワードあみだくじでdポイントをゲットする方法 – 毎週火曜日更新。今週のキーワードは?

    超簡単に参加できるクジ。当たればラッキー!dアカウント+ポイントカード持っている人は是非


    【2万円還元!】ソフトバンクのAndroidを購入して高額キャッシュバックをGETする方法

    ソフトバンクのAndroidスマホを購入するとキャッシュバックがもらえるぞ!


    【20%還元対象!!】iPhoneのApple Payに『みずほウォレット スマートデビット』を追加する方法 – Apple Pay初のデビットカード!

    iPhoneのApple PayにみずほWalletから発行できる「スマートデビット」が登場!デビットカードなので使いすぎず安心


    開催中のキャンペーンをぜんぶ見る

  • あわせて読みたい記事