【激安折りたたみスマホ】「Libero Flip(A304ZT)」が一括39,800円~

【ドコモ】LG『V30+(L-01K)』実機レビュー、使い方 – JOJOスマホ(L-02K)やau版「isai V30+(LGV35)」が気になっている人もどうぞ!

キャリア版はドコモとauから発売されているLGのハイスペック端末「V30+」をガッツリ触ってみました


最終更新 [2018年2月6日]

この記事内には広告リンクが含まれています。

\\どうかフォローをお願いします…//


< この記事をシェア >

usedoor Twitterでシェア
usedoor facebookでシェア
usedoor はてなブックマークに保存
usedoor Pocketに保存
usedoor LINEでシェア
usedoor feedly


2018年に登場したLGのハイスペックAndroidスマホ『V30+』(ドコモ版のL-01K)の実機レビューです。

ドコモ版のV30+(L-01K)にガッツリ触れることができたのでレビューしてみました。
2018年1月25日から販売されるドコモの冬春モデルです。

昔からですが、LG製の端末はその時代の中でほぼ最高レベルのハイスペック機が多く、今回のV30+も超高スペックで登場しています。
ちなみに読み方は「ブイサーティー プラス」です。

JOJOスマホ(L-02K)やauのisai(LGV35)も中身はコイツ

このV30+をJOJOカスタムしたジョジョスマホ第二弾「L-02K」もドコモから販売されます。
また、同じV30+としてはauから「isai(LGV35)」という名前でも登場しています。
ソフトバンク版はありません。
なので、L-02Kやisai LGV35が気になっている人もこのレビューを参考にしてみてください。

iPhone X、GalaxyNote 8と比べてみた

iPhone X、GalaxyNote 8とのサイズなどの比較もやってみました。
どれも「デカめ」「ハイスペック」なスマホです。
詳しくは後述しているのでV30+のサイズ感などが気になっている人はチェックしてみてください。

けっこうオイシイキャンペーンあり!

ドコモでL-01Kを購入するとGoogle製のVRゴーグル『Daydream View』が必ず貰えるという嬉しいキャンペーンも開催されています(在庫限り)

また、usedoorでは2月28日までV30+(L-01K)の新規/MNP/機種変更に使える端末の割引クーポンをプレゼントしているので、この端末が気になった人はクーポンもどうぞ!
クーポンの配布は2月28日で終了しました。たくさんのご連絡ありがとうございました。

関連記事:【在庫限り】ドコモのV30+を購入してGoogle Daydream Viewをゲットする方法



2017~2018年冬春モデルLG『V30+(L-01K)』実機レビュー

スペックおさらい

OS Android 8.0
サイズ 約152(H)×75(W)×7.4(D)mm
(最厚部:7.7mm)
ディスプレイ 約6.0インチ
Quad HD+(2,880×1,440)
18:9の有機ELディスプレイ
HDR10規格のコンテンツ再生をサポート
重さ 158g
メインカメラ 約1,650万画素(CMOS)+約1,310万画素(CMOS)
インカメラ 約510万画素(CMOS)
CPU Snapdragon 835(MSM8998)
2.45GHz×4+1.9GHz×4(オクタコア)
メモリ 4GB
内部ストレージ 128GB
バッテリー 3,060mAh(取り外し不可)
通信速度 下り最大:788Mbps
発売日 2018年1月25日
販売ページ V30+ L-01K – ドコモ
その他 ・Daydream対応
・防水防塵(IPX5/8、IP6X)
・おサイフケータイ
・ワンセグ/フルセグ(同梱のアンテナケーブル使用)
・Bluetooth 5.0
・VoLTE(HD+)
・ハイレゾ対応
本体カラー ・Cloud Silver(クラウドシルバー)
・Black
・Aurora Black(オーロラブラック)
※auのisai LGV35には「モロッカンブルー」という独自カラーの設定あり

スペックはこんな感じです。
GalaxyNote 8と比べるとメモリ量などで若干劣っている感はありますが、バッテリーも3,000mAh超、通信速度下りは788Mbps、防塵防水、テレビ、ハイレゾ、VoLTE(HD+)etc…と記事作成時では最高レベルのスペックです。
(そもそも比較対象をNoteにするのがオカシイか。。)

日本で発売されるAndroid端末としては珍しく内部ストレージは128GBを搭載しています。
もちろんSDカードにも対応しています。

OSは最初からAndroid 8.0 Oreo

OSは、最初からAndroid 8.0 Oreoを搭載しています。
いちおう最新版は8.1ですが、まぁ最新と考えて問題ないと思います。
LGがグローバル向けに展開しているモデルでもあるのでOSアップデートもしっかりとサポートされるはずです。

今回レビューしている端末はドコモ版の「L-01K」

JOJOスマホ「L-02K」やau「isai V30+(LGV35)」も基本スペックは同じ

今回、実機をガッツリ触れたのはドコモ版の「L-01K」でカラーは「オーロラブラック」です。
ドコモから発売されるJOJOスマホ第2弾のL-02Kやauから発売されている「isai V30+(LGV35)」もチップセットなど基本スペックは同じとなります。
ちなみにauのLGV35には、モロッカンブルーというau限定カラーが用意されています。

【定番】やっぱり「docomo」ロゴがデカデカと。。

やっぱり本体裏の真ん中に『docomoロゴ』がガッツリ入っています。
ドコモのAndroidスマホではもはや定番となっています。
下部にV30+ロゴとモデル名が入っています。

au版は左上にauロゴ。中央にisaiロゴ。。

ちなみにau版のLGV35の場合は、本体裏面の左上にau、真ん中にisaiロゴとなっています。
これもこれでなんだかなぁ。。

L-01Kの同梱品一覧

化粧箱も豪華。高級感は高し。

・本体
・クリーナー(ブラック)
・B&O PLAYオリジナルイヤホン
・テレビアンテナケーブル
・取扱説明書(クイックスタート)&SIMピン

L-01Kの同梱品は↑となっています。

V30+は音質にもこだわっており、高級オーディオブランド「B&O PLAY」が音質チューニングを行っているとのことで本体裏面にロゴも入っています。

B&O PLAYオリジナルイヤホンが同梱!

そしてB&O PLAY製のオリジナルイヤホンが同梱されています。

これ、めっちゃ嬉しいポイントだと思います。
(ちなみにGalaxyNote 8にもAKGチューニングのハイレゾ音源再生に対応した高音質イヤホンがついています)


あと、最近では定番ですが、充電ケーブル(Type-C)は入っていないのでご注意を。





本体外観、デザインやキー配置など

ディスプレイ側は超狭ベゼル。上下左右とも広い!

ディスプレイ側は、ベゼルが超狭く設計されています。
Galaxyのようにエッジスクリーンではありませんが、特に左右はギリギリの部分までディスプレイとなっています。
上下の部分もGalaxyNoteよりベゼルが狭くなっています。
画面いっぱいディスプレイという感じです。

背面はガラス加工? iPhone Xに似た感じの質感、光沢

背面は本体の上にガラス?強化プラスチック?のようなクリアが乗っかっています。
iPhone Xの質感、光沢に近い仕上がりとなっています。

デカいけど意外と持ちやすい

6.0インチディスプレイ搭載と大きめのスマホですが、厚さは7.4mm、18:9の縦長ディスプレイが採用されていることもあり、意外と手に馴染みます。
サイド部分がちょっとシャープになっているのも持ちやすいです。

ただサイズ的に右手で持って片手操作では左上にはほぼ絶対指は届かないと思います。

ボタン配置など

電源ボタンは本体裏面の指紋認証と併用。慣れるまでちょっと手間取った

これが特有です。
最近のスマホはiPhoneもAndroidもサイド部分(特に右サイド)に電源の物理ボタンが配置されていることが多いです。

V30+はこの物理的な電源ボタンはサイドにはなく、背面にある指紋認証がそのまま電源ボタンになっています。
これにより右サイドには物理ボタンが一切なくなりシンプルですが、他のスマホを使っていた人からすると最初は戸惑うと思います。

ディスプレイのオン/オフは画面をダブルタップでOK

V30+はディスプレイをダブルタップで画面のオン/オフができます。
なので電源ボタンを使わなくても画面をつけたり消したりできます。
これは鳴れるとめちゃくちゃラク。
個人的には、他のAndroidにも標準で欲しいです。

スクリーンショット撮影はステータスバーからワンタップ

スクリーンショット撮影は他のAndroid同様、「電源ボタン+ボリュームダウンキー」です。
これも電源ボタンが絡むので慣れにくいですが、ロックを解除している場合はステータスバーから一発で撮影することができます。
こちらも電源ボタンなしでOKとなります。

本体右サイドにはSIMスロットのみでボタン類なし

電源ボタンが背面なので右サイドはとってもシンプル。
というかSIMスロットしかないので基本的に触ることはありません。
ただ慣れてないとSIMスロットが電源ボタンっぽく見えてしまい、なんとなく押してしまうことも。。

まぁこれは自分が「電源ボタンは右サイドについている」とカラダが覚えてしまっているだけの問題でV30+を使っているとそんなことはなくなると思います。

本体左サイドにはボリュームボタンのみ

左サイドにはボリュームアップ/ダウンキーのみが搭載されています。

本体上部に防水キャップレスイヤホンジャック

V30+のイヤホンジャックは本体上部に配置されています。
防水キャップレスタイプとなっています。
Xperia XZ1などと同じ配置です。

下部に充電ポート(キャップレス防水)とスピーカー

本体下部には、USB-TypeCタイプの防水キャップレス充電ポートとスピーカー、マイクが配置されています。
まぁこれはもうどのスマホでも同じ定番の配置だと思います。

カメラは若干出っ張ってる。おサイフケータイのポートは背面の中央に配置

カメラは若干ですが出っ張っています。
背面は完全にフラットという訳ではないですが、本当にちょっとだけ出ているというレベルです。

おサイフケータイのポートは背面の中央部分(ドコモロゴの下)に搭載されています。

iPhone 8、GalaxyNote 8との比較

サイズ差はしっかり

iPhone X、GalaxyNote 8と並べてみました。
左からiPhone X、V30+、GalaxyNote 8の順番です。
こう並べて比較するとデカいなぁと感じていたiPhone Xが小さく見えます。

厚さは一番薄い。数字的にはそんなに違わないけど持ち心地では差がハッキリ

V30+の厚さは7.4mmとなっています。
今回比べてみた3機種の中では一番薄いです。
数字的には0.3mmくらいしか差はないですが、実際に手に取ってみるとこの中ではV30+が一番持ちやすいと個人的には感じました。
GalaxyNote 8もサイドがエッジになっており持ちやすいのは持ちやすいのですが、やはりサイズがデカいので。。

ディスプレイがオンの状態だと一番違和感(クセ)がないのがV30+

iPhone Xはディスプレイ上部にノッチがあります。
Galaxyはサイド部分がエッジになっています。
それぞれの特徴ではありますが、スマホの画面として「普通」にWEBサイトやアプリの画面が見れるのはV30+だと思います。
クセがあるのがいいのか、普通なディスプレイがいいのかは好みもあると思いますが。





L-01Kを起動していろいろと見てみた

相変わらずホーム画面上にモリモリ。羊も元気いっぱい

↑初期化状態でホーム画面を開いた時
まぁモリモリです。
ドコモのAndroidを最初に起動した時に何の端末でも思いますが、よくもまぁこんなに入るものがあるなと。

これはしょうがないといえばしょうがないのでアンインストールなり無効化で調整しましょー。
↓の記事あたりを参考に調整してみてください。

関連記事:【Android】プリインストールアプリの無効化、アンインストール方法



日本発売のAndroidでは珍しい128GBの内蔵ストレージを搭載

十分すぎる空き容量を確保。SDカードももちろん使用OK!

V30+の内蔵ストレージは128GBです。

日本で発売されているAndroidスマホの内部ストレージは大きくても64GBのものが多いです。
iPhoneはモデルによっては128GBや256GBなんてのもありますが、SDカードには対応していません。


V30+はもちろん後付けでSDカードを使用することもできます。
ストレージ容量という意味では、現行の端末では最上級になると思います。

ベンチマーク測ってみた。かなりのハイスコア!

Antutuベンチマークスコア

今回もAntutuを使ってベンチを測ってみました。

結果は183884というスコアでした。


これ、かなりの数値でこれまでにレビューして同じようにAntutuでベンチマークを計測したどのモデルよりも高いスコアとなりました。
GalaxyNote 8の方がスペック的に(メモリ量など)高いと思っていたのですがNote 8を超えていました。

ちなみに他機種の計測データは↓な感じ。

■過去に計測した他の端末のベンチマーク結果
GalaxyNote:175208
XZ Premium:161635
XZ1:174900
XZs:132820

発売した時期が一番遅いのがV30+なので単純に比較するのもアレですが、↑のモデルと比べるとAntutuでのスコアは一番高いということになります。

LG『V30+(L-01K)』の特徴や機能(カタログより)

6インチ18:9、有機ELの超高精細ディスプレイ

LGいわく「真実の黒」を再現できるらしい

世界中の有機ELテレビなどの供給源でもあるLGならではのディスプレイがV30+のウリとなっています。
LGいわく「従来の液晶ディスプレイでは再現できなかった『真実の黒』を再現している」とのこと。

Daydreamに対応。VR体験もできちゃう

シアターモードと360度モードが使える

Google謹製のVRプラットフォームDaydreamに正式対応しています。
映画などをハンズフリー大画面で楽しむ「シアターモード」とゲームやスポーツなどを楽しむ「360度モード」を体験できます。

Daydreamは別売りのアイテムですが、V30+(L-01K)の購入者全員にプレゼントという発売キャンペーンが開催されています。
数量限定なのでDaydreamをセットでもらいたい人はお早めにどうぞ!

関連記事:【在庫限り】ドコモのV30+を購入してGoogle Daydream Viewをゲットする方法


音質は高級オーディオブランド「B&O PLAY」が音質チューニング!

ハイレゾ対応は当たり前。ハイレゾ以外の音源もハイクオリティな音質で楽しめる

V30+は映像だけではなく、音質にもこだわっています。
高級オーディオブランド「B&O PLAY」のエンジニアとサウンドマイスターが音質チューニングしたとのこと。

その証に?スマホ本体の背面にもB&O PLAYロゴが入っています。

ハイレゾ対応は当たり前でMP3などのデータが圧縮され情報が失われた音源でもハイクオリティな音質を再現したり、V30+に接続したイヤホンやヘッドホンを最良のバランスに自動で調整するという機能も搭載されています。

Quad DAC搭載でノイズやゆがみを削減

またQuad DACという技術が搭載されており、デジタル⇔アナログ変換時に発生するノイズやゆがみを50%削減したとのこと。

ちなみにプリインストールされていた「Life’s Good(Hi-Fi)」というサンプルミュージックの音がキレイすぎてヤバかったです。

背面にデュアルカメラ搭載。アウトカメラもインカメラも広角撮影に対応

通常の撮影からセルフィーまで幅広く使えるカメラ

背面のメインカメラは1,650万画素と1,310万画素(広角)のデュアルカメラとなっています。
ディスプレイ側のインカメラもワンタッチで広角レンズに切り替えができます。
これにより景色、風景から自撮りまでダイナミックな広角写真を撮影することができます。

ドコモスマホ史上最小F値「1.6」暗い場所でも明るくクリアな写真が撮影できる

ドコモスマホ史上最小をうたうF値は「1.6」
ガラス製のクリスタルクリアレンズを採用したことで実現されており、暗い場所でも明るくクリアな写真撮影を行うことができます。

動画撮影時でもタップした部分をサクッと拡大できる「ポイントズーム」

動画撮影時にズームしたい場所を見つけてタップすると、タップした部分にフレームが表示されてスライダーでズームできるようになる「ポイントズーム」という機能も搭載されています。

キャップレス防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)、14種類の軍事標準耐久試験を通過したタフボディ

この辺は他のスマホでも定番になってきていますが、防塵防水・耐衝撃性をちゃんと備えています。

LG『V30+(L-01K)』を使ってみての感想

久々にいい意味でクセのないAndroid。ハイスペック+エンタメ要素が欲しい人向けのスマホ

V30+を買えば付属のアクセサリはいらないかも

V30+(L-01K)を実際に使っての感想は、いい意味でクセのない普通のAndroidという感じでした。
決して悪い意味ではなく、iPhone XのノッチやGalaxyのエッジスクリーンといった尖った特徴を作るのではなく、ハイスペックのチップセット、レベルの高い有機ELディスプレイや高音質オーディオ、高スペックカメラなどを当たり前のように使い、それらをうまくまとめた完成形みたいな印象を受けました。
LGの端末は、昔「G2(L-01F)」を使っていたことがあるのですが、順当に進化したなぁと懐かしい感じもしました。

高音質イヤホンが同梱されていたり、内部ストレージが128GBあったりするので特に追加パーツを購入しなくてもそのまま楽しめると思います(Type-Cの充電ケーブルを持っていなければ購入必須ですが)

ハイスペックかつエンタメ機能にも優れていて、使いやすいAndroidを探している人はこのV30+(L-01K)も候補に入れてみてください。
auのisai(LGV35)が気になっている人の参考にもなれば嬉しいです~

けっこうオイシイキャンペーンあり!

ドコモでL-01Kを購入するとGoogle製のVRゴーグル『Daydream View』が必ず貰えるという嬉しいキャンペーンも開催されています(在庫限り)

関連記事:【在庫限り】ドコモのV30+を購入してGoogle Daydream Viewをゲットする方法




< この記事をシェア >

usedoor Twitterでシェア
usedoor facebookでシェア
usedoor はてなブックマークに保存
usedoor Pocketに保存
usedoor LINEでシェア
usedoor feedly



\\どうかフォローをお願いします…//



現在開催中の「おトク」なキャンペーン、セール

【紹介コードリンクあり】Amazonプライム会員に新規登録して1,000ポイントをゲットする方法 – 適用条件や紹介コードの発行/確認手順など

キャンペーン

Amazonが新たにプライム会員になる人を対象に招待プログラムを開始。紹介コードリンクから登録して条件を満たせば1,000円分のAmazonポイントがもらえちゃう

【誰でもOK!!】『ドコモオンラインショップ限定 機種購入割引』でiPhone・Androidスマホを大幅割引で購入する方法&対象機種まとめ – 機種のみ購入でもOK!

携帯電話

ドコモオンラインショップ限定機種購入割引で対処機種が大幅割引!機種単体(白ロム)購入も対象。割引の条件、対象機種は?

【楽天モバイル】初めて20GB超過利用して1,500ポイントをゲットする方法 – 毎月開催&必ずもらえる!最強プランにピッタリのキャンペーン。特典増額中!

キャンペーン

楽天モバイル契約者限定で過去に一度も20GBを超過したことがなく20GBを超過しそうな人は必見!エントリーと利用だけで1,500ポイントがもらえちゃう

【2024年5月】ドコモのiPhone、Androidスマホが機種変更で5,500円割引となるクーポンをWEB上からゲットする方法 – 対象機種、条件など

携帯電話

2024年5月もドコモがiPhoneやAndroidスマホの機種変更が5,500円割引となるクーポンをウェブ上で配布中!対象者限定みたいのでまずは取得できるかをチェック!

【2024年5月】「メルペイ」のクーポン&キャンペーンまとめ – クーポンは人によって違うので来ない場合も… メルカードキャンペーンもあり

キャンペーン

メルカリが提供するスマホコード支払「メルペイ」は定期的におトクなキャンペーンを開催&クーポンを配布!人によって違うクーポンを徹底的にまとめてみた


開催中のキャンペーンをもっと見る

usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m

usedoor Twitter
usedoor facebook
usedoor feedly
usedoor RSS


新着ニュース&記事

【5のつく日】Yahoo!ショッピングでおトクにお買い物する方法 – 商品券+4%還元条件などまとめ。クーポンも登場

キャンペーン

Yahoo!ショッピングは『5』のつく日に「5のつく日キャンペーン」でヤフーショッピング商品券+4%還元とおトクに買い物ができる。ただし条件が変更に…

【2024年5月】「アソビュー!」の割引クーポンをGETする方法&使い方 – アクティビティ体験がおトクになるクーポン・キャンペーンまとめ。ふるさと納税も

旅行・イベント

アクティビティ、イベント体験の「アソビュー!」で使えるおトクな割引クーポンコードをまとめています。キャンペーンに加え、ふるさと納税も登場

【au PAY】毎月5の付く日と8日は「たぬきの抽選会」で最大3,000Pontaポイントが必ず当たる! – 概要や対象日、対象店舗、抽選方法などまとめ

キャンペーン

毎月5日、8日、15日、25日に「たぬきの抽選会」開催!au PAYで税込200円以上支払いするとPontaポイントが必ず当たる

【0と5のつく日】楽天市場でおトクに買い物する方法 – 楽天カード支払いでポイント4倍。特典内容&条件や注意点まとめ

キャンペーン

楽天カードユーザーは毎月0、5のつく日はポイント4倍と楽天市場でおトクに買い物ができる。毎回エントリーをお忘れなく!ただし以前よりも条件は改定

【Yahoo!オークション】『5のつく日』に誰でも使える割引クーポンをゲットする方法 – 旧:ヤフオクの5のつく日特典の概要&取得手順まとめ

ショッピング

Yahoo!オークション(旧:ヤフオク)はも他のヤフー系サービス同様『5のつく日』がお買い得!誰でも簡単に5%オフや300円オフなどの割引クーポンがゲットできる


新着記事をもっと見る

usedoorをフォロー


注目・おすすめ記事

【オススメ返礼品紹介】おトクに『ふるさと納税』する方法まとめ – 自分がいくら寄付できるかの計算方法

まだやってない人向けに「ふるさと納税」をできるだけわかりやすく書いてみた(つもり)


PayPayで開催中のキャンペーンまとめ – 特典や適用条件など。ワクワクペイペイ、クーポンや地域限定etc…

ほぼ常時様々なお店やエリアで開催されるPayPayのおトクなキャンペーンやクーポンを徹底まとめ。特典や参加条件、今月対象のお店は?


【完全版】Amazonで『クレジットカードなし』で買い物する方法 – クレカ不要の支払い手段を徹底まとめ!他社のポイント利用も

クレジットカード不要でAmazonでの買い物の支払いができる手段をがっつりまとめました!クレカがない人や未成年の人もどうぞ


【Android】モバイルPASMOの発行方法&注意点 – ついにおサイフケータイに対応。定期券も買える。Suicaと共存できる?

やっとモバイルPASMOが使えるようになった!定期券も発行できる。モバイルSuicaとの同時発行もできるけど注意が必要


【ドコモ】『オンラインショップおトク割』でスマホをおトクに購入する方法 – 端末のみ購入もOK!対象機種、割引金額、適用条件まとめ

ドコモオンラインショップが新たな割引「オンラインショップおトク割」をスタート!5G WELCOME割併用で超大幅割引となる機種も!



注目の記事をぜんぶ見る


最新記事&ニュース

【5のつく日】Yahoo!ショッピングでおトクにお買い物する方法 – 商品券+4%還元条件などまとめ。クーポンも登場

Yahoo!ショッピングは『5』のつく日に「5のつく日キャンペーン」でヤフーショッピング商品券+4%還元とおトクに買い物ができる。ただし条件が変更に…


【2024年5月】「アソビュー!」の割引クーポンをGETする方法&使い方 – アクティビティ体験がおトクになるクーポン・キャンペーンまとめ。ふるさと納税も

アクティビティ、イベント体験の「アソビュー!」で使えるおトクな割引クーポンコードをまとめています。キャンペーンに加え、ふるさと納税も登場


【au PAY】毎月5の付く日と8日は「たぬきの抽選会」で最大3,000Pontaポイントが必ず当たる! – 概要や対象日、対象店舗、抽選方法などまとめ

毎月5日、8日、15日、25日に「たぬきの抽選会」開催!au PAYで税込200円以上支払いするとPontaポイントが必ず当たる


【0と5のつく日】楽天市場でおトクに買い物する方法 – 楽天カード支払いでポイント4倍。特典内容&条件や注意点まとめ

楽天カードユーザーは毎月0、5のつく日はポイント4倍と楽天市場でおトクに買い物ができる。毎回エントリーをお忘れなく!ただし以前よりも条件は改定


【Yahoo!オークション】『5のつく日』に誰でも使える割引クーポンをゲットする方法 – 旧:ヤフオクの5のつく日特典の概要&取得手順まとめ

Yahoo!オークション(旧:ヤフオク)はも他のヤフー系サービス同様『5のつく日』がお買い得!誰でも簡単に5%オフや300円オフなどの割引クーポンがゲットできる



最新記事をもっとチェック


usedoorをフォロー


現在開催中の"おトク"なセール、キャンペーン、お買い得アイテムまとめ

DAZN(ダゾーン)をお得に契約する方法

DAZNをおトクに利用する方法をご紹介!2月23日よりABEMAでもDAZNが視聴できる新プラン『ABEMA de DAZN』の提供開始。


【楽天モバイル】2回線目以降を契約して3,000ポイントをゲットする方法 – 「もう1回線」申込キャンペーンがスタート

楽天モバイルが2回線目以降を契約する人向けのキャンペーンを開始!2回線目契約で3,000ポイントがもらえる。要エントリーなのでご注意を


【紹介コードリンクあり】Amazonプライム会員に新規登録して1,000ポイントをゲットする方法 – 適用条件や紹介コードの発行/確認手順など

Amazonが新たにプライム会員になる人を対象に招待プログラムを開始。紹介コードリンクから登録して条件を満たせば1,000円分のAmazonポイントがもらえちゃう


ふるさと納税で返礼品&Amazonギフトカードなどの特典がもらえるキャンペーンまとめ – 最大20%還元などが開催中

ふるさと納税サイト毎に開催している返礼品とは別に寄付金額に応じたAmazonギフトカードなどがもらえるキャンペーンをまとめてみた


【2024年5月】メルカリ/メルペイに招待コードを適用しポイントをゲットする方法 – 紹介キャンペーン利用で開始時に500ポイントがもらえる

メルカリ・メルペイを始めるなら最初に招待コードの登録がおトク!今なら必ずメルカリやメルペイの買い物時に利用できるポイントがもらえる



開催中のキャンペーンをぜんぶ見る