【PS5 予約・抽選販売情報】「PlayStation 5 / Digital Edition」を予約・購入する方法

最終更新 [2018年8月10日]





スマホ(iPhone・Android)の保護フィルムの選び方です。

スマホ液晶保護フィルム選び方

iPhoneだろうがAndroidだろうが、スマホを買ったらまず最初に探す人も多いと思う液晶保護フィルム
自分も新しいスマホ買ったらとりあえず貼ります。

ただ一言で液晶保護フィルムと言ってもかなり様々。
昔はそこまで種類がなかったような気がしますが、気づけばAmazonなどの通販から家電量販店や携帯ショップなど街のお店などでかなりの数のフィルムが販売されています。

種類が多すぎてどれを買ったらいいのかわからない…
スマホ液晶保護フィルム選び方

各フィルムともそれぞれ特徴があり、どれを選んでいいのかがわからない…
ガラス?フィルム?厚さは??オススメは??高価なものの方がいいの?

そんなスマホの液晶保護フィルムの選び方を某大手家電量販店のスマホ周辺機器販売の担当を行っている人に教えてもらったので紹介させてもらいます。

Amazonなどのレビューも参考になると思いますが、この記事では種類によっての特徴などをまとめているのでフィルム選びに困っている人は参考にしてもらって是非自分にあったフィルムをチョイスしてみてください。
オススメのフィルムも書いています。


【iPhone、Android共通】液晶保護フィルムの選び方

まずは素材。ガラスorフィルムを選ぶ基準

スマホをよく落とす、画面を割ったことがある人は「ガラス」
スマホ液晶保護ガラスフィルム

保護フィルムを貼る意味は、当たり前ですが「液晶の保護」です。
この液晶の保護の観点から考えると、落下など液晶が割れるのを防ぐ効果があるのは「ガラスフィルム」とのことです。
ガラスフィルムは落下などで本来ディスプレイが割れる時に身代わりになって割れてくれるというフィルムです。

よくスマホを落としてしまう、過去にディスプレイを割ってしまった経験があるという人はガラスフィルムを選択するのがいいと思います。
ただし実際に割れた場合、スマホから外す時はけっこう神経使います(ガラスなので)。。

関連記事:割れた液晶保護ガラスフィルムをスマホからキレイ&安全に剥がす方法


ガンガン動くようなゲームをたくさんプレイする人は「フィルム」
スマホ液晶保護フィルム

「割れ」ではなく「キズ」からディスプレイを守りたいという人はガラスではないフィルムタイプがいいとのこと。
激しく動かすスマホゲームなどをよくやるユーザーさんはこちらを選ぶ人が多いようです。

これは個人的な意見ですが、保護フィルムは1年くらいで表面のコーティングが剥げてボロボロになって滑りが悪くなったり、気泡が出てきてダメになるイメージがありました。
ただこれは昔の話のようで現在販売されているようなフィルムはコーティングがしっかりしているのでガラスと変わらない年数が使えるとのことでした。

割れない刑事シリーズの富士通「Arrows」など割れに強いディスプレイを最初から搭載しているスマホであれば、こちらが向いているかもしれません。


GalaxyNoteなどペン操作を行うようなタイプのスマホは「ガラス」を!
スマホ液晶保護フィルム

これ自分の失敗談なのですが、ペンなど指以外のちょっと鋭利なものを使って操作するスマホやタブレットの場合、ガラスフィルムをオススメします。

自分はGalaxyNote 8を使っているのですが、購入した時に今回はガラスじゃないのにしようと保護フィルムを購入しました。
が、これが失敗。。
Sペンを使ってなぞったりすると保護フィルムにキズ(なぞった痕)がついていきなり凸凹になりました(自分の筆圧が強いというのもありますが)。。

なのでペンなどを多用するスマホやタブレットを使っている人にはガラスフィルムがオススメです。

貼りやすいのは断然「ガラス」
スマホ液晶保護ガラスフィルム

最近のフィルムは「気泡0」「自己吸着」などスキルがなくても貼れるものが多いですが、やはり貼りやすさはフィルム自体が真っすぐでピンと張っているガラスフィルムの方が断然貼りやすいです。

ただ、最近はほぼ有料ですが、購入した店舗で超キレイに貼ってくれるサービスをやっているところがけっこうあります。
自分はだいたいビックカメラで購入してそのまま+540円を払ってプロの方に貼ってもらうことが多いです。

まとめ。基本的にはガラスフィルムを推奨
スマホ液晶ガラスフィルム

いろいろと書いてきましたが、まとめると基本的にはガラスフィルムの方がオススメです。
やはりキズよりも落下による「割れ」を防いでくれるのが大きいです。

Amazonでもガラスフィルムの方が多く販売されていたり、家電量販店でもコーナーの半分以上がガラスフィルムとなっていたりと人気なことがわかります。


透明でスタンダードなもの?のぞき見防止などが必要?

スマホを保護する目的なら透明なスタンダードタイプでOK
スマホ液晶保護フィルム選び方

ガラスや保護フィルムという種類の他にもフィルターなどの特徴もあります。
販売されているもののメインは、無色透明なタイプです。

横からのぞき見されたくない、ブルーライトが目に優しくないのでイヤ、というちょっと特殊な用途でなければ基本的に透明のタイプで問題ないと思います。

のぞき見防止が必要なら特殊タイプを。ただし選択肢は少なくなる
スマホ液晶保護フィルムプライバシーガラス

のぞき見防止タイプも意外と人気です。
自分の回りにもこれを使っている人けっこういます。

横からスマホの画面を覗こうとすると黒や紫ががった状態になって見えないタイプのやつです。
車のプライバシーガラスにもちょっと似ている感じです。
お値段は気持ち高くなります。

また、AQUOSなどはフィルムなしでもスマホ内にこの機能が搭載されていることもあります。

関連記事:【AQUOS】ディスプレイが横から見えなくなる「のぞき見防止」の標準機能『ベールビュー』の使い方


ブルーライトカットは目に優しい。らしいけど効果は…
スマホ液晶保護フィルムブルーライトカット

これ個人的には効果が全くわからないというのが本音なのですが、ブルーライトカットができるフィルムもけっこう販売されています。

スマホは見る時間が長い分、ブルーライトをたくさん浴びます。
ブルーライトカットのフィルムであれば、日々の目の疲れを軽減してくれるかもしれません。

ただ最近はブルーライトカット機能がスマホ内に組み込まれていることがけっこうあります。
iPhoneもiOS 9.3から『NightShift』が搭載されていますし、最近はXperiaにも登場しています。

[関連記事]
iOS『NightShift』の使い方
【Xperia】「ナイトライト」の使い方



スマホのエッジ部分まで覆うタイプ?前面だけ??

ケースと干渉しないならエッジ部分を覆うタイプのフィルムがオススメ
スマホ液晶保護フィルム選び方

「全面保護フィルム」と呼ばれるフィルムがけっこうあります。

従来のフィルムは、スマホのディスプレイ面を保護してベゼル面には覆いかぶさらないものがメインでした。
現在はiPhone XやGalaxyシリーズなど狭ベゼルを搭載した端末が増えたこともあり、スマホ全面を覆うフィルムが多くなっています。
狭ベゼルタイプのスマホだけじゃなく、iPhone 8やXpeiaなどベゼルがあるスマホ用のものもたくさん登場しています。

スマホ液晶保護フィルム選び方

この全面保護タイプは、ディスプレイ面の角まで覆うので落下などの際に角から落ちた場合でも守ってくれる確率が高くなる&フィルム自体が貼りやすいので個人的にはオススメです。
iPhone Xであればノッチ部分まで保護してくれます。
自分が買う時は基本的にこのタイプのフィルムを選びます。

ただこの全面保護タイプはスマホ前面まで覆いかぶさるタイプのケースをつけている場合、干渉してフィルムが剥がれるので購入する前に自分のケースを確認しておきましょう。

iPhoneの前面の色をフィルムで変更するという小ワザも面白い

またこの全面保護タイプは、ベゼル部分に色がついているタイプのものもあります。
これを利用すると、通常ベゼルが白色のiPhoneの全面を黒に変えることもできます。

例えば、↓のフィルムをiPhone 8ゴールドに装着すると本来フロントのカラーがホワイトなのにブラックになるので面白いです。


ケースがスマホの全面くらいまで覆いかぶさっているタイプならフィルムは前面のみをチョイス
スマホ液晶保護フィルム選び方

スマホに装着しているケースがディスプレイ面まできているタイプを選んでいる人は↑で紹介した全面保護タイプのフィルムはNGです。
フィルムとケースが干渉してフィルムが剥がれます。

その場合は、干渉しないディスプレイ面だけを保護するタイプをチョイスします。

スマホ液晶保護フィルム選び方

メーカーによっては「平面保護」などと呼ばれています。

自分のiPhone Xが今まさにそれなのですが、ケースを新しくしたところフィルムと干渉してしまい結局フィルムを買い直すハメになりました。。
このフィルムでも十分満足してはいるのですが、ノッチ部分が剥き出しなんだよなぁ。。

ガラスの強さ&厚さは?硬度9H、厚さ0.33mmが基本らしい

0.22mmならスリム。ただし厚い方がやっぱり強いみたい
スマホ液晶保護フィルム選び方

ガラスフィルムには様々な硬度、厚みのものがあります。

どれがいいのかわかりづらいと思いますが、基本となるものは『硬度9H、0.33mm』となるようです。


個人的な感想としては、0.33mmだと「ちょっとスマホが厚くなったかなぁ」と感じるレベルです。

極薄で0.22mmというものもあります。
この辺は好みにもよると思いますが、9H 0.33mmが基本でそこから好みという感覚でOKだと思います。

値段が高い=いいもの。だけどそこまで高いものをチョイスする必要はない

安すぎるものはちょっと怖いけど。。

フィルムによっては5,000円クラスの高価なものもあります。
「やっぱり高いものがいいの?」と聞いてみたのですが、案外そうでもないとのことでした。
高い=他よりもよりいいガラスや日本製のガラスを利用していたり、ブランドがあったりするらしいです。
が、1,000円ちょっとくらいのガラスフィルムでも十分実用的とのことでした。

この記事を書いている時にビックカメラにも行ってみたのですが、「ビックカメラオススメ」というシールが貼られたフィルムはだいたい1,500円程度のものが中心でした。

Amazonなどで時々3枚セットで500円!みたいなフィルムもあります。
これが悪いとは言いませんが、さすがにちょっと怖い気もします。。

販売員さんにオススメを聞いてみた。ガラスフィルムを選ぶならチェック

定番のゴリラガラスシリーズ

強化ガラスといえばコレ!というくらい有名な「ゴリラガラス」
ゴリラガラスを採用したフィルムはたくさん販売されています。

店員さんも「まぁ困ったらゴリラガラス採用のものにしておけば間違いはないと思います」とのことでした。
やっぱり強いなゴリラ。。

自分のiPhoneは今コレ使ってます。流行(?)のドラゴントレイル

また、最近ゴリラガラスに並んで流行り始めているのが「Dragontrail(ドラゴントレイル)」らしいです。
ドラゴントレイルは世界最大手のガラスメーカー旭硝子が開発したガラスでソーダライムガラスと比較すると硬度が約8倍、弾力性に優れた素材で圧迫や衝撃、割れに対しての耐性が強いとのこと。

「流行り始めている」と聞いてコレにしてみましたw
途中にも書きましたが、現在自分のiPhone Xはケースとの干渉があるので全面保護ではないタイプ(平面保護)をチョイスしています。
もちろんドラゴントレイルにも全面保護タイプのものが多々登場しています。

様々なタイプがあるスマホの保護フィルム

特にこだわりがなくてディスプレイの割れ対策ならガラスフィルムがオススメ

ケースなどの環境に合わせて自分にあったものを探してみて
スマホ液晶保護フィルム選び方

長々と書いてきましたが、ディスプレイを割れから守るのであればやはりガラスフィルムがオススメです。
そのガラスフィルムの中でも間違いないものを選ぶのであれば、最後に紹介した「ゴリラガラス」か「ドラゴントレイル」あたりをチョイスしておくといいと思います。

フィルムなんていらないよ、という人もいると思いますが、自分はスマホのディスプレイが割れて修理をするくらいであれば最初につけておいた方がいいと思っています。
そこまで高級なガラスフィルムを購入する必要はないと思いますので、自分のスマホのケースなどにあわせて保護フィルムをチョイスしてみてください。

逆に割れたガラスフィルムどうすればいいの?という人は↓の記事をチェックしてみてください。

関連記事:割れた液晶保護ガラスフィルムをスマホからキレイ&安全に剥がす方法


< この記事をシェア >






現在開催中の「おトク」なキャンペーン、セール

【8月版】ワイモバイルでおトクに機種変更できるiPhone・Androidスマホまとめ – 機種変更でも最大21,600円割引あり!

携帯電話

現在ワイモバイルで機種変更でもおトクに購入できるスマホまとめ。機種変更割引&端末単体割引で機種変更でも激安購入できる機種アリ!

【クーポンあり】1Password(有料版)をおトクに契約する方法 – ソースネクストの3年版がコスパよし!価格比較してみた

webサービス

1Password3年版がソースネクストに登場!割引価格からさらにクーポンあり。公式よりおトクな価格で1Passwordが使えちゃう

Dropbox Plus(有料版)をおトクに購入する方法 – ソースネクストの3年版がコスパよし!最安値保証&返金あり

Dropbox

公式は値上げ!あのおトクなDropbox Plus3年版がついに復活!有料版のPlusを契約するならソースネクスト経由でどうぞ!割引クーポンもあり

【8月版】「メルペイ」のキャンペーン&クーポンまとめ – メルペイでお得にお買い物する方法

キャンペーン

メルペイでは定期的におトクなキャンペーンやクーポンを配信中。メルペイ払いしなくてもクーポンも使えちゃう。ネットショップにも対応


≫ 開催中のキャンペーンをもっと見る

usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m


キーワード:Android , iPhone , ガラスフィルム , スマートフォン , ディスプレイ , フィルム , 液晶保護フィルム ,


新着記事

【激安・特価情報】Amazonや楽天市場などで商品を激安でゲットする方法

セール

Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピング、PayPayモール、au PAY マーケットなど様々なオンラインショップで見つけた激安・特価情報

【iPadがふるさと納税に再び…】ふるさと納税で「iPad Air 2」をゲットする方法

国や地方の制度

ふるさと納税に2014年に発売された「iPad Air 2」が登場!ただし、新品ではなく再生品になります。寄付金額は64,000円。

LINEMOを通常よりもおトクに契約する方法、キャンペーンまとめ – PayPayポイント最大11,000円相当キャッシュバックなど

携帯電話

LINEMO契約で最大10,000円分還元やミニプランが半年間実質無料のキャンペーンが開催中!その他にも割引特典などあり。

【有機ELモデルの抽選・在庫・入荷情報あり】「ニンテンドースイッチ」を予約・おトクに購入する方法

ゲーム

有機ELディスプレイを搭載した新型Switch「Nintendo Switch(有機ELモデル)」が登場!!発売日は2021年10月8日で価格は37,980円(税込)

LINE無料スタンプ&隠しスタンプまとめ – 無料で使えるスタンプをゲットする方法と条件。取り放題も開始!

LINE

LINEスタンプショップ、ストアのイベントで無料でダウンロードできるスタンプ&隠しスタンプを徹底まとめ!


≫ 新着記事をもっと見る

usedoorTOPへ戻る

usedoorをフォロー


  • 注目の使い方

    AirPods Pro実機レビュー – スペックや操作方法など。初代AirPodsとの違いは?並べて比較してみた

    カナル型のApple謹製イヤホン「AirPods Pro」を買ってみたので実機レビューしてみました。音質は?進化した点は??


    【8月版】ワイモバイルでおトクに機種変更できるiPhone・Androidスマホまとめ – 機種変更でも最大21,600円割引あり!

    現在ワイモバイルで機種変更でもおトクに購入できるスマホまとめ。機種変更割引&端末単体割引で機種変更でも激安購入できる機種アリ!


    Amazonでd払い、dポイントを利用する方法&キャンペーンまとめ – 期間用途限定ポイントも使える。ahamoもOK!

    ドコモユーザーであればAmazonでd払いが使えるようになりました。ただし事前にdポイントの利用設定をしておく必要があるので注意!


    『楽天ひかり』を1年無料で利用する方法 – 楽天モバイルUN-LIMITとのコラボ企画。固定回線1年無料!参加条件と注意点

    家の固定回線「楽天ひかり」と携帯回線「楽天モバイルUN-LIMIT」の両方を契約すれば固定回線が1年無料で使えるおトクなキャンペーン。注意点あり


    【Android】楽天モバイルの月額基本料金を0円にする方法 – 月間データ通信量が1GB未満になるように設定してみた。完全放置は回線停止もあるので危険

    Rakuten UN-LIMIT VIは月間データ通信量を1GB未満に設定すれば月額料金が無料!Androidスマホでデータ節約機能を使って制御してみた


    注目の記事をぜんぶ見る

  • 最新記事

    【激安・特価情報】Amazonや楽天市場などで商品を激安でゲットする方法

    Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピング、PayPayモール、au PAY マーケットなど様々なオンラインショップで見つけた激安・特価情報


    【iPadがふるさと納税に再び…】ふるさと納税で「iPad Air 2」をゲットする方法

    ふるさと納税に2014年に発売された「iPad Air 2」が登場!ただし、新品ではなく再生品になります。寄付金額は64,000円。


    LINEMOを通常よりもおトクに契約する方法、キャンペーンまとめ – PayPayポイント最大11,000円相当キャッシュバックなど

    LINEMO契約で最大10,000円分還元やミニプランが半年間実質無料のキャンペーンが開催中!その他にも割引特典などあり。


    【有機ELモデルの抽選・在庫・入荷情報あり】「ニンテンドースイッチ」を予約・おトクに購入する方法

    有機ELディスプレイを搭載した新型Switch「Nintendo Switch(有機ELモデル)」が登場!!発売日は2021年10月8日で価格は37,980円(税込)


    LINE無料スタンプ&隠しスタンプまとめ – 無料で使えるスタンプをゲットする方法と条件。取り放題も開始!

    LINEスタンプショップ、ストアのイベントで無料でダウンロードできるスタンプ&隠しスタンプを徹底まとめ!


    最新記事をもっとチェック

  • usedoorをフォロー


  • 現在開催中の"おトク"なセール、キャンペーン、お買い得アイテムまとめ

    【必ず400dポイントもらえる!!】dマガジンをおトクに契約する方法

    dマガジンはWEBから入会すれば400dポイントがもらえる!初回31日無料とあわせて実質2ヵ月無料で利用できる。エントリーはお忘れなく!


    LINE POINT CLUBとは?マイランクに応じてコンビニやスーパー、家電量販店、飲食店などで使えるおトクなLINE Pay特典クーポンをゲットする方法

    2020年5月よりLINE POINT CLUBが登場!LINE Payの還元率は条件によっては0%になったけど超オトクなクーポンがランクによって複数枚ゲットできる!


    【紹介コードあり!!】「みんなの銀行」をアプリで口座開設して現金1,000円をゲットする方法

    紹介コードを入力して口座開設すると、紹介する人・紹介された人それぞれに現金1,000円が貰える「お友だち紹介プログラム」キャンペーン開催中!


    【実質1円!!】楽天モバイル(UN-LIMIT)の『AQUOS sense4 lite』を激安で購入する方法 – 値下げ&超大幅ポイント還元で実質1円に

    楽天モバイル正式対応のSIMフリーAndroidスマホ「AQUOS sense4 lite」が実質1円と投げ売り!販売価格-ポイント還元が1円に


    【8月版】最大6ヵ月無料!Yahoo!プレミアムに無料で登録する方法 – さらにYahooショッピング、PayPayモールのクーポンやPayPayボーナス特典も!

    Yahooプレミアムが対象者限定で最大6ヵ月無料!さらにPayPayボーナスやクーポンももらえる!対象かどうかはアクセスしてチェックしてみて


    開催中のキャンペーンをぜんぶ見る

  • あわせて読みたい記事