【当サイト限定 ドコモクーポン配布中!】iPhone 8、7、Plus、iPadが5,400円割引になる『限定割引クーポン』をusedoor読者にプレゼント!

新着を見る



最終更新 [2016年10月1日]

[スポンサーリンク]




格安SIM「イオンモバイル」の使い方の完全まとめです。

スーパー業界最大手のAEONが手掛ける格安SIM「イオンモバイル」の全プラン、価格、特徴、オプション、評判などをまとめています。

全国のAEONでも契約でき、サポートも手厚いイオンモバイルとの契約を検討している人は、価格やスペック、契約できるオプションなどをまとめているのでチェックしてみてください。
他の格安SIMとの比較は、【最新版】格安SIM(MVNO)料金徹底比較・まとめの記事をどうぞ。

[目次]
■公式サイト
 ・大手キャリアを超える イオンモバイル

■初期設定や実速度などはコチラ
 ・『イオンモバイル』の初期設定方法(APN、プロファイル)、LTE速度測定まとめ

■ここだけチェック!イオンモバイルのポイント
 ・メリット
 ・デメリット

■全プランと価格一覧
 ・データ通信専用プラン(SIMカード1枚)
 ・音声通話対応プラン(SIMカード1枚)
 ・シェア音声プラン(SIMカード3枚。音声×1枚、データ専用×2枚)
 ・その他価格(オプション、契約金、解約金、SMSなど)
 ・イオンモバイルのおすすめプラン
 ・イオンモバイルに向いているユーザー

■特徴、オプション詳細など
 ・格安SIM初!いつでも&回数無制限の国内電話かけ放題オプションが登場
 ・購入方法、プランがとにかく豊富!そして低価格
 ・店舗、電話で徹底したサポート!始めて格安SIMにする人でも安心
 ・保証や追加のサポートプランもあり
 ・高速通信⇔低速通信の手動切替ができる
 ・最低利用期間ナシが嬉しい。が、MNPのみ注意
 ・追加高速データ通信(チャージ)が安い!1GB:480円
 ・イオンモバイルの通信制限
 ・【実録】十分な実測スピードを記録



イオンモバイルの価格、プラン、オプション、評判完全まとめ

ここだけチェック!イオンモバイルのポイント

特徴、メリット
  • いつでも&回数無制限の050電話かけ放題オプションが登場
  • マジで安い!格安SIMの中でも最安値
  • 500MB~50GBまでと超多彩なプラン
  • 3枚のSIMが利用できるシェアプランあり(音声×1、データ専用×2)
  • 高速データ追加(チャージ)も安い
  • 端末セット販売もアリ。分割金利なしで購入できる
  • 安心!全国のイオン店舗でサポートを受けることができる
  • 追加オプションを申し込めば、さらに手厚いサポート、保証を受けることができる
  • 余った通信容量は翌月末まで繰越OK
  • 高速通信ON/OFF機能あり
  • もちろんMNPにも対応

デメリット
  • 現状、イオン店舗に行かないと契約できないプランあり
  • SIMのみの契約ではスマホ安心パックには加入できない(当たり前かも)
  • 毎月の支払いはクレジットカードのみ
  • ちょっとマニアックな”低速通信時”のみが対象の通信規制アリ(あんまり関係ないと思う)

全プランと価格一覧

データ通信専用プラン(SIMカード1枚)
タイプ データ通信量 月額料金
データ通信プラン(SIMカード1枚) 1GB 480円(SMSあり:620円)
2GB 780円(SMSあり:920円)
4GB←オススメ!! 980円(SMSあり:1,120円)
6GB 1,480円(SMSあり:1,620円)
8GB 1,980円(SMSあり:2,120円)
12GB 2,680円(SMSあり:2,820円)
20GB 4,480円(SMSあり:4,620円)
30GB 6,480円(SMSあり:6,620円)
40GB 7,480円(SMSあり:7,620円)
50GB 10,300円(SMSあり:10,440円)

音声通話対応プラン(SIMカード1枚)
タイプ データ通信量 月額料金
音声通話対応プラン(SIMカード1枚) 500MB 1,180円
1GB 1,280円
2GB 1,380円
4GB←オススメ!! 1,580円
6GB 1,980円
8GB 2,680円
12GB 3,280円
20GB 4,980円
30GB 6,980円
40GB 7,980円
50GB 10,800円

シェア音声プラン(SIMカード3枚。音声×1枚、データ専用×2枚)
タイプ データ通信量 月額料金
シェア音声プラン(SIMカード計3枚) 4GB 1,780円/月
6GB 2,280円
8GB 2,980円
12GB 3,580円
20GB 5,280円
30GB 7,280円
40GB 8,280円
50GB 11,100円

その他価格(オプション、契約金、解約金、SMSなど)
初期費用 3,000円
SMS 140円/月
シェアプラン音声追加オプション 700円/月
050電話かけ放題オプション 1,500円/月
追加高速データ通信容量(1GB) 480円/1回
留守番電話サービス 300円/月
割り込み電話着信サービス 200円/月
イオンスマホ安心パック 600円/月(契約から31日間無料)
イオンスマホ安心保証 350円/月
イオンスマホ電話サポート 300円/月
イオンスマホセキュリティ 150円/月
解約金 なし ※MNP手数料は後述
MNP転出手数料 契約後180日以内:8,000円契約後181日以降:3,000円

イオンモバイルのおすすめプラン

イオンモバイルは格安SIMでの運用を考えている人であれば、誰にでも対応しているSIMです。
一人で使うのもよし、家族全員をイオンモバイルにしてシェアして使うのもよしと多彩な使い方ができます。

全プラン価格は安いですが、データ通信量と月額料金の差額を考えた場合、その中でも4GBプランが一番しっくりくる(コスパがいい)プランだと思います(一人契約の場合)
シェアプランに関しては6GBから用意されているので、自分とシェアする人の総データ通信量を合わせた容量のものを契約するのがいいと思います。

サポートはイオン店舗でも行ってもらえるようなので近所にイオンがあって格安SIMの設定などに自信がない人にもオススメできます。
また、近所にイオンがなくても追加料金が必要とはなりますが、電話サポートサービス(イオンスマホ電話サポート)に申し込むことができます。

イオンモバイルに向いているユーザー

毎月の料金を最大限まで下げたい人
・8GBプランなど細かいデータ容量のプランを契約したい人
・家族など他の人と一緒にまとめて格安SIMに変更したい人
・格安SIM契約、運用にあまり自信がない人

とにかく月額料金を下げたいという人はイオンモバイルがいいと思います。
また、格安SIMの運用が不安…という人にもサポートが手厚いイオンモバイルはオススメです。


格安SIM初!いつでも&回数無制限の国内電話かけ放題オプションが登場

2016年7月26日から電話かけ放題がオプションとして開始されました。
このかけ放題は、他の格安SIMのように○分間だけ、とかの制限がなく、24時間&時間無制限で国内に電話がかけ放題になるというもの。

IP電話がかけ放題というものなので発信は050番号からとなりますが、固定電話だろうと携帯だろうと国内であれば通話し放題となります。
月額料金は1,500円となっています。
データ専用プランでの契約もOK。電話の受信は080や090で受けたいという人は音声通話プランを契約して、発信は050でやるというように運用するのがいいと思います。
Wi-Fi経由での発信もできるので、Wi-Fiさえあれば海外からも国内に電話かけ放題となります。
注意点としては、IP電話なのでデータ通信を消費することになるということ。
イオンモバイルのサイト上には、1分間の通話で約250KB(1時間で15MB)のデータ量を使うと書かれています。

本当の意味での「かけ放題」は、格安SIMでは今のところイオンモバイルだけとなっており、通話が多い人やよく海外に行く人にはかなりオススメなオプションです。

購入方法、プランがとにかく豊富!そして低価格

イオンモバイルは購入方法、プランがとにかく豊富、そして全プラン低価格です。
スマホ(ドコモスマホ or SIMフリースマホ)を既に持っている人であれば「SIMカードのみ」
スマホも新たに購入したいという人は「端末セットプラン」
とどちらのユーザーにも対応しています。
端末を購入する場合も、分割払いに対応しており、分割手数料などはかかりません。

プランは全部で29種類
データ通信量や価格から自分にあったものを選択することができます。
大手キャリアのように複数人とシェアできるシェアプランも用意されています。
各プランの価格は「全プラン・価格」にまとめているのでチェックしてみてください。

店舗、電話で徹底したサポート!始めて格安SIMにする人でも安心

イオンモバイルは、サポートが手厚いのも特徴です。
大手スーパー「イオン」が展開しているので全国のイオン213店舗(2016年6月現在)でサポートしてもらうことができます。
故障修理受付や料金プラン変更などアフターサービスが充実しています。

保証や追加のサポートプランもあり

イオンスマホ安心パックという保証+電話サポート+セキュリティが1セットとなったサポートプランも用意されいます。
月額料金は+600円で契約から31日間は無料で提供されます。

ちなみにこれらのオプションは別々に加入することもできますが、別々に加入した場合は、保証:350円/月、電話サポート300円/月、セキュリティ:150円/月と総額800円/月となります。
オプションはこの中のどれかだけでOKという場合は、単体でも契約OKです。

ちなみに以下が、設定などで困った時の電話サポートの電話番号と受付時間となります。

イオンスマホ安心パックコールセンター
0120-826-926

午前9時~午後8時(年中無休)


高速通信⇔低速通信の手動切替ができる

最近は定番化してきたネットワークの高速通信⇔低速通信の手動切替
イオンモバイルもこの手動切替に対応しています。
もちろん低速通信時は、データ通信量のカウントはありません。
低速通信時の速度は200kbpsとなっています。

ただ1点注意が必要なのが、低速通信時のみ、通信制限の対象になるというもの。
ちょっと珍しい制限規制となっていますが、あまり対象になる人はいないと思うのでクリティカルなものではないと思います。
この通信制限の詳細は後述しています。

最低利用期間ナシが嬉しい。が、MNPのみ注意

イオンモバイルには、○ヶ月使わないと違約金発生などの俗にいう”縛り”はありません。
最低利用期間、契約解除料などは音声プランでもナシということになります。

ただ短期管理幼児にMNPで転出する場合は、MNP転出手数料のみ以下のように変化するのでご注意を。
契約後180日以内:8,000円
契約後181日以降:3,000円


これは大手キャリア含め、どのMVNOでもこのように設定されているものなのでしょうがないです。
ただ180日(約半年)と期間は短めに設定されています。

関連記事:格安SIM「イオンモバイル」を解約する方法


追加高速データ通信(チャージ)が安い!1GB:480円

とっても地味ですが、これ実は嬉しいことです。
もし自分が契約しているプランの月間データ通信量を全部使い切ってしまったとしても、1GB:480円で追加することができます。
追加だからといってボッタクリ価格ではなく、プラン同様の金額でチャージできます(大手キャリアなどはコレが高い…)

高速データ通信の追加は、月間3GBまで追加可能となっています。

使わなかったデータ容量は繰り越しできる

データ通信容量の翌月末までの繰越にも対応しています。
50GBプランなど超大容量プランも用意されているのが特徴でもあるMVNOなので、繰越対応は嬉しい限りです。

イオンモバイルの通信制限

イオンモバイルは、高速通信使用中の集中データ通信の通信制限は設けられていません。
自分が契約しているプランの月間データ容量を使い切るまでは、基本的に通信制限ナシで使えます。

ただ、途中にも書きましたが、低速通信(200kbps)時に対して通信制限があります。
低速モードの通信が3日間で366MBを超えた時に規制が入るという珍しいタイプの制限となっています。

あまりクリティカルな制限ではないですが、例えば月間1GBを契約した人が20日で使い切ってしまい、残り10日を低速モードで運用⇒通信制限なんてことも考えられます。
高速通信⇔低速通信は手動で変更できるのでうまく使っていくのがよさそうです。

【実録】十分な実測スピードを記録

実際に契約して使ってみた時の実測スピードや使用感、初期設定を書いています。
半年程度使ってみましたが、通信速度が遅くなることもなく快適に使用できました。

関連記事:格安SIM「イオンモバイル」を解約する方法



< この記事をシェア >




usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m


この格安SIM『イオンモバイル』の使い方 – プラン、特徴、価格、データ通信量、評判など完全まとめの最終更新日は2016年10月1日です。
記事の内容に変化やご指摘がありましたら問い合わせフォームまたはusedoorのTwitterまたはusedoorのFacebookページよりご連絡ください。

キーワード:イオンモバイル , 格安SIM完全まとめ ,






usedoorTOPへ戻る

usedoorをフォロー


  • 注目の使い方

    【Apple Pay】コンビニや店舗、自動販売機などでの支払いはこうやる – ApplePayで支払いする方法

    店舗で支払う時は「ApplePayで!」じゃダメでっせ。支払い・決済方法いろいろ


    丸亀製麺のクーポンをゲットする方法 – スマホがあれば誰でもOK!公式アプリの使い方

    6月5日(月)までにアプリ会員になると人気の天ぷら3種無料クーポンをプレゼント!


    【dポイント】「期間・用途限定」とは?オススメの使い方、使えるお店や有効期限確認方法など

    キャンペーンなどでもらえる『dポイント(期間・用途限定)』は割と用途が広い!Amazonでは使えないのでお間違いなく。


    注目の記事をぜんぶ見る

  • 最新記事

    iPhone・iPadの「緊急SOS」の使い方 – 自動通報(カウントダウン)設定や実際の動作。無効化は…

    起動方法も端末によってちょっと違う。カウントダウンを設定しても即発信ではないのでご安心?ご注意?を


    【mac OS】日本語入力時に入力ミスを自動修正してくれる『タイプミスを修正』をオン/オフする方法

    これまた「ライブ変換」とあわせて使うと便利すぎる。便利すぎていいのか…と思っちゃう機能


    『macOS High Sierra』のアップデート方法、対応端末、注意点、新機能&ユーザーさんの口コミ・感想・評判まとめ – High Sierraの使い方

    いきなり脆弱性のニュースも… Apple File System(APFS)採用で爆速に!?バックアップは必須です


    最新記事をもっとチェック

  • 人気記事ランキング

    【ミニスーファミ予約開始!!】『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』を予約・購入する方法

    【ミニスーファミ予約開始!!】『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』を予約・購入する方法

    ジョーシンが抽選受付開始!その他いくつか抽選の場所アリ。ミニスーファミの発売日は10月5日で、価格は7,980円!安い!...


    【9月版】のりかえでiPhone 7を買うならどこが安いか調べてみた! – ドコモ・au・ソフトバンクのiPhone 7料金比較・まとめ

    【9月版】のりかえでiPhone 7を買うならどこが安いか調べてみた! – ドコモ・au・ソフトバンクのiPhone 7料金比較・まとめ

    9月にiPhone7買うなら3キャリアどこが一番安い?MNPで購入した場合の料金を比較...


    auでお得に機種変更する方法!157に電話するだけで最大30,000ポイントがもらえる『MNP引き止めポイント』

    auでお得に機種変更する方法!157に電話するだけで最大30,000ポイントがもらえる『MNP引き止めポイント』

    auユーザーは必見!機種変更前に絶対に確認した方がいいauMNP引き止めサービス!お得にiPhone7をGETできるかも!?...


    ランキングを見る

  • 使い方 カテゴリー

    暮らし
    趣味
    節約・稼ぐ
    WEB
    デジタル
  • キーワード

    Amazon Android apple au Chrome iOS iOS 8 iPad iPhone iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 6s iPhone 6s Plus iPhone 7 iPhoneおトク Kindle MNP PC SIMフリー SoftBank Windows windows 10 アップデート オトク キャッシュバック クーポン スタンプ スマートフォン セキュリティ ソフトバンク タブレット ドコモ ドコモオトク ドコモオンラインショップ レビュー ワイモバイル 写真 削除 動画 新規契約 楽天モバイル 機種変更 注目・ピックアップ 無料 登録
  • usedoorをフォロー


  • あわせて読みたい記事