【楽天モバイル】モバイルWi-Fiルーター「Rakuten WiFi Pocket 2C」が一括1円だから買ってみた - 激安でWi-Fiルーターをゲットする方法

【iPhone】バッテリーの状態、最大容量を確認する方法 – 電池状態によるパフォーマンス低下の無効化もできる「バッテリーの状態と充電」の設定手順

iPhoneの現在のバッテリー状況の最大容量が%で確認できる&劣化⇒パフォーマンス低下を手動で無効化できる「バッテリーの状態と充電」機能


最終更新 [2023年8月28日]

この記事内には広告リンクが含まれています。

\\どうかフォローをお願いします…//


< この記事をシェア >

usedoor Twitterでシェア
usedoor facebookでシェア
usedoor はてなブックマークに保存
usedoor Pocketに保存
usedoor LINEでシェア
usedoor feedly


iPhoneの現在のバッテリー状態/最大容量を確認・管理したり、電池状態によってパフォーマンスが低下する仕様を無効化する方法です。

iPhone バッテリーの最大容量を確認&パフォーマンス性能低下を無効化する方法

[2023年8月28日 更新]
iPhone 14 Pro / Pro Maxのバッテリーの最大容量が大幅に低下している人が多いと話題になっていたので実際に調べてみました。

[2022年9月16日 更新]
バッテリーの最大容量の確認方法、ピークパフォーマンス性能の設定変更の手順を最新化しました。

[2018年3月30日 更新]
配信がスタートしたiOS 11.3からiPhoneのバッテリー状態が簡単に確認できる機能が使えるようになっています。
11.3以前のOSの場合は↓のやり方でチェックしてみてください。
【Apple公式】iOS 11.3未満でもできるiPhoneの『バッテリー診断』の実行方法

iPhoneには、現在のバッテリーの最大容量が%表示で確認できたり、電池状態によってパフォーマンスが低下するピークパフォーマンス性能をオン⇔オフできる機能が標準で用意されています。

iOS 11.3以前は、iPhoneのバッテリーはユーザー側で簡単に確認できませんでしたが、iOS 11.3以降はこの機能を利用することでiOSの設定画面からバッテリーの状態が確認できます。
リリースされた頃は「バッテリーの状態」という名称でしたが、現在は「バッテリーの状態と充電」という名称になっています。

またバッテリー劣化⇒パフォーマンス低下、という仕様をユーザー側で無効化することもできます。
2017年末くらいにバッテリーが劣化したiPhoneはパフォーマンスが低下するというニュースが流れ、Appleが認めた(突然のシャットダウンからiPhoneを守るための仕様と発表)ことで話題になっていた件に対応した機能です。

パフォーマンス設定は個人的には使わなくてもいいんじゃないかなぁという機能
iPhone バッテリーの最大容量を確認&パフォーマンス性能低下を無効化する方法

ただバッテリー最大容量が少なくなってきた時にパフォーマンスを下げるという仕様は、iPhoneを守るためのものだと思うのでユーザー側で無理やり設定する必要はこれまで通りないんじゃないかなぁというのが個人的な意見です。

ただiPhoneのバッテリー劣化具合(現在の最大容量)が簡単に確認できるのは嬉しい機能だと思います。


実際に複数のiPhone、iOSバージョンでバッテリーの最大容量を定期的に確認してみました。

ちなみにバッテリー劣化によるパフォーマンスの低下はiPhoneのみの特殊な仕様らしいです。
iPadなどはiOS 11.3にアップデートしてもバッテリー状態は確認できませんでした。
他のApple製品にはこの仕様はないとのことでした。

この記事では、現在のiPhoneのバッテリー状態、最大容量を確認する方法&パフォーマンス低下となる仕様を無効化する手順を紹介します。

[目次]
iOS 11.3から利用できる「バッテリーの状態と充電」機能
iPhoneのバッテリー最大容量の確認手順
いろんなiPhoneのバッテリー状態を調べてみた
中古のiPhoneを買う時の指標にもなる『バッテリーの最大容量』
パフォーマンス低下を抑える『ピークパフォーマンス性能』の設定方法



【iPhone】現在のバッテリーの状態、最大容量を確認する&パフォーマンス低下の無効化などができる「バッテリーの状態と充電」機能の使い方

iOS標準の「バッテリーの状態と充電」機能

iOS 11.3以降で利用可能
iPhone バッテリーの最大容量を確認&パフォーマンス性能低下を無効化する方法

iPhoneのバッテリー状態が設定画面から簡単に確認できるようになったのはiOS 11.3からです。

もうかなり前のバージョンなので問題ないとは思いますが、いちおうiPhone単体でバッテリーの状態を確認したい場合はiOS 11.3以降のものでどうぞ。


iPhoneのバッテリー最大容量の確認手順

設定の中からバッテリーの現在状況を確認するだけ
iPhone バッテリーの最大容量を確認する手順

iPhoneの設定を開きます。

「バッテリー」を選択します。


iPhone バッテリーの最大容量を確認する手順

バッテリーの詳細設定が表示されます。

「バッテリーの状態と充電」を選択します。


iPhone バッテリーの最大容量を確認する手順

現在のiPhoneのバッテリーの最大容量が「%」で表示されます。


いろんなiPhoneのバッテリー状態を調べてみた

新品購入⇒11ヵ月程度使用したiPhone 14 Pro Maxは93%だった
iPhone14ProMaxのバッテリーの最大容量

発売日に購入して約11ヵ月利用した時のiPhone 14 Pro Maxのバッテリー状態です。

最大容量は93%と過去のiPhoneと比べると劣化が早いようでした。。

なお、iPhone 14 Proシリーズはディスプレイの常時表示にも対応しており、これらによってこれまでのiPhoneよりもバッテリー劣化スピードが速いと報告しているユーザーも多いと話題になりました。


新品購入⇒半年使用したiPhone Xは100%だった
iPhoneX バッテリーの最大容量

発売日に購入して約半年利用した時のiPhone Xのバッテリー状態です。

約半年フル利用していますが、最大容量は100%とかなり健全でした。


中古で購入したiPhone 6 Plusは91%だった
iPhone 6 Plus バッテリーの最大容量

発売から大分時間が経っている中古で購入したiPhone 6 Plus

調べた時点でのバッテリーの最大容量は91%となっていました。

このiPhone 6 Plusはけっこう当たりかも?


中古のiPhoneを買う時の指標にもなる『バッテリーの最大容量』

購入前にバッテリー状態が確認できるなら確認した方が無難かも
中古iPhone購入時はバッテリーの最大容量を確認

この記事で手順を紹介したバッテリーの最大容量確認を利用することで「バッテリーが新品の状態と比較した場合、今使っているiPhoneのバッテリー状態が何%なのか?」が確認できます。


なので中古iPhoneの購入を検討している場合で事前にチェックができるのであれば、その中古iPhoneを購入するかどうか?の1つの指標にもなると思います。

ちなみに、通常の使い方をしているiPhoneだと「フル充電サイクルを500回繰り返した後も本来の蓄電容量の最大80%を維持するよう設計されている」とのことです。
iPhone 6以降のモデルは全て対応しています。

バッテリー劣化⇒パフォーマンス低下を抑える『ピークパフォーマンス性能』の設定方法

バッテリー劣化⇒パフォーマンス低下で発生するかもしれない事象
iPhone バッテリーの最大容量を確認&パフォーマンス性能低下を無効化する方法

・Appの起動に時間がかかるようになった。
・スクロール中のフレームレートが低くなった。
・バックライトが暗くなった(コントロールセンターで設定の変更が可能)。
・スピーカーの音量が小さくなった(最大で-3dB)。
・一部のAppでフレームレートが徐々に低下する。
・さらに極端な場合は、カメラのフラッシュがカメラのUIに表示されているにもかかわらず使用できなくなる。
・バックグラウンドで更新されるはずのAppが起動中に再読み込みされることがある。

Appleから発表されているバッテリー劣化によるパフォーマンス性能の案内は↑の通りです。
まぁ当然のような内容だと思います。
あくまで「変化が見られることがあります」というだけで全部が該当するとかそういう訳ではありません。

状態と表示されるステータス
状態 表示されるメッセージ
パフォーマンスが正常な場合 お使いのバッテリーは、現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています。
パフォーマンス管理が適用された場合 このiPhoneで、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。この現象が再度発生しないように、パフォーマンス管理が適用されました。
バッテリーの状態が不明な場合 このiPhoneでは、バッテリーの状態を判定できません。バッテリーに関するサービスは、Apple正規サービスプロバイダが対応します。
パフォーマンス管理をオフにした場合 このiPhoneで、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。パフォーマンス管理による保護を手動で無効にしています。
バッテリーが劣化している場合 お使いのバッテリーは著しく劣化しています。Apple 正規サービスプロバイダでバッテリーを交換すると、最大限のパフォーマンスや容量を取り戻すことができます。

iPhoneのピークパフォーマンス性能のステータスおよび対応メッセージは↑のように案内されています。

初期設定は無効。突然のシャットダウンが発生するとオンに
iPhone ピークパフォーマンス性能

初期設定では無効化されています。

アップデート後に突然のシャットダウンが発生すると有効化される仕様です。


手動で無効化する方法
iPhone ピークパフォーマンス性能

ピークパフォーマンス性がオンになったときに表示される「無効にする…」をタップすることで手動で無効化できます。

一度無効にすると手動で再びオンにすることはできず、突然のシャットダウンが発生した時に再度、自動で再びオンになる仕様となっています。


簡単に現在のバッテリーの最大容量や状態、ピークパフォーマンス性能のオン⇔オフができるiPhone

ただピークパフォーマンス性能の部分はiPhoneに任した方がいいと思うのが個人的な感想

iPhone バッテリーの最大容量を確認&パフォーマンス性能低下を無効化する方法

バッテリー劣化がパフォーマンスに影響するということが話題となったことでAppleが対応した形で登場したiPhoneの「バッテリーの状態と充電」機能。
現在のバッテリーの最大容量が一目でわかる点はユーザーにとって嬉しいポイントだと思います(見てショックを受けることもあるけど…)

ただピークパフォーマンス性能のオン⇔オフは、個人的にはイジらない方がいいと思っています。
これは、Appleがイジワルしているわけではなく、iPhoneを守るための仕様だと思うのでiPhoneに任せた方がいいのでは?というのが個人的な意見です。

バッテリー状態がどうであれ、iPhoneのパフォーマンスを徹底的に重視したいという人は設定を変更してもいいと思いますが、リスクをとってまで設定するようなものではないのではないかな?と思っています。

無理やり設定をオンにするくらいであればiPhoneのバッテリー交換をオススメします。

関連記事:【Apple公式】iOS 11.3未満でもできるiPhoneの『バッテリー診断』の実行方法



【過去】過去のiOSバージョンでiPhoneのバッテリー最大容量を確認する手順

iPhone バッテリーの最大容量を確認&パフォーマンス性能低下を無効化する方法

iOS 11.3の時のiPhoneのバッテリー最大容量の確認手順

設定の中からバッテリーの現在状況を確認するだけ
iPhone バッテリーの最大容量を確認する手順 iPhone バッテリーの最大容量を確認する手順

設定 > バッテリー > バッテリーの状態(ベータ)をタップするだけで確認できます。

ピークパフォーマンス性能に対応しているiPhone

対象モデル一覧(X、8は対象外)

・iPhone 6
・iPhone 6 Plus
・iPhone 6s
・iPhone 6s Plus
・iPhone SE
・iPhone 7
・iPhone 7 Plus

バッテリー状態の確認機能が登場した時にピークパフォーマンス性能に対応していたiPhoneは↑の通りです。
iPhone Xと8は「ハードウェア面でもソフトウェア面でもより進化した設計により突然のシャットダウンをより正確に予測して回避できる」らしく対象外となっていました。

< この記事をシェア >

usedoor Twitterでシェア
usedoor facebookでシェア
usedoor はてなブックマークに保存
usedoor Pocketに保存
usedoor LINEでシェア
usedoor feedly



\\どうかフォローをお願いします…//



現在開催中の「おトク」なキャンペーン、セール

【紹介コードあり】「Oliveアカウント紹介プログラム」で最大1,500円相当のVポイントをゲットする方法

銀行

紹介コードを入力してエントリーすると紹介した人・紹介された人それぞれに1,000円相当のVポイントが貰える「Oliveアカウント紹介プログラム」。紹介する方はさらに今だけ500円相当追加(2023/10/23~2024/1/21)

【オススメは?】eSIMに対応しているキャリア・格安SIMまとめ&比較 – 月額料金やデータ容量別に比べてみた。eSIMをおトクに利用する方法

携帯電話

eSIM発行に対応しているキャリア、格安SIMを徹底的にまとめてみた。料金とデータ量などで自分にあうオススメのeSIMを見つけよう

【裏技?】ahamoを新規契約して10,000dポイントをもらう方法 – ドコモSIM単体契約⇒即ahamoへのプラン変更でポイントが付与された

携帯電話

ドコモのSIMを単体契約⇒即ahamoにプラン変更で10,000dポイントがもらえた!直接ahamoで契約するよりもかなりおトクに

【ドコモ】『端末購入割引』でiPhone・Androidスマホ・ケータイをおトクに購入する方法 – 適用条件と割引による値下げ、現在の対象機種まとめ

携帯電話

ドコモの分離プラン導入後に新たに登場した「端末購入割引」 条件を満たしていれば機種変更でも対象のiPhoneやAndroidがおトクに買える!


開催中のキャンペーンをもっと見る

usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m

usedoor Twitter
usedoor facebook
usedoor feedly
usedoor RSS


新着ニュース&記事

『青と黄色のVポイント』がスタート。Tポイントは名称消滅、Vポイントとの合算も可能。リニューアル記念で多数のキャンペーン開催など内容をまとめてみた

ニュース

Tポイントが消滅してVポイントと統合された『青と黄色のVポイント』がついにスタート!どんな変化があったか?やキャンペーンなどをまとめてみた

ヨドバシ.comでポケカ強化拡張パック『ポケモンカード151』の抽選販売

ニュース

4月22日からヨドバシカメラで「ポケモンカードゲーム スカーレット&バイオレット 強化拡張パック ポケモンカード151」の抽選販売。

【最終日】Kindle Unlimitedに2ヵ月無料で登録する方法 – Amazonの本/雑誌/マンガ読み放題サービスのキャンペーンまとめ

キャンペーン

Amazonが読み放題サービス「Kindle Unlimited」が2か月0円で利用できるゴールデンウイークキャンペーン開催中。対象者ならおトクに通常よりもおトクに利用できる

三井住友カードが『青と黄色のVポイント祭』を開催。TポイントとVポイント統合を記念したキャンペーン。抽選で最大5万円相当のVポイントが当たる

キャンペーン

TポイントとVポイントの統合を記念して三井住友カードが『青と黄色のVポイント祭』を開催。最大5万ポイント&当選者は合計40万名

【最終日】AmazonスマイルSALE ゴールデンウィーク&ポイントアップキャンペーンでおトクにお買い物する方法 – セール内容&よりおトクに支払いする方法などまとめ

セール

4月19日9時から87時間限定で「Amazon スマイルSALE ゴールデンウイーク」が開催!今回のセールより「タイムセール祭り」⇒「スマイルSALE」に名称が変更。ポイントアップキャンペーンも同時開催!


新着記事をもっと見る

usedoorをフォロー


注目・おすすめ記事

【2024年4月】Music Unlimitedに3ヵ月無料で登録する方法 – Amazonの音楽聴き放題キャンペーンまとめ。新規登録で3ヵ月無料、再登録で月額300円など

Amazonの音楽聞き放題サービス「Music Unlimited」におトクに登録できるキャンペーンを紹介。現在は新規登録で3ヵ月無料、再登録は月額300円×3ヵ月などが開催中


【iPhone】マスクを装着したままでFace IDでロックを解除する方法まとめ – iOS 15.4以降、iOS 15.3以前、Apple Watch着用など

iOS 15.4から正式機能になった「マスクをしたまま顔認証でiPhoneのロックを解除」を設定してみた!その他、iPhone 12未満のモデルで使える小ワザも


【Windows 11標準機能】タスクバーの統合を解除してラベルを表示する方法 – まとめラベルをオフ、非表示にする手順(バージョン22H2、KB5030310適用)

ついにWindows 11でタスクバーの結合の解除、ラベル表示ができるようになった!今後はExplorerPatcherなどのサードパーティ製のアプリは不要に。オプションパッチ「KB5030310」の適用は必須


楽天カードでSuicaにチャージしてポイントを貯める方法(iPhone・Android対応)

楽天カードからiPhone、AndroidのモバイルSuicaに条件を満たした上でチャージすればポイントが貯まる!還元率は0.5%


【ドコモ】『オンラインショップおトク割』でスマホをおトクに購入する方法 – 端末のみ購入もOK!対象機種、割引金額、適用条件まとめ

ドコモオンラインショップが新たな割引「オンラインショップおトク割」をスタート!5G WELCOME割併用で超大幅割引となる機種も!



注目の記事をぜんぶ見る


最新記事&ニュース

『青と黄色のVポイント』がスタート。Tポイントは名称消滅、Vポイントとの合算も可能。リニューアル記念で多数のキャンペーン開催など内容をまとめてみた

Tポイントが消滅してVポイントと統合された『青と黄色のVポイント』がついにスタート!どんな変化があったか?やキャンペーンなどをまとめてみた


ヨドバシ.comでポケカ強化拡張パック『ポケモンカード151』の抽選販売

4月22日からヨドバシカメラで「ポケモンカードゲーム スカーレット&バイオレット 強化拡張パック ポケモンカード151」の抽選販売。


【最終日】Kindle Unlimitedに2ヵ月無料で登録する方法 – Amazonの本/雑誌/マンガ読み放題サービスのキャンペーンまとめ

Amazonが読み放題サービス「Kindle Unlimited」が2か月0円で利用できるゴールデンウイークキャンペーン開催中。対象者ならおトクに通常よりもおトクに利用できる


三井住友カードが『青と黄色のVポイント祭』を開催。TポイントとVポイント統合を記念したキャンペーン。抽選で最大5万円相当のVポイントが当たる

TポイントとVポイントの統合を記念して三井住友カードが『青と黄色のVポイント祭』を開催。最大5万ポイント&当選者は合計40万名


【最終日】AmazonスマイルSALE ゴールデンウィーク&ポイントアップキャンペーンでおトクにお買い物する方法 – セール内容&よりおトクに支払いする方法などまとめ

4月19日9時から87時間限定で「Amazon スマイルSALE ゴールデンウイーク」が開催!今回のセールより「タイムセール祭り」⇒「スマイルSALE」に名称が変更。ポイントアップキャンペーンも同時開催!



最新記事をもっとチェック


usedoorをフォロー


現在開催中の"おトク"なセール、キャンペーン、お買い得アイテムまとめ

【激アツ!!】2回線目以降もOK!楽天モバイル回線契約で14,000ポイントがもらえる三木谷氏の紹介キャンペーンが開催。超おトクに契約できるけど注意点あり

楽天の社長、三木谷氏のRakuten最強プラン紹介キャンペーンが激アツ。2回線目以降の契約でも14,000ポイントがもらえる。ただし併用できないキャンペーンもあり


【2024年4月】「メルペイ」のクーポン&キャンペーンまとめ – クーポンは人によって違うので来ない場合も… メルカードキャンペーンもあり

メルカリが提供するスマホコード支払「メルペイ」は定期的におトクなキャンペーンを開催&クーポンを配布!人によって違うクーポンを徹底的にまとめてみた


【最大10,000dポイント】毎日運試し。わくわく毎日くじでdポイントをゲットする方法

毎日引けるdポイントが当たるくじが登場。最高は10,000dポイントらしいけど…


【10,000ポイント還元!!】楽天モバイル『Apple Watchスタートキャンペーン』でおトクにApple Watchを購入する方法 – 対象商品&条件まとめ

楽天モバイルで条件を満たした上でApple Watch購入で最大10,000ポイントが還元されるキャンペーン開催!セルラー版をお試ししたい人に最適


【2024年4月】ソースネクストの割引クーポンまとめ – 現在配布中の最新クーポンやキャンペーンを製品別にまとめてみた

ソースネクストの割引クーポンを総まとめ!公式から一覧情報を頂いているので全てのクーポンがチェックできます。Dropboxや1Password、ZEROセキュリティetc...と多数配布中!



開催中のキャンペーンをぜんぶ見る