【激熱】ソフトバンクのiPhone 8 / 8 Plusを買って高額キャッシュバックをゲットする方法

最終更新 [2019年1月1日]





iPhoneのバッテリーを交換してもらう方法(Apple公式)です。

iPhoneバッテリー交換AppleStore

[1月更新]
2018年いっぱいで行われていたバッテリー交換費用の割引が終了しています。
ただし、2019年に入っても以前よりは安くなっており↓の価格でiPhoneのバッテリー交換が可能です。
iPhone Xシリーズ:7,800円
それ以外のモデル:5,400円

[12月更新]
Apple公式のバッテリー交換は2018年度いっぱい3,200円(税別)で可能です(対象のiPhoneのみ)
ただ、12月ギリギリとかになるとバッテリー在庫がない可能性もありますし、9月中旬以降は新iPhoneが発売⇒AppleStoreや取扱店が大混雑するのでバッテリー交換を考えている人は新iPhone発売前をオススメします。


どうしても避けられないiPhoneなどのスマホのバッテリー劣化。
長いこと使っている&毎日充電するものなのでしょうがないと思います。

この度、自分の持っているiPhone 6 Plusの電池持ちが悪くなってきたので実際にAppleStore(Genius Bar)でバッテリーを有償交換してみました。

2018年いっぱいはApple公式のバッテリー交換が3,200円と激安!
iPhoneバッテリー交換AppleStore

バッテリー劣化⇒パフォーマンス低下が発生することを指摘されて2018年内は対象のiPhoneのApple公式バッテリー交換が3,200円(通常は8,800円程度)になっています。
2019年に入って、iPhone Xシリーズは7,800円、それ以外のモデルは5,400円となっています。
3,200円と比べると高く感じますが、以前は8,800円程度だったので昔に比べると値下げされています。

下手にApple正規取扱店ではない街のお店などで交換するよりもAppleStore(Genius Bar)や正規サービスプロバイダ(カメラのキタムラやビックカメラ、クイックガレージなど)の方が安くなっています。
また、公式以外でバッテリーを交換した場合は、その他の場所が壊れた時にAppleが対応してくれなくなる可能性もあるので公式での交換をオススメします。

実際にAppleStoreの予約⇒来店⇒バッテリー交換までをやってみたので流れや手順を紹介します。
3,200円のバッテリー交換対象となるiPhoneのモデルや概要、詳細は↓の記事に詳しく書いているのでチェックしてみてください。

関連記事:Apple公式iPhoneのバッテリーを3,200円で交換してもらう方法 – 対象モデルまとめ



【Apple公式】AppleStoreでiPhoneのバッテリー交換(有料)をやってみた

まずは自分のiPhoneのバッテリーが劣化してないか?をチェック

今のiPhoneは簡単にバッテリー劣化具合がチェックできる
iPhoneバッテリー劣化確認

iOS 11.3以降にアップデートしているiPhoneは超簡単にバッテリーの劣化具合(最大容量)をセルフチェックできます。
また、11.3未満であっても若干面倒ですが自分で確認することができます。

11.3以降であれば設定 > バッテリー > バッテリーの状態(ベータ)と進んでいくだけです。
この辺の詳細は↓に詳しく書いているのでチェックしてみてください。

[関連記事]
【iOS 11.3~】iPhoneの電池状態が確認、管理できる「バッテリーの状態」の使い方
iOS 11.3未満でもできるiPhoneの『バッテリー診断』の実行方法


最大容量が80%以下(充電回数500回)で交換推奨
iPhoneバッテリー交換推奨

バッテリー診断の結果、80%以下になっている場合は交換推奨となります。
80%以下の場合、電池持ちだけじゃなくパフォーマンスの低下も発生します。

また自分で確認するのはちょっと難しいですが、充電回数が500回での交換も推奨されています。
AppleStoreなどでスタッフさんに診てもらうと充電回数もすぐに確認できます。

自分のiPhone 6 Plusは89%だったけど交換しました
iPhoneバッテリー診断

ちなみに今回バッテリーを有償交換した自分のiPhone 6 Plusのバッテリーの最大容量は89%となっていました。
充電回数は375回となっていました(AppleStoreで確認)

パフォーマンスの低下などもないと言われましたが、この充電回数+最大容量であればバッテリー交換はアリというスタッフさんのお話も頂いて交換することにしました。

バッテリー交換時の注意点など

基本的に初期化ナシで対応可能。が、バックアップは必須
iPhoneバックアップ

Apple公式のバッテリー交換は、基本的にデータ消失、初期化はされないという作業となります。
ただし、作業時にバッテリーを抜いたタイミングでデータが消失したという例がチラチラあるとのことだったのでバックアップは必須です。

実際にスタッフさんにも「バックアップ取ってますか?」と何度も聞かれましたし、後述しているGenius Barの作業同意書、見積書に書かれている「データ消失については一切責任が負えません」ということに同意してサインする必要があります。

関連記事:iOS端末のバックアップ方法まとめ


iPhoneを預けた後に水濡れなどが発覚した場合、交換ナシで返却されることもある

またパッと見は正常なiPhoneであっても、スタッフさんの交換作業時にiPhoneを開けた際に水漏れなどがあると判断した場合はバッテリー交換ができないようです。
この場合は、作業完了予定時間にiPhoneを行った時にバッテリー交換なしでそのままの状態でiPhoneが戻ってくるとのことでした。

iPhoneを郵送で送るor店舗に来店の2パターンが選べる

AppleStoreだけじゃなくカメラのキタムラやビックカメラでも対応可能
iPhoneバックアップ

公式バッテリー交換のやり方は2パターンです。
1つ目は郵送、2つ目はAppleStoreや正規サービスプロバイダ店舗に行ってその場で交換です。

正規サービスプロバイダは、ビックカメラやカメラのキタムラ、クイックガレージなどです。
自分が一番行きやすい場所でOKです。

店舗の場合は当日バッテリー在庫がないと預かり修理となる

郵送でも対応してくれますが、郵送だと送って戻ってくるまでiPhoneが一切使えない(手元にない)状態となるので店舗来店をオススメします。
めっちゃ混んでますが、バッテリー在庫があれば当日のみで作業が完了します。
また店舗にバッテリー在庫がない場合は、預かり修理となります。

バッテリーの在庫があるか?を先にお店に問い合わせておくのもアリ

預かり修理になるのがイヤという人は先に店舗にバッテリー在庫があるか?を確認しておくこともできます。
この場合は、自分が行きたい店舗(AppleStore〇〇店など)に直接電話して在庫を確認します。

ただし、在庫があって当日作業が可能と言われた場合も、在庫確認の電話でそのまま予約できるのではなく↓で紹介しているApple正規の予約方法でわざわざ予約する必要があります。
面倒。。

店舗に行く場合はAppleStoreまたは正規サービスプロバイダに来店予約

Appleサポートアプリまたはウェブから簡単にできる
AppleStore予約

AppleStoreまたは正規サービスプロバイダの来店予約は、ウェルサイトまたはAppleサポートアプリから行います。

アプリの方がラクチンなのでオススメです。


ただ都内の店舗はかなり混んでいて、予約自体が難しいこともあります。。
バッテリー交換で店舗に行くという人は早めに行動することをオススメします。

予約の手順など詳細は↓の記事に詳しく書いているのでチェックしてみてください。

関連記事:Genius Bar、AppleStore&正規サービスプロバイダ店舗の予約方法



実際にバッテリー交換を行う日の流れ。実際にAppleStore(Genius Bar)に行って交換してみた

スタッフさんがiPhoneをいろいろとチェック
AppStore

予約した日時に店舗へ行きます。
今回自分がお邪魔したのは「AppleStore新宿」でした。

スタッフさんにiPhoneを渡してバッテリー交換がしたいということを伝えます。
自分で最大容量(劣化具合)など一通り確認したとも使えましたが、丁寧にiPadを使って詳しいチェックをしてくれました。

今回持って行ったiPhone 6 Plusの最大容量は89%でしたが、充電回数なども考えると交換してもいいと思いますとのことだったので修理を依頼しました。

交換するとなった場合はGenius Barサービス見積書にサイン
AppStore

注意事項に同意することをサインして進んでいくと最後に↑のGenius Barサービス見積書を渡されます。
Appleが紙の同意書を出してきたのはちょっと意外でした。

バッテリー交換にかかる時間は1時間半程度

これは、その日の込み具合など環境によって違うと思いますが、自分が行ったAppleStore新宿だとiPhoneを渡してからバッテリーを交換して手元に戻ってくるまでの所要時間は1時間半程度でした。
2時間弱くらいはiPhoneが手元から離れるということになります。
もちろん指定された時間以降であれば、店舗の営業時間内ならいつでもOKです。

受取は本人のみ。運転免許証など名前がわかるものを持参する必要あり
AppStore

指定された時間の後にバッテリー交換が完了したiPhoneを受け取りにお店に再度来店します。
Genius Barサービス見積書と本人確認ができる運転免許証などを持って行く必要があります。

iPhoneの持ち主本人(交換の時にもらったGenius Barサービス見積書に書かれている名前の人)じゃないと受け取ることができないということになります。

受取時に交換費用を払って完了。ApplePayにも対応

ちなみに交換にかかる費用は受取時に支払います。
AppleStoreであれば現金、クレジットカードに加えApplePayでの支払いにも対応していました。
2018年内の交換だったので6 Plusのバッテリーでも3,200円と激安でした。
(実際に支払う金額は税込みで3,456円です)

ちなみに領収書を登録しているメールアドレスに送ってもらうこともできます。

交換完了!当たり前だけどバッテリー持ちが向上して大満足

AppStore

手元にバッテリーのみが新品になったiPhoneが戻ってきました!
バッテリーの餅具合はすぐには実感できませんが1日くらい使っているとやっぱり持ちが全然違います。
3,200円で交換出来て新品の気分になれるので大満足でした!
※2019年1月以降は、Xシリーズが7,800円、それ以外のモデルは5,400円です。

2018年内は対象iPhoneのバッテリー交換が3,200円と激安だった。ただ2019年以降も5,400円~とそこまで高い金額じゃない

バッテリーが新品になるとかなり満足度アップ!けっこうオススメです
iPhoneバッテリー交換AppleStore

何度も書いているように2018年いっぱいはApple公式のiPhoneのバッテリー交換が3,200円と激安でした。
2019年に入って、5,400円~と2018年の時と比べるとお高くなっていますが、以前は8,800円程度だったのと比べると値下げされています。

自分はiPhone 6 Plusのバッテリー交換をやってみて、ビックリするくらい電池持ちが向上して大満足でした!
5,400円でバッテリーがApple純正で新品になると思えばそこまで価格が高い訳ではないので、今のiPhoneをまだ使い続けるぞ!という人であればバッテリー交換はけっこうオススメです。

関連記事:Apple公式iPhoneのバッテリーを3,200円で交換してもらう方法 – 対象モデルまとめ


< この記事をシェア >






このApple公式『iPhoneのバッテリー交換』を実際にやってみた – AppleStoreや正規サービスプロバイダで電池交換する時の流れと手順の最終更新日は2019年1月1日です。
記事の内容に変化やご指摘がありましたら問い合わせフォームまたはusedoorのTwitterまたはusedoorのFacebookページよりご連絡ください。

現在開催中の「おトク」なキャンペーン、セール

Amazon Music Unlimitedを90日間無料で利用する方法 – 通常の30日から90日に延長!非プライム会員も対象

キャンペーン

Amazonの音楽聞き放題サービス「Music Unlimited」が90日間も無料で体験できちゃう!

【機種変更でも実質6,480円~】ドコモのiPad mini 4をおトクに購入する方法

携帯電話

ドコモがiPad mini 4を再度値下げ!機種変更でも実質6,480円で購入できます

【5月版】dカード&dカード GOLDのおトクな使い方、徹底まとめ。ドコモユーザー以外にもメリット多数

クレジットカード

10%還元で噂のdカードの還元率、メリット、デメリット、比較、疑問を徹底的にまとめています

【激安すぎて怖い】iPhone、XPERIA、Galaxy用アクセサリが大量に108円~販売中。エレコム製品のスマホ関連アクセサリをおトクに購入する方法

ショッピング

エレコムダイレクトショップの100円セールが安すぎて怖いレベル。。同じものでも家電量販店などで買うより絶対おトク

【寄付受付中!!】ふるさと納税で『サーティワンアイスクリーム商品券(ギフト券)』+Amazonギフト券に寄付する方法

国や地方の制度

ふるさと納税の『サーティワンアイスクリーム商品券』が還元率30%で復活!有効期限は無期限で、おつりも貰える商品券です。


≫ 開催中のキャンペーンをもっと見る

usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m


キーワード:Apple , Apple Store , iOS , iPhone , カメラのキタムラ , クイックガレージ , バッテリー , バッテリー交換 , ビックカメラ , 正規サービスプロバイダ , 注目・ピックアップ ,




同じカテゴリの記事

ふるさと納税で「ウォークマン」をゲットする方法

国や地方の制度

ふるさと納税にウォークマンWM1シリーズ「NW-WM1Z」が登場!寄付金額は85万円!

【250cc以下】バイクのナンバーを返納して廃車にする手続き方法

国や地方の制度

廃車手続きしておけば税金はかからない。乗らないバイクや人に譲る前とかにやっておくといいかも

【微妙に復活】ふるさと納税の返礼品で『Amazonギフト券』をもらう方法 – おトクに寄付する方法

国や地方の制度

大阪泉佐野市が激しいキャンペーンを開始。ふるさと納税の返礼品として超人気の「Amazonギフト券」すごいけど、さすがにやりすぎな気が…


新着記事

Chromeでリーダーモードを有効にする方法 – スマホ版ChromeでもiPhoneのSafariのような「簡易表示する」が使える

ブラウザ

Android版のChromeならリーダーモードが利用できる。ただし定番のchrome://flagsから設定が必要

【5月31日で新規受付中止】ドコモ回線のiPhone、Androidスマホを月額280円(税込302円)で維持する方法 – docomo with×シンプルプラン

携帯電話利用料金

もしかしたら廃止になるかも。。永年-1,500円/月で長く使えば使うほどおトクになるdocomo withの料金詳細です

【5月31日で新規受付中止】『docomo with』で毎月のケータイ料金を-1,500円(永年継続)にする方法 – SIM差し替えOK!

携帯電話利用料金

iPhone 7が対象機種に追加されてますます勢いづくdocomo with。が、もしかしたら新規契約できなくなるかも。。

【5月31日で新規受付中止】docomo with対象全モデルの価格、スペック徹底比較 – 全12機種と加入方法。毎月280円と格安で維持できるAndroid&iPhone 7

Androidスマホ

もしかしたら廃止に…?docomo with対象機種に「iPhone 7 32GB」が登場!今オススメのdocomo with加入対象端末はコレ!

iPhoneのSafariなどで見ているWEBページをwindows10に送る(即共有する)方法 – Continue on PCの使い方

iPhone / iPad

iPhoneのSafariなどでブラウジングしていて「このページはPCで読みたい!」って時に即シェアできるContinue on PCが便利


≫ 新着記事をもっと見る



usedoorTOPへ戻る

usedoorをフォロー


  • 注目の使い方

    LINE無料スタンプまとめ – 現在ダウンロードできる無料&隠し&ディズニースタンプをゲットする方法

    LINEスタンプショップ、ストアのイベントで無料でダウンロードできるスタンプ&隠しスタンプをまとめています。会員制のディズニースタンプも登場!


    【機種変更も実質0円以下の-14,256円!!】ドコモタブレット「dtab Compact(d-02K)」をおトクに購入する方法

    2018年モデルのコンパクトサイズのdtabがいきなり実質0円で登場。下取りつければ今よりも維持費が下がるタブレット


    【5月31日で新規受付中止】docomo with対象全モデルの価格、スペック徹底比較 – 全12機種と加入方法。毎月280円と格安で維持できるAndroid&iPhone 7

    もしかしたら廃止に…?docomo with対象機種に「iPhone 7 32GB」が登場!今オススメのdocomo with加入対象端末はコレ!


    注目の記事をぜんぶ見る

  • 最新記事

    Chromeでリーダーモードを有効にする方法 – スマホ版ChromeでもiPhoneのSafariのような「簡易表示する」が使える

    Android版のChromeならリーダーモードが利用できる。ただし定番のchrome://flagsから設定が必要


    【5月31日で新規受付中止】ドコモ回線のiPhone、Androidスマホを月額280円(税込302円)で維持する方法 – docomo with×シンプルプラン

    もしかしたら廃止になるかも。。永年-1,500円/月で長く使えば使うほどおトクになるdocomo withの料金詳細です


    【5月31日で新規受付中止】『docomo with』で毎月のケータイ料金を-1,500円(永年継続)にする方法 – SIM差し替えOK!

    iPhone 7が対象機種に追加されてますます勢いづくdocomo with。が、もしかしたら新規契約できなくなるかも。。


    【5月31日で新規受付中止】docomo with対象全モデルの価格、スペック徹底比較 – 全12機種と加入方法。毎月280円と格安で維持できるAndroid&iPhone 7

    もしかしたら廃止に…?docomo with対象機種に「iPhone 7 32GB」が登場!今オススメのdocomo with加入対象端末はコレ!


    iPhoneのSafariなどで見ているWEBページをwindows10に送る(即共有する)方法 – Continue on PCの使い方

    iPhoneのSafariなどでブラウジングしていて「このページはPCで読みたい!」って時に即シェアできるContinue on PCが便利


    最新記事をもっとチェック

  • usedoorをフォロー


  • 現在開催中の"おトク"なセール、キャンペーン、お買い得アイテムまとめ

    【5月版】dカード&dカード GOLDのおトクな使い方、徹底まとめ。ドコモユーザー以外にもメリット多数

    10%還元で噂のdカードの還元率、メリット、デメリット、比較、疑問を徹底的にまとめています


    【1,000ポイント+最大2.5%還元!!】Amazonギフト券を超おトクにチャージする方法

    自分が対象かどうかはすぐにチェックできる。Amazonで買い物するなら絶対おトク


    【投げ売り】機種変更も648円!ドコモ『V30+(L-01K)』を超おトクに購入する方法

    3月1日からドコモのV30+(L-01K)が激安価格に。オンラインショップなら機種変更でも実質648円と投げ売り!


    【一括0円+キャッシュバック】ソフトバンクのAndroidスマホ(Xperia XZ3、AQUOS R2など)を激安で購入する方法

    MNPならソフトバンクのXperia XZ3とAQUOS R2が一括0円+1万円キャッシュバック!


    【5月29日まで】LINE Pay「祝!令和 全員にあげちゃう総額300億円祭」で1,000円分のLINE Payボーナスをゲットする方法

    LINE Payボーナスを送るだけでほぼ全員に1,000円分がもらえるチャンス!本人確認は必須!!


    開催中のキャンペーンをぜんぶ見る

  • あわせて読みたい記事