【誰でもおトク!!】超おトクなdカード、dカードGOLDを徹底完全まとめ!

新着を見る



最終更新 [2014年7月12日]

[スポンサーリンク]


キーワード:404, Analytics, エラー,



GoogleAnalyticsなどでWEBサイトやブログなどのアクセスを見ていると時々、『/doubleclick/DARTIframe.html』という自分のサイトにはないページへのアクセスがあります。

参照元がdoubleclickなどになっていてAdsense関連のエラーかな?ということがわかります。
/doubleclick/DARTIframe.htmlというページは自分のサイトにはないので、Analyticsなどでは404 NotFoundを叩きだすという結果に。。

そんな/doubleclick/DARTIframe.htmlが404エラーを吐いていたときの対応方法です。


/doubleclick/DARTIframe.htmlの対応方法

そもそも何?

そもそもこの/doubleclick/DARTIframe.htmlって何ぞや。

全然意味がわからないのでGoogle公式のDoubleClick for Publishersで見てみると

DoubleClick Rich Media の広告に iframe でアクセスできるようにするには、サイト運営者は自分のドメインに特別なファイルを置く必要があります。
このファイルは、広告サーバーのドメインとサイト運営者のドメインの橋渡し役になります。

DoubleClick Rich Media の要件として、サイト運営者は、ウェブサーバー上のウェブサービスのルート ディレクトリに特定のフォルダ(相対 URL: /doubleclick)を用意し、その中に DARTIframe.html ファイルを追加する必要があります。

たとえば、ウェブサイトの URL が www.example.com の場合、www.example.com/doubleclick の中に DARTIframe.html ファイルを追加します。
DoubleClick では、ドメインだけでなく、広告の配信先となるすべてのサブドメインにも iframe ソリューション ファイルを配置することをおすすめしています。

https://support.google.com/richmedia/answer/156583?hl=ja

とのこと。

正直よくわかりませんが、Adsenseの広告関連かつiframeの広告関連の模様。
↓の方法でDARTIframe.htmlというファイルをサーバー上にアップロードして404 NotFoundを回避することができます。

対処方法

DARTIframe.htmlをダウンロード

↓のページにDARTIframe.htmlが置いてあるのでアクセスします。
http://www.adopstools.com/?section=miscellaneous&page=iframes

DARTIframe.htmlにカーソルをあわせて右クリック
Firefoxであれば「名前をつけてリンク先を保存」をクリックします。

または直接、DARTIframe.htmlにアクセスします↓
http://www.adopstools.com/ibusters/doubleclick/DARTIframe.html

真っ白のページが表示されるので右クリックして「ソースを表示」させて中身を全部コピーします。


DARTIframe.htmlを自分のサーバーにアップロード

あとはダウンロードしたhtmlを自分のサーバーにアップロードすればOKです。
サーバーのルートディレクトリに『doubleclick』というディレクトリを作成して、その中にDARTIframe.htmlをアップロードします。

WordPressにアップロードする場合

wordpressの場合のルートディレクトリは「wp-content」「wp-admin」「wp-includes」などが置いてある場所となります。
wp-contentの置いてあるディレクトリと同じ場所に「doubleclick」というディレクトリができることになります。

/doubleclick/DARTIframe.htmlにアクセス

あとは、http://自分のドメイン/doubleclick/DARTIframe.htmlにアクセスします。
usedoorだとhttp://usedoor.jp/doubleclick/DARTIframe.htmlとなります。

ダウンロードしたHTMLをそのままアップロードした場合は真っ白なページですが、右クリックしてソースを表示して内容がちゃんと表示されればOKです。
これで404エラーが回避されます。


< この記事をシェア >





usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m


この/doubleclick/DARTIframe.htmlというアクセスが404エラーとなっていた時の対処方法の最終更新日は2014年7月12日です。
記事の内容に変化やご指摘がありましたら問い合わせフォームまたはusedoorのTwitterまたはusedoorのFacebookページよりご連絡ください。

キーワード:404 , Analytics , エラー ,




新着記事

【最安一括648円】機種変更もOK。ドコモ2016年モデル『arrows SV F-03H』『AQUOS EVER SH-02J』を激安で購入する方法

携帯電話

2016年後半発売のミドルスペックモデルが値下げで激安に。新規/MNP/機種変更どれでもOK

【Android】充電中はディスプレイを常にオンにする方法 – 電源接続時のみスリープさせないようにできるぞー

Androidスマホ

充電中ならずっと画面オンでもいいじゃん!開発者オプションを使えば誰でも設定できる


≫ 新着記事をもっと見る



usedoorTOPへ戻る

usedoorをフォロー


  • 注目の使い方

    LINEのモバイルデータ通信量を抑える設定方法 – 画像や動画周りを節約!

    LINEが原因で通信規制を受けている人は一度設定をチェック!


    今すぐできる!iPhone・Androidの空き容量を増やす方法 – 「Googleフォト」に写真をバックアップする方法

    写真や動画をよく撮影する人はこの方法おすすめですよ~。Googleフォトに無制限なら無制限に写真をバックアップできるぞ!


    注目の記事をぜんぶ見る

  • 最新記事

    【最安一括648円】機種変更もOK。ドコモ2016年モデル『arrows SV F-03H』『AQUOS EVER SH-02J』を激安で購入する方法

    2016年後半発売のミドルスペックモデルが値下げで激安に。新規/MNP/機種変更どれでもOK


    【Android】充電中はディスプレイを常にオンにする方法 – 電源接続時のみスリープさせないようにできるぞー

    充電中ならずっと画面オンでもいいじゃん!開発者オプションを使えば誰でも設定できる


    【ソニーストアに在庫あり】「PlayStation 4 Pro」を予約・購入する方法

    [1/22出荷予定]PS4 Proがソニーストアで買えるぞ!


    最新記事をもっとチェック

  • 人気記事ランキング

    ランキングを見る

  • 使い方 カテゴリー

    暮らし
    趣味
    節約・稼ぐ
    WEB
    デジタル
  • キーワード

    Amazon Android apple au Chrome iOS iOS 8 iOS 9 iPad iPhone iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 6s iPhone 6s Plus iPhone 7 iPhoneおトク Kindle MNP PC SIMフリー SoftBank Windows windows 10 アカウント アップデート オトク クーポン スタンプ スマートフォン セキュリティ ソフトバンク タブレット ドコモ ドコモオトク ドコモオンラインショップ レビュー ワイモバイル 削除 動画 料金 楽天モバイル 機種変更 注目・ピックアップ 無料 登録
  • usedoorをフォロー


  • サイト運営・コード・htmlの他の記事

    facebookのいいね!が増える? 公式LikeBoxの作り方・設置方法

    facebookページをアピールできる公式ソーシャルプラグイン


    サイト運営・コード・htmlの記事一覧