『iPad Air(第5世代)』をおトクに購入する方法 - Apple Store、ドコモ、au、ソフトバンク、Amazon、家電量販店まとめ

最終更新 [2018年3月12日]





GLIDiCの完全ワイヤレスイヤホン『Sound Air(TW-5000)』の使い方、レビュー、販売店舗まとめです。

モバイルオーディオブランド「GLIDiC」が2017年に販売を開始した『Sound Air(TW-5000)』のレビューの機会を頂いたのでいろいろと触ってみました。
Sound Airは、定価9,864円(税込)と1万円を切ったコスパ◎な左右独立型の完全ワイヤレスイヤホンです。
オーディオアワードVGP2018金賞(Bluetooth 完全ワイヤレス(1万円未満)部門)とコスパ賞を受賞しています。

AirPodsやZolo Liberty+とのちょっとした比較も

Apple「AirPods」やBOSE「SoundSport Free wireless headphones」などと基本仕様は同じです。
価格帯的には、Anker「Zolo Liberty」が競合というところでしょうか。
AirPodsやZolo Liberty(+ですが)との簡単な比較もやっています。

いろいろと使ってみてのレビューを書いています。
今回レビューに使用したSound Air(TW-5000)のカラーはブラックです。
10,000円くらいの予算間で左右独立型の完全ワイヤレスイヤホンを探している人はチェックしてみてください。

販売している店舗はコチラ

『Sound Air(TW-5000)』
定価:9,864円


ソフトバンクセレクション
Amazon
ビックカメラ
ノジマオンライン
ジョーシンweb
ヨドバシカメラ
楽天市場(ジョーシン)
Yahooショッピング(eイヤホン)
au PAY マーケットauスマートパスプレミアム会員なら対象商品送料無料 / クーポン


Anker完全ワイヤレスイヤホン『Zolo Liberty+』レビュー

基本スペック


サイズ ■バッテリーケース
約40mm×40mm×30mmm
■イヤホン
約25mm×17mm×23mmm
重さ 片側約5g
最大使用時間 ■バッテリーケース併用
約10時間
■イヤホン単体
約3時間
ドライバーサイズ ダイナミック型φ6mm
防水機能 なし
音声アシスタント Siri、Googleアシスタント対応
対応端末 iPhone / iPad / Android
その他Bluetooth対応機器
Bluetoothバージョン 4.2
価格 9,864円(税込み/定価)
対応コーデック SBC、AAC
カラー ブラック / ホワイト
その他 再生周波数帯域:20Hz~20kHz
インピーダンス:16Ω
音圧感度:104dB/mW±3dB/mW

スペックはこんな感じ。
Bluetoothバージョンは4.2、バッテリー持続時間は、充電用ケース使用時が約10時間、単体だと3時間など他の10,000円オーバーのワイヤレスイヤホンに比べると正直なところ若干弱いです。
ただ価格が抑えられている&音楽を再生する分には十分なスペックだと思います。

防水性能はなさそうなので注意

注意が必要なのは、防水性能が一切書かれていないということ。
Zolo Liberty+は、IPX5の防水機能となっていますが、こちらは水には弱いと思っていた方がいいと思います。
まぁ耳につけて歩いていたら雨が降ってきた、くらいでは壊れない(水が入らない)とは思いますが、Sound Air(TW-5000)はカタログ値となる防水性能は備わっていないと考えた方がいいと思います。

同梱品一式

・本体(イヤホン左右)
・バッテリーケース
・充電ゲーブル(MicroUSB)
・イヤーパッド(3サイズ)
・取扱説明書等一式(日本語対応)

↑が同梱品一覧です。
このアイテムだけを購入すれば、そのまま使えます。
化粧箱もしっかりと作られており、価格の割に高級感があります。

イヤーパッドは最初からイヤホンについているものの他にサブが3つ(S、M、L)付属しています。

バッテリーケース

約10時間しか持たないけどサイズは超コンパクト&正方形

イヤホンを充電するのに必須のバッテリーケース。
大きさを測ってみたところ、横40mm×縦40mm(高さは30mm)と正方形でした。
完全ワイヤレスイヤホンで正方形のケースは初めてみたので新鮮でした。

左からZolo Liberty+、Sound Air(TW-5000)、AirPodsです。
サイズがコンパクトなのがわかります。

Sound Air(TW-5000)はこのケース込で約10時間使用できます。
AppleのAirPodsは最大11時間なので同じくらいですが、Zolo Liberty+は48時間という驚異的な数字となっており、それと比較した場合はショボく感じます。

イヤホンとの接続はマグネット式。充電状態はイヤホンのLEDでわかる

イヤホンとケースの接続はマグネット式になっているのでフタが開いた状態で裏返してもイヤホンがケースからハズれることはありませんでした。
充電中はイヤホン側についているLEDのランプ点灯でわかります。

充電はMicroUSB形式

充電方式は、MicroUSBです。
ケース背面に充電ポートがついています。
その横にLEDランプがついているのでケースにケーブルを挿した際にLEDの点灯で充電状態が一目で確認できます。

ケーブルを挿し込んでもLEDランプが点灯しない場合は充電完了(満充電)となります。
ちなみに充電に必要な時間は、イヤホンが約1.5時間、ケースが約2時間となっています。

完全独立ワイヤレスイヤホン(カナル型)

けっこうコンパクトサイズのカナル型

Sound Air(TW-5000)の左右の独立イヤホンはサイズが比較的小さめだと思います。
Zolo Liberty+に関しては、箱から出してイヤホン本体を見た時は「デカ。。」という印象でしたが、こちらはそこまで大きくありません。
サイズは約25mm×17mm×23mmmとなっています。

左右どちらにもボタン搭載。ただ左右どちらかでしかできない操作があり慣れが必要

イヤホンの左右はどちらにもボタンがついています。
正直、ボタンはちょっとチープな印象です。

このボタンで音楽の再生や通話/終話などができますが、右でしかできない動作、左でしかできない動作、両方ともでできる動作などがあり、ちょっとクセがある操作性となっています。

左右ボタンの役割と押した時の動作一覧
左イヤホン右イヤホン
音楽 再生 どちらかを1回押す
停止 2回押す
次の曲へ 長押し
前の曲へ 長押し
通話 電話を受ける どちらかを1回押す
通話終了/着信拒否 どちらかを長押し
音量 音量上げる 1回押す
音量下げる 1回押す
Siri
Googleアシスタント
起動する どちらかを長押し
終了する どちらかを長押し

ただ、左右で異なる動作が設定してあることで、Zolo Libertyではできない音量のアップ/ダウンなどにも対応しています。
慣れが必要ですが、その分操作できる動作が多くなっています。

AirPodsとZolo Liberty+との比較

AirPodsとZolo Liberty+と並べてみました。
サイズ感は↑の通りです。
AirPodsはスタイルがちょっと特殊なのでアレですが、同じカナル型のZolo Liberty+と並べてみるとコンパクトなのがわかります。

つけ心地に関しては、耳の穴付近すべてを覆う方がいいという人はZolo Liberty、コンパクトに収まる方がいいという人はSound Air(TW-5000)と好みがわかれると思います。
どちらも頭を振っても落ちるようなことはなくフィットします。
自分はAirPodsが耳の形に全く合わないので、つけ心地に関してはZolo LibertyかSound Airどちらか(要はカナル型なんですが)だと思っています。
コンパクトな感じのつけ心地が好きな人はSound Air(TW-5000)をオススメします(Zolo Liberty+はちょっと重くてごっついイヤホンをつけてる感がとってもあります)


接続(ペアリング)方法

日本語アナウンスあり。耳につけてペアリングすれば迷うことなし!

最初にペアリングする際は、イヤホンを耳に装着してから行うとイヤホンから女性の声でアナウンスが流れるので迷うことはないと思います。
すげー丁寧でビックリします。

ペアリングは初回のみ。以後はケースから取り出せば自動接続

ペアリングはものすごく簡単です。
この手のイヤホンはだいたいそうですが、Sound Air(TW-5000)も初回のみペアリングする⇒あとはケースから取り出せば自動接続となります。

バッテリーケースからイヤホンを取り出します。
イヤホンのLEDが赤青交互に点滅した状態になったら接続したいスマホのBluetooth画面を開きます。
日本語アナウンスもあるので迷うことはないと思います。


イヤホンやバッテリーケースのボタンなどを押すこともなく、Bluetooth機器一覧に「GLIDiC TW-5000」が登場します。
タップすればペアリング完了となります。

複数機器の登録もできる

最大8台の機器登録が可能!

Sound Air(TW-5000)は複数の機器を登録することができます。
最大8台まで登録可能となっています。
もちろん常時接続可能台数は1台ですが、スマホを複数持ちしている人などは8台までなら登録しておくことができます。
ちなみに2台目以降の機器を登録する場合は、右イヤホンのボタンを素早く3回タップ⇒スマホ側のBluetooth設定からペアリングとなります。

もちろん通話も可能

もちろん通話も可能です。

ワンタップで電話を取る、長押しで終話(または着信拒否)となります。
※左右どちらのイヤホンでも同じ操作


SiriやGoogleアシスタントなど音声アシスタントを起動する方法

SiriやGoogleアシスタントといった音声アシスタントの起動は、イヤホンのボタンを長押しとなります。
左右どちらでもOKです。
説明書などにはSiriしか記載がありませんが、AndroidとペアリングすればGoogleアシスタントもちゃんと使えました。
まぁ自分はこれはイヤホンには絶対使わないんですけど。。

まとめ。たしかにコスパは◎!コンパクトケースで携帯性の高いワイヤレスイヤホンを探している人はチェックしてみて

実際に使ってみて、Sound Air(TW-5000)はやっぱりコスパ◎なワイヤレスイヤホンだなと感じました。
Bluetoothイヤホンとしての基本性能はだいたい揃っており、この価格はお安いのではないでしょうか?

ただ同価格帯でのライバル機となるZolo Libertyと比較した時に勝っている部分、劣っている部分が見えてきます。
Zolo Libertyは、Amazonで8,000円程度で購入できます。
スペックもBluetooth 4.2は同じですが、IPX5防水だったり、最大24時間音楽再生に対応(その分ケースなどがデカいですが)していたりします。
正直なところ、そういった部分のスペックは価格が少し安いZolo Libertyの方が高いと思います。

レビューの途中にも書いていますが、とにかくサイズがコンパクトな方がいいという人はSound Air(TW-5000)の方が携帯性は高いのでオススメです(Zolo Libertyは何かとデカい)
また、イヤホン単体のボタン操作に慣れればSound Air(TW-5000)の方が操作は間違いなく便利です。

左右独立型の完全ワイヤレスイヤホンも色々と登場しています。
BOSEのように高価なモデルから今回のSound Air(TW-5000)のように10,000円アンダーのモデルまで様々。

iPhoneに続き、XperiaもXZ2あたりからイヤホン端子がなくなる⇒ますますBluetoothイヤホンが全盛期になってくるこの時代。
購入を検討している人の参考になれば幸いです。

販売している店舗はコチラ

『Sound Air(TW-5000)』
定価:9,864円


ソフトバンクセレクション
Amazon
ビックカメラ
ノジマオンライン
ジョーシンweb
ヨドバシカメラ
楽天市場(ジョーシン)
Yahooショッピング(eイヤホン)
au PAY マーケットauスマートパスプレミアム会員なら対象商品送料無料 / クーポン

関連記事:Ankerの完全ワイヤレスイヤホン『Zolo Liberty+』レビュー


< この記事をシェア >






現在開催中の「おトク」なキャンペーン、セール

【5月11日まで】Amazon「Audible」を2ヵ月無料で利用する方法 – 本の朗読サービスにおトクに登録する方法&対象となる条件など

キャンペーン

Amazonの朗読サービス「Audible」が2ヵ月無料で利用できるキャンペーン開催!対象の人はおトクなので是非

【5月版】ahamoを通常よりもおトクに契約する方法 – 開催中のキャンペーンまとめ。9,000dポイント還元&限定特典、d払いで+5%還元、大盛りオプションなど

携帯電話

ahamo契約でdポイントがもらえるキャンペーンなどをまとめてみました。ドコモSIM経由のちょっと裏技っぽい契約も

【最大3万円還元!】ソフトバンクのAndroidスマホを購入して高額キャッシュバックをGETする方法

携帯電話

ソフトバンクのAndroidスマホを購入するとキャッシュバックがもらえるぞ!さらにクーポンでPayPayボーナスももらえる!

【3カ月間無料!!】DAZN(ダゾーン)をお得に契約する方法 – DAZN for docomoは2022年4月18日から値上げ!

スポーツ

DAZNを契約するならこれがおすすめ!DAZN for docomoは月額1,925円!auは実質月額1,100円で利用可能!ソフトバンクは毎月10%還元!

Hulu(フールー)を無料視聴する、通常よりおトクに契約する方法

webサービス

Huluが新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う在宅環境をサポートという名目で100作品以上を無料開放中!


≫ 開催中のキャンペーンをもっと見る

usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m


キーワード:Bluetooth , GLIDiC , Sound Air , TW-5000 , イヤホン , レビュー , ワイヤレスイヤホン , 完全ワイヤレスイヤホン ,


同じカテゴリの記事

Outlookメールで優先受信トレイを非表示にする方法

webサービス

優先受信トレイが邪魔だという人は非表示にしちゃおう!

ABEMAプレミアムを解約・退会する方法 – OCNモバイルONEのオプションで契約していたプレミアムプランを解約してみた

webサービス

有料のABEMAプレミアムを解約してみた。解約手続き後も無料期間が終了するまではプレミアム状態で動画視聴ができる

Amazonでいつもよりおトクに買い物ができる『Amazonクーポンストア』の使い方

webサービス

特に日用品や生活用品をAmazonで買う人はクーポンをチェックしてみて


新着記事

【激安・特価情報】Amazonや楽天市場などで商品を激安でゲットする方法

セール

Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピング、PayPayモール、au PAY マーケットなど様々なオンラインショップで見つけた激安・特価情報

【毎月10日&20日】最大40倍還元+α!『dショッピングデー』でおトクに買い物する方法 – dポイント消化にも。条件&事前エントリーあり

セール

毎月10日と20日限定!dポイント20倍&ポイント利用分20%還元で超おトクにdショッピングで買い物ができる

LINEMOを通常よりもおトクに契約する方法、キャンペーンまとめ – PayPayポイント最大10,000円相当キャッシュバックなど

携帯電話

LINEMO契約で最大10,000円分還元やミニプランが半年間実質無料のキャンペーンが開催中!その他にも割引特典などあり。

LINE無料スタンプ&隠しスタンプまとめ – 無料で使えるスタンプをゲットする方法と条件。取り放題も開始!

LINE

LINEスタンプショップ、ストアのイベントで無料でダウンロードできるスタンプ&隠しスタンプを徹底まとめ!

【5月版】UQモバイルを通常よりおトクに契約する方法 – SIMのみ契約で最大15,000円キャッシュバック

キャンペーン

SIMのみの購入でも最大12,000円キャッシュバックがもらえる!さらにeSIM契約で+3,000円増額!


≫ 新着記事をもっと見る

usedoorTOPへ戻る

usedoorをフォロー


  • 注目の使い方

    ふるさと納税でYogibo(ヨギボー)のビーズクッションをGETする方法 – 人をダメにするソファが返礼品に登場!モデル/サイズ/カラー/寄付金額/自治体まとめ

    ふるさと納税の返礼品に大人気ビーズクッション、ソファ「Yogibo(ヨギボー)」の商品が幅広いラインナップで登場!


    楽天カードを1つの名義で国際ブランドの異なる2枚のカードを発行する方法 – 2枚持ちでも年会費無料!

    個人的にこれけっこうアツい!Visaが1枚目なら異なる国際ブランドのカードをもう1枚発行できる!


    【20GB比較】ドコモ「ahamo」、au「povo」、ソフトバンク「LINEMO」、楽天モバイル「UN-LIMIT VI」の価格や特徴、特典まとめ&比べてみた

    ドコモ、au、ソフトバンク&楽天モバイルの大容量で低価格の新プランの特徴や価格などをまとめて比較してみた


    【マジ便利】LINEで自分一人の『ぼっちグループ』の作り方、有効活用方法 – LINEが自分専用のメモ&クラウドストレージみたいになって超便利

    「ぼっち」といっても寂しい訳じゃないんです。LINEは一人でも有効活用できるという小ワザ。もちろん無料


    【5月版】闇ふるさと納税?ふるさと納税で返礼品とは別にAmazonギフト券などの特典を貰う方法 – 最大20%還元キャンペーン開催中!

    簡単な条件を満たせば、ふるさと納税寄付金額に応じたAmazonギフト券が返礼品とは別にもらえちゃう!


    注目の記事をぜんぶ見る

  • 最新記事

    【激安・特価情報】Amazonや楽天市場などで商品を激安でゲットする方法

    Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピング、PayPayモール、au PAY マーケットなど様々なオンラインショップで見つけた激安・特価情報


    【毎月10日&20日】最大40倍還元+α!『dショッピングデー』でおトクに買い物する方法 – dポイント消化にも。条件&事前エントリーあり

    毎月10日と20日限定!dポイント20倍&ポイント利用分20%還元で超おトクにdショッピングで買い物ができる


    LINEMOを通常よりもおトクに契約する方法、キャンペーンまとめ – PayPayポイント最大10,000円相当キャッシュバックなど

    LINEMO契約で最大10,000円分還元やミニプランが半年間実質無料のキャンペーンが開催中!その他にも割引特典などあり。


    LINE無料スタンプ&隠しスタンプまとめ – 無料で使えるスタンプをゲットする方法と条件。取り放題も開始!

    LINEスタンプショップ、ストアのイベントで無料でダウンロードできるスタンプ&隠しスタンプを徹底まとめ!


    【5月版】UQモバイルを通常よりおトクに契約する方法 – SIMのみ契約で最大15,000円キャッシュバック

    SIMのみの購入でも最大12,000円キャッシュバックがもらえる!さらにeSIM契約で+3,000円増額!


    最新記事をもっとチェック

  • usedoorをフォロー


  • 現在開催中の"おトク"なセール、キャンペーン、お買い得アイテムまとめ

    【5月版】闇ふるさと納税?ふるさと納税で返礼品とは別にAmazonギフト券などの特典を貰う方法 – 最大20%還元キャンペーン開催中!

    簡単な条件を満たせば、ふるさと納税寄付金額に応じたAmazonギフト券が返礼品とは別にもらえちゃう!


    【5月版】dカード&dカード GOLDのおトクな使い方、徹底まとめ。ドコモユーザー以外にもメリット多数!おトクな入会キャンペーン開催中

    10%還元で噂のdカード GOLDと通常dカードの還元率、メリット、デメリット、比較、疑問を徹底まとめ!自分も実際にGOLD使っています!


    【5月版】ドコモのiPhone、Androidスマホが機種変更で5,500円割引となるクーポンをWEB上からゲットする方法 – 対象機種、条件など

    2022年5月にドコモがiPhoneやAndroidスマホの機種変更が5,500円引きになるクーポンを配布中!対象者限定みたいのでまずは取得できるかをチェック!


    【ソフトバンクオンラインショップ限定】「web割」で機種代金を最大21,600円割引する方法

    オンライン限定!MNP(のりかえ)なら最大21,600円割引!販売しているほとんどのiPhone、Androidスマホがキャンペーン対象。


    開催中のキャンペーンをぜんぶ見る

  • あわせて読みたい記事