『iPad mini(第6世代)』価格・発売日、スペックまとめ - Apple Store・ドコモ・au・ソフトバンクでiPad miniを予約・購入する方法

最終更新 [2020年6月25日]





『OPPO Reno3 A』の実機レビューです。

OPPO Reno3 A実機レビュー

コスパ最高でお馴染みのOPPO製Androidスマホ「OPPO Reno3 A」をガッツリ使う機会があったので実機レビューをしてみました。

OPPO Reno3 Aは、2019年10月に発売し、SIMフリー版を中心にコスパ最高ということで人気機種となっているOPPO Reno Aの後継機となるモデルです。
今作は、Reno A同様に防塵防水&おサイフケータイに対応していることに加え、背面のメインカメラが2眼⇒4眼と大幅に進化しています(ただしCPUとインカメラの画素は先代よりスペックダウンしています)

Reno3 Aは「余裕が進化したスマホ」
OPPO Reno3 A実機レビュー

先代のReno Aは「いろいろと余裕のスマホ」と銘打っていたのですが、Reno3 Aは「余裕が進化したスマホ」となっています。
それであって販売価格は4万円程度と先代と同じくかなりコスパに優れています。

実際にOPPO Reno3 A(ホワイト)に格安SIM「BIGLOBE」のSIMを入れていろいろとイジってみたので、実機レビューをお伝えします。
購入を検討している人は読んでみてください。

格安SIMではBIGLOBEなどで販売。端末のみでも購入できる

SIMフリー版の端末のみ販売だけじゃなく、BIGLOBEモバイルなど格安SIMや第4のキャリアとなった楽天モバイル(UN-LIMIT)からも発売されます。
今回利用した回線(SIM)はBIGLOBEのものです。

その他OPPO Reno3 Aを販売している各ショップ、キャリアの価格まとめ&比較は↓の記事をどうぞ。

関連記事:「OPPO Reno3 A」の価格、スペックまとめ、価格比較



「OPPO Reno3 A」のスペックや販売キャリア、価格について

スペックおさらい

CPUスペックダウンも基本スペックは十分。今作からカメラが4眼に大進化!
OPPO Reno3 Aスペック
メーカー OPPO(オッポ)
OS ColorOS 7.1(based on Android 10)
CPU Qualcomm Snapdragon 665
メモリ(RAM) 6GB
ストレージ(ROM) 128GB
※外部ストレージ microSD対応(最大256GB)
アウトカメラ 4眼カメラ
①約4800万画素(f/1.7)
②約800万画素(f/2.2)
③約200万画素(f/2.4)
④約200万画素(f/2.4)
インカメラ シングルカメラ
約1600万画素(f/2.0)
ディスプレイ 6.44インチ 有機ELディスプレイ(AMOLED)
※Corning Gorilla Glass 5
解像度 FHD+(2400×1080)
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0
ポート USB Type-C
バッテリー容量 4025mAh
サイズ(縦×横×厚さ) 160.9mm x 74.1mm x 8.2mm
重さ 約175g
カラー ブラック
ホワイト
生体認証 指紋認証(画面内指紋センサー)
SIM 排他的デュアルSIMスロット
nanoSIM+nanoSIM / microSD
防水・防塵 IP68
おサイフケータイ 対応
ワイヤレス充電 非対応
イヤホンジャック あり

OPPO Reno3 Aの基本スペックは↑の通りです。
まずチップセットですがQualcomm Snapdragon 665です。
このCPUは、先代のReno A(Snapdragon 710)からスペックダウンしています。
この点はちょっと残念です。

その他は6.44インチ有機ELディスプレイ、メモリは6GB、内臓ストレージは128GB(+SDカード対応)、バッテリーは大容量の4,025mAhと十分なスペックを搭載しています。
OSは、OPPOお馴染みのColorOSでバージョン7.1(Android 10がベース)となっており、Reno Aのバージョン6(Android 9がベース)よりも新しいOSとなっています。

メインカメラは、約4800万画素(f値:1.7)を中心に合計4つと大進化しています。
防水防塵、おサイフケータイにもしっかり対応しています。

OPPO Reno3 Aの価格について

販売価格は4万円前後!コスパはAndroidの中でも最高クラス!
OPPO Reno3 A価格

OPPO Reno3 Aの販売価格は、4万円前後となっています。
※購入する条件(回線契約のあり/なし)やキャンペーンなどによって実際の販売価格、割引が異なってきます。

このスペックを搭載したスマホでこの販売価格は驚異のコスパだと思います!
OPPO Reno3 Aを販売している各ショップや格安SIM、キャリアの価格比較は↓の記事に詳しくまとめているのであわせてチェックしてみてください。

関連記事:「OPPO Reno3 A」の価格、スペックまとめ、価格比較


OPPO Reno3 A実機レビュー

OPPO Reno3 A実機レビュー

前置きが長くなりましたが、ここからがOPPO Reno3 Aの実機レビューです。
SIMフリー版のOPPO Reno3 A(ホワイト)にBIGLOBEのau回線のSIMを挿して使ってみた実機レビューです。
購入を検討している人はチェックしてみてください。

OPPO Reno3 Aの同梱品一覧

充電各種&イヤホンに加え、ケースまで同梱されていた!
OPPO Reno3 A同梱品

・本体
・充電ケーブル(USB Type-C)
・充電アダプタ
・イヤホン
・クリアケース
・取扱説明書(クイックスタート)
・SIMピン

OPPO Reno3 Aの同梱品は↑となっています。
最近のスマホには付属してないことが多い、充電器&充電ケーブル、イヤホン(イヤホンジャック搭載端末のため、3.5mmイヤホンジャックで接続できる)に加え、専用のクリアケースまで同梱されていました。

価格が価格なので同個品とかはショボいかなと思っていたのですが、マジで豪華です。
化粧箱も安っちさを感じさせない作りとなっています。

OPPO Reno3 Aの本体外観、デザインやキー配置など

全体的なデザイン、外観、カラーなど

カラーはホワイトといってもグラデーション
OPPO Reno3 Aデザイン

OPPO Reno3 Aのカラーは「ホワイト」と「ブラック」の2種類のみです。
両カラーとも名前こそシンプルにホワイト/ブラックですが、グラデーション(オーロラっぽい感じ)となっておりけっこう派手です。
OPPO公式は「神秘的で美しいカラー」と称しています。

ホワイトの場合、背面上部が真っ白で下に行くにつれてだんだんと青ががってきます。
グラデーションは、高級感はありますが、デザインの好みが分かれると思います。

気持ち縦長の6.44インチ。横幅は広くないので持ちやすい
OPPO Reno3 Aデザイン

OPPO Reno3 Aの本体サイズは160.9mm×74.1mm×8.2mmです。
気持ち縦長のサイズとなっており、横幅は広すぎない&サイドフレームの部分が背面にかけて湾曲しているので持ちやすいです。

片手操作する場合は、ディスプレイ上部まで指が届きませんが、握りやすく操作はしやすいサイズ感だと思います。

サイドフレームは光沢のあるアルミ。背面は光沢ガラス風で高級感あり
OPPO Reno3 A写真レビュー

OPPO Reno3 Aのサイドフレームには光沢のあるアルミが採用されています。
ホワイトカラーの場合は、サイドフレームは水色です。
十分に高級感があり、安っぽく見えるということはないと思います。

ディスプレイ面

ディスプレイは6.44インチ。解像度はFHD+
OPPO Reno3 Aデザイン

OPPO Reno3 Aのディスプレイサイズは、6.44インチです。
解像度は、2,400×,1080px(FHD+)となっています。
有機ELディスプレイが採用されています。

ディスプレイ上部にインカメラを内蔵。小さなノッチあり
OPPO Reno3 A実機レビュー

ディスプレイ上部には、インカメラのみが埋め込まれたノッチがあります。
OPPOらしいというかちょっと特徴的な形をしていますが、ブラウジングなどをしていて気になることはありませんでした。

画面の上下左右に若干ベゼル幅あり
OPPO Reno3 Aデザイン OPPO Reno3 Aデザイン

ディスプレイ面は狭ベゼル仕様ですが、Galaxyなどに比べると上下左右に若干ベゼル幅があります。
iPhone 11 Pro Maxと比べると若干OPPO Reno3 Aの方がベゼル幅は狭いと思います。

ディスプレイ面にロゴなどは一切ナシ

最近のスマホは、ディスプレイ大型化&狭ベゼル仕様で、フロントにメーカーやモデルのロゴが入っているものは少なくないです。
OPPO Reno3 Aも同様で、ディスプレイ面には一切のロゴ等は入っていません。

OPPO Reno3 Aの本体背面

目を引くグラデーションカラー
OPPO Reno3 Aデザイン

外観レビューの部分にも書きましたが、OPPO Reno3 Aの背面はホワイトカラーもブラックカラーもグラデーションとなっています。
ホワイトだと上から下にかけて白⇒ブルーに色が変化していきます。

背面下部に「OPPO」ロゴ
OPPO Reno3 Aデザイン

背面の下部(右下)に多々にOPPOロゴが入っています。
本体を横向きにして写真撮影した時に写真を撮られる相手に対して「OPPO」のロゴがまっすぐ見えるようになっています。

カメラは細長いユニットにピッタリと収まっている。よく見るとド派手な4眼!
OPPO Reno3 A 背面 4眼カメラ

背面上部に縦に配置されているメインカメラユニット。
細長いユニットで存在感はありますが、スッキリしています。

このユニットの中をまじまじと見ると4つのカメラが並んでいて迫力があります。
メインカメラの性能は、約4800万画素(F値:1.7)、約800万画素(F値:2.2)、約200万画素(F値:2.4)、約200万画素(F値:2.4)となっています。

カメラユニットは出っ張り
OPPO Reno3 A 背面カメラユニット

OPPO Reno3 Aのメインカメラのユニットは出っ張っていて背面はフラットではありません。
実際にユニット自体が極端に出っ張っている訳ではないですが、サイドフレームから背面にかけて湾曲しているデザインとなっているため、横から見るとカメラユニットがけっこう出っ張っているように見えます。

まぁ4つもカメラが入っていればしょうがないと思います。
付属のクリアケースを装着するとユニットの部分がちょうどいい感じに収まります。

NFCは背面上部(カメラユニットの横)に配置
OPPO Reno3 A 背面カメラユニット

Reno Aに続き利用可能な「おサイフケータイ」
モバイルSuicaなどを利用する時にタッチするNFCポートは、本体上部(カメラユニットの横)に配置されています。
本体がちょっと縦長なのでタッチしやすい場所に配置されていると思います。

本体上部

本体上部には何もなし
OPPO Reno3 本体上部

OPPO Reno3 Aの本体上部には、スロット類やボタン類は一切ありません。
縦長なのでここにボタンが配置されていると押しにくいと思いますが、それを考慮してか何もボタンがないので触れることはほぼないと思います。

OPPO Reno3 Aのサイド面

サイドフレームが若干エッジがかっていて握りやすい
OPPO Reno3 Aサイドフレームエッジ加工

OPPO Reno3 Aのサイドフレームは、若干ですがエッジがかっています。
またサイドフレームから背面にかけて湾曲しているため、握りやすいです。

右サイドに電源ボタンとSIM・SDカードスロットを搭載
OPPO Reno3 A写真レビュー

OPPO Reno3 Aの右サイドは、上からSIM・SDカードスロット、その下に電源ボタンが配置されています。
Micro SDカードを利用しない場合は、nano SIM×2枚のDSDVとして利用できます。

縦長のスマホですが、電源ボタンは右サイド中央のちょっと上に配置されているため、押しやすいかったです。
片手で持って親指で押すこともできました。

左サイドにボリュームキー
OPPO Reno3 A写真レビュー

左サイドには、ボリュームアップ/ダウンキーが搭載されています。
この音量キーも左サイドのちょっと上くらいの配置なので、片手操作している時でも人差し指を延ばせばボタンが押せる位置に配置されており使いやすかったです。

本体下部にキャップレスType-C充電ポート&イヤホンジャックを搭載
OPPO Reno3 A写真レビュー

本体下部には、キャップレス防水のType-Cの充電ポートと世の中的には排除が進んでいる3.5mmイヤホンジャックが搭載されています。
有線イヤホンを挿すだけで使える仕様なので好きな人多そうです。
同梱品の中にもイヤホンが入っています。


OPPO Reno3 Aを起動して中身をチェックしてみた

まずはベンチマーク測定

Antutuベンチマークスコア
OPPO Reno3 Aベンチマークスコア

今回もAntutuを使ってベンチを測ってみました。

結果は182748というスコアでした。


先代のReno3 AよりもCPUはスペックダウンしSnapdragon 665を搭載し、メモリ6GBというスペックのOPPO Reno3 Aのベンチマークスコアはそこまで高いものではありませんでした。
Antutu 3Dベンチのテスト中に表示されるグラフィックの動きも滑らかとは言いづらい動きでした。

現行のハイエンドスマホでメインで使われているSnapdragon 865を搭載したGalaxy S20 5G(メモリは12GB)のスコアは「527592」でした。
これと比べるとSnapdragon 600シリーズはやはり劣ります。

ただ、Galaxy S20の価格は、OPPO Reno3 Aの約3倍。
ある意味当たり前の結果だと思います。

※Antutuベンチマークスコアは現在Google Playから削除されています。Antutu公式サイトから野良アプリとしてダウンロードできますが、利用は自己責任でお願いします。

関連記事:AnTuTuのベンチマークアプリをダウンロードする方法 – Android版はGoogle Playから削除中。。


【参考】他の端末のベンチマークスコア

Galaxy S20 5G:527592
LG V60 ThinQ 5G:480689
Galaxy Note10+:465279
Google Pixel 4:389110
Xperia 5:415722
Xperia 1:354409
AQUOS sense3:113926
Galaxy Feel2:123848

↑は過去にレビューしたAndroidスマホのAntutuベンチマークテストの結果の一例です。
参考までにどうぞ。

OSはオリジナルカスタムのColorOS 7.1

名前に惑わされずAndroid 10だと思って使えばOK
OPPO Reno3 Aベンチマークスコア

OPPOスマホのOSは「ColorOS」です。

Reno3 Aは、Android 10をベースとしたColorOS 7.1を搭載しています。


ColorOS?と思う人もいるかもしれませんが、基本操作方法などは何も変わりません。
若干の独自カスタムが加えられているAndroid 10だと思って使えばOKです。

超広角+4,800万画素も含んだド迫力の4眼メインカメラ

広角は119度、ウルトラナイトモードで夜景撮影もOK
OPPO Reno3 A 背面 4眼カメラ

①約4800万画素(F値:1.7)
②約800万画素(F値:2.2)
③約200万画素(F値:2.4)
④約200万画素(F値:2.4)

迫力満点の4眼メインカメラは↑のような内訳となっています。
かなりカメラにはこだわっており、画素数は最大4,800万画素、広角は119度、ウルトラナイトモード搭載で夜景もキレイに撮影できます。

電子式手ブレ補正搭載で動画撮影も安定
OPPO Reno3 A ダブルカメラ

動画撮影には「電子式手ブレ補正」が搭載されています。
電子式手ブレ補正&独自のアルゴリズム&ジャイロセンサーの組み合わせで手ブレをしっかり補正します。

インカメラも約1600万画素&F値:2.0と高性能

セルフィーもキレイに撮影できる。ただしReno Aより画素数は低い
OPPO Reno3 A実機レビュー

ディスプレイ上部に埋め込まれたインカメラも約1600万画素(F値:2.0)と高性能です。
過度な加工を行わなず、自然で明るい美肌に仕上げる新しくなったAIビューティーも搭載されています。
顔のパーツごとに補正する機能も搭載されています。

ただ先代のReno Aのインカメラが2,500万画素だったことを考えるとこの部分もスペックダウンとなっています。

バッテリーは4,025mAhと大容量

もちろん急速充電Quick Charge対応
OPPO Reno3 A バッテリー

OPPO Reno3 Aのバッテリー容量は4,025mAhです。
最近のAndroidスマホだと珍しくもないような気がしますが、普通に使う分には十分な容量(というか大容量)を搭載しています。
もちろん急速充電Quick Chargeにも対応しています。

省エネモードやスマート電力消費保護などバッテリー関連メニューも多数
OPPO Reno3 A バッテリー OPPO Reno3 A バッテリー

大容量バッテリーに加え、省エネモードやスマート電力消費保護、省エネオプションなどバッテリーに関する設定も豊富です。
逆に電池消費は多くなるもののパフォーマンスをアップさせる「高パフォーマンスモード」も搭載されています。

ワイヤレス充電は非対応

OPPO Reno3 Aは、ワイヤレス充電には対応していません。

生体認証は「指紋認証」と「顔認証」に対応。両方を同時にオンにすることもできる

指紋センサーは画面内に埋め込まれているタイプ
OPPO Reno3 A生体認証

OPPO Reno3 Aでは「指紋認証」と「顔認証」の2つの生体認証が利用できます。
両方の生体認証を同時に利用することもできて便利です。

指紋センサーは、ディスプレイ内部に埋まっているタイプとなります。
指紋も顔もセンサーの感度がよく、ノーストレスでロックが解除できます。

若干のプリインストールアプリがあるもののシンプルなホーム画面

OPPO Reno3 A バッテリー OPPO Reno3 A バッテリー

OPPO製アプリやOpera、Facebookといったアプリが若干プリインストールされているものの基本的にはGoogleアプリを中心としたシンプルな内容となっています。

ホーム画面もごちゃごちゃしていません。
「おサイフケータイ」アプリがSIMフリー版にもプリインストールされていました。

OPPO Reno3 Aの内蔵ストレージ容量は128GB

別途外付けmicroSDXCに対応
OPPO Reno3 A ストレージ容量

OPPO Reno3 Aのストレージ容量は128GBです。

もちろん別途、microSDXCカードを挿すこともできるので何の問題もないと思います。


IPX5/8 IP6Xの防塵防水に対応

OPPO Reno3 A バッテリー

今作もIPX5/8 IP6Xの防塵防水に対応しています。

おサイフケータイにも対応

OPPO Reno3 A バッテリー

おサイフケータイにも対応しています。
おサイフケータイアプリがプリインストールされているのでモバイルSuicaなどが利用可能となっています。
これも嬉しいポイントの1つです。

デュアルSIMスロットでDSDV対応

OPPO Reno3 A バッテリー

OPPO Reno3 Aは、先代同様、nanoSIM×2のデュアルSIM(DSDV)に対応しています。
デュアルSIMを利用するとMicroSDが利用できなるというデメリットもありますが、用途に応じてDSDVが利用できるのでデュアルSIM対応があって損はないと思います。

ワンセグ/フルセグのTV機能にはさすがに非対応

もう不要な機能かな。。

TV機能(ワンセグ/フルセグ)には対応していません。
この手のAndroidスマホは基本的に対応していませんし、最近はキャリアから発売されるAndroidでもほとんどの機種が対応していません。
もう不要な機能になってきているのかもしれません。

まとめ。OPPO Reno3 Aを使ってみて

コスパは相変わらず最高。4眼カメラ搭載でこの価格はお買い得感がすごい!

4眼カメラ搭載でこの価格はお買い得感がすごい!
OPPO Reno3 A実機レビュー

OPPO Reno3 Aの実機レビューはこんな感じです。
間違いなく先代同様にコスパは最高のAndroidスマホだと思います。

先代のReno Aからの大きな進化ポイントは、やはり背面に配置されたド迫力の「4眼カメラ」です。
4万円前後で4眼カメラ搭載はすごいと思います。

さらにコスパを追い求める&スペックも気になる人は先代のReno Aという選択肢もあり
OPPO Reno3 A実機レビュー

何度も書いていますが、気になる部分は1つだけで「Reno AよりもCPUのスペックがダウンしている」というものです。
インカメラの画素数が下がっているのは、個人的にはさほど気になりませんが、CPUのスペックダウンは残念です。

Snapdragon 710→Snapdragon 665というダウンをどう考えるかですが、先代のReno Aは発売から時間が経っていることもあり実売価格が下がっています。

カメラ重視か中のスペック&さらにコスパを求めるかによってReno3 AにするかReno Aにするかを悩むところだと思います。
どちらもいい端末だと思うので、自分の用途、使い方にあった方を選択してみてください。

OPPO Reno3 Aを販売している各キャリアの価格比較は↓の記事に詳しくまとめているのであわせてチェックしてみてください。
この記事のレビューが購入を考えていた人の役に立てば幸いです!

関連記事:「OPPO Reno3 A」の価格、スペックまとめ、価格比較


< この記事をシェア >






現在開催中の「おトク」なキャンペーン、セール

【紹介コードあり!!】「みんなの銀行」をアプリで口座開設して現金1,000円をゲットする方法

銀行

紹介コードを入力して口座開設すると、紹介する人・紹介された人それぞれに現金1,000円が貰える「お友だち紹介プログラム」キャンペーン開催中!

LINEMOを通常よりもおトクに契約する方法、キャンペーンまとめ – PayPayボーナス最大10,000円相当キャッシュバックが激アツ!3GBプランも対象に

携帯電話

LINEMO契約で最大10,000円分のPayPayボーナスがもらえる激アツキャンペーン開催中!その他にも割引特典などあり。キャンペーンをまとめました

【10月版】闇ふるさと納税?ふるさと納税で返礼品とは別にAmazonギフト券を貰う方法 – 最大7%還元中!

国や地方の制度

簡単な条件を満たせば、ふるさと納税寄付金額に応じたAmazonギフト券が返礼品とは別にもらえちゃう!

【10月28日まで】激安!3ヵ月で199円!Amazonの読み放題サービス「Kindle Unlimited」に超おトクに登録する方法 – Kindle本ストア9周年キャンペーン!

キャンペーン

過去最安値クラス!Amazonの本やコミック、雑誌が読み放題になるKindle Unlimitedが3ヵ月で199円と激安で利用できる!


≫ 開催中のキャンペーンをもっと見る

usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m


キーワード:Amazon , OPPO , OPPO Reno3 A , Reno3 A , SIMフリー , UQモバイル , レビュー , ワイモバイル , 格安SIM , 楽天モバイル ,


同じカテゴリの記事

【先着10万名!!】TSUTAYA DISCASで劇場版「鬼滅の刃」無限列車編をレンタルして『煉獄杏寿郎オリジナルマグネット』をゲットする方法

キャンペーン

2021年8月13日より、TSUTAYA DISCASで劇場版「鬼滅の刃」無限列車編のレンタルスタート!先着10万名にオリジナルマグネットプレゼント!

【5月15日まで】最大20%のdポイント還元!!Amazonでドコモ ケータイ払いで超おトクに買い物する方法

キャンペーン

4月16日~5月15日にAmazonでお買い物するならドコモ ケータイ払いが絶対お得!最低でも3%は還元されます


新着記事

【10月29日16:59まで】楽天ブックスのPlayStation 5の抽選販売に参加する方法 – PS5抽選参加の対象条件などまとめ

ゲーム

ついに楽天ブックスでのPlayStation 5販売が抽選形式に!条件を満たして抽選に参加しておけばPS5が買えるかも!?

【機種変更でも安い!!】ahamo、UQモバイル、ワイモバイルのiPhone 11が安い! – おトクにiPhone 11をゲットする方法

携帯電話

ahamoとUQ mobileとワイモバイルからiPhone 11が発売!販売価格はahamoは49,390円~、UQ mobileは44,235円~、ワイモバイルは44,640円~

【有機ELモデルの抽選・在庫・入荷情報あり】「ニンテンドースイッチ」を予約・おトクに購入する方法

ゲーム

有機ELディスプレイを搭載した新型Switch「Nintendo Switch(有機ELモデル)」が登場!!発売日は2021年10月8日で価格は37,980円(税込)

【値下げ!!】「AirPods / AirPods Pro」をおトクに購入する方法 – モデル別価格・発売日・販売店まとめ

iPhone / iPad

AirPods(第3世代)が発売!AirPods / AirPods Proがおトクに買えるショップはどこ?お店によっては割引やポイント還元、クーポンあり!

【Pixel 6 Pro】画面を120Hzのリフレッシュレートで動作する、逆にオフにして電池持ちをアップさせる方法 – スムーズディスプレイ設定

Androidスマホ

ヌルヌル動くPixel 6 Proの120Hzディスプレイ。ただ電池持ちはかなり悪い… スムーズディスプレイの設定でオン⇔オフできる


≫ 新着記事をもっと見る

usedoorTOPへ戻る

usedoorをフォロー


  • 注目の使い方

    【10月版】クレジットカードなしで格安SIMと契約する方法 – 口座振替、引き落とし、デビットカード、その他決済に対応したMVNOまとめ

    クレカなしでも契約できる、口座振替やポイント支払いに対応している格安SIM(MVNO)の会社とプランをまとめ&比較しました


    【10月28日まで】激安!3ヵ月で199円!Amazonの読み放題サービス「Kindle Unlimited」に超おトクに登録する方法 – Kindle本ストア9周年キャンペーン!

    過去最安値クラス!Amazonの本やコミック、雑誌が読み放題になるKindle Unlimitedが3ヵ月で199円と激安で利用できる!


    楽天ポイントを「App Store & iTunes ギフトカード」に交換する方法 – 期間限定ポイントの消化にアリ!クーポンも登場

    期間限定の楽天スーパーポイントも利用OK!App Store & iTunesギフトカードに交換できる。セール時は安く購入することもできておトク


    『楽天ひかり』を1年無料で利用する方法 – 楽天モバイルUN-LIMITとのコラボ企画。携帯回線は3ヵ月、ひかり回線は1年無料!参加条件と注意点

    家の固定回線「楽天ひかり」と携帯回線「楽天モバイルUN-LIMIT」の両方を契約すれば固定回線が1年無料で使えるおトクなキャンペーン。注意点あり


    注目の記事をぜんぶ見る

  • 最新記事

    【10月29日16:59まで】楽天ブックスのPlayStation 5の抽選販売に参加する方法 – PS5抽選参加の対象条件などまとめ

    ついに楽天ブックスでのPlayStation 5販売が抽選形式に!条件を満たして抽選に参加しておけばPS5が買えるかも!?


    【機種変更でも安い!!】ahamo、UQモバイル、ワイモバイルのiPhone 11が安い! – おトクにiPhone 11をゲットする方法

    ahamoとUQ mobileとワイモバイルからiPhone 11が発売!販売価格はahamoは49,390円~、UQ mobileは44,235円~、ワイモバイルは44,640円~


    【有機ELモデルの抽選・在庫・入荷情報あり】「ニンテンドースイッチ」を予約・おトクに購入する方法

    有機ELディスプレイを搭載した新型Switch「Nintendo Switch(有機ELモデル)」が登場!!発売日は2021年10月8日で価格は37,980円(税込)


    【値下げ!!】「AirPods / AirPods Pro」をおトクに購入する方法 – モデル別価格・発売日・販売店まとめ

    AirPods(第3世代)が発売!AirPods / AirPods Proがおトクに買えるショップはどこ?お店によっては割引やポイント還元、クーポンあり!


    【Pixel 6 Pro】画面を120Hzのリフレッシュレートで動作する、逆にオフにして電池持ちをアップさせる方法 – スムーズディスプレイ設定

    ヌルヌル動くPixel 6 Proの120Hzディスプレイ。ただ電池持ちはかなり悪い… スムーズディスプレイの設定でオン⇔オフできる


    最新記事をもっとチェック

  • usedoorをフォロー


  • 現在開催中の"おトク"なセール、キャンペーン、お買い得アイテムまとめ

    【実質1円!!】楽天モバイル(UN-LIMIT)の『AQUOS sense4 lite』を激安で購入する方法 – 値下げ&超大幅ポイント還元で実質1円に

    楽天モバイル正式対応のSIMフリーAndroidスマホ「AQUOS sense4 lite」が実質1円と投げ売り!販売価格-ポイント還元が1円に


    【10月31日まで】Amazon Music Unlimitedが4ヵ月無料で利用できるクーポンをゲットする方法 – 誰でも取得できるTOKYO GAME SHOW 2021特典が激アツ

    AmazonのTOKYO GAME SHOW 2021のページにアクセスするだけで音楽聞き放題サービス「Music Unlimited」が4ヵ月無料となるクーポン配布中!


    【本体1円&5,000ポイント還元&3ヵ月間無料!!】楽天モバイル「Rakuten WiFi Pocket 2B」を実質0円以下で超おトクに購入する方法

    楽天モバイルのWi-Fiルーター第2弾「Rakuten WiFi Pocket 2B」が本体1円&5,000ポイント還元&回線3ヵ月無料!モバイルWi-Fi探していた人には激アツ!


    【2021年10月~11月】『超PayPay祭』の内容&条件まとめ – 最大50%還元のSUPER PayPayクーポンや3%〜20%還元のショップなど多数登場

    2021年10月18日~11月28日に開催されるPayPay最大級の「超PayPay祭」今回はクーポンがアツい!もちろんショップでの買い物も大幅還元!


    【10月版】現在ドコモでおトクに機種変更できるiPhone・Androidスマホ・タブレットまとめ – 端末購入割引や値下げでお安くドコモで機種変更する方法

    現在、ドコモでおトクに機種変更できるAndroid、iPhone、iPad、タブレットをまとめました。機種変更を考えている人はチェック!


    開催中のキャンペーンをぜんぶ見る

  • あわせて読みたい記事