【コスパ◎!!】ドコモのLG style3を購入でAmazonギフト券がもらえる!

最終更新 [2019年6月14日]





Xperia 1の実機レビューです。

Xperia 1(SO-03L)実機レビュー

ドコモ版のXperia 1(SO-03L)にガッツリ触れる機会があったので実機レビューをしてみました。

これまで発売されていた「XZシリーズ」から新たに「1」という名前がついており、スタイルなども刷新されています。
予約が殺到したとのことで各社の2019年夏モデルの中でもかなり人気のモデルとなっています。

ドコモ、au、ソフトバンクから発売される2019年夏モデルのXperia
Xperia 1(SO-03L)実機レビュー

2019年6月14日にドコモ、au、ソフトバンク3社から発売される2019年夏モデルのハイスペックXperiaです。
ドコモのみ、同時期発売のXperia Ace(SO-02L)という機種がありますが、こちらのXperia 1は上位モデルという立ち位置になります。

ロゴ配置などに若干違いがありますが、各キャリア版とも中身のスペックやできることなどは同じなので、au版(SOV40)やソフトバンク版の購入を検討している人もレビューを参考にしてみてください。

ドコモ版のSO-03Lは「スマホおかえしプログラム」対象機種=ハイスペックモデル
Xperia 1スマホおかえしプログラム

ちなみにドコモは2019年夏モデルからスマホおかえしプログラムという割引プログラムを用意しています。
このプログラムは、基本的にハイスペック端末が対象となっており、Xperia 1(SO-03L)も対象となっています。
SO-03Lは、ハイスペック端末として取り扱われているということになります。
ただこのプログラム対象=定価は高いということになります。

スマホおかえしプログラムの対象機種や詳細は↓の記事をチェックしてみてください。

関連記事:『スマホおかえしプログラム』の概要と対象機種まとめ


各キャリアでおトクなキャンペーン開催中
Xperia 1(SO-03L)キャンペーン Xperia 1(SO-03L)キャンペーン

Xperia 1は各キャリアでキャンペーンが行われています。
キャリアによって特典内容が異なっており、ドコモ版のSO-03Lであれば先着20,000名にUSB Type-C 2in1ケーブルをプレゼント、ソフトバンク版であればPayPayボーナスにキャッシュバック&1年おトク割適用などの特典内容となっています。
各キャリアの価格&比較は↓の記事に詳しくまとめています。

関連記事:Xperia 1 / Aceの価格、スペック、キャンペーンなどまとめ


前置きが長くなりましたが、ここからXperia 1(SO-03L)の実機レビュー&スペックまとめです。
今回実機レビューしたXperia 1のカラーは3社とも発売するXperiaっぽいカラーの「パープル」です。


Xperia 1のスペックおさらい

Xperia初のトリプルカメラ搭載!6.5インチとデカいけど21:9の縦長有機ELディスプレイは大きさを感じさせない1台

同時期発売の廉価版Xperia Aceとのスペック比較
Xperia 1(SO-03L)とXperia 1のスペック比較
Xperia 1(SO-03L) Xperia Ace(SO-02L)
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
OS Android 9.0 Pie
CPU Snapdragon 855
(2.8GHz+2.4GH+1.7GH オクタコア)
Snapdragon 630
(2.2GHz+1.8GHz オクタコア)
メモリ 6GB 4GB
ストレージ 内蔵:64GB
外部:microSD/microSDHC/microSDXC(最大512GB)
メインカメラ ①約1220万画素/F値1.6
②約1220万画素/F値2.4
③約1220万画素/F値2.4
約1200万画素/F値1.8/
フロントカメラ 約800万画素/F値2.0 約800万画素/F値2.4
ディスプレイ 約6.5インチ 有機EL HDR対応 約5.0インチ TFT
(トリルミナスディスプレイ for mobile)
解像度 3840×1644ピクセル 2160×1080ピクセル
外部接続 Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth:ver.5.0
外部デバイス/その他:USB Type-C
防水/防塵 防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)
バッテリー容量 3200mAh 2700mAh
サイズ 約167mm×72mm×8.2mm 約140mm×約67mm×約9.3mm
重さ 約178g 約154g
カラー ブラック
ホワイト(ドコモは取り扱いなし)
パープル
グレー(au限定カラー)
ブラック
ホワイト
パープル
テレビ(フルセグ)
おサイフケータイ
ワイヤレス充電
価格(ドコモ版) 103,032円 48,600円

Xperia 1のスペックおよび廉価版のAceとの違いは↑な感じ。
基本スペックは、Snapdragon 855のチップセット&6GBメモリとなっています。
内蔵ストレージは64GBと最近のハイスペック端末と比べると少なめですが、ここは別途microSDカードが利用できるので問題ないと思います。

Xperia初のトリプルカメラがイカつい!
Xperia 1(SO-03L)トリプルカメラ

Xperia 1の注目ポイントの1つはやっぱり「トリプルカメラ」だと思います。
背面にはメインカメラとして、上から

26mm標準カメラ:約1220万画素、F値1.6
52mm望遠カメラ:約1220万画素、F値2.4
16mm超広角カメラ:約1220万画素、F値2.4

を搭載しています。
縦に3つレンズが並んでいるのですが、元から縦長のスタイルにピタッとハマっており、あんまり違和感、無理やり埋め込んだ感じはしませんでした。

21:9の4K/HDR対応有機ELディスプレイ。6.5インチでもスマート
Xperia 1(SO-03L)ディスプレイ

Xperia 1の注目ポイントの2つは「ディスプレイ」だと思います。
スマホでは世界初となる「4K/HDR対応有機ELディスプレイ」が採用されています。
また従来比の16:9が21:9の縦長(シネマワイドディスプレイと呼ぶらしい)に変更されたことにより、6.5インチという大型ディスプレイでもスマートなサイズ感となっています。

もちろんブラビアのX1 for mobileや4Kアップスケーリング、HDRリマスターなど、これまでのXperiaにも採用されていたソニーらしい技術が盛り込まれています。

ワイヤレス充電に対応してないのがちょっと残念
Xperia 1(SO-03L)トリプルカメラ

Xperia 1は、意外なことにワイヤレス充電には対応していません。
1つ前となるXZ3などは、純正アクセサリーとして専用のワイヤレスチャージドックが発売されていたことなどもあり、力を入れているんだろうなぁと思っていたのですが、Xperia 1はまさかの非対応でした。

最近のハイスペック端末は、iPhoneまで含めてワイヤレス充電に対応していることが多く、自分も充電はほとんどワイヤレス充電となっているのでこの点はストレートに残念だと感じました。。





Xperia 1(ドコモ版:SO-03L)フォトレビュー

化粧箱&同梱品

【ちょっと残念】化粧箱は高級感なし。同梱品はアンテナケーブルのみ
Xperia 1(SO-03L)実機レビュー

化粧箱は小さいタイプの至って普通の箱です。
Xperia Aceと同じ感じでした。

Aceの場合は、価格が安いということもあるので何とも思わなかったのですが、Xperia 1はハイスペックモデルで価格も高めなのでもうちょっと頑張って欲しかったなぁというのが本音です。
他のハイスペック端末の化粧箱かなり豪華だし。。
まぁ箱は何でもいいんですが、やっぱり新しい端末買った時には化粧箱が豪華な方がテンション上がります(自分だけかも)

付属品もテレビ用のアンテナケーブルと簡易説明書のみというシンプルさ。
もはや定番ですが、Type-Cの充電ケーブルの付属はありません。

Xperia 1全体のスタイル、外観

これぞXperia!という感じのデザインがマジでカッコイイ
Xperia 1(SO-03L)実機レビュー

先述した通り、Xperia 1は6.5インチディスプレイの大型スマホです。
が、サイズは約167mm×72mm×8.2mmと縦長になっており、そこまで大きさを感じさせないスッキリとしたデザインとなっています。

自分はXperia XZ2の時に採用された丸みを帯びたデザインがあんまり好みではありませんでした。
XZシリーズが終わり、Xperia 1になってからは昔のXperiaを思い出すカクカク気味のデザインに戻っており、素直にカッコいいと感じました。

定番のdocomoロゴは背面下部に配置
Xperia 1(SO-03L)実機レビュー

やっぱり「docomo」ロゴは、Xperia 1(SO-03L)にもしっかりと入っています。。
配置は背面の下部となっています。
ディスプレイ側は超狭ベゼルが採用されているため、ロゴが入る場所がなくSONYロゴ、Xperiaロゴも全て背面となっています。

au、ソフトバンク版はキャリアロゴなし
Xperia 1(SO-03L)実機レビュー

ちなみにau版とソフトバンク版にはキャリアロゴは入っていません。
これによりさらにスッキリとした印象の背面となっています。

ドコモは相変わらずキャリアロゴ入れるの好きだなぁ。。
キャリアロゴなしのXperia 1が欲しい人は、au版(SOV40)またはソフトバンク版をどうぞ。

ディスプレイ面は超狭ベゼル。画面端キワキワまでディスプレイ!
Xperia 1(SO-03L)実機レビュー Xperia 1(SO-03L)実機レビュー

ディスプレイ側は、有機ELディスプレイが採用されていることで画面端までびっちりディスプレイの超狭ベゼルです。
21:9のシネマワイドディスプレイは、マジでデカくて(縦に長い)超見やすいです。

ディスプレイが画面端まで届いていますが、Xperia 1の横幅自体は太くないので片手で掴んで操作しても快適に操作できます。
ただし画面上までは確実に指は届きません。

サイドはメタル、背面はガラス。一体感&高級感全開
Xperia 1(SO-03L)実機レビュー

Xperia 1のサイドはメタル(アルミ?)で背面はガラスとなっています。
パープルの場合、再度と背面のカラーも統一されており、一体感があります。
フラットデザインとガラスによって高級感はかなりあると思います。

背面のトリプルカメラはちょっと出っ張り
Xperia 1(SO-03L)実機レビュー

Xperia 1の特徴でもある背面のトリプルカメラ。
残念ながら完全にフラットではなく、カメラ部分一式が若干出っ張っています。
iPhone XSほどは出っ張っていませんが、背面は完全にフラットではありません。
3つもカメラがあるのでしょうがないと思います。

厚みも約8.2mmmと薄めで横幅も適度⇒大型でもかなり持ちやすい

厚みは8.2mmと薄めです。
サイドのラウンド形状と横幅サイズにこの薄さが加わってXperia 1はかなり持ちやすいです。

昔のXperiaは、よりカクカクしており持ちにくかったのですが、Xperia 1は6.5インチという大型でも片手操作できるレベルとなっています。
ただ何度も書きますが、縦長なので片手操作では画面上部に指は絶対に届きません。

搭載されている物理キー、ボタン配置と役割

本体上部にSIM&SDカードスロット配置
Xperia 1(SO-03L)実機レビュー

本体上部にはSIMカードとSDカードが入るスロットのみが配置されています。

本体左サイドはなにもなし。
Xperia 1(SO-03L)実機レビュー

左サイドには一切のボタン、スロットはありません。
うっすらとアンテナラインが見えますが、目立たないカラーとなっています。

本体右サイド。通常時に使用する物理ボタンは全てココ
Xperia 1(SO-03L)実機レビュー

本体右サイドには、上からボリュームアップキー、ボリュームダウンキー、指紋認証装置、電源ボタン、カメラ起動ボタンが並んでいます。

指紋認証と電源ボタンは分かれている。カメラ専用ボタンも搭載
Xperia 1(SO-03L)実機レビュー

同時期発売のXperia Aceは、指紋認証と電源ボタンが兼用でしたが、Xperia 1は分かれています。
またAceには搭載されていないカメラ専用物理ボタンも搭載されています。

この右サイドに指紋認証装置がついているおかげで片手操作がさらに捗ります。
ただ左利きの人は、これ使いにくいんじゃ…

本体下部にキャップレス防水充電ポートとスピーカー
Xperia 1(SO-03L)実機レビュー

本体下部には、防水キャップレス充電ポートとデカめのスピーカーが搭載されています。
充電ポートは、もちろんUSB Type-Cとなっています。
ワイヤレス充電には対応していないのでけっこう重要なポートです。

イヤホンジャックは今回も非搭載

Xperia 1にもイヤホンジャックは搭載されていません。
個人的にはあった方が好きなものの1つです。





Xperia 1(ドコモ版:SO-03L)の中身チェック&特徴や機能など

ハードウエアスペック

2019年夏モデルの中では最上位クラスのスペック
Xperia 1(SO-03L)スペック

チップセット:Snapdragon 855(2.8GHz+2.4GH+1.7GH オクタコア)
メモリ:6GB
内蔵ストレージ:64GB(別途SDカード利用可)
バッテリー:3,200mAh

先述したXperia Aceとのスペック比較の部分にも書いていますが、Xperia 1のハードウエアスペックは↑となっています。
バッテリー容量は3,200mAhとなっています。

ベンチマークスコア

Antutuベンチマークスコアで計測してみた
Xperia 1(SO-03L)ベンチマークスコア

今回もAntutuを使ってベンチを測ってみました。

結果は354409というスコアでした。

やっぱりかなりのハイスコアを叩き出します。


Snapdragon 855にメモリ6GBというスペックだとこのくらいのベンチマークスコアとなるようです。
Antutuベンチマーク測定の画面もかなりヌルヌル動いていました。
同じくドコモから販売されている他の機種のベンチマークの計測データは↓な感じ。

■エントリー/ミドルレンジモデル
Xperia Ace(SO-02L):88014
AQUOS sense2(SH-01L):72252
Galaxy Feel2(SC-02L):123848
LG style(L-03K):60765

■ハイエンドモデル
Xperia XZ 3(SO-01L):289117
Google Pixel 3:281623
Galaxy S9+:262985
AQUOS R2:255348
※全て実測値

比較対象が1世代前と若干古いですが、Google Pixel 3やGalaxy S9+などは余裕で超える数値となっています。
ここからチョメチョメなどでどこまで速くできるかは専門の方にお任せします。

ドコモ版のSO-03Lは、プリインストールアプリがゴチャゴチャと…

my daizの豆腐みたいなやつが猛烈に前に出てくる
Xperia 1(SO-03L)プリインストールアプリ

↑初期化した後に起動したホーム画面です。
ドコモのプリインストールアプリに加え、ドコモのAI「my daiz」がガンガン前に出てきます。
さらにXperia特有のSONY製アプリもインストールされています。

まぁもうこれは定番というかしょうがないというか…
プリインストールアプリやmy daizがウザいと感じている人は、手動でいろいろと調整してみてください。

Xperiaホームに切り替えれば割とスッキリ
Xperia 1(SO-03L)プリインストールアプリ

ただホームアプリをdocomo LINE UXからXperiaホームに切り替えれば、それだけで割とスッキリします。
スッキリといってもプリインストールアプリはかなり入ってますが…

Xperiaのホームアプリを切り替える手順は↓の記事をどうぞ。

関連記事:【Xperia】ホーム画面(ホームアプリ)を変更する方法


プリインストールアプリやmy daizは無効化するのもアリ

プリインストールアプリやmy daizがウザいという人はアンインストールや無効化で調整するとスッキリすると思います。
↓の記事あたりを参考に調整してみてください。

[関連記事]
ドコモ『my daiz』を無効化してアプリや通知を消す方法
【Android】プリインストールアプリの無効化、アンインストール方法


Xperia初のトリプルカメラがエグい!

標準&望遠&超広角の組み合わせ
Xperia 1(SO-03L)実機レビュー

背面に配置されているトリプルカメラは存在感抜群です。
上から標準⇒望遠⇒超広角となっています。
どのカメラも画素数は1220万画素。

標準カメラのF値は1.6(それ以外は2.4)とめちゃくちゃ明るいカメラとなっています。

望遠1倍~10倍の写真はこんな感じ
Xperia 1(SO-03L)実機レビュー Xperia 1(SO-03L)実機レビュー Xperia 1(SO-03L)実機レビュー

Xperia 1のカメラで1倍、2倍、最大の10倍と拡大して撮影してみました。
光学ズームは2倍ですが、10倍まで拡大してもそこまでギザギザにならず撮影できました。

逆光など含めシーンを自動判定してくれるので何も考えずにシャッターOK
Xperia 1(SO-03L)実機レビュー

オートモードで撮影した場合はシーンを自動で判別してくれます。
↑は逆行になる状況で空を撮影しようとした時のものです。
逆光に向けるとすぐに撮影に最適な逆行モードが選択されます。


トリプルカメラで使える機能多数
Xperia 1(SO-03L)実機レビュー

このXperia 1のトリプルカメラは、画像処理エンジンBIONZ X for mobileを搭載。
これにより、世界初の瞳オートフォーカス(被写体の瞳に正確にピントを合わせてポートレート撮影)が利用できます。

その他、ソニー独自のハイブリッド手ブレ補正、プレミアムおまかせオート、先読み撮影、フルHDのスーパースローモーション、10fpsの追従高速連写などフルで機能が利用できます。

シネマプロという映画が撮れるプロ向け機能も搭載
Xperia 1 シネマプロ

さらにXperia 1は、シネマ撮影専用機能「シネマプロ」を搭載しています。
この機能は、ソニーの映画撮影用プロフェッショナルカメラ開発チームが監修して作成された機能ということで映画の様な質感・色合いの動画を撮影できるとのこと。
Xperia 1のディスプレイが21:9ということもあり、これも映画さながらのアスペクト比になっているとのことです。

シネマプロの実際の画面がコレ。素人には全く使い方がわからない…
Xperia 1 シネマプロ

↑が実際にXperia 1でシネマプロを使っている時の画面です。
シネマプロは、カメラの1機能として用意されている訳ではなく、専用のアプリを起動して使います。

プロジェクトを作成して、4K HDR、24fpsでの動画撮影ISO、フォーカス、ルックなどの設定が自分の好きなように行えます。
実際に使ってみましたが、プロ向けの機能や数値が多く、素人の自分ではまったく使いこなせないような機能でした。。
動画撮影に精通している人からするとかなり凄い機能なんだと思いますが、素人には厳しいです。。

インカメラはF値2.0で800万画素

Xperia 1(SO-03L)実機レビュー

インカメラは800万画素のF値2.0とこちらも明るいカメラが搭載されています。
ただXperia Aceに搭載されている120度超広角モードは搭載されていません。
セルフィー特化というカメラでもありませんが、F値

4K HDRのディスプレイはめちゃくちゃキレイ!

21:9の比率と超狭ベゼルで画面がめっちゃ広い(長い)
Xperia 1(SO-03L)ディスプレイ Xperia 1(SO-03L)ディスプレイ

21:9の縦長ディスプレイと狭いベゼルで画面をめちゃくちゃ広く利用することができます。
ブラウジングする場合は、WEBサイトを下の方までイッキに見ることができます。

Xperia 1(SO-03L)ディスプレイ Xperia 1(SO-03L)ディスプレイ

また4K HDRのディスプレイはめちゃくちゃキレイです。
↑はプリインストールされている動画のスクリーンショットです。

静止画だと伝わりづらいですが、実際にXperia 1で動画を再生すると感動するレベルのキレイさです。
てかウチの自宅のテレビより解像度高い。。

21:9の画面比率を最大限に利用したマルチウインドウが便利

Xperia 1(SO-03L)マルチウインドウ Xperia 1(SO-03L)マルチウインドウ

画面を2つに分割(上下または左右)して別々のアプリを使えるという定番になってきているマルチウインドウ機能。
便利な機能ですが、スマホのディスプレイサイズによっては使いようがない機能でもあります。
21:9の縦長で広いXperia 1のディスプレイであれば、このマルチウインドウ機能を最大限に生かすことができます。

横向きで利用することもできる
Xperia 1(SO-03L)マルチウインドウ

もちろん横向きにしてもマルチウインドウは有効です。
↑は左のウインドウにYoutube、右のウインドウでブラウザを利用しています。
この横向きでの動画+ブラウジングはマジで使い勝手が良かったです。

音はもちろんハイレゾ対応

ワイヤレスでもハイレゾ。ハイレゾ以外の音楽をハイレゾ相当に変換も
Xperia 1(SO-03L)ハイレゾ

Xperia 1はもちろんハイレゾ再生に対応しています。
ワイヤレスでもLDACに対応しており、ハイレゾ音質を楽しむことができます。
というかイヤホンジャックは非搭載です。

また、DSEE HXという技術によりCDやMP3、AACなどの圧縮音源をハイレゾ相当の音源に表現することもできます。

流行のドルビーアトモスにも対応

Xperia 1(SO-03L)ドルビーアトモス

最近のハイスペック端末だと多く対応している「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」
臨場感ある立体音響がスマホで体験できるというものです。

スマホで映画などを見る時に臨場感あるサウンドを体験できます。
このドルビーアトモスにもXperia 1はちゃんと対応しています。

関連記事:【Android】バーチャルサラウンド『Dolby Atmos』を有効にする方法


もちろん防水(IPX5/8)、防塵(IPX6)

Xperia 1(SO-03L)防塵防水

もはや当たり前かもしれませんが、防塵防水です。
ただの防塵防水だけじゃなく、タッチ精度が高く設定されているので手が濡れたままでも操作できるのも特徴です。

もちろんNFC、おサイフケータイに対応

かざす位置は背面のトリプルカメラの横
Xperia 1(SO-03L)NFC

もちろんおサイフケータイにも対応しています。
かざす位置は、本体背面の中央から上部、トリプルカメラの横に配置されています。
背面を見れば、アイコンを確認することができます。

ワンセグ/フルセグにも対応

個人的には好きな「ワンセグ/フルセグ」
Xperia Aceは対応していませんでしたが、Xperia 1はしっかりと対応しています。
同梱のアンテナケーブルが必要です。

3,200mAhのバッテリー持ちは「普通」 本体が熱くなるということはなかった

最近のバッテリースタミナのあるモデルに比べると持ちが短い
Xperia 1(SO-03L)NFC

Xperia 1のバッテリーは3,200mAhです。
同時期発売のAceはコンパクトモデルで2,700mAh。
単純にバッテリー容量だけ見るとXperia 1の方が大きいですが、電池持ちはAceの方がよかったです。
特にアプリをインストールしてない状況でも89%のバッテリーが残った状態で残り予想を見ると1日と18時間と短めになっていました。

ディスプレイが4Kということもあるのでしょうがないと思います。
ただディスプレイ消灯時は、かなり省電力となるようで電池持ちが一気に向上します。

XperiaはSTAMINAモードなども搭載されているので、スマホをガンガン使うという人はバッテリーに関しては少し注意を払って使った方がいいと思います。

しつこいけどワイヤレス充電は非対応

何度か書いていますが、「ワイヤレス充電非対応」ということです。
今自分がメインとして利用しているiPhoneもPixel 3もワイヤレス充電に対応していることから、充電はほとんどワイヤレスで行っています。

これがXperia 1だと使えないのが残念です。。
XZ3は対応してたのに。。

その他、Xperiaらしいエンタメ機能も充実

・メインカメラの4K HDR動画撮影
・ダイナミックバイブレーションシステム
・フルHDスーパースローモーション撮影対応
・いたわり充電
・STAMINAモード
・Playstation 4などソニー製品連動
・3Dクリエイター

その他、Xperiaでは定番となっている↑のような機能はもちろん搭載されています。
従来のXperiaから退化している部分は、ワイヤレス充電の部分だけだと思います。

Xperia 1(ドコモ版:SO-03L)を触ってみてレビューしてみての感想まとめ

久々にこれぞXperiaと感じた完成度の高い1台

Xperia 1(SO-03L)実機レビュー

実際にXperia 1(ドコモ版:SO-03L)を使ってみての個人的な感想は、久々にXperiaらしいXperiaが出たな!でした。
XperiaはXZ2くらいから、丸みを帯びたデザインになって、自分が昔から好きだったXperiaらしさがなくなったなぁと感じていました。

これがカクカク気味のデザインに戻り、昔のようにカクカクしているだけじゃなく持ちやすさも重視された完成度の高い1台になっていると感じました。
カメラやディスプレイ含め、スペックは文句のつけようがないと思います。
機能的にはワイヤレス充電非対応というのが残念ですが…

Xperia 1(SO-03L)実機レビュー

6.5インチ大画面ですが、幅はスマートで持ちやすく、指紋認証でのロック解除まで含めて片手でも操作しやすい部分も嬉しいポイントです。

2019年夏モデルのハイスペックXperia。
値段は高いですが、このXperiaは値段相応の良機種だと思います!

今回レビューしているドコモ版のSO-03Lだけじゃなくau版のSOV40、ソフトバンク版が気になっている人の参考になれば幸いです。

[関連記事とリンク]
「Xperia 1」「Xperia Ace」の価格や予約・発売日、スペックまとめ
【手数料完全無料】Xperia 1(SO-03L)- ドコモ






< この記事をシェア >






現在開催中の「おトク」なキャンペーン、セール

【7月15日まで】一括1円~!『SUMMER BARGAIN 2020』でAndroid、iPhoneを超おトクに購入する方法 – OCNモバイルONEセットが激安

セール

スマホ安売りでお馴染みのgoo SimsellerがiPhone、Androidの複数機種が対象の『SUMMER BARGAIN 2020』を開催中!

【改悪】『dポイント スーパー還元プログラム』でおトクにd払い&iDで支払いする方法 – ドコモユーザー以外もOK!最大+7%還元になるけど条件が…

ポイント

5月10日以降は改悪…「dポイント スーパー還元プログラム」参加しておいて損はなし。要エントリーなのでご注意を

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)のご紹介特典コード・クーポンを契約時に入力、適用する方法

キャンペーン

紹介者の楽天モバイルID(クーポンコード)をゲットして入力すれば楽天ポイント2,000ポイントがもらえるぞ!

LINE POINT CLUBとは?マイランクに応じてコンビニやスーパー、家電量販店、飲食店などで使えるおトクなLINE Payクーポンをゲットする方法

LINE

2020年5月よりLINE POINT CLUBが登場!LINE Payの還元率は条件によっては0%になったけど超オトクなクーポンがランクによって複数枚ゲットできる!

【ソフトバンクオンラインショップ限定】「web割」で機種代金を21,600円割引する方法 – クーポンでさらにPayPayが10,000円相当もらえる

携帯電話

オンライン限定!ソフトバンクに他社からのりかえで21,600円割引&PayPayボーナスライト10,000円相当が貰える!


≫ 開催中のキャンペーンをもっと見る

usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m


キーワード:2019年夏モデル , Android , SO-03L , SONY , SOV40 , XPERIA , Xperia 1 , スマートフォン , ソニー , ドコモ , レビュー , 注目・ピックアップ ,


同じカテゴリの記事

【投げ売り】機種変更もOK。ドコモ『iPad mini 4』を一括0円で購入する方法(Air2は販売終了)

携帯電話

Air 2とmini 4の32GBモデルが一括0円。ストレージが大きいモデルも投げ売り価格で販売中

auの2016年夏モデルまとめ – 新スマホをおトクに予約&購入する方法

携帯電話

発表された新モデルは全10機種(重複アリ)。auブランドのスマホ&タブも!


新着記事

ソフトバンクで『SIMカードのみ』で契約する方法 – オンラインショップなら事務手数料無料

携帯電話

ソフトバンクオンラインショップがUSIMカード単体契約の受付を開始!SIMのみでも事務手数料無料でおトクに契約できる!

LG style3(L-41A)実機レビュー – 4万円強なのに4820万画素高機能カメラ&大画面有機EL&高性能CPUが搭載!

Androidスマホ

低価格なのに高性能CPU搭載の4Gスマートフォン「LG style3」がドコモより発売

【21巻発売!!】「鬼滅の刃 全巻セット(1~20巻)、20~23巻 特装版・同梱版」を予約・購入する方法

本・コミック

「21巻 シール付き特装版」「22巻 缶バッジセット・小冊子付き同梱版」「23巻 フィギュア付き同梱版」の予約がスタート!

【コスパ最強】「Xiaomi Redmi Note 9S」の価格や販売ショップ&おトクに購入する方法 – 発売日、スペックまとめ

Androidスマホ

4眼カメラでバッテリーは5020mAhの大容量!OCNモバイルONEなら税込5,390円~で買えるぞ!

【Apple Watch】『スタンドの時間です!』の通知を停止する方法 – スタンドリマインダーをオフ

Apple Watch

座ったままだとApple Watchから届く「スタンドの時間です!」がウザく感じたので通知をオフにしてみた


≫ 新着記事をもっと見る

usedoorTOPへ戻る

usedoorをフォロー


  • 注目の使い方

    【実質0円クラス!!】超激安!楽天モバイル「Galaxy A7」を激安で購入する方法 – 既に1年無料で契約中の人も条件を満たしていればポイント還元の対象!

    楽天モバイル正式対応端末「Galaxy A7」が安い&ポイント大幅還元!実質0円クラスで購入できる。UN-LIMITを既に契約済の人も条件を満たしていれば対象


    LINE Payでコンビニなどのリアル店舗でQR/バーコード支払いする方法 – 実際の支払いはこうやる!

    〇%還元や〇ポイントキャッシュバックなどキャンペーンも多彩なLINE Payのコード支払いを実際にやってみた


    LINE PayでAmazonギフト券を購入する方法 – 残高をキレイさっぱり0円まで使い切れる

    支払い手段の多いLINE PayはAmazonギフト券だって買えちゃう。15円以上なら1円単位で購入できるので残高の端数を使い切ることもできちゃう!


    【ポケモンGO】『GOスナップショット』の使い方 – 好きなポケモンと一緒に写真を撮ったり、いろんな角度から眺めたり、遊んだりできちゃう!

    ついにARを使ってポケモンを色んな角度から見ることができる「GOスナップショット」が登場!めっちゃ楽しい


    注目の記事をぜんぶ見る

  • 最新記事

    ソフトバンクで『SIMカードのみ』で契約する方法 – オンラインショップなら事務手数料無料

    ソフトバンクオンラインショップがUSIMカード単体契約の受付を開始!SIMのみでも事務手数料無料でおトクに契約できる!


    LG style3(L-41A)実機レビュー – 4万円強なのに4820万画素高機能カメラ&大画面有機EL&高性能CPUが搭載!

    低価格なのに高性能CPU搭載の4Gスマートフォン「LG style3」がドコモより発売


    【21巻発売!!】「鬼滅の刃 全巻セット(1~20巻)、20~23巻 特装版・同梱版」を予約・購入する方法

    「21巻 シール付き特装版」「22巻 缶バッジセット・小冊子付き同梱版」「23巻 フィギュア付き同梱版」の予約がスタート!


    【コスパ最強】「Xiaomi Redmi Note 9S」の価格や販売ショップ&おトクに購入する方法 – 発売日、スペックまとめ

    4眼カメラでバッテリーは5020mAhの大容量!OCNモバイルONEなら税込5,390円~で買えるぞ!


    【Apple Watch】『スタンドの時間です!』の通知を停止する方法 – スタンドリマインダーをオフ

    座ったままだとApple Watchから届く「スタンドの時間です!」がウザく感じたので通知をオフにしてみた


    最新記事をもっとチェック

  • usedoorをフォロー


  • 現在開催中の"おトク"なセール、キャンペーン、お買い得アイテムまとめ

    【ドコモ】『端末購入割引』でiPhone・Androidスマホをおトクに購入する方法 – 適用条件と割引による値下げ、現在の対象機種まとめ

    ドコモの分離プラン導入後に新たに登場した「端末購入割引」 条件を満たしていれば機種変更でも対象のiPhoneやAndroidがおトクに買える!


    【最大3万円還元】ソフトバンクのiPhone XS / XS Maxを購入して高額キャッシュバックをGETする方法

    のりかえなら割引またはキャッシュバック&クーポンで実質46,160円でiPhone XS 256GBが買えるぞ!


    【7月26日まで】ふるなびでふるさと納税して返礼品&PayPayボーナス&Amazonギフト券をゲットする方法

    ふるなびでふるさと納税すると最大10,000円分のPayPayボーナスがもらえるキャンペーンを開催!Amazonギフト券ももちろんついてくる。要エントリー!


    【ソフトバンクオンラインショップ限定】「web割」で機種代金を21,600円割引する方法 – クーポンでさらにPayPayが10,000円相当もらえる

    オンライン限定!ソフトバンクに他社からのりかえで21,600円割引&PayPayボーナスライト10,000円相当が貰える!


    開催中のキャンペーンをぜんぶ見る

  • あわせて読みたい記事