【激安折りたたみスマホ】「Libero Flip(A304ZT)」が一括39,800円~

AppleがiOS / iPadOS / tvOS 17.0、watchOS 10.0、HomePod 17の配信を開始。2023年のメジャーアップデートが正式利用可能に【2023年9月19日】

Appleが2023年のメジャーアップデートとなる「17」系のアプデ配信を9月19日未明より開始。iOS / iPadOS / tvOSは17.0、watchOSは10.0に。リリースノート(内容)まとめ


最終更新 [2023年9月19日]

\\どうかフォローをお願いします…//


< この記事をシェア >

usedoor Twitterでシェア
usedoor facebookでシェア
usedoor はてなブックマークに保存
usedoor Pocketに保存
usedoor LINEでシェア
usedoor feedly


2023年9月19日未明(日本時間)にAppleがiPhone、iPad、Apple Watch、Apple TV、HomePodなど複数のApple製品にアップデート配信を開始しました。

2023年9月8日 Appleがアップデートを配信

iOS 16.X系⇒17.0となるメジャーアップデートです。
今回配信されたアップデートは、

iPhone:17.0
iPad:iPadOS 17.0
Apple Watch:watchOS 10.0
Apple TV:tvOS 17.0
HomePod:17.0

となっています。
「17」系が適用されるメジャーアップデートとなります(watchOSは10系)

メジャーアップデートなのでもちろん新機能なども多く含まれます。
大掛かりなアップデートとなるため、ひとまず様子見という人もいると思います。

恒例ですが、たくさん複数のApple製品に同時にアップデートが配信されるため、たくさんApple製品を利用している人でアップデートを適用するという人は大変そう。。
特に今回はサイズ容量大きめのものが多いし…

iPhone、iPad、Apple Watch、Apple TV、HomePodなどApple製品を利用している人でアップデートを考えている人はリリースノートをチェックしてみてください。

なお、iOS 17はiPhone 8およびiPhone Xがアップデート対象外、iPad OSはiPad第5世代や初代iPad Proがアップデート対象外機種となります。


【2023年9月19日】iOS 17.0など様々なApple製品にアップデート配信

iOS 17.0

iOS17.0 アップデート内容
アップデート内容

iOS 17では、電話、メッセージ、FaceTimeが大幅にアップデートされ、自分を表現する新しいコミュニケーションの方法が追加されました。スタンバイは、iPhoneを横向きで充電しているときに、離れた場所からでも一目で情報を確認できるように設計された新しいフルスクリーン体験を提供します。AirDropでは、周囲の人との共有や接続がより簡単になり、連絡先の共有方法としてNameDropが追加されました。キーボードの機能強化によって、テキストを今まで以上に速く簡単に入力できるようになりました。iOS 17には、ウィジェット、Safari、ミュージック、AirPlayなどのアップデートも含まれています。

■電話
・連絡先ポスターでは、通話するときにほかの人のデバイスにあなたがどのように表示されるかをカスタマイズ可能

■メッセージ
・iMessageのステッカーアプリで、ライブステッカー、ミー文字、アニ文字、絵文字ステッカー、他社製のステッカーパックを含むすべてのステッカーが1か所にまとめて表示
・ライブステッカーでは、被写体を写真やビデオから抜き出して、“キラキラ”、“ぷくぷく”、“コミック”、“アウトライン”などのエフェクトを追加して作成可能
・到着確認で、目的地に無事に到着したときに家族や友達に自動的に通知を送り、遅れる場合には役立つ情報を共有
・受信したオーディオメッセージの発音表記を使用してその場ではメッセージを読んで、あとから聴くことが可能
・検索機能の改善により、連絡先、キーワード、コンテンツタイプ(写真やリンクなど)などの検索フィルタを組み合わせることで、メッセージをより早く探し出すことが可能
・吹き出しを右にスワイプしてメッセージにインラインで返信可能
・1回限りの確認コードの削除機能により、確認コードをほかのアプリに自動入力すると自動的にメッセージアプリから削除

■FaceTime
・相手がFaceTime通話に出ないとき、ビデオまたはオーディオメッセージを収録して伝えたいことを正確に残すことが可能
・iPhoneをカメラとして使用してApple TVでFaceTime通話を楽しむことが可能(Apple TV 4K第2世代以降)
・ビデオ通話で自分の周囲にハート、風船、紙吹雪などの3Dエフェクトのリアクションをジェスチャで追加可能
・ビデオエフェクトを使用してスタジオ照明とポートレートモードの強度を調整

■スタンバイ
・ナイトスタンド、キッチンカウンターやデスクでiPhoneを横向きで充電しているときに、離れた場所からでも一目で情報を確認できるように設計された、時計、写真、ウィジェットなどのフルスクリーン体験を提供
・“時計”でデジタル、アナログ、太陽、フローティング、世界時計などのさまざまなスタイルやアクセントカラーなどを使用してパーソナライズが可能
・“写真”であなたのベストショットを自動的にシャッフル、または選択した特定のアルバムを表示
・ウィジェットによりすぐに情報にアクセスでき、スマートスタック表示で適切な情報を適切なタイミングで提供
・夜間モードでは、周囲が暗いときに、時計、写真、ウィジェットを赤の色調で表示
・MagSafe充電器ごとの優先表示機能で、それぞれのMagSafeの充電場所での時計、写真、ウィジェットの表示設定を記憶

■ウィジェット
・インタラクティブウィジェットでは、ホーム画面、ロック画面、またはスタンバイのウィジェットを直接タップして、リマインダーを完了としてマークするなどのアクションが実行可能
・Mac上のiPhoneウィジェットで、ウィジェットをiPhoneからMacのデスクトップに追加可能

■AirDrop
・NameDropで、はじめて会った人とiPhoneを近づけるだけで連絡先の交換が可能
・iPhoneを近づけることでAirDropでコンテンツの共有やSharePlayセッションの開始を可能にするAirDropの新しい開始方法

■Safariとパスワード
・プロファイルによって仕事用や個人用などのテーマ別にブラウズすることができ、履歴、Cookie、機能拡張、タブグループ、およびお気に入りを分けることが可能
・使用していないときにプライベートブラウズウインドウをロックしたり、既知のトラッカーが読み込まれるのを阻止したり、URLからトラッキング識別を削除したりできるように機能が強化されたプライベートブラウズ
・パスワードとパスキーの共有で、パスワードのグループを作成して信頼できる連絡先と共有し、グループのメンバーによる変更も反映
・1回限りの確認コードをメールからSafariに自動入力する機能によって、ブラウザから離れずにログイン可能

■ミュージック
・SharePlayを使用して、車内で誰でも簡単にApple Musicをコントロールして再生可能
・クロスフェードにより、再生中の曲がフェードアウトしつつ次の曲がフェードインするため、曲が途切れることなくスムーズに切り替え可能

■AirPlay
・人工知能によるAirPlayデバイスリストによって、ユーザの好みに基づいて関連性の高いデバイス順で表示されるため、さらに簡単に適切なAirPlay対応テレビやスピーカーを見つけることが可能
・AirPlayデバイス接続の提案が事前に通知として表示され、よりシームレスに優先AirPlayデバイスに接続可能
・iPhoneと最も関連性の高いAirPlay対応デバイスの間で自動AirPlayデバイス接続が実行されるため、“再生”をタップするだけでコンテンツの視聴を開始可能

■AirPods
・適応型オーディオによって、アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードが動的にブレンドされた新しいリスニングモードが提供され、周囲の状況に合わせたノイズコントロール体験を実現(ファームウェアバージョン6A300以降のAirPods Pro(第2世代))
・パーソナライズされた音量によって、周囲の環境および長期的なリスニングの好みに合わせてメディアの音量を調整(ファームウェアバージョン6A300以降のAirPods Pro(第2世代))
・会話感知で、周囲の騒音を減らしつつ、メディアの音量を下げ、目の前にいる人の声を強調(ファームウェアバージョン6A300以降のAirPods Pro(第2世代))
・通話中にAirPodsのステムまたはAirPods MaxのDigital Crownを押すことで、マイクの消音と消音解除が可能(AirPods(第3世代)、AirPods Pro(第1世代および第2世代)、またはファームウェアバージョン6A300以降のAirPods Max)

■マップ
・オフラインマップは、行きたい、検索したい、探索したい場所の豊富な情報を事前にダウンロードしておくことによって、iPhoneがWi-Fiやモバイル通信サービスを使えないときに使用可能
・電気自動車経路の改善により、対応する充電スタンドのリアルタイムの使用可能状況に基づいた経路を表示

■画像を調べる
・“画像を調べる”の対応分野が拡張され、料理の写真から似たようなレシピを調べたり、店頭の写真から“マップ”の情報を調べたり、洗濯表示などの表示や記号の意味を調べたりすることが可能
・写真やビデオの背景から複数または1つの被写体を抜き出して、“メッセージ”などのアプリに追加することが可能
・ビデオで“画像を調べる”を使用して、一時停止したビデオフレームに映っている対象物について調べることが可能
・写真の被写体に“画像を調べる”を使用して、写真から抜き出した被写体の情報をコールアウトメニューから直接調べることが可能

■ヘルスケア
“心の状態”の振り返りでは、一時的な感情や日々の気分を記録し、自分に最も影響している要因を選択し、どう感じているかを確認することが可能
・インタラクティブグラフでは、時間とともに心の状態がどのように変化したか、また、運動、睡眠、マインドフル時間など、どの要因の影響が大きいかを知ることが可能
・心の健康のアセスメントによって、うつ病や不安障害の現在のリスクを把握し、サポートを受けるのがよいかどうか確認することが可能
・“画面との距離”では、Face IDでも使用されるTrueDepthカメラを活用し、デバイスを見るときに遠ざけるように促して、デジタル眼精疲労を減らし、子供の近視になるリスクを軽減することが可能

■プライバシー
・“センシティブな内容の警告”を有効にすることで、“メッセージ”、AirDrop、電話アプリの連絡先ポスター、およびFaceTimeメッセージで、ヌードを含む画像が予期せずユーザに表示されるのを防止
・“コミュニケーションの安全性”によるお子様への保護が拡張され、“メッセージ”、AirDrop、電話アプリの連絡先ポスター、FaceTimeメッセージ、およびシステムの写真ピッカーでお子様が送受信する可能性のあるヌードを含む画像に加え、ビデオも検知可能
・共有権限が改善され、埋め込まれた写真ピッカーと追加のみの“カレンダー”権限でのアプリとの共有項目をさらにコントロール可能
・リンク追跡保護により、リンクの機能は残しつつ、“メッセージ”、“メール”、およびSafariのプライベートブラウズで共有されたリンクから、一部のWebサイトがそのURLでユーザをほかのWebサイトでも追跡するために使用する余分な情報を削除

■アクセシビリティ
・アシスティブアクセスにより、電話とFaceTime、メッセージ、カメラ、写真、およびミュージックでアプリの重要な機能だけが提供され、大きな文字、視覚的な代替物、絞られた選択肢などよって認知的負荷を軽減
・ライブスピーチで、話したいことを入力して、電話、FaceTime通話、および対面の会話で読み上げてもらうことが可能
・“拡大鏡”の検出モードの“指差し読み上げ”により、ドアのキーパッドや家電のボタンなど、小さいテキスト表示のある物のテキストをiPhoneで読み上げ

■このリリースには、以下の機能と改善も含まれます:
・“写真”の“ピープル”アルバムの“ペット”で、友達や家族と同様にアルバム内のペットを識別
・“写真アルバム”ウィジェットで、写真アプリの特定のアルバムを選択してウィジェットに表示することが可能
・“探す”の持ち物共有で、AirTagまたは“探す”ネットワークアクセサリを最大5人と共有可能
・“ホーム”のアクティビティ履歴で、ドアロック、ガレージドア、セキュリティシステム、および接触センサーの最近の履歴を確認
・“リマインダー”の買い物リストで、品物を追加すると関連する品物をセクション別に自動的にグループ化
・“メモ”で埋め込まれたPDFとスキャン書類が画面幅で表示され、簡単に閲覧して注釈を追加可能
・キーボードのミー文字ステッカーに新たに、天使の輪がかかっている笑顔、にやりと笑った顔、顔の前に広げた手の間からのぞき見している顔を含む、新しいミー文字ステッカーが追加
・Spotlightを使ってアプリを検索すると、次のアクションに便利なアプリのショートカットがトップヒット内に提示
・フィットネスで“共有”タブが一新され、ワークアウトの連続記録やバッジなど、友達のアクティビティをハイライトして表示
・Apple IDアカウントに登録されているメールアドレスまたは電話番号でiPhoneにサインイン可能
・フリーボードに、表現豊かなボードを作成するための万年筆、水彩筆、定規といった新しい描画ツールを追加
・衝突事故検出の最適化(iPhone 14、iPhone 14 Plus、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Max)

一部の機能は、地域やAppleデバイスによっては使用できない場合があります。詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください:
https://www.apple.com/jp/ios/ios-17

一部の機能は、地域やiPhoneモデルによっては使用できない場合があります。Appleソフトウェアアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

一番影響する人が多いと思われる「iOS 17」の新機能は上記の通りです。
iOS 17の新機能の詳細や実際にアップデートした人の口コミなどは以下の記事にもまとめているので合わせてチェックしてみてください。

関連記事:『iOS 17』アップデートの内容や新機能、対象端末とみなさんのつぶやき、口コミ、評判、不具合報告などモデル別まとめ


iPadOS 17.0

アップデート内容

iPadOS 17では、ロック画面のデザインが一新され、画面のカスタマイズ方法が新しくなり、写真を表示したり、またウィジェットで情報を一目で確認できるようになりました。“メッセージ”には、すべてのステッカーをまとめておくことができる新しいステッカー体験が追加されています。iPadのヘルスケアアプリは、大きなディスプレイに最適化されたデザインになります。生産性の向上のために、“メモ”では画面幅のPDFや書類のスキャンを簡単に扱えるようになり、ステージマネージャではウインドウの配置がこれまで以上に自由になったほか、外部ディスプレイのカメラに対応するようになりました。iPadOS 17には、Safari、キーボード、ミュージック、AirPlayなどのアップデートも含まれています。

■ロック画面
・ロック画面のデザインを一新。お気に入りの写真を表示したり、フォントスタイルを変えたり、よく使うウィジェットを表示したりして自由に画面をパーソナライズすることが可能
・マルチレイヤー被写界深度エフェクトにより、被写体を時刻表示よりも前にくるように配置
・ロック画面を複数作成し簡単に画面を切り替えることが可能
・ロック画面のギャラリーでは、あなたに合った画面デザインの候補が提供され、またAppleによって厳選されたデザインのコレクションや、万華鏡、こんにちは、湖などの新しい壁紙から選択することも可能
・Live Photos壁紙のモーションエフェクトにより、ホーム画面に設定されたLive Photosでロック解除時にロック画面をよりダイナミックに演出
・ライブアクティビティにより、リアルタイムで起きていることを直接ロック画面から簡単に把握することが可能
・通知はロック画面の下部に表示され、展開されたリスト表示、スタック表示、または件数表示から選択可能

■ウィジェット
・ロック画面上のウィジェットで、天気、時刻、バッテリー残量、カレンダーの予定、アラーム、他社製ウィジェットなどの情報が一目でチェック可能
・インタラクティブウィジェットで、ホーム画面またはロック画面でタップすることで、ウィジェットから直接、リマインダーを完了としてマークするなどのアクションが実行可能
・iPadを振るか、3本指でタップして、ウィジェットの配置を元に戻すことが可能

■メッセージ
・iMessageのステッカーアプリで、ライブステッカー、ミー文字、アニ文字、絵文字ステッカー、他社製のステッカーパックを含むすべてのステッカーが1か所にまとめて表示
・ライブステッカーでは、被写体を写真やビデオから抜き出して、“キラキラ”、“ぷくぷく”、“コミック”、“アウトライン”などのエフェクトを追加して作成可能
・受信したオーディオメッセージの発音表記を使用してその場ではメッセージを読んで、あとから聴くことが可能
・検索機能の改善により、連絡先、キーワード、コンテンツタイプ(写真やリンクなど)などの検索フィルタを組み合わせることで、メッセージをより早く探し出すことが可能
・吹き出しを右にスワイプしてメッセージにインラインで返信可能
・1回限りの確認コードの削除機能により、確認コードをほかのアプリに自動入力すると自動的にメッセージアプリから削除

■FaceTime
・相手がFaceTime通話に出ないとき、ビデオまたはオーディオメッセージを収録して伝えたいことを正確に残すことが可能
・iPadをカメラとして使用してApple TVでFaceTime通話を楽しむことが可能(Apple TV 4K第2世代以降)
・ビデオ通話で自分の周囲にハート、風船、紙吹雪などの3Dエフェクトのリアクションをジェスチャで追加可能
・ビデオエフェクトを使用してスタジオ照明とポートレートモードの強度を調整

■ヘルスケア
・iPadのヘルスケアアプリが大きなディスプレイに合わせて設計され、素早く移動できるサイドバー、よく使う項目の豊富な詳細情報、インタラクティブグラフなどに対応
・ヘルスケアとフィットネスのデータを、iPad、iPhone、Apple Watch、および対応する他社製アプリやデバイス間でシームレスに同期
・“ヘルスケア共有”では、選択したヘルスケアデータを親しい人と共有したり、大切な人のヘルスケアに関する重要な通知を受け取って、その人のアクティビティ、歩行データ、心拍数データ、トレンドなどを確認したりすることが可能
・“心の状態”の振り返りでは、一時的な感情や日々の気分を記録し、自分に最も影響している要因を選択し、どう感じているかを確認することが可能
・インタラクティブグラフでは、時間とともに心の状態がどのように変化したか、また、運動、睡眠、マインドフル時間など、どの要因の影響が大きいかを知ることが可能
・心の健康のアセスメントによって、うつ病や不安障害の現在のリスクを把握し、サポートを受けるのがよいかどうか確認することが可能
・“画面との距離”では、Face IDでも使用されるTrueDepthカメラを活用し、デバイスを見るときに遠ざけるように促して、デジタル眼精疲労を減らし、子供の近視になるリスクを軽減することが可能

■メモ
・埋め込まれたPDFとスキャン書類が画面幅でメモに表示され、確認中の書類を簡単に閲覧して注釈を追加可能
・リンクされたメモでは、ほかのメモへのハイパーリンクを作成して、アイデア、コンテンツ、情報をつなげることが可能
・ブロック引用フォーマットでは、引用バーを使用して簡単に文章の一部を見やすくすることが可能
・等幅テキストフォーマットでは、等幅のテキストインセットをはっきりとした背景で表示
・共有メニューの“Pagesで開く”では、メモからPages書類を作成可能

■Safariとパスワード
・プロファイルによって仕事用や個人用などのテーマ別にブラウズすることができ、履歴、Cookie、機能拡張、タブグループ、およびお気に入りを分けることが可能
・使用していないときにプライベートブラウズウインドウをロックしたり、既知のトラッカーが読み込まれるのを阻止したり、URLからトラッキング識別を削除したりできるように機能が強化されたプライベートブラウズ
・パスワードとパスキーの共有で、パスワードのグループを作成して信頼できる連絡先と共有し、グループのメンバーによる変更も反映
・1回限りの確認コードをメールからSafariに自動入力する機能によって、ブラウザから離れずにログイン可能

■フリーボード
・万年筆、定規、水彩、形状認識などの新しいツールで描画が改善
・“フォロー”を使用すると、自分がキャンバスで移動したときに表示されている画面と同じ画面が共同作業者に表示されるように共同作業者をガイド可能
・図の作成が改善され、コネクタハンドルでオブジェクトを接続することで図やフローチャートを素早く作成可能
・“フリーボードで共有”では、共有シートを使用してほかのアプリからフリーボードのボードにコンテンツを追加可能
・PDFのマークアップを使用して、ボード内でPDFに直接注釈を付けることが可能
・3D操作で、クイックルックを使用してキャンバス上の3Dオブジェクトをプレビューすることが可能

■ステージマネージャ
・ウインドウの配置がより柔軟になり、アプリを正確に選択および配置できるようドラッグ可能な領域が広がって、理想的なウインドウレイアウトを作成可能
・FaceTimeやビデオ通話で外部ディスプレイのカメラを使用可能

■画像を調べる
・“画像を調べる”の対応分野が拡張され、料理の写真から似たようなレシピを調べたり、店頭の写真から“マップ”の情報を調べたり、洗濯表示などの表示や記号の意味を調べたりすることが可能
・写真やビデオの背景から複数または1つの被写体を抜き出して、“メッセージ”などのアプリに追加することが可能
・ビデオで“画像を調べる”を使用して、一時停止したビデオフレームに映っている対象物について調べることが可能
・写真の被写体に“画像を調べる”を使用して、写真から抜き出した被写体の情報をコールアウトメニューから直接調べることが可能

■AirPlay
・人工知能によるAirPlayデバイスリストによって、ユーザの好みに基づいて関連性の高いデバイス順で表示されるため、さらに簡単に適切なAirPlay対応テレビやスピーカーを見つけることが可能
・AirPlayデバイス接続の提案が事前に通知として表示され、よりシームレスに優先AirPlayデバイスに接続可能
・iPadと最も関連性の高いAirPlay対応デバイスの間で自動AirPlayデバイス接続が実行されるため、“再生”をタップするだけでコンテンツの視聴を開始可能

■AirPods
・適応型オーディオによって、アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードが動的にブレンドされた新しいリスニングモードが提供され、周囲の状況に合わせたノイズコントロール体験を実現(ファームウェアバージョン6A300以降のAirPods Pro(第2世代))
・パーソナライズされた音量によって、周囲の環境および長期的なリスニングの好みに合わせてメディアの音量を調整(ファームウェアバージョン6A300以降のAirPods Pro(第2世代))
・会話感知で、周囲の騒音を減らしつつ、メディアの音量を下げ、目の前にいる人の声を強調(ファームウェアバージョン6A300以降のAirPods Pro(第2世代))
・通話中にAirPodsのステムまたはAirPods MaxのDigital Crownを押すことで、マイクの消音と消音解除が可能(AirPods(第3世代)、AirPods Pro(第1世代および第2世代)、またはファームウェアバージョン6A300以降のAirPods Max)

■プライバシー
・“センシティブな内容の警告”を有効にすることで、“メッセージ”、AirDrop、電話アプリの連絡先ポスター、およびFaceTimeメッセージで、ヌードを含む画像が予期せずユーザに表示されるのを防止
・“コミュニケーションの安全性”によるお子様への保護が拡張され、“メッセージ”、AirDrop、電話アプリの連絡先ポスター、FaceTimeメッセージ、およびシステムの写真ピッカーでお子様が送受信する可能性のあるヌードを含む画像に加え、ビデオも検知可能
・共有権限が改善され、埋め込まれた写真ピッカーと追加のみの“カレンダー”権限でのアプリとの共有項目をさらにコントロール可能
・リンク追跡保護により、リンクの機能は残しつつ、“メッセージ”、“メール”、およびSafariのプライベートブラウズで共有されたリンクから、一部のWebサイトがそのURLでユーザをほかのWebサイトでも追跡するために使用する余分な情報を削除

■アクセシビリティ
・アシスティブアクセスにより、電話とFaceTime、メッセージ、カメラ、写真、およびミュージックで各アプリと体験の本質的な機能だけに絞り込み、認知障害のあるユーザ向けに、大きな文字、視覚的な代替物、絞られた選択肢などを提供することが可能
・ライブスピーチで、話したいことを入力して、電話、FaceTime通話、および対面の会話で読み上げてもらうことが可能
・“拡大鏡”の検出モードの“指差し読み上げ”により、ドアのキーパッドや家電のボタンなど、小さいテキスト表示のある物のテキストをiPadで読み上げ

■このリリースには、以下の機能と改善も含まれています:
・“写真”の“ピープル”アルバムの“ペット”で、友達や家族と同様にアルバム内のペットを識別
・“写真アルバム”ウィジェットで、写真アプリの特定のアルバムを選択してウィジェットに表示することが可能
・“探す”の持ち物共有で、AirTagまたは“探す”ネットワークアクセサリを最大5人と共有可能
・“ホーム”のアクティビティ履歴で、ドアロック、ガレージドア、セキュリティシステム、および接触センサーの最近の履歴を確認
・“リマインダー”の買い物リストで、品物を追加すると関連する品物をセクション別に自動的にグループ化
・キーボードのミー文字ステッカーに新たに、天使の輪がかかっている笑顔、にやりと笑った顔、顔の前に広げた手の間からのぞき見している顔を含む、新しいミー文字ステッカーが追加
・Spotlightを使ってアプリを検索すると、次のアクションに便利なアプリのショートカットがトップヒット内に提示

Apple IDアカウントに登録されているメールアドレスまたは電話番号でiPadにサインイン可能
このリリースには、以下の機能と改善も含まれています。詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください: https://www.apple.com/jp/ipados/ipados-17

一部の機能は、地域やAppleデバイスによっては使用できない場合があります。Appleソフトウェアアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222


watchOS 10.0

アップデート内容

watchOS 10はwatchOS史上最大のアップデートです。ほぼすべてのアプリの外観が一新され、操作方法も新しくなりました。新機能のスマートスタックでは、どの文字盤からでも、欲しいときに、欲しい情報を表示することができます。サイクリングワークアウトとハイキングの機能が強化され、マインドフルネスアプリに心の状態を振り返るための新しい心の健康体験が登場しました。また、日光の下で過ごした時間を記録できるようになりました。

■体験
・丸い四隅とディスプレイ全体を活用するように再設計されたアプリを使用
・どの文字盤からでもDigital Crownを回して表示できるスマートスタックで、時間帯や場所などの状況に応じてタイムリーな情報を表示
・サイドボタンを押してコントロールセンターにアクセス
・Digital Crownを1回押してすべてのアプリに、2回押して最近使ったアプリにアクセス

■文字盤
・“スヌーピー”では、時間帯、現在地の天気、およびワークアウトなどのアクティビティにスヌーピーとウッドストックが反応する100種類以上のアニメーションを提供
・“パレット”では、重なり合う3つの特徴的なレイヤーを用いて色で時刻を描写し、時間の経過に合わせて変化
・“ソーラーアナログ”では、発光するダイヤル上にクラシックな時刻表示マークがあしらわれ、太陽の位置に応じて一日を通して光と影が交替
・“モジュラーUltra”では、ディスプレイの端を活用して、ユーザが選択可能な3つのオプションと7つのコンプリケーションでリアルタイムのデータを表示(Apple Watch Ultraで使用可能)

■メッセージ
・連絡先のミー文字または写真を表示
・よく使う項目をピンで固定
・編集、送信の取り消し、未開封で並べ替え

■ワークアウト
・サイクリングワークアウトがパワーメーター、スピードセンサー、ケイデンスセンサーなどのBluetooth対応センサーに対応し、新しいパワーとケイデンスの指標を表示
・サイクリングパワー表示では、ワットで測定されたワークアウト中のパワー出力を表示
・パワーゾーン表示では、機能的作業閾値パワー(60分のセッションで持続できる最大のパワーを測定したもの)を使用してパーソナライズされたゾーンを作成し、各ゾーンでの経過時間を表示
・サイクリング速度表示では、現在の速度、最高速度、距離、心拍数、および/またはパワーを表示
・Apple Watchのサイクリング指標、ワークアウト表示、およびサイクリング体験が、ライブアクティビティとして自転車のハンドルバーに取り付けたiPhoneで表示され、簡単に確認可能

■アクティビティ
・隅のアイコンから“週ごとの概要”、“共有”、およびバッジに素早くアクセス可能
・Digital Crownを回してムーブ、エクササイズ、スタンドのリングをそれぞれの画面に表示。ゴールの調整機能に加えて、歩数、距離、上った階数、アクティビティ履歴を表示可能
・“週ごとの概要”には、ムーブの合計に加えて、エクササイズとスタンドの合計も表示
・アクティビティ共有では友達の写真またはアバターを表示
・Fitness+でのトップクラスのトレーナーからの“トレーナーのヒント”では、ワークアウトのテクニック、マインドフルネス、健康習慣、iPhoneのフィットネスアプリでのモチベーション維持などの分野についてガイダンスを提供

■Fitness+
・カスタムプランを使ってワークアウトとメディテーションのスケジュールを作成
・選択アクティビティの曜日、ワークアウトの継続時間と種類、トレーナー、ミュージック、およびプランの長さを選択すると、Fitness+が自動的にプランを作成
・スタックを使って、続けて行いたいワークアウトとメディテーションのキューを作成

■コンパス
・“最後のモバイル通信接続地点ウェイポイント”では、デバイスが通信事業者のネットワークに接続できた経路上の最後の地点を自動的に推定
・“緊急電話に発信できる最後の地点のウェイポイント”では、いずれかの通信事業者のネットワークに接続して緊急通報サービスに連絡できる最後の地点を自動的に推定
・POIウェイポイントでは、“マップ”の“ガイド”に保存した見どころを表示
・ウェイポイントの新しい高度表示では、高度計からのデータを使用して、保存したウェイポイントの高度の3D表示を作成
・“高度の通知”では、特定の高度閾値を超えたときに通知

■マップ
・徒歩範囲では、営業時間や評価などの豊富な場所情報と共に、近くのレストランやショップなどの見どころまでのおおよその徒歩所要時間を表示
・iPhoneにダウンロードされたオフラインマップが、iPhoneの電源がオンになっていて接続範囲内にあれば、ペアリングされたApple Watchで表示可能
・オフラインマップでも、車、自転車、徒歩、公共交通機関の経路は使用でき、交通状況の予測に基づいた到着予定も使用可能
・地形図では、米国の国立公園および広域公園の登山道、等高線、高度、見どころなどの特徴を表示
・米国の登山道/ハイキングコースの情報では、コースの長さや高度の情報といった詳細情報を表示

■天気
・背景と状況に応じたビジュアルエフェクトで天気情報を素早く確認
・紫外線指標、空気質指数、風速などの重要な情報に1つの表示でアクセス
・右にスワイプして、気象状況、気温、降水量、風速、UVI、視程、湿度、AQIなどのデータを表示
・スクロールして1時間ごとや1日ごとの表示を確認
・文字盤に“湿度”コンプリケーションを表示

■マインドフルネス
・“心の状態”の振り返りでは、一時的な感情や日々の気分を記録することが可能
・仕事、家族、現在の出来事などの要因を含めて、楽しい、充足、心配など、どう感じているかを確認することが可能
・心の状態を記録するためのリマインダーは、通知や文字盤のコンプリケーション、およびFitness+の呼吸セッション、リフレクトセッション、オーディオメディテーションのあとに表示されるプロンプトで使用可能

■服薬
・設定した時刻から30分の間に服薬を記録しないと、服薬を記録するように通知するフォローアップリマインダーを送信
・フォローアップリマインダーを重大な通知として設定して、デバイスが消音中または集中モードが有効なときでも表示するオプション

■その他の機能と改善点:
・日光下の時間を環境光センサーで測定(Apple Watch SE、Apple Watch Series 6以降、およびApple Watch Ultraで使用可能)
・ホームアプリおよび文字盤コンプリケーションのグリッド予報で、お住まいの地域の電力グリッドからのライブデータに基づいて、よりクリーンなエネルギー源で稼働している時間が表示されるので、デバイスを充電する時間や電化製品をオンにする時間を計画可能(米国本土のみ)
・コミュニケーションの安全性で、お子様が送受信するセンシティブなビデオを検出
・成人用の“センシティブな内容の警告”では、コミュニケーションの安全性の技術をすべてのユーザが使用できるようになり、ヌードを含む写真やビデオをぼかして、表示したい場合は選択することが可能
・“緊急SOS”で発信後、緊急連絡先への通知を重大な通知として送信
・グループFaceTimeオーディオ通話に対応

一部の機能は国や地域によっては利用できないことがあります。詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください: https://apple.com/jp/watchos/feature-availability/

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT201222


Apple Watchのwatch osの内容詳細やアップデート手順は以下の記事にまとめているのであわせてチェックしてみてください。

関連記事:Apple Watchのソフトウエア(watch os)をアップデートする方法


tvOS 17

アップデート内容

このアップデートでは、Apple TVのFaceTimeアプリが導入され、再設計されたコントロールセンターがもたらされます。iPhoneでのSiri Remoteの検索と、HomePodとのより明確な対話をサポートし、スクリーンセーバーとしてメモリーズを選択でき、Apple Music Singのエクスペリエンスが向上し、Siriの知識サポートが拡張されます。このアップデートには、パフォーマンスと安定性の向上も含まれています。

■FaceTime
・Apple TV 4K(第2世代以降)のFaceTimeでは、大画面で家族や友人と時間を過ごすことができます。
・連続カメラのサポートにより、iPhoneやiPadをApple TVに簡単に接続し、カメラとマイクを使用して見た目も音も良くなります。
・センターステージは、あなたが動き回っているときにあなたをフレームに保ち、人々が部屋に加わるにつれてカメラビューを拡大します。
・ジェスチャーベースの反応は、風船、紙吹雪、花火などの画面上の効果を表示します。
・Split ViewとSharePlayを使用すると、通話中の全員を見ながら、映画や番組を一緒に見ることができます。

■コントロールセンター
・まったく新しいデザインにより、Apple TVの管理がより直感的になります。
・ホーム画面には、アクティブなプロファイル、現在の時刻、その他のシステムステータスが表示されます。
・コントロールセンターと対話するには、Siri Remoteの[TV]を長押しして、オーディオとアクセシビリティの設定を調整したり、スリープタイマーを設定したり、プロファイルを切り替えたり、ホームカメラを表示したりします。

■Siri Remote
・Siri Remote(第2世代以降)が近くにあるが見えないときに見つける機能。
・リモコンを見つけるには、iPhoneでコントロールセンターを開き、Apple TV Remoteを開きます。
・Siri*
・画面上の結果には、拡張された知識が含まれるようになりました。「トウモロコシは果物ですか?」と聞いてみてください。または「モーツァルトはどこで生まれましたか?」
・接続されたAirPodsや家の中のHomePodを装着しているときに、Apple TVをアクティベートしてコントロールするには、「Siri」と言うだけです。
・ショー、音楽などを見つけるためのタイのタイ語の言語サポート。Siriを有効にするには、「設定」>「一般」>「Siri」に移動します。

■スクリーンセーバー
・あなたの写真からの思い出は、流れるようなアニメーションとトランジションでテレビのために完璧にフレーム化されています。有効にするには、[設定] > [一般] > [スクリーンセーバー] に移動します。
・追加のスクリーンセーバーには、アリゾナのモニュメントバレーとカリフォルニアの沿岸レッドウッドの素晴らしい空撮が含まれます。

■HomePodホームシアター
・Enhance Dialogueは、Apple TV 4KにペアリングされたHomePod(第2世代)スピーカーで、バックグラウンドサウンドよりも音声をよりはっきりと聞くオプションを提供します。
・オンにするには、映画や番組の視聴中、または設定の再生コントロールのオーディオオプションから「エンハンスダイアログ」を選択します。

■Apple Music
・Apple Music Singは、Continuity Cameraのサポートを追加しているので、画面上で自分を見たり、Apple TV 4K(第3世代)で視覚効果を適用したりできます。
・オンにするには、Apple Music Singがオンのときに[カメラ]を選択します。
・アップルフィットネス+
・スタックを使用すると、ワークアウトや瞑想をグループ化することで、独自のフィットネスルーチンを作成できます。
・iPhoneで作成したカスタムプランは、さらに柔軟なワークアウトや調停スケジュールのためにApple TVで利用できます。

■マルチユーザー
・プロファイルには、Apple TVのエクスペリエンスをさらにパーソナライズするためのシステム言語設定とAirPodsの組み合わせが含まれています。

■仮想プライベートネットワーク(VPN)
・Apple TV用のApp StoreでVPNアプリをダウンロードして、特定のネットワークトラフィックを暗号化してルーティングできるサービスにアクセスします。

■ビデオフォーマット
・ドルビービジョン8.1のサポートにより、ドルビービジョン対応のテレビに出力するときに、より多くの映画や番組で動的メタデータを保存できます。


HomePod 17

アップデート内容

ソフトウェアバージョン17には、HomePodのサポートが含まれます。このアップデートには、バグ修正と安定性の改善も含まれます。

SiriのAirPlay対応により、iPhone/iPadから声だけでHomePodに直接AirPlayセッションを開始できるため、HomePodで再生できる他社の音楽配信サービスがさらに拡大。
新しい通話コントロールを使用して、HomePodで通話の消音/消音解除の切り替えが可能。
HomePod(第2世代)の“対話を強調”を使用すると、ペアリングしたApple TV 4Kで話し声を背景音よりもはっきりと聞こえるようにすることが可能。

< この記事をシェア >

usedoor Twitterでシェア
usedoor facebookでシェア
usedoor はてなブックマークに保存
usedoor Pocketに保存
usedoor LINEでシェア
usedoor feedly



\\どうかフォローをお願いします…//



このAppleがiOS / iPadOS / tvOS 17.0、watchOS 10.0、HomePod 17の配信を開始。2023年のメジャーアップデートが正式利用可能に【2023年9月19日】の最終更新日は2023年9月19日です。
記事の内容に変化やご指摘がありましたら問い合わせフォームまたはusedoorのTwitterまたはusedoorのFacebookページよりご連絡ください。

現在開催中の「おトク」なキャンペーン、セール

【業界最安値!!】月額290円~!HISモバイルの『自由自在プラン』で毎月の携帯電話料金をおトクにする方法 – eSIMにも対応!

MVNO・格安SIM

HISモバイルが2022年5月より新プラン『自由自在プラン』を提供開始!ドコモ回線で格安SIMの中でも最安値クラスの音声通話付きで月額290円~!

【紹介コードリンクあり】Amazonプライム会員に新規登録して1,000ポイントをゲットする方法 – 適用条件や紹介コードの発行/確認手順など

キャンペーン

Amazonが新たにプライム会員になる人を対象に招待プログラムを開始。紹介コードリンクから登録して条件を満たせば1,000円分のAmazonポイントがもらえちゃう

【2024年5月】ワイモバイルでおトクに機種変更できるスマホまとめ – AQUOS wish3が実質4,800円など

携帯電話

現在ワイモバイルで機種変更でもおトクに購入できるスマホまとめ。機種変更割引&端末単体割引で機種変更でも激安購入できる機種アリ!

【紹介コードあり】Yahoo!フリマの「友達紹介キャンペーン(2024年5月)」でPayPayポイント500円相当をゲットする方法

キャンペーン

Yahoo!フリマ(旧PayPayフリマ)を始めるなら「友達紹介キャンペーン」の紹介コード入力で500円分のPayPayポイントがもらえる。2024年5月31日まで

【絶対参加を!!】楽天カード(VISA)で最大20%キャッシュバックキャンペーン開催。運が良ければ10,000円のキャッシュバックも(2024年8月31日まで)

キャンペーン

VISAブランドの楽天カード限定で最大20%キャッシュバックキャンペーン開催!対象はスマホに設定したタッチ決済。さらに運がよければ10,000円分のキャッシュバックが抽選で当たる


開催中のキャンペーンをもっと見る

usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m

usedoor Twitter
usedoor facebook
usedoor feedly
usedoor RSS


新着ニュース&記事

【Bluesky】DM(ダイレクトメッセージ)の使い方 – チャットできる相手を制限したり、メッセージのコピーなどもできる。スマホでもPCでも利用可能

bluesky

BlueskyがついにDMに対応。他のユーザーと1対1でチャット形式でメッセージのやりとりができるように!DMができる相手を制限することも可能

iPhoneで画面収録(スクショ動画)できない場合の対処方法 – AirPlay、機能制限、または画面ミラーリングの動作中には使用できません。

iPhone / iPad

iPhoneで画面収録で「AirPlay、機能制限、または画面ミラーリングの動作中には使用できません。」と表示された場合の対処方法

【2024年5月】『エディオン スペシャルセール』でおトクに買い物する方法 – 激安商品も!楽天市場店の不定期開催セールにログインする手順(旧:闇市)

セール

エディオン楽天市場店で不定期開催される『スペシャルセール(旧:エディオン闇市)』には価格.com最安値クラスの商品が登場することも!

【LINE】無料スタンプ&隠しスタンプまとめ(2024年5月23日更新)ダウンロード方法&取得条件

LINE

現在配布されているLINEの無料スタンプ&隠しスタンプを徹底まとめ!スタンプを無料ゲットできる条件や取得するまでの手順、有効期限など

すかいらーくポイントが登場!d・V・楽天ポイントとの2重取りもできる。5月23日からポイント2倍キャンペーンも開催

ニュース

すかいらーくが独自ポイント『すかいらーくポイント』の提供を開始。共通ポイント(dポイント、Vポイント、楽天ポイント)との2重取りもできちゃう


新着記事をもっと見る

usedoorをフォロー


注目・おすすめ記事

【Android】メルペイをiDとしてスマホに追加&実際の支払い方法 – おサイフケータイへ登録すればメルカリの売上金やポイントがそのまま使える!あと払いもアリ

メルペイをAndroidのおサイフケータイにiDとして設定してみた!優先支払い&暗証番号の設定も含めてセットアップと支払い時の使い方を解説


「Apple Watch Ultra」の予約や発売日、価格、キャンペーンまとめ – Apple StoreやAmazon、家電量販店、キャリアで予約・購入する方法

屈強で過酷な環境に負けない万能な「Apple Watch Ultra」が2022年9月23日に発売!価格は124,800円(税込)。


【通信障害対策に】サブ回線としての契約がオススメのキャリア・格安SIMまとめ – 月額料金は抑えつつ予備としてどうぞ。eSIM、デュアルSIMなど

時々発生するキャリアの通信障害… 障害発生中は電話・ネットが繋がらない。。を避けるために持っておくのがオススメのサブ回線をまとめてみた


【Android】スマホのバッテリー消費を抑えて電池持ちをアップさせる方法まとめ – Pixelのバッテリーが悪いのでいろいろ設定してみた

Pixel 4のバッテリー持ちが悪すぎるのでAndroid全般の電池消費を節約する設定をガッツリ行ってみた


【2ヵ月99円!!】Kindle Unlimitedにおトクに登録する方法 – Amazonの本/雑誌/マンガ読み放題サービスのキャンペーンまとめ

Amazonが読み放題サービス「Kindle Unlimited」が2か月99円で利用できるキャンペーンなどが開催中。対象者ならおトクに通常よりもおトクに利用できる



注目の記事をぜんぶ見る


最新記事&ニュース

【Bluesky】DM(ダイレクトメッセージ)の使い方 – チャットできる相手を制限したり、メッセージのコピーなどもできる。スマホでもPCでも利用可能

BlueskyがついにDMに対応。他のユーザーと1対1でチャット形式でメッセージのやりとりができるように!DMができる相手を制限することも可能


iPhoneで画面収録(スクショ動画)できない場合の対処方法 – AirPlay、機能制限、または画面ミラーリングの動作中には使用できません。

iPhoneで画面収録で「AirPlay、機能制限、または画面ミラーリングの動作中には使用できません。」と表示された場合の対処方法


【2024年5月】『エディオン スペシャルセール』でおトクに買い物する方法 – 激安商品も!楽天市場店の不定期開催セールにログインする手順(旧:闇市)

エディオン楽天市場店で不定期開催される『スペシャルセール(旧:エディオン闇市)』には価格.com最安値クラスの商品が登場することも!


【LINE】無料スタンプ&隠しスタンプまとめ(2024年5月23日更新)ダウンロード方法&取得条件

現在配布されているLINEの無料スタンプ&隠しスタンプを徹底まとめ!スタンプを無料ゲットできる条件や取得するまでの手順、有効期限など


すかいらーくポイントが登場!d・V・楽天ポイントとの2重取りもできる。5月23日からポイント2倍キャンペーンも開催

すかいらーくが独自ポイント『すかいらーくポイント』の提供を開始。共通ポイント(dポイント、Vポイント、楽天ポイント)との2重取りもできちゃう



最新記事をもっとチェック


usedoorをフォロー


現在開催中の"おトク"なセール、キャンペーン、お買い得アイテムまとめ

ahamo、LINEMO、povoどれにする?開催中キャンペーンの特典と条件を比較してみた – キャッシュバックやポイント還元などまとめ

ドコモのahamo、ソフトバンクのLINEMO、auのpovo、。大容量低価格プランを今契約するならどこが一番おトクにキャンペーンで契約できる?を比較してみた


【紹介コードあり】みんなの銀行アプリで口座開設して現金1,000円をゲットする方法

紹介コードを入力して口座開設すると、紹介する人・紹介された人それぞれに現金1,000円が貰える「お友だち紹介プログラム」キャンペーン開催中!


Music Unlimitedにおトクに登録する方法 – Amazonの音楽聴き放題キャンペーンまとめ。新規登録で30日間無料、再登録で月額300円など

Amazonの音楽聞き放題サービス「Music Unlimited」におトクに登録できるキャンペーンを紹介。現在は新規登録で30日間無料、再登録は月額300円×3ヵ月などが開催中


【10,000ポイント還元!!】楽天モバイル『Apple Watchスタートキャンペーン』でおトクにApple Watchを購入する方法 – 対象商品&条件まとめ

楽天モバイルで条件を満たした上でApple Watch購入で最大10,000ポイントが還元されるキャンペーン開催!セルラー版をお試ししたい人に最適


【既存ユーザーも対象】楽天モバイルで「YouTube Premium」を3ヵ月間無料で申し込む方法 – 対象となる条件、注意点など

楽天モバイル契約者はYoutube Premiumが3ヵ月無料で利用できる。条件はシンプルで既存ユーザーも対象!注意点もアリ



開催中のキャンペーンをぜんぶ見る