【PSVRあげます!!】Playstation VR(Camera同梱版)のプレゼントキャンペーンに応募する方法 - usedoor読者さんなら誰でも参加OK!

新着を見る



最終更新 [2013年11月15日]

[スポンサーリンク]


キーワード:Android, スマートフォン, 登録,



自分が作ったAndroidアプリをGooglePlayで公開したい!

そんなことを思っている人は多くいらっしゃるはず。
自分もその一人でした。

Google Play DeveloperとしてGooglePlayでアプリを公開するアカウントを解説する方法を紹介します。
※ちなみにこの記事を書いているときのAndroidのバージョンは4.4がリリースされた直後です。

Google Play Developer アカウント作成にあたって

登録に必要なものって?

Google Play Developerに登録するにあたり必須となるものが2つあります。

Googleアカウント(Gmailアカウント)

Googleアカウント(以下、Gmailと書きます)のアカウントがGoogleのサービスにおいては軸となってきます。
Playでアプリを公開する場合に必要なDeveloperアカウントもGmailと連動することになります。
Gmailを持っていない人やアプリの公開は専用のGmailでやりたいなどと思っている人は新規でGmailを作成しておきましょう。

Google アカウントの作成

クレジットカード(とお金)

アプリを公開するGoogle Play Developerアカウントは有料です。
といってもApple(iOSアプリ)のように毎年年会費がかかるわけではなく最初に1回支払う買いきりパターンです。
金額は$25.00(ドル)となっています。


以上の2つはアプリをGooglePlayで公開していくにあたって必須となります。

Google Play Developerに登録スタート

Gmailとクレジットカードを用意したら、いざスタートです。
登録はGooglePlayのわかりにくいリンクを辿っていくと登場します。
まずGooglePlayにアクセスし、画面一番下のデベロッパーを押して、英語のページに生き、右上のメニューボタンを開いてLinkの中にあるGoogle Play Developer Consoleをクリックすれば到着です。

パパパッと書きましたが英語だし、本当にわかりづらい。。。
なので一発でアクセスできるリンクを貼っておきます↓

Google Play Developer Console 登録ページ


Google Play Developer Console画面

この画面がGoogle Play Developerの登録ページとなります。
お決まりの「規約に同意する」にチェックを入れて、支払いに進むをクリックします。

Google Wallet画面

ここにクレジットカード情報や自分の名前・住所の郵便番号を入力します。
住所の詳細は後からまた登録することになるのでこのステップでは郵便番号のみとなります。

ちなみにGoogle WalletはGoogleが提供するオンラインでの決済代行サービスです。
以前はGoogle CheckOutというサービス名でした。

クレジットカードの確認画面です。

なぜかここで請求先住所の詳細と電話番号を求められます(必須)。。
情報を入力して「購入」をクリックします。

購入手続きが行われます。

このタイミングで決済を通しますという確認メールがGmailに届いているはずです。
ちなみにここではまだクレジットカードの決済は通っていません。
後述しますが、ここから準備期間(+審査?)があります。

実際にGoogle Play Developerアカウントが使えるようになってからクレジットカードに25ドルの請求が発生します。


次にデベロッパー情報の入力となります。
これはGmailとは違うものでもOKです。

また後から変更することもできます。

↑の赤枠の部分に表示されるのがデベロッパー名となります。

これでやっと完了!!

と思いきや、ここから準備期間(+審査?)があります。

Googleいわく


現在お支払いを処理中です。この処理には最大 48 時間かかります。
APK のアップロードとストアの掲載情報の準備は開始できますが、アプリはまだ公開できません。
お支払い手続きが完了し、アプリを公開できるようになりましたらお知らせします。

とのことです。

ここには最大48時間とありますが、3日かかったユーザーさんも多々見られました。
ここはちょっと気長に待ちましょう。

Google Play Developerに登録完了後

登録が無事完了するとGoogleからメールで通知があり、Developer Consoleにログインすることができるようになります。

Google Play Developer Console

自分の公開したアプリの総ダウンロード数や現在のインストール数、評価などが見れて楽しいです!

Googleに身分証明書を提示する場合も。

また、人によっては(僕もでしたが)Googleから身分証明書の提示を求められる場合があります。
自分の場合、画像投稿のできるフォームが表示され、運転免許証のスキャン画像をGoogle(しかも米国の)にそのフォームより申請することになりました。
他の人は1時間程度でGoogle Play Developerアカウントが完成したという人もいました。

これに関してはまったくわからないです。。
実際に審査している人がいて基準がバラバラだったりするのでしょうか??


まだまだこれからも盛り上がってくるアンドロイドアプリ
みなさんも是非、Google Play Developerとなって人々に楽しんでもらえるアプリを作って公開してみてください!


< この記事をシェア >





usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m


このGoogle Play Developer アカウント作成方法 – GooglePlayでアプリ公開の最終更新日は2013年11月15日です。
記事の内容に変化やご指摘がありましたら問い合わせフォームまたはusedoorのTwitterまたはusedoorのFacebookページよりご連絡ください。

キーワード:Android , スマートフォン , 登録 ,






usedoorTOPへ戻る

usedoorをフォロー


  • 注目の使い方

    『iPhone SE』の価格・料金まとめ – ドコモ・au・ソフトバンク・SIMフリー比較

    docomo、au、ソフトバンクが価格を発表!実質価格は10,368円~


    【Apple Pay】iPhoneでSuicaにチャージする方法完全まとめ(現金・クレジットカード・オートチャージ)

    いちおう現金からでもできるiPhoneへ取り込んだSuicaのチャージ方法を総まとめ!


    注目の記事をぜんぶ見る

  • 最新記事

    【Windows】アプリ画面がディスプレイ外に出ていって表示されない時の対処方法、戻し方

    モニターが2枚と1枚の環境を行ったり来たりしてると発生するウザい現象の対処方法


    「シン・ゴジラ」デザインのTカードを発行する方法

    TSUTAYA店舗に行かなくてもWEBから簡単に発行のお申し込みが出来るぞ!


    最新記事をもっとチェック

  • 人気記事ランキング

    ランキングを見る

  • 使い方 カテゴリー

    暮らし
    趣味
    節約・稼ぐ
    WEB
    デジタル
  • キーワード

    Amazon Android apple au Chrome iOS iOS 8 iPad iPhone iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 6s iPhone 6s Plus iPhone 7 iPhoneおトク Kindle MNP PC SIMフリー SoftBank Windows windows 10 アカウント オトク キャッシュバック クーポン スタンプ スマートフォン セキュリティ ソフトバンク タブレット ドコモ ドコモオトク ドコモオンラインショップ レビュー ワイモバイル 削除 動画 料金 新規契約 楽天モバイル 機種変更 注目・ピックアップ 無料 登録
  • usedoorをフォロー


  • Google Playの他の記事

    Google Playの記事一覧