「iPhone 13 / 13 mini / 13 Pro / 13 Pro Max」の価格&割引などキャンペーンまとめ - キャリア版、SIMフリー版をおトクに購入する方法

最終更新 [2018年3月16日]





Amazonのスマートスピーカー「Echo」と「Echo dot」のレビュー&モデル別比較まとめです。

AmazonのAI「Alexa」搭載のスマートスピーカー『Echo』シリーズ
日本でもEcho 、Echo Dot、Echo Plusの3モデルの販売が開始されています。
3モデルとももちろんAmazonのAI「Alexa」が搭載されていますが、スピーカーやスマートハブなどスペックや機能、それに伴う価格が異なります。

今回、真ん中のモデルにあたるEchoと価格の安いEcho dotを購入したので2モデルの実機をレビューしてみました。
モデル別のスペックや価格比較のまとめも書いています。

記事作成時は未だに購入は『招待制』となっている

【招待制】Amazonで販売中のEchoシリーズ

また、記事作成時は購入が招待制となっており、購入申込⇒招待メールが届くまでは購入できないという状況です。
ただ招待を申し込むとすぐに購入可能なメールが届きました(Dotの場合)
招待の基準はわかりませんが、早い場合は数日で購入可能なメールが届くと思います。
もちろん販売はAmazonからのみとなっています。

初期セットアップは↓の記事をどうぞ。

[目次]
Amazon Echoシリーズのスペック、価格比較まとめ
Echo実機レビュー
Echo Dot実機レビュー
勝手にまとめ。買うならコレ?

[関連記事]
【Alexa】『Amazon Echo』シリーズの初期セットアップ方法
【招待制】『Amazon Echo』の招待申し込み・予約する方法



Amazon Echoシリーズのスペック、価格比較まとめ

3種類のモデルが販売中。違いは?

Echoシリーズは↑の3種類が発売しています。
もちろんどの機種もAlexa搭載です。

モデル別比較、違い

Alexaはもちろん共通。スピーカーやスマートホームハブなどに違いアリ

Echo Dot

Echo

Echo Plus
価格 5,980円 11,980円 17,980円
サイズ 32×84×84mm 148×88×88mm 235×84×84mm
重さ 163g 821g 954g
特徴 サイズがコンパクト 高機能スピーカー搭載 スマートホームハブ内蔵
スピーカーサイズ 0.6インチ 2.5インチウーファー
0.6インチツイーター
2.5インチウーファー
0.8インチツイーター
Dolby デュアルスピーカー
×
音楽のストリーミング再生
Bluetooth・3.5 mmステレオジャック接続
スマートホーム・デバイスと連携
内蔵スマートホームハブによる簡単セットアップ
×
内蔵バッテリー
×

スペックやサイズなどの違いは↑のようになっています。
Google Homeなどもそうですが、基本的にできることは同じです。

一番大きな違いは、スピーカーのスペック(デュアルやサイズ、ウーファーなど)だと思います。
シンプルに価格が高いモデルほど音質がいいということになります。
その分、サイズもデカいですが。。
個人的にはどのモデルにも3.5mmステレオジャックポートがついているのが嬉しいです。

最上位モデル「Plus」は最初からスマートホームハブが内蔵されている

また最上位モデルのPlusには、家電などをコントロールできるスマートホームハブが最初から内蔵されています。
これにより、電気や家電が対応していれば、別売りのスマートホームハブを購入することなくEcho Plusだけで家電の音声操作ができるようになります。
対応製品を持っていて、音声で家電をコントロールしたいという人は、別途スマートホームハブを購入するくらいであれば最初からPlusを購入しておくのもアリだと思います。

Amazon Echo実機レビュー

まず最初に3モデルの中では真ん中のスペック、価格の位置づけとなる「Echo」のレビューです。
Echoには、サンドストーン、チャコール、ヘザーグレーの3カラーが用意されています。
今回購入したカラーは「ヘザーグレー」です。

同梱品一覧

・本体
・電源ケーブル
・取扱説明書(日本語対応)

同梱品は非常にシンプルです。

電源は専用ケーブル。内蔵ナシ

Echoの電源ケーブルは付属の専用ケーブルです。
MicroUSBやUSB-TypeCなどではないのでご注意を。

また内蔵バッテリーは搭載していません。
なので電源ケーブルを抜くと電源が落ちます。
この辺はGoogle Homeと同じ仕様となっており、LINE WAVEのようにモバイルBluetoothスピーカーとして使うことはできません。
これは3モデルとも共通です。

ファブリックカバーで覆われている。手触りよし!

スピーカー部分(円柱のサイド部分)は全てファブリックとなっています。
購入したカラーのヘザーグレーは遠目で見るとちょっとデニムっぽい感じです。
激しく使うと破れたりする可能性もあると思うので(そんなにヤワではないですが)、あんまりお粗末に扱うのはご注意を。

ファブリックカバーは別売りで購入、交換可能。3,480円

ちなみにこのファブリックカバーはAmazon上で交換用が販売されています。
インテリアを変更してEchoのカラーが部屋に合わなくなったなぁ…という時も対応出来ちゃいます。

本体上部に4つのスイッチを集約。電源ボタンはナシ

・アクションボンタン
・ボリュームアップ
・ボリュームダウン
・マイクオフボタン

本体上部には↑の4つのボタンが集約されています。
電源ボタンの概念はなく、電源ケーブルを挿す⇒Echoが起動となります。

本体上部のフチの部分がイルミネーションランプ

流れる光がカッコいい

本体上部の「フチ」の部分が状態などをお知らせするランプとなっています。
イルミネーションのように青やオレンジといった光がクルクルと光りながら流れてけっこうカッコいいです。

3.5mmイヤホンジャックが嬉しい。外部スピーカーに音を渡すことができる

どのモデルにも3.5mmイヤホンジャックが搭載されています。
これはGoogle HomeやLINE WAVEにはついていません。
アナログな接続方法ですが、これを使えばBluetoothに対応していないスピーカーなどに接続してPrime Musicの音楽を再生するなんてこともできます。
ちなみにPCなどのオーディオ端子とEchoのイヤホンジャックを繋いでPCの音をEchoから出す、という方には対応していないようでした。

音質の低音はGoogle Homeの方が強い

Echoは高い音がクリアに聞こえる

自分はスピーカー系のレビューはあんまり音質のことを書きません。
というのも文字で伝えるのは難しい&人によってとらえ方が違うので一概に音質がいい!とは書きづらいと思っているからです。

Echoに関しても同じスタンスなのですが、GoogleHomeと比較を一点だけ書くとすると「低音はGoogle Homeの方が強い」というのが間違いない部分だと思います。
音質が悪いという訳ではなく、あくまで低音に関しては、ということになります。
Echoの高音は非常にクリアで聞きやすい音質だと個人的には感じています。

以上が真ん中のモデル「Echo」のレビューです。



Amazon Echo Dot実機レビュー

続いて価格が一番安いコンパクトモデル「Echo Dot」を紹介します。
Echo Dotは、ブラック、ホワイトの2カラーが用意されています。
今回購入したカラーは「ブラック」です。

同梱品一覧

・本体
・MicroUSBケーブル
・ACアダプタ
・取扱説明書(日本語対応)

こちらも同梱品は非常にシンプルです。

電源はMicroUSBケーブル。これは嬉しい仕様

DotはEchoとは違い、電源はMicroUSBケーブルとなっています。
これ個人的には嬉しい仕様です。
ケーブルとACアダプタは同梱されていますが、既に持っているケーブルもそのまま使えます。

Dotにも内蔵バッテリーは搭載していません。
なので電源ケーブルを抜くと電源が落ちます。
LINE WAVEのようにモバイルBluetoothスピーカーとして使うことはできませんが、Dotの場合は↓のような使い方で外でも一応使えます。

モバイルバッテリーでも動く!

DotはケーブルがMicroUSBということもあり、モバイルバッテリーにケーブルを挿した状態でも作動しました。
やろうと思えば野外でスピーカーとして使うこともできます。
ただAlexaの機能はWi-FiがあってナンボなのであくまでもBluetoothスピーカーとしての使用ということになると思います。

また、Dot自体にバッテリーは内蔵されていないのでモバイルバッテリーとのケーブル接続をハズすと電源が落ちるということになります。
まぁあんまり実用的ではないということになります。。

マジでコンパクト。届いた時ビックリした

Dot=コンパクトというのはわかってましたが、ここまでコンパクトなんだ!と届いた時、ちょっとビックリしました。
32×84×84mmと書かれてもなんかしっくりきませんでしたが、実際に手に取ってみるとマジで小さいです。
重さも163gとどこにでも配置できるサイズ感が嬉しいです。

素材はプラスチック?高級感も特にない「THEガジェット」って感じ

円柱のサイド部分はプラスチック?のようなテカテカ素材でできています。
なんていうかガジェット!っていう感じです。

本体上部のボタンやイルミネーションはEchoと同じ

というか、Echoの上を切り取ったっぽいのがDot

・アクションボンタン
・ボリュームアップ
・ボリュームダウン
・マイクオフボタン

本体上部のボタンやランプの配置はEchoと同じとなっています。
イルミネーションの流れ方やランプの色も同じです。

というかEchoの上の方を切り取ったのがDotみたいな感じです(あくまで見た目の話です)

Dotにも3.5mmイヤホンジャックが嬉しい。外部スピーカーに音を渡すことができる

Dotにも3.5mmイヤホンジャックが搭載されています。
これはGoogle HomeやLINE WAVEにはついていません。
アナログな接続方法ですが、これを使えばBluetoothに対応していないスピーカーなどに接続してPrime Musicの音楽を再生するなんてこともできます。
ちなみにPCなどのオーディオ端子とEchoのイヤホンジャックを繋いでPCの音をEcho Dotから出す、という方には対応していないようでした。

スピーカーもコンパクト。音質が気になるなら聞きたいなら他のスピーカーに接続して音を出せばいい

DotはEchoシリーズでは価格が安い分スピーカーも3モデルの中で一番ショボい仕様(0.6インチスピーカーのみ)となっています。
まぁしょうがないです。
音が割れるということはありませんでしたが、Echoに比べるとやっぱりちょっとチープな音だと個人的には感じました。

Dotユーザーで音質に満足できないという人は、他のスピーカーにBluetoothまたはイヤホンケーブルで接続することをオススメします。

勝手にまとめ。いろいろと書いたけどAlexa入門ならまずは価格の安い「Echo Dot」でいいかも

【おさらい】スペック、価格比較


Echo Dot

Echo

Echo Plus
価格 5,980円 11,980円 17,980円
サイズ 32×84×84mm 148×88×88mm 235×84×84mm
重さ 163g 821g 954g
特徴 サイズがコンパクト 高機能スピーカー搭載 スマートホームハブ内蔵
スピーカーサイズ 0.6インチ 2.5インチウーファー
0.6インチツイーター
2.5インチウーファー
0.8インチツイーター
Dolby デュアルスピーカー
×
音楽のストリーミング再生
Bluetooth・3.5 mmステレオジャック接続
スマートホーム・デバイスと連携
内蔵スマートホームハブによる簡単セットアップ
×
内蔵バッテリー
×

最初にも書いていますが、スペック&機能と価格差は↑な感じです。
とりあえずAmazonのスマートスピーカー(AI「Alexa」)を使ってみたいという感覚であれば、価格の安いDotをオススメします。
コンパクトなので設置にも困りませんし、Amazon Musicを音声操作で再生⇒他のスピーカーに接続で高音質化もできるので。
今回はレビューできませんでしたが、音声で家電をガンガン操作するという人は最初からPlusにした方が結果的にコスパがよくなると思います。

Google Home同様、Echo(Alexa)もまだまだ進化の余地はあると思いますが、スキルが多いのも特徴の1つです。
使ってみたい!買おうか悩んでいる、という人の参考になれば幸いです。

PS Echo買うならAmazonプライムになっておくことをマジでオススメします。

]関連記事]
【Alexa】『Amazon Echo』シリーズの初期セットアップ方法
【招待制】『Amazon Echo』の招待申し込み・予約する方法
【徹底的】Amazonプライムで使えるサービスを使い倒す方法&年会費の元が取れるキャンペーン完全まとめ


< この記事をシェア >






このAmazon Echo&Echo Dot実機レビュー – スペック、機能、価格などモデル別比較まとめ。違いは何?の最終更新日は2018年3月16日です。
記事の内容に変化やご指摘がありましたら問い合わせフォームまたはusedoorのTwitterまたはusedoorのFacebookページよりご連絡ください。

現在開催中の「おトク」なキャンペーン、セール

【一括1円!!】ワイモバイルの「タイムセール」でスマホを激安でゲットする方法 – 現在登場中の機種と価格、条件まとめ。iPhone 8も登場!

キャンペーン

ワイモバイルオンラインストアのタイムセールにiPhone 8 64GB(ソフトバンク認定中古品)が登場!一括1円の特価販売中!

【実質1円!!】楽天モバイル(UN-LIMIT)の『OPPO A73』を激安で購入する方法 – さらに値下げ&大幅ポイント還元で実質1円に

キャンペーン

販売価格-ポイント還元=1円!楽天モバイル正式対応のコスパのいいSIMフリーAndroidスマホ「OPPO A73」が実質1円と投げ売り!

【5月版】ahamoを通常よりもおトクに契約する方法 – 開催中のキャンペーンまとめ。9,000dポイント還元&限定特典、d払いで+5%還元、大盛りオプションなど

携帯電話

ahamo契約でdポイントがもらえるキャンペーンなどをまとめてみました。ドコモSIM経由のちょっと裏技っぽい契約も

【5月版】闇ふるさと納税?ふるさと納税で返礼品とは別にAmazonギフト券などの特典を貰う方法 – 最大20%還元キャンペーン開催中!

国や地方の制度

簡単な条件を満たせば、ふるさと納税寄付金額に応じたAmazonギフト券が返礼品とは別にもらえちゃう!


≫ 開催中のキャンペーンをもっと見る

usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m


キーワード:Amazon , Amazon Echo , Amazon Echo Dot , Amazon Echo Plus , Android , iPhone , スマートスピーカー , レビュー ,


同じカテゴリの記事

【還元率40%+α!!】ふるさと納税の返礼品に『アメックス百貨店ギフトカード(商品券)』+Amazonギフト券が登場! – おトクに寄付する方法

国や地方の制度

還元率40%+αの『アメリカンエクスプレス百貨店ギフトカード』がふるさと納税の返礼品に登場!還元率は40%だけど旅行券よりも使い勝手いいぞー

【数量限定】ふるさと納税でWindowsタブレット「arrows Tab WQ2/E2」をゲットする方法 – 島根県出雲市の返礼品に登場!Amazonギフト券付き

国や地方の制度

Windows 10 Pro搭載の防塵防水タブレット「arrows Tab WQ2/E2」がふるさと納税の返礼品に数量限定で登場!

【おトク】国民年金保険料をクレジットカードで支払う方法 – メリットや金額、申請手順

国や地方の制度

国民年金のクレジットカード払いはメリット多数。ただし申請に時間がかかるので要注意

ふるなびで寄附した返礼品にレビュー投稿してAmazonギフト券50円分をもらう方法

国や地方の制度

過去にふるなびで寄付した返礼品の超簡単(20文字以上であればOK)なレビューを投稿するだけで50円分のAmazonギフト券がもらえるぞ!


新着記事

【激安・特価情報】Amazonや楽天市場などで商品を激安でゲットする方法

セール

Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピング、PayPayモール、au PAY マーケットなど様々なオンラインショップで見つけた激安・特価情報

【毎月10日&20日】最大40倍還元+α!『dショッピングデー』でおトクに買い物する方法 – dポイント消化にも。条件&事前エントリーあり

セール

毎月10日と20日限定!dポイント20倍&ポイント利用分20%還元で超おトクにdショッピングで買い物ができる

LINEMOを通常よりもおトクに契約する方法、キャンペーンまとめ – PayPayポイント最大10,000円相当キャッシュバックなど

携帯電話

LINEMO契約で最大10,000円分還元やミニプランが半年間実質無料のキャンペーンが開催中!その他にも割引特典などあり。

LINE無料スタンプ&隠しスタンプまとめ – 無料で使えるスタンプをゲットする方法と条件。取り放題も開始!

LINE

LINEスタンプショップ、ストアのイベントで無料でダウンロードできるスタンプ&隠しスタンプを徹底まとめ!

【5月版】UQモバイルを通常よりおトクに契約する方法 – SIMのみ契約で最大15,000円キャッシュバック

キャンペーン

SIMのみの購入でも最大12,000円キャッシュバックがもらえる!さらにeSIM契約で+3,000円増額!


≫ 新着記事をもっと見る

usedoorTOPへ戻る

usedoorをフォロー


  • 注目の使い方

    【大幅割引&クーポンあり】Dropbox Plus(有料版)をおトクに購入する方法 – ソースネクストの3年版がコスパよし!最安値保証&返金あり

    公式は値上げ!あのおトクなDropbox Plus3年版がついに復活!有料版のPlusを契約するならソースネクスト経由でどうぞ!


    吉野家で使えるクーポン&キャッシュレス決済まとめ。クレジットカードやタッチ決済、〇〇Payでおトクに支払いする方法 – サラダ&みそ汁無料などもアリ

    現金払いは絶対損!元からコスパのいい吉野家の牛丼や定食をさらにおトクに頼むことができる支払い方法やクーポンなどをまとめました


    【Android】楽天モバイルの月額基本料金を0円にする方法 – 月間データ通信量が1GB未満になるように設定してみた。完全放置は回線停止もあるので危険

    Rakuten UN-LIMIT VIは月間データ通信量を1GB未満に設定すれば月額料金が無料!Androidスマホでデータ節約機能を使って制御してみた


    【5,000円キャッシュバック】ソフトバンクで機種変更してキャッシュバックを貰う方法 – iPhone、AndroidどちらもOK!さらにクーポンもあり

    おとくケータイ.netとスマホ乗り換え.comで機種変更すれば5,000円キャッシュバック!手数料分以上がペイできるぞー


    AmazonでPayPayで支払いする方法 – 初期セットアップと利用条件、使用できる残高/ポイントなどまとめ

    ついにAmazonでPayPayで支払いができるようになった!PayPay残高とポイントのみ利用可能で最初のみ初期設定が必要


    注目の記事をぜんぶ見る

  • 最新記事

    【激安・特価情報】Amazonや楽天市場などで商品を激安でゲットする方法

    Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピング、PayPayモール、au PAY マーケットなど様々なオンラインショップで見つけた激安・特価情報


    【毎月10日&20日】最大40倍還元+α!『dショッピングデー』でおトクに買い物する方法 – dポイント消化にも。条件&事前エントリーあり

    毎月10日と20日限定!dポイント20倍&ポイント利用分20%還元で超おトクにdショッピングで買い物ができる


    LINEMOを通常よりもおトクに契約する方法、キャンペーンまとめ – PayPayポイント最大10,000円相当キャッシュバックなど

    LINEMO契約で最大10,000円分還元やミニプランが半年間実質無料のキャンペーンが開催中!その他にも割引特典などあり。


    LINE無料スタンプ&隠しスタンプまとめ – 無料で使えるスタンプをゲットする方法と条件。取り放題も開始!

    LINEスタンプショップ、ストアのイベントで無料でダウンロードできるスタンプ&隠しスタンプを徹底まとめ!


    【5月版】UQモバイルを通常よりおトクに契約する方法 – SIMのみ契約で最大15,000円キャッシュバック

    SIMのみの購入でも最大12,000円キャッシュバックがもらえる!さらにeSIM契約で+3,000円増額!


    最新記事をもっとチェック

  • usedoorをフォロー


  • 現在開催中の"おトク"なセール、キャンペーン、お買い得アイテムまとめ

    【業界最安値!!】月額290円~!HISモバイルの『自由自在プラン』で毎月の携帯電話料金をおトクにする方法 – 7月31日まで最大5万円が当たる電話番号くじ開催!

    HISモバイルが2022年5月より新プラン『自由自在プラン』を提供開始!ドコモ回線で格安SIMの中でも最安値クラスの音声通話付きで月額290円~!


    【実質1円!!】楽天モバイル(UN-LIMIT)の『OPPO A73』を激安で購入する方法 – さらに値下げ&大幅ポイント還元で実質1円に

    販売価格-ポイント還元=1円!楽天モバイル正式対応のコスパのいいSIMフリーAndroidスマホ「OPPO A73」が実質1円と投げ売り!


    【裏技?】ahamoを新規契約して10,000dポイントをもらう方法 – ドコモSIM単体契約⇒即ahamoへのプラン変更でポイントが付与された

    ドコモのSIMを単体契約⇒即ahamoにプラン変更で10,000dポイントがもらえた!直接ahamoで契約するよりもかなりおトクに


    【最大5,000円相当が無料でもらえる】Yahooショッピング、PayPayモールで買い物して「ウェルカムギフト」をもらう方法 – 対象となる条件などまとめ

    はじめてまたは久々にYahooショッピング、PayPayモールで買い物する人は5,000円相当の商品が詰まったウェルカムギフトがもらえる!


    【開催中!!】激安の2ヵ月299円!Amazonの読み放題サービス「Kindle Unlimited」に超おトクに登録する方法

    本やコミック、雑誌が読み放題になるAmazonのKindle Unlimitedが再登録キャンペーンで2ヵ月299円と超激安で利用できる!


    開催中のキャンペーンをぜんぶ見る

  • あわせて読みたい記事