「iPhone 13 / 13 mini / 13 Pro / 13 Pro Max」の価格&割引などキャンペーンまとめ - キャリア版、SIMフリー版をおトクに購入する方法

最終更新 [2021年11月5日]





Google Pixel 6 Proを購入して色々と設定して使ってみたので実機レビューを書いてみました。

Google Pixel6Pro レビュー比較

Google謹製のスマホ「Pixel」シリーズの2021年モデルとなる「Pixel 6 Pro」を購入して使い始めました。

Pixel 6 Proはソフトバンクからも発売されていますが、自分はGoogleストア直販でSIMフリー版のStormy Black(ブラック/128GB)を購入しました。
ちなみにauもPixel 6は取り扱っていますが、Proを取り扱っているキャリアはソフトバンクのみとなっています。

せっかく買った&いろいろと設定してAndroidのメインとして使い始めたので実機レビューしてみました。
Google純正のPixel 6 Pro用ケースも同時購入してみました。

Googleが独自開発したチップ「Tensor」搭載スマホ第一弾
Google Pixel6Pro レビュー比較

Pixel 6 / 6 Proは、Googleが独自開発したチップセット「Tensor」を搭載したAndroidスマホです。

これまでのPixelは、Google謹製スマホではありましたが、チップセットはSnapdragonなどが搭載されていました。
今作からは、独自チップということもあって従来のPixelよりも使う前から楽しみでした。

この記事では、Google Pixel 6 Proの実機レビュー&Pixel 6やiPhone 13 Pro Maxとの比較&ついでに純正ケースもレビューを書いています。

Pixel 6 Proの購入を検討している人やPixel 6とどちらを購入しようか悩んでいる、iPhone Pro Maxとの違い/比較が気になるという人などは是非読んでみてください。
SIMフリー、キャリア版の価格やキャンペーンまとめ&比較は↓の記事をどうぞ。

関連記事:【Pixel 6 / 6 Pro】SIMフリー、ソフトバンク価格まとめ、比較



Google Pixel 6 Pro(SIMフリー版)実機レビュー。無印のPixel 6やiPhone 13 Pro Maxと比べてみた

Pixel 6 ProとPixel 6のスペックおさらい、比較

スペック比較
「Google Pixel 6 / 6 Pro」価格、スペック比較
Google Pixel 6 Pro Google Pixel 6
メーカー Google
サイズ 高さ163.9mm x 幅75.9mm x 奥行き8.9mm 高さ158.6mm x 幅74.8mm x 奥行き8.9mm
重さ 210g 207g
カラー Cloudy White、Sorta Sunny、Stormy Black Sorta Seafoam、Kinda Coral、Stormy Black
OS Android 12
※最低3年間のOSとセキュリティのアップデート
CPU Google Tensor
Titan M2 セキュリティ コプロセッサ
メモリ(RAM) 12GB 8GB
ストレージ 128GB / 256GB
外部ストレージ
背面カメラ トリプル背面カメラ
50メガピクセル(広角)
12メガピクセル(ウルトラワイド)
48メガピクセル(望遠)
LDAFセンサー
デュアルカメラ
50メガピクセル(広角)
12メガピクセル(ウルトラワイド)
LDAFセンサー
前面カメラ 11.1メガピクセル 8メガピクセル
ディスプレイ 6.7インチ 6.4インチ
解像度 QHD+(1440 x 3120)LTPO OLED FHD+(1080 x 2400)OLED
5G 対応
Wi-Fi Wi-Fi 6E(802.11ax)
Bluetooth Bluetooth v5.2
バッテリー容量 最小4,905mAh
標準5,003mAh
最小4,524mAh
標準4,614mAh
防水/防塵 IPX8
テレビ 非対応
FeliCa 対応
生体認証 ディスプレイ内蔵指紋認証センサーによる指紋認証
材質 ・傷が付きにくい Corning Gorilla Glass Victusのカバーガラス
・ふちなしのCorning Gorilla Glass 6 背面ガラスとテクスチャ加工の合金製フレーム
・IP68 準拠の防水、防塵性能
・指紋が付きにくいコーティング
SIMスロット デュアルSIM(nanoSIMとeSIM)
ボタン 電源ボタン、音量調節
ポート USB Type-C
ワイヤレス充電 対応
※他のデバイスをワイヤレス充電も可能(バッテリーシェア)
販売について Googleストア(SIMフリー版):販売
ドコモ:-
au:販売(Proの販売なし)
ソフトバンク:販売
楽天:-
価格 128GB:74,800円
256GB:85,800円
128GB:116,600円
256GB:127,600円

※価格はGoogleストアでの税込価格

Pixel 6とPixel 6 Proのスペックや価格比較はこんな感じです。
両モデルともチップセットは同じGoogle独自チップ「Tensor」を搭載しています。
写真&スペック表からもわかる通り、サイズもほぼ同じです(Proはエッジががったディスプレイで超狭ベゼル、無印は通常のディスプレイという違いはあります)

カメラ性能やメモリ量などは、もちろん「Pro」の方か高スペックとなっており、Proを購入しておけば間違いはないと思いますが、その分価格も高いです。
Proの方が4万円以上も高額になっているため、通常のPixel 6の方がコスパは間違いなくいいです。

【Google Pixel 6 Pro】開封の儀

最初だけ。ウワザのGoogleのポテトチップスが入ってた!

Googleストアで使える15%オフクーポンなども同梱

多分最初だけだと思いますが、Pixel 6 Proと一緒に話題のGoogleのポテトチップスが入っていてちょっと嬉しかったです。
このポテトチップスは、Pixel 6シリーズから搭載される「Tensor」の「チップ」とかけたものとかなんとか。
またGoogleストアで使える15%オフクーポン(Pixelには利用不可)も入っていました。

Pixel 6 Pro自体の同梱品はとにかくシンプル。ケースはコンパクトでパッキングもされておらず、あまり高級感はない

Google Pixel 6 Pro同梱品

・Pixel 6 Pro本体
・USB Type-C to Type-Cケーブル
・USB Type-C USB変換アダプタ(クイックスイッチアダプタ)
・SIMピン

Pixel 6 Proの同梱品は↑です。
以前は入っていた電源アダプタは同梱されていません(世の中の流れです。。)
USB Type-C to Type-Cケーブルと変換アダプタは同梱されています。
Pixelの化粧箱は相変わらず高級感などは感じられませんでした。

同梱のケーブルで前のスマホから簡単にデータがコピーできる
Google Pixel 6 Proデータコピー

Pixelシリーズには、機種変更前の機種から超簡単にデータを転送(コピー)できるケーブルが付属しています。
このケーブルと変換アダプタを使って移行前スマホとPixel 6 Proを直接ケーブルで接続することで写真やアプリなどのデータをコピーすることができます。

このデータ転送のやり方は、↓の記事に詳しく書いているのでチェックしてみてください。
(記事はPixel 4の時のものですが、同じ手順でデータ移行ができます)

関連記事:Google PixelにiPhone・Androidのデータを移行する方法


Pixel 6 Proの外観。とにかくデカい!iPhone Pro Maxシリーズとほぼ同じサイズ感

今回レビューしているのはPixel 6 ProのStormy Black(ストーミーブラック)

Google Pixel 6 Pro サイズ感

今回レビューしているのはGoogleストアで購入したSIMフリー版のPixel 6 Proです。
カラーはストーミーブラック、容量は小さい方の128GBモデルです。

ソフトバンク版も外観については変わりはありません。
(ソフトバンクで購入してもモデル型番やキャリアロゴは入っていません。)

サイドボタンは本体カラーと同色

Pixel 4のようにボタンだけ色が違うとか奇抜ではなくシンプル
Google Pixel 6 Pro電源ボタンの色

自分は代々のPixelは基本的に「ブラック系」を購入しています。
Pixel 4は、本体がブラックでもボタンがホワイトのようなちょっと奇抜なデザインでした。

Pixel 6 Proに関しては、本体カラーとボタンが同色となっています。
個人的には、Pixel 4のボタンだけ色が違うのはあまり好きじゃなかったので嬉しいポイントです。

Pixel 6 Proのディスプレイ側・本体正面

ディスプレイ上部にパンチホール。ノッチなし
Google Pixel 6 Pro ディスプレイパンチホール

Pixel 6 Proのディスプレイ上部中央には、インカメラが埋め込まれたパンチホールがあります。
ノッチはありません。

ディスプレイ下部に画面埋め込み式の光学式指紋センサーを搭載
Google Pixel 6 Pro ディスプレイ内指紋認証

Pixel 6シリーズの生体認証は「指紋」です。
指紋センサーは、ディスプレイに埋め込まれている光学式センサーとなっています。

指紋認証が採用されていること自体は悪くないと思うのですが、残念なのが「指紋のみ」という点だと感じました。
どうせなら顔認証も搭載していて欲しかったです(マスクつけるご時世ということはわかっていますが…)

また、この指紋センサーがiPhoneのTouch IDや他のAndroidスマホに慣れていると感度が微妙と感じました。。
感度が悪いというか、指紋を認識するまでちょっと時間がかかります(センサーに指を置いておく時間が長い)

自分の場合は、↓で紹介している指紋の多重登録で体感レベルで指紋認証の精度が向上しました。
Pixel 6 Proの指紋認証が微妙だな…と感じている場合は試してみてください。

関連記事:【Android】指紋認証の精度を上げる方法


ベゼルは極狭でエッジがかったディスプレイが広い!
Google Pixel 6 Proディスプレイ

Pixel 6 Proのディスプレイは、再度がエッジががった曲線で極狭ベゼルとなっています。
ここが無印のPixel 6と異なる部分です(無印の方は通常の平面ディスプレイ)

これによりめちゃくちゃ画面は広く使えます。
端がエッジががっていますが、特に触れて誤動作などもありません。

Pixel 6 Proの背面

めっちゃ飛び出した横長のユニットに搭載されたトリプルカメラ
Google Pixel 6 Proカメラユニットレンズ

これまでのPixelからガッツリ変わった背面のメインカメラが搭載されています。
特徴的な横長のカメラユニットにPixel 6 Proはトリプルカメラという構成です(無印のPixel 6はデュアルカメラ)

カメラの機能や詳細は後述していますが、写真内の人や物を簡単に消せる「消しゴムマジック」という機能がすごいです!

Google Pixel 6 Proカメラユニットレンズ

横長のカメラユニットはビックリするくらい飛び出しています。
もはやそういうデザインです。

ケースを装着するとちょうどいい感じに
Google Pixel 6 Proカメラユニットレンズ Google Pixel 6 Proカメラユニットレンズ

今回は、Google純正のソフトケースも購入してみました。
ケースを装着するとカメラユニット部分がちょうどいい感じになります(ただしカメラユニット部分の保護はなし)
純正ケース以外でも、ケースを装着すればこういう感じになると思います。

背面素材は光沢のあるガラス。ストーミーブラックはグレーっぽいカラー
Google Pixel 6 Pro 背面素材ビュー

Pixel 6 Proの背面は、レビュー時の段階で「ゴリラガラス史上最高のタフさ」を備えたGorilla Glass Victusというガラスが採用されています(ちなみにディスプレイ面も同じGorilla Glass Victusを採用。Pixel 6は背面がGorilla Glass 6)

ちょっと質感はプラスチックっぽい感じもしますが、光沢ありで十分高級感もあると思います。
ストーミーブラックは、ブラックという名前がついていますが、濃いグレーという感じのカラーです。
相変わらず指紋はめっちゃ目立ちます。

背面中央に定番の「G」ロゴ
Google Pixel 6 Pro 背面 Gマーク

背面中央にGoogleの「G」ロゴが入っています。
Google謹製にしか入ってないロゴなのでちょっと特別感があります。

Felica搭載&ワイヤレス充電搭載だけどマークなどは一切なし

もはや当たり前になってきていますがFelica、おサイフケータイに対応しています。
が、NFCおよびFelica、ワイヤレス充電のアイコンやマークは本体には一切入っていません。

もちろんFelicaもワイヤレス充電もそのまま使えるのでご安心を。

Pixel 6 Proのサイド面

メタルフレーム採用で高級感あり!
Google Pixel 6 Pro サイドフレーム

Pixel 6 Proのサイドフレームは、メタルフレームが採用されています。
背面からサイドにかけての段差も少なくいい感じに仕上がっていると思います。

物理ボタンは本体右サイドに電源とボリュームのみ
Google Pixel 6 Pro 右サイド

従来のPixel同様、物理ボタンは本体右サイドに集まっています。
集まっているといっても、上から電源ボタン、ボリュームボタンのみというシンプルな構成です。

本体上部はスピーカー穴のみ
Google Pixel 6 Pro 上サイド

Pixel 6 Proの上部はスピーカー穴のみとなっています。
なので触ることもないと思います。

本体上部のアンテナ(?)がちょっと残念… 黒だと目立ちづらいけど白だと…
Google Pixel 6 Pro 上サイド

上部のアンテナ(?)の部分が色が変わっているのがちょっと残念に感じます。
ストーミーブラックだと目立ちづらいですが、本体カラーがホワイトのPixel 6 Proだとサイドのメタルフレームが銀色⇒アンテナ部分は白とかなり目立ちます。。

本体左サイドにSIMカードスロット。SDカードはもちろん非対応
Google Pixel 6 Pro 左サイド

本体左サイドにSIMカードスロットが搭載されています。
そしてPixelシリーズは、やっぱりSDカードは利用できません。

また、Pixel 6 ProはデュアルSIMに対応していますが、物理SIMが2枚挿さる訳ではありません。
デュアルSIMを利用する場合は、あくまでも1枚の物理SIMとeSIMとなります。

Pixel 6 ProのデュアルSIMについては、後述しています。

本体下部にType-Cポートとスピーカー。イヤホンジャックなし
Google Pixel 6 Pro下サイド

本体下部に充電用のType-Cポートが搭載されています。
もはや当たり前になってきましたが、イヤホンジャックは非搭載です。

Pixel 6 Proのデザイン外観まとめ&感想

昔のGalaxy Noteに似ている気も… デカいスマホだけどかなり持ちやすいのはたしか
Google Pixel 6 Pro 外観レビュー

Pixel 6 Proのデザイン・スタイルは、個人的には高級感があってカッコイイと感じました。
サイズ感、ディスプレイサイドのエッジ、超狭ベゼルなど全体的なスタイルを見るとGalaxy Noteに似ているな…という印象もあります(ちょっと古いGalaxy Note8にすげー似てる気がする)




Pixel 6 Proの中身をチェック

Antutuベンチマークスコアは「582459」

Google独自チップ「Tensor」のスコアはこんな感じ
Google Pixel 6 Proベンチマークスコア

今回もAntutuを使ってベンチを測ってみました。

結果は「582459」というスコアでした。


何度も書いていますが、Pixel 6シリーズからはGoogleが独自開発したチップ「Tensor」が搭載されています。
比較対象が少し前の機種になりますが、Snapdragon 865を搭載したXperia 5 IIのAntutuベンチマークスコアは「432393」だったことを考えると十分なスコアではないでしょうか?

参考までに過去に計測した端末のスコアは↓な感じです。

■ハイエンドモデル
Xperia 5 II:415722
Xperia 1 II:424253
AQUOS R 5G:572299
Galaxy S20:527592
Galaxy Note10+:465279
Google Pixel 4:389110
Xperia 5:415722
Xperia 1:354409

■ミドルレンジモデル
LG style3:292952
OPPO Reno3 A:182748
AQUOS sense3:113926
Xperia Ace:88014
※全て実測値

当たり前かもしれませんが、Pixel 6 Proの動きはマジでヌルヌルサクサクです。
また後述していますが120Hzディスプレイをオンにして利用するとよりヌルヌルと動きます。

SIMフリー版は無駄なプリインストールアプリは一切ナシ

やっぱりPixelはコレが最高!
Google Pixel 6 Pro ストレージ容量

これがGoogle謹製スマホのいいところです。

プリインストールアプリやカスタムされたアプリが一切入ってないということ。


起動後に機種変更前のスマホとケーブル接続してアプリを持ってくればセットアップ完了です。
不要なプリインストールアプリを手動削除するという手間は一切かかりません。
やっぱこれに関しては最高です!

ストレージ容量は128GBと256GBモデルの2種類

SDカードは使えないのでガンガン使うなら256GBモデルを購入した方がいいかも
Google Pixel 6 Pro ストレージ容量

歴代PixelシリーズはSDカードが利用できません。

Pixel 4の時は最小モデルは64GBだったので、その辺と比べるとストレージ容量は最小モデルでも倍増しています。


自分の場合、前の機種からアプリのみを移行させただけですでに38GB程度使用してしまいました。
写真をよく撮影するユーザーさんや音楽を入れたりダウンロードしたりするという人は、256GBモデルの方が間違いないと思います。

Pixel 6 Proもバッテリー持ちが不満。。

バッテリー容量自体は大きくなっているけど電池の減りも速い。。
Google Pixel 6 Pro バッテリー持ち

歴代のPixelシリーズで不満だった「バッテリー持ち」

←は完全放置している時のものですが、放置でもけっこう電池が減ります。


Pixel 6 Proは5,003mAh(標準)という大容量バッテリーを搭載しているのでかなり期待していたのですが、正直そこまでバッテリー持ちはよくありません。

普段iPhone 13 Pro Maxをメインで利用しているため、どうしてもこれとの比較になってしまう⇒バッテリー持ちが良すぎるiPhone 13 Pro Maxに慣れているのでPixel 6 Proの電池持ちがヤバく感じるというのもありますが、操作していると目に見えて電池が減っていきます。

過去最高クラスのヤバさで電池がガンガン減っていったPixel 4よりは俄然マシですが、スマホをガンガン使うという人は1日しか持たないと思います。
Pixel 6 Proの特徴でもある120Hzディスプレイをオフにすることでバッテリー消費を抑える設定もあります。

関連記事:【Pixel 6 Pro】画面を120Hzのリフレッシュレートで動作する、逆にオフにして電池持ちをアップさせる方法


充電は高速!30W急速充電で約30分で50%程度はチャージできる

電池持ちはよくないと書きましたが、Pixel 6 Proの充電は、30W急速充電に対応(ただしアダプタは別売り)しており、約30分で半分程度くらいまでなら即充電できます。
ワイヤレス充電も最大23W(ただしPixel Stand(第2世代が必要)となっています。

減るのは早くても充電も速いAndroidということになります(良い充電環境があればの話ですが…)
ちなみにAndroid 12からはアダプティブ充電という機能が用意されており、これがオンだと逆に充電が遅くなる点にはご注意を。

関連記事:【Pixel】バッテリーの『アダプティブ充電』とは?オン⇔オフする方法


使っていると本体はけっこう発熱して熱くなる…

Google Pixel 6 Pro カメラユニットレンズ

Pixel 6 Proを普通に使っていろいろと操作しているとけっこう熱を持ちます。。
割と本体は熱くなるのでちょっとビックリしました。

Tensorが熱くなるのか、他の部分なのかは不明ですが、先述した電池持ちとも関係がありそうです。
OSアップデートとかでもう少し熱が落ち着いてくれればいいのですが…

初期OSはAndroid 12。デザインは11から大幅に変更

ウニョウニョ動くのが苦手な人はアニメーションをオフにしてみるといいかも

Pixel 6 Proの初期OSはAndroid 12です。
Android 12は「過去最大のデザイン変更」と呼ばれているように11からガッツリとデザインが変更されています。

以前のAndroidよりもアニメーションが強くなっているのも特徴です。
iOSのようにウニョウニョと動くのが苦手、気持ち悪く感じるという人はアニメーションをオフにしてみてください。

関連記事:【Android】アニメーションをオフ、無効化する方法


120Hzディスプレイをオンにすると

Google Pixel 6 Pro アニメーションオフ

Pixel 6 Proの特徴の1つの「120Hzディスプレイ」

機能名では「スムーズディスプレイ」と呼ばれています。


この120Hzディスプレイをオンにすると(初期設定だとオンになっています)、めちゃくちゃヌルヌル動きます。
ポケモンGOでモンスターボールを投げるなどのモーションを行うと120Hzがオンの時とオフの時で全然動きが違います。

ちょっと不自然さを感じるくらいヌルヌル動くのが面白いです。
ただ120Hzをオンにして動かしていると明らかに電池持ちも悪くなります。

このスムーズディスプレイの設定は自分でオン⇔オフすることができるので自分のPixel 6 Proの使用環境にあわせて設定を変更してみてください。

関連記事:【Pixel 6 Pro】画面を120Hzのリフレッシュレートで動作する、逆にオフにして電池持ちをアップさせる方法


Pixel 6 Proのトリプルカメラで写真撮影してみた

0.7倍
Google Pixel 6 Pro カメラ撮影
1.0倍
Google Pixel 6 Pro カメラ撮影
2.0倍
Google Pixel 6 Pro カメラ撮影
4.0倍(通常)
Google Pixel 6 Pro カメラ撮影

写真撮影時にボタン一発で表示できる0.7倍、1倍、2倍、4倍で同じ場所を撮影した時の写真です。
写真自体は十分キレイ(当たり前ですが…)、ズームや超広角も十分実用レベルで撮影できます。

Pixel 6シリーズで使える写真内の人や物が消せる「消しゴムマジック」が凄い!

超簡単な操作で写真内からAIがうまいこと人や物を取り除いてくれる
Google Pixel 6 Pro 消しゴムマジック

撮影したまたはスマホ内に保存している写真に写っている人や物をAIを使って消し去ることができる「消しゴムマジック」も利用できます。
実際に使ってみましたが、超簡単操作で写真内の人や物がサクッとキレイに消せてちょっと感動しました。普通にすごいです。

「消しゴムマジック」は、今後は他のPixelでも利用できるようになるみたいです。
実際の使い方、写真内の人や物を消す方法は↓の記事に詳しく書いているのであわせてチェックしてみてください。

関連記事:【Pixel】凄すぎ!『消しゴムマジック』で写真に写り込んだ人物や物(車、電線、柱etc…)を消す方法


本体背面をダブルタップするとアクション実行やアプリ起動ができる『クイックタップ』が使える

iPhoneでも使える背面タップがPixelでも使える
Google Pixel 6 Proディスプレイ

「クリックタップ」というPixel本体の背面をポンポンっと2回タップすると設定しているアクションの実行やアプリ起動ができる機能が利用できます。

iPhone(iOS 14以降)でも同じような背面タップ機能がありますが、これが特別なアプリをインストールすることなく標準機能として使うことができます。

[関連記事]
【Pixel】本体背面をダブルタップしてアクションを実行できる『クイックタップ』の使い方
【iPhone】背面をダブル/トリプルタップしてアクションを実行できる『背面タップ』の使い方


Pixelがワイヤレス充電器になる『バッテリーシェア』機能がけっこう便利

他のスマホやAirPodsなどのイヤホンやアクセサリがPixelで充電できる
Google Pixel 6 Pro バッテリーシェア

Pixel 6シリーズは「バッテリーシェア」に対応しています。
機能をオンにしてワイヤレス充電に対応した他のスマホやアクセサリをPixelの上に置くと充電ができます。

Pixelの電池持ち自体があまりよくないので、頻繁には使わないような気もしますが、いざとなった時には便利です。
iPhoneやAirPods、Pixel Budsなどを試しに充電してみましたが、普通にPixel 6 Proがワイヤレス充電器として利用できました。

関連記事:【Pixel】リバース充電『バッテリーシェア』の使い方


Pixel 6シリーズのシャットダウンや再起動は電源ボタン長押しじゃない!

電源ボタン+音量アップキーまたはOS内からどうぞ
Google Pixel 6 Pro 電源オフ

最初にちょっとビックリしたのが、電源ボタン長押し時の動作でした。
電源ボタン長押し⇒Googleアシスタントが起動します。

どうやって電源切るんだよ…と思っていたら、Pixel 6シリーズの電源関連は「電源+音量アップキー」でした。
またOS内からもシャットダウンや再起動メニューを表示することができます。

関連記事:Pixel 6 / 6 Proの電源を切る、再起動する方法


eSIMに対応!物理SIMとの組み合わせでデュアルSIMが使える

もちろん5G通信にも対応
Google Pixel 6 ProデュアルSIM

Pixel 6 Proは、eSIMに対応しています。
また、もちろん超高速通信「5G」に対応しています。

5G通信まで含めて、物理SIMとeSIMを組み合わせたデュアルSIMでの運用ができます。
自分は、現在は物理SIMカードはドコモの「ahamo(アハモ)」、eSIMは「楽天モバイル(UN-LIMIT)」という組み合わせで利用しています。

余談ですが、この組み合わせであれば月間20GBまではahamoを利用⇒20GB超過時は楽天モバイルに切り替えという使い方ができます。
このSIMの組み合わせだと、ahamoだけでデータ容量が足りる月は楽天モバイルの基本料金は0円(月間1GB以下の場合)となり、かなりおトクに利用できます。
もちろん電話は両方の電話番号で受けることができます。


Pixel 6 Pro、Pixel 6、iPhone 13 Proを並べて写真で比べてみた

Pixel 6 Proと無印のPixel 6
Google Pixel 6 / 6 Pro 比較 Google Pixel 6 / 6 Pro 比較 Google Pixel 6 / 6 Pro 比較

Pixel 6 Proと無印のPixel 6の比較です。
大きさはほぼ同じということがわかります。

Pixel 6 ProとiPhone 13 Pro Max
Google Pixel 6 Pro写真比較 Google Pixel 6 Pro写真比較 Google Pixel 6 Pro写真比較

Pixel 6 ProとiPhone 13 Pro Maxもほぼ同じサイズ感です。
横幅はほぼ同じで縦にPixelの方が長くなっています。
厚みもほぼ同じです。

スタイル的にPixelはカクカクしていてiPhoneは丸みを帯びているのでPixel 6 Proの方が細長く見えますが、実際に並べる(2枚目の写真はiPhoneの上にPixelを置いています)と横幅はほぼ同じです。
ちなみに持ちやすさは、サイドが細くエッジがかっているPixel 6 Proの方が断然持ちやすいです。

【おまけ】Google純正のPixel 6 Proケースレビュー

もちろんジャストフィット!背面カメラユニットの出っ張りがキレイに解消される

本体カラーにあわせた3色のケースが販売されている
Google Pixel 6 / 6 Pro 純正ケース

最後に一緒に購入してみたPixel 6 ProのGoogle純正ケースを紹介します。
Pixel 6およびPixel 6 Proには、それぞれのカラーにあわせた3カラーの専用ケースが用意されています。

途中のカメラの部分にも書いていますが、ケースを装着することでカメラユニットの出っ張りが解消されてPixel 6 Proを置いた時にフラットな状態になります。

Google純正ケースはハード&ソフトのハイブリッドケース

当たり前かもだけどフィット感は完璧
Google Pixel 6 / 6 Pro 純正ケース Google Pixel 6 / 6 Pro 純正ケース

カメラユニットの部分でも紹介しましたが、フィット感は完璧です。
ただ、ケースを装着してフラットになるという意味では、他のケースでも同じことが言えると思います。

Google純正品なのでフィット感は間違いないですが、デザイン的には本体カラーにマッチするカラーケースが用意されている&Googleの「G」ロゴが入っているくらいで、あとは他のケースと変わらない普通のハイブリッドケースです。

ただ別に高級感などはなし… これが3,630円は高いかな。。
Google Pixel 6 / 6 Pro 純正ケース Google Pixel 6 / 6 Pro 純正ケース

Google純正ケースの価格は、定価3,630円(税込)です。
正直、ちょっと高いと感じるケースだと思います。

Appleもそうですが「純正だからしょうがない」ということもありますが、わざわざ純正ケースを選択しなくてもいいかなとは感じました(買っちゃったんですけどね…)

【まとめ】初の独自チップ「Tensor」を搭載したPixel 6 Proは楽しい&便利な機能も多いGoogle謹製スマホ

デカいAndroidスマホを使い倒す&遊びつくしたいという人向け

ただ新鮮さはそこまでない&価格は高い。。Tensorだけでいいなら無印の方でいいかも
Google Pixel 6 Pro感想

以上が実際にPixel 6 Proを購入してメインのAndroidスマホとして使ってみての実機レビューです。

独自チップ「Tensor」で動作しているという点は、操作していても一切わかりません(何のチップセットでもそうだと思いますが…)
最初は、Tensorのおかげで「消しゴムマジック」などの機能が動くんだと思っていたのですが、他のPixelにも今後提供されるということなのでTensorだけができるものではないようです。

個人的な意見ですが、普段使いをする上では、正直Pixel 6 Proで新鮮さを感じることはできませんでした。。
手元の古いPixelをすでにAndroid 12にアップデートしていたこともあったと思いますが、カメラに感動もなく(写真自体は手軽にめちゃくちゃキレイな写真が撮影できます。けどiPhone 13 Pro Maxなど他のスマホに慣れていたため特に感動はなかった…)、120Hzディスプレイもヌルヌル動くのを体験した後オフにしてしまったり…

Google Pixel 6 / 6 Pro 純正ケース

ただ全体的に見ると間違いなく完成度はかなり高いスマホだということは間違いないと思います。
5G通信、3眼カメラでの撮影、120Hzディスプレイ、Felica、防塵防水etc…と現在Androidの最新機種ができることはPixel 6 Proがあれば基本的にほぼ体験できるはずです。

まぁ最近登場するスマホに新鮮味を求める方が間違っているんだと思います(Galaxy Foldみたいに折り畳めるなどかなり新しいものじゃないと… 鳴れって怖い。。)

途中に紹介したようにPixel独自の面白い機能もたくさん搭載されています。
またキャリア版のようにプリインストールアプリが入っていなかったり、各種操作においてクセがないスマホに仕上がっていると思います。
ゲームを大画面でプレイしたい!というようなニースも満たしてくれるスマホです。

今使っているAndroidが数年前の機種で機種変更を考えている、大画面スマホにしたいなどという場合には十分候補に上がる機種だと思います。
Pixel 6 Proの購入を検討している人の参考になれば幸いです。

関連記事:【Pixel 6 / 6 Pro】SIMフリー、ソフトバンク価格まとめ、比較




< この記事をシェア >






現在開催中の「おトク」なキャンペーン、セール

【12月版】「メルペイ」のキャンペーン&クーポンまとめ – メルペイでお得にお買い物する方法

キャンペーン

メルペイでは定期的におトクなキャンペーンやクーポンを配信中。メルペイ払いしなくてもクーポンも使えちゃう。ネットショップにも対応

【6ヵ月無料!!】auでスマホを購入してApple Musicを6ヵ月無料で利用する方法 – iPhone、Androidが対象!適用条件など

Apple Music

auが太っ腹なキャンペーンを開始。iPhoneでもAndroidでも対象機種購入でApple Musicが6ヵ月無料!

【開催中!!】激安の2ヵ月299円!Amazonの読み放題サービス「Kindle Unlimited」に超おトクに登録する方法

キャンペーン

本やコミック、雑誌が読み放題になるAmazonのKindle Unlimitedが再登録キャンペーンで2ヵ月299円と超激安で利用できる!

【値上げ…】Amazonプライムで使えるサービスを使い倒す方法&年会費の元が取れるキャンペーンまとめ

webサービス

5月17日から4,900円/年に値上げ。でもこれだけのサービスが使えれば年会費は惜しくない!プライム会員の人は使えるサービスをフルに使い倒してみて!

【オススメは?】eSIMに対応しているキャリア・格安SIMまとめ&比較 – 月額料金やデータ容量別に比べてみた。eSIMをおトクに利用する方法

携帯電話

eSIM発行に対応しているキャリア、格安SIMを徹底的にまとめてみた。料金とデータ量などで自分にあうオススメのeSIMを見つけよう


≫ 開催中のキャンペーンをもっと見る

usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m


キーワード:Android , Google Pixel 6 Pro , Pixel 6 Pro , レビュー ,


同じカテゴリの記事

【最大3万円還元】ソフトバンクのiPhone XS / XS Maxを購入して高額キャッシュバックをGETする方法

携帯電話

のりかえなら割引またはキャッシュバック&クーポンで実質46,160円でiPhone XS 256GBが買えるぞ!

【値下げで安い!!】ドコモのiPhone XRの契約別価格まとめ&おトクに購入する方法 – 機種変更でも大幅割引で販売中

携帯電話

iPhone XRがドコモオンラインショップでおトクに機種変更できる「SPECIAL割引」の対象に!!

【ahamo】物理SIMカードからeSIMに切り替える方法 – eSIM再発行手順

携帯電話

ahamoでeSIMの提供開始!お申込みして設定すればSIMカード⇒eSIMに即切り替えできるぞ!切り替える手数料は無料です。


新着記事

【2022モス福袋】モスバーガーの福袋を予約・購入する方法 – 12月7日~ネット特別予約の受付開始!

福袋

2022年モスバーガー福袋は『リラックマ』とのコラボ福袋!福袋の販売額相当の食事割引券とグッズが入って3,000円。12月7日~ネット特別予約の受付開始

【2022年ポケモンセンターオンライン福袋】『ピカピカボックス2022』の抽選販売に参加、購入する方法

福袋

ポケモンセンターオンラインの2022年福袋「ピカピカボックス2022」の抽選販売応募受け付けがスタート!応募期間は12月12日まで。

【ポケモンGO】ネイティブリフレッシュレートをオンにして動作、映像表示をヌルヌルにする方法 – iPhone版もフレームレート変更に対応!

ゲーム

iPhone版ポケモンGOに「ネイティブリフレッシュレート」の設定が登場。オンにすると動画が超ヌルヌルに!慣れるまでちょっと時間かかるかも

【PS5予約・抽選・在庫・入荷情報あり】「PlayStation 5 / Digital Edition」を予約・購入する方法

PlayStation

品薄となっているPlayStation 5の在庫や抽選販売情報をまとめています!PS5通常版は54,978円(税込)、ドライブレスのデジタル版は43,978円(税込)!


≫ 新着記事をもっと見る

usedoorTOPへ戻る

usedoorをフォロー


  • 注目の使い方

    【裏技?】ahamoを新規契約して10,000dポイントをもらう方法 – ドコモSIM単体契約⇒即ahamoへのプラン変更でポイントが付与された

    ドコモのSIMを単体契約⇒即ahamoにプラン変更で10,000dポイントがもらえた!直接ahamoで契約するよりもかなりおトクに


    【在庫復活!!】実質0円!楽天モバイル(UN-LIMIT)の『Rakuten Hand』を超激安で購入する方法 – 超大幅ポイント還元

    ジャストサイズで高性能な楽天モバイルオリジナル端末「Rakuten Hand」が超大幅ポイント還元で実質0円!超激安に!!


    【5,000円キャッシュバック】ソフトバンクで機種変更してキャッシュバックを貰う方法 – iPhone、AndroidどちらもOK!さらにクーポンもあり

    おとくケータイ.netとスマホ乗り換え.comで機種変更すれば5,000円キャッシュバック!手数料分以上がペイできるぞー


    【iPhone・Androidスマホ】『緊急速報』をオン⇔オフする方法 – 外出自粛や緊急地震速報、Jアラートなどを無効化もできる。届かない、非対象機種の対処方法も

    緊急地震速報&ミサイル発射も警告してくれるJアラートはちゃんとスマホで受信出来た方がいい!外出自粛はちょっとウザいけどしょうがない


    【25GBプラン比較】ワイモバイル『シンプルL』、UQモバイル『くりこしプランL』を比べてみた – 携帯電話料金をおトクにする方法

    ワイモバイル、UQモバイルが月間データ量25GBのプランを発表!どれが安い?オプションは?サポートもある?を比較してみた


    注目の記事をぜんぶ見る

  • 最新記事

    【2022モス福袋】モスバーガーの福袋を予約・購入する方法 – 12月7日~ネット特別予約の受付開始!

    2022年モスバーガー福袋は『リラックマ』とのコラボ福袋!福袋の販売額相当の食事割引券とグッズが入って3,000円。12月7日~ネット特別予約の受付開始


    【2022年ポケモンセンターオンライン福袋】『ピカピカボックス2022』の抽選販売に参加、購入する方法

    ポケモンセンターオンラインの2022年福袋「ピカピカボックス2022」の抽選販売応募受け付けがスタート!応募期間は12月12日まで。


    【ポケモンGO】ネイティブリフレッシュレートをオンにして動作、映像表示をヌルヌルにする方法 – iPhone版もフレームレート変更に対応!

    iPhone版ポケモンGOに「ネイティブリフレッシュレート」の設定が登場。オンにすると動画が超ヌルヌルに!慣れるまでちょっと時間かかるかも


    【PS5予約・抽選・在庫・入荷情報あり】「PlayStation 5 / Digital Edition」を予約・購入する方法

    品薄となっているPlayStation 5の在庫や抽選販売情報をまとめています!PS5通常版は54,978円(税込)、ドライブレスのデジタル版は43,978円(税込)!


    最新記事をもっとチェック

  • usedoorをフォロー


  • 現在開催中の"おトク"なセール、キャンペーン、お買い得アイテムまとめ

    【実質1,980円!!】楽天モバイル(UN-LIMIT)の『OPPO Reno3 A』を激安で購入する方法 – 値下げ&超大幅ポイント還元で実質1,980円に

    値下げされて販売価格-ポイント還元=1,980円!楽天モバイル正式対応のSIMフリーAndroidスマホ「OPPO Reno3 A」が安い!


    【紹介コードあり!!】「みんなの銀行」をアプリで口座開設して現金1,000円をゲットする方法

    紹介コードを入力して口座開設すると、紹介する人・紹介された人それぞれに現金1,000円が貰える「お友だち紹介プログラム」キャンペーン開催中!


    【オススメは?】eSIMに対応しているキャリア・格安SIMまとめ&比較 – 月額料金やデータ容量別に比べてみた。eSIMをおトクに利用する方法

    eSIM発行に対応しているキャリア、格安SIMを徹底的にまとめてみた。料金とデータ量などで自分にあうオススメのeSIMを見つけよう


    【一括1円特価&PayPayボーナス還元!!】実質-2,999円!ワイモバイルのAndroidスマホを超おトクに購入する方法 – 対象機種&条件まとめ

    ワイモバイルのAQUOS sense4 basicやRedmi 9 Tなどが条件を満たせば一括1円&3,000円分のPayPayボーナス還元と投げ売りに!


    【12月版】ahamo、povo、LINEMOどれにする?開催中キャンペーンの特典と条件を比較してみた – キャッシュバックやポイント還元などでおトクに契約する方法

    ドコモのahamo、auのpovo、ソフトバンクのLINEMO。大容量低価格プランを今契約するならどこが一番おトクにキャンペーンで契約できる?を比較してみた


    開催中のキャンペーンをぜんぶ見る

  • あわせて読みたい記事