【リアルタイム更新】iPhone Xの在庫状況をチェックする方法 - ドコモ・au・ソフトバンク

最終更新 [2014年1月31日]



キーワード:クラウド, ワード,



AWS(amazon web services)へのログイン方法とAWSの無料期間、用語などなどをまとめています。

ちょっくら知識が増えてきたらこのページを更新していきたいと思っています。


AWS(amazon web services)へのログイン方法

↓からAWS(amazon web services)へログインできます。
https://portal.aws.amazon.com/gp/aws/developer/registration/index.html

ログイン時に必要なのは登録したメールアドレスとパスワードのみ。
※登録が終わっていることが大前提です。
登録方法はこちら

My e-mail address is: 自分のAWSアカウントのメールアドレス
I am a returning user and my password is:もう既にアカウントあるよ。

ということ

この下にパスワードを入れて、Sign in using out secure serverをクリックします。

これがAWS(amazon web services)の全てのサービスの管理画面トップページです。
※各サービスを操作する画面(AWSマネジメントコンソール)はまた別にあります。後述します

AWSは有名なEC2(仮想サーバ。1つの仮想サーバーをインスタンスと呼ぶ)やらデータ保存領域であるElastic Block Store (EBS)など様々なサービスの総称です。
この画面では、使うことのできる各サービスの概要を確認することができます。

自分が調べた(使う)範囲で調べてみました。

Amazon Elastic Compute Cloud (EC2):仮想サーバー(インスタンス操作)
⇒俗に言う仮想サーバーのサービス。
 一番使うというかメインの部分ではないでしょうか?

Elastic Block Store (EBS)
⇒仮想サーバーのデータなどの保存領域。
 仮想サーバー(インスタンス)にアタッチして使います。
 HDDだと思えばOKだと思います。

Amazon Simple Storage Service (S3)
⇒APIが大量に公開されているストレージサービス
 WEBベースで簡単にストレージ領域にタッチできます。

とりあえずはこのくらいで。。
だんだんと知識増やしていきますのでご勘弁を。。
素人だとなかなかAWSは大変です。

AWSマネジメントコンソールにログイン

画面右上にある「アカウント/コンソール」にマウスをあわせ、「AWSマネジメントコンソール」をクリックします。

これが「AWSマネジメントコンソール」となります。
ここからEC2であったり、S3であったりと個別の管理ページに移動することができます。


AWS(amazon web services)の無料期間に関して

なんていうか本当に料金体系のわかりにくいAWS(amazon web services)
けっこう有名な話です。。

が、無料期間(お試しのようなもの?)が1年間ついてくることは確かです。

金額に関しては2014年2月くらいから一目でわかるグラフがローンチされるという話も聞きましたが、自分が見た限りではありません。。
まぁ自分はまだ無料期間ユーザなんですが。。

とにかく無料期間の特典をいろいろと調べて、まとめてみました。
Amazon公式の回答は↓に載っています。

AWS 無料利用枠に関してよくある質問

■ちょっとだけ抜粋

・Amazon EC2 Linux/UNIX、RHEL または SLES マイクロインスタンス使用(613 MB メモリと、32 ビットと 64 ビットプラットフォームサポート)750 時間 – 毎月継続的に実行するのに十分な時間*
・Amazon EC2 Microsoft Windows Server マイクロインスタンス使用(613 MB メモリと、32 ビットと 64 ビットプラットフォームサポート)750 時間 – 毎月継続的に実行するのに十分な時間*
・Elastic Load Balancing 750 時間に加え 15 GB 分のデータ処理*
・750 時間の Amazon RDS Single-AZ マイクロ DB インスタンスの使用(MySQL、Oracle BYOL、または SQL Server Express Edition を実行) – DB インスタンスを毎月継的に実行するのに十分な時間。20 GB のデータベースストレージ、1,000万 I/O、20 GB のバックアップストレージも使用可能*
・750 時間の Amazon ElastiCache – キャッシュノードを毎月連続して実行するのに十分な時間*
・Amazon Elastic Block Storage 30 GB に加え、200 万 I/O、スナップショットストレージ 1 GB*
・5 GB の Amazon S3 標準ストレージ、20,000 Get リクエスト、および 2,000 Put リクエスト*
・Amazon DynamoDB に対して、100 MB のストレージ、5 ユニットの書き込み容量、および 10 ユニットの読み込み容量。**
・Amazon SimpleDB マシン時間 25 時間とストレージ容量 1 GB**
・Amazon SWF ワークフロー実行を 1,000 回まで無料で開始可能。アクティビティタスク、シグナル、タイマー、マーカー合計 10,000 個と 30,000 ワークフロー日も無料で使用可能。**
・Amazon Simple Queue Service 100,000 リクエスト**
・Amazon Simple Notification Service 100,000リクエスト、100,000 HTTP 通知、1,000 メール通知**
・Amazon Cloudwatch 10 メトリックス、10 アラーム、1,000,000 API リクエスト**
・すべての AWS サービスを総合して、帯域幅「送信(アウト)」15 GB。*

* これらの無料利用枠は、2010 年 10 月 20 日以降に無料利用枠にサインアップされた既存の AWS のお客様および AWS の新規お客様のみを対象としており、AWS サインアップ日から 12 か月間ご利用いただけます。無料利用の有効期限が切れた場合、またはアプリケーション使用量が無料利用枠を超えた場合は、標準の料金、つまり従量課金制でお支払いください(価格の詳細一覧については、それぞれのサービスページをご覧ください)。ご利用にあたっての条件が適用されます。詳細については、使用条件をご覧ください。

**これらの無料利用枠は、AWS の既存および新規のお客様両方に無制限にご利用いただけます。

わけわかりません。。

ただ自分の使い方に照らし合わせて考えてみると↓のようになるようです。

・仮想サーバー(インスタンス)は最小のもの(マイクロインスタンス)であればLinuxだろうがRHELだろうがWindowsだろうが無料
※ストレージ書き込みやトラフィックの量もあります。
自分のように、WindowsOSのインスタンスを作る ⇒ ちょっと使う(WEB公開などはしない) ⇒ 削除 の繰り返しであれば無料でいけます。

・グローバルIPはインスタンスにくっつけておけば無料

・Amazon S3 (Amazon Simple Storage Service)もストレージ5GBは無料
※20,000 Get リクエスト、2,000 Put リクエストという制限がありますが、ほんとに激しいWEBサイトくらいしかこの条件を突破しないと思います。

ふうむ。
これならとりあえずのところ無料で検証できそうです。

ちなみに友人はグローバルIPを2つ借りていて、1つをインスタンスに紐付けてもう1つを放置していたところ、しっかりと課金が発生したようです。


とりあえず登録から1年間は割とヌルめで無料期間としていけますのでAWSの導入を考えている人はまずはやってみましょう。

自分も全くわからないところからのスタートですので色々情報を頂ける、教えて頂ける方もお待ちしております!
こちらからご連絡お待ちしています!


< この記事をシェア >




usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m


このAWSログイン方法、無料期間、用語などなど【日本語解説】 – AWSの使い方の最終更新日は2014年1月31日です。
記事の内容に変化やご指摘がありましたら問い合わせフォームまたはusedoorのTwitterまたはusedoorのFacebookページよりご連絡ください。

キーワード:クラウド , ワード ,




新着記事

【延長しました!!】『arrows NX F-01K』の機種変更が5,400円割引になるドコモオンラインショップ限定割引クーポンをusedoor読者にプレゼント!

キャンペーン

「arrows NX F-01K」に使える当サイト限定の機種変更クーポンをプレゼント!契約変更にも使えます!

【1月31日まで】bitFlyerでビットコインを手数料無料で購入する方法

仮想通貨

ビットコイン取引量に日本一のbitFlyerでビットコインが手数料無料で購入できます

【全機種43,200円割引】ワイモバイルからソフトバンクにのりかえしてお得に契約する方法

キャンペーン

Y!mobileからのお乗り換えキャンペーン!全機種43,200円割引!番号移行プログラムで総額25,920円割引!各種事務手数料も0円!

【バージョン8.0~】LINEのトークルームやタイムライン、広告の『情報の提供』をオフにする方法 – LINEの情報収集は”いちおう”拒否できる

LINE

トークルームのメッセージの内容、通話内容を提供するわけではないので別にいい気もしますが気持ち悪い人はオフでどうぞ


≫ 新着記事をもっと見る



usedoorTOPへ戻る

usedoorをフォロー


  • 注目の使い方

    【半額で買える!?】ソフトバンクの「iPhone 8 / 8 Plus」を発売日に安くおトクに購入する方法 – 価格、割引、クーポン、キャンペーンまとめ

    もしかしたら「機種変更限定ポイント」が付与されているかも!?iPhone8が半額になるプログラムも登場


    【Y!mobileタイムセール】ワイモバイルの端末をおトクにゲットする方法 – 機種変更やタブレットも激安!

    「AQUOS Xx-Y」は機種変更でも4,980円!「Android One 507SH」は2,980円~!これは激安!


    【iPhone X 価格まとめ・値段比較】お得にiPhone Xを購入する方法 – 各キャリアの予約開始&発売日まとめ

    ドコモ・au・ソフトバンクが価格発表!キャリアの最安はソフトバンクの新規・MNPで実質54,000円!


    注目の記事をぜんぶ見る

  • 最新記事

    【延長しました!!】『arrows NX F-01K』の機種変更が5,400円割引になるドコモオンラインショップ限定割引クーポンをusedoor読者にプレゼント!

    「arrows NX F-01K」に使える当サイト限定の機種変更クーポンをプレゼント!契約変更にも使えます!


    【1月31日まで】bitFlyerでビットコインを手数料無料で購入する方法

    ビットコイン取引量に日本一のbitFlyerでビットコインが手数料無料で購入できます


    【全機種43,200円割引】ワイモバイルからソフトバンクにのりかえしてお得に契約する方法

    Y!mobileからのお乗り換えキャンペーン!全機種43,200円割引!番号移行プログラムで総額25,920円割引!各種事務手数料も0円!


    【バージョン8.0~】LINEのトークルームやタイムライン、広告の『情報の提供』をオフにする方法 – LINEの情報収集は”いちおう”拒否できる

    トークルームのメッセージの内容、通話内容を提供するわけではないので別にいい気もしますが気持ち悪い人はオフでどうぞ


    最新記事をもっとチェック

  • 使い方 カテゴリー

    暮らし
    趣味
    節約・稼ぐ
    WEB
    デジタル
  • キーワード

    Amazon Android apple au Chrome iOS iOS 8 iPad iPhone iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 6s iPhone 6s Plus iPhone 7 iPhone X iPhoneおトク Kindle MNP PC SIMフリー SoftBank Windows windows 10 オトク キャッシュバック クーポン スタンプ スマートフォン セキュリティ ソフトバンク タブレット ドコモ ドコモオトク ドコモオンラインショップ レビュー ワイモバイル 写真 削除 動画 新規契約 機種変更 注目・ピックアップ 無料 登録 非表示
  • usedoorをフォロー


  • あわせて読みたい記事