ApplePayにも対応!誰でも超おトクなdカード、dカードGOLDの使い方

新着を見る



最終更新 [2016年3月2日]

[スポンサーリンク]




Amazon買取サービス」を利用してみましたのでご紹介します。

Amazon買取サービスは「本・コミック・雑誌」「ゲーム機本体・ソフト」「DVD・ブルーレイ」「CD」などの商品を1点から買取してくれます。しかも、配送業者が自宅まで集荷に来てくれるのでとにかく楽ちんです。

2回目以降の買取は、Amazonギフト券(アカウントに自動で登録)として買取されるのですが、初めてAmazon買取サービスを利用する場合は現金で買取してくれます。事前に全ての買取価格がチェック可能で、査定に満足できなかったら無料で返送させる事もできます。

売りに行くのがめんどくさいという人にはおすすめのサービスだと思いますので、もし買取して欲しい商品がある人は試してみて下さい。Amazon買取サービスの使い方は以下になります。



Amazon買取サービスの使い方

①買取申込商品の検索

こちらにアクセスし、売りたい商品を検索します。
※検索されなかった場合は売れません。

最大の買取価格が表示されるので価格に納得できるのであれば「買取申込」を押します。




②商品のコンディション選択

買取に出す商品のコンディションを選択します。



コンディションの文字にマウスカーソルを合わせるとコンディションの基準を確認する事ができます。

コンディションの詳細についてはこちらを確認してください。



③集荷日時を指定

集荷の希望日は申し込みの翌日~3日後までを選択可能。時間は下記のいずれかが選択できます。



集荷可能時間
午前:9時~12時
午後:12時~14時、14時~16時、16時~18時
夜間:18時~20時、18時~21時、19時~21時
時間指定なし:9時~20時


日時を選択したら集荷先希望の住所を選択します。

※住所と氏名は同梱していただく身分証明書(運転免許証、健康保険証、住民基本台帳カード、パスポート、外国人登録証明書、在留カード、特別永住者証明書のいずれか)のコピーに記載されているものと同じである必要があります。身分証明書の住所と集荷希望の住所が異なる場合は、買取申込ができません。


④銀行口座情報を入力(初回お申込み時のみ)

買取金額を受け取る銀行口座の情報を登録。身分証明書の名前と銀行口座の名義人が異なる場合は、買取申込みできません。



初回買取のみ現金で、2回目以降はAmazon.co.jpアカウントに買取金額分のギフト券が登録される。


⑤返送オプションの選択

査定で自分が思っていたよりコンディションが悪く査定された場合、どうするか選択します。買取せず商品を返送を希望する事も可能です。コンディションが申し込み時より上だと判断された場合は、返送オプションに関わらず、上のコンディションに基いた買取価格が支払われます。



※返送は送料無料です。


⑥買取申込内容の確定

買取申込内容を確認し「買い取り申込の確定」を押す。




⑦買取申込書の印刷

「買取申込書を印刷」を押し、買取申込書を印刷する。プリンターを持っていなくても手書きで買取申込書を作成すれば大丈夫です。



プリンターを持っていない場合の詳細はこちら



⑧買取申込書にひらがなで署名

印刷した買取申込書の確認事項にチェックを入れ、名前をひらがなで署名。



※署名が未記入の場合や、身分証明書の名前・銀行口座の名義人・署名の名前の全てが一致しない場合は買取してくれないので注意して下さい。


⑨買取商品の梱包

下記の全てを箱もしくは封筒に詰めて梱包します。



・署名済み買取申込書
・買い取り申込商品
・身分証明書のコピー(初回申込み時のみ)
※運転免許証、各種健康保険証等の身分証明書は本人確認に必要となりますので、名前と現住所が表示された面を必ず全てコピーしてください。
身分証明書の詳細についてはこちら



⑩無料集荷

宅配業者が自宅に集荷に来るので。ドライバーに商品を渡します。あとは査定を待つだけです!




⑪買取金額をお支払い

支払方法は初回お申し込み時と2回目以降のお申し込みで違います。



■初回お申し込み
査定が完了次第、Amazon.co.jpアカウントに登録されているメールアドレス宛てに、振込手続き完了の連絡をEメールにて通知。査定完了後、銀行営業日で通常2営業日、最長で2週間で振込が完了。振込手続き完了の連絡後、自分で銀行口座への振込を確認。振込完了の連絡をもって、本人確認作業が完了。

■2回目以降のお申し込み
査定が完了次第、24時間以内にAmazon.co.jpアカウントに買取金額分のギフト券が自動登録されます。Amazon.co.jpアカウントに登録されているメールアドレス宛てに、支払完了の連絡をEメールにて通知。



ゲーム3本 3,790円で売れました!

物によってはブックオフなどの店舗より高く買取してくれると思います。沢山商品を買取して欲しい時や店舗に持って行くのがめんどくさいという人はAmazon買取サービスを利用してみてはどうでしょうか。とにかく楽なのでおすすめですよ~。


Amazon買取サービスはこちら

他の買取サービス
ネットオフ
楽天買取サービス
ヤフオク!


< この記事をシェア >





usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m


この「Amazon買取サービス」を利用してみた – Amazon買取サービスの申込み方法の最終更新日は2016年3月2日です。
記事の内容に変化やご指摘がありましたら問い合わせフォームまたはusedoorのTwitterまたはusedoorのFacebookページよりご連絡ください。

キーワード:3DS , Amazon , Amazon買取サービス , CD , DVD , PS Vita , PS3 , PS4 , wii , wii U , xbox , ゲームソフト , ゲーム機 , コミック , ブルーレイ , 評判 , 雑誌 ,




新着記事

【50%ポイント還元】Kindleストアで芥川賞受賞作『コンビニ人間』が実質半額で買えるぞ! – お得にKindle本を購入する方法

セール

読みたいと思っていた人は要チェックです!購入金額の50%分がポイント還元されます。

【最安一括648円】機種変更もOK。ドコモ2016年モデル『arrows SV F-03H』『AQUOS EVER SH-02J』を激安で購入する方法

携帯電話

2016年後半発売のミドルスペックモデルが値下げで激安に。新規/MNP/機種変更どれでもOK

【Android】充電中はディスプレイを常にオンにする方法 – 電源接続時のみスリープさせないようにできるぞー

Androidスマホ

充電中ならずっと画面オンでもいいじゃん!開発者オプションを使えば誰でも設定できる


≫ 新着記事をもっと見る



usedoorTOPへ戻る

usedoorをフォロー


  • 注目の使い方

    【一括0円】ドコモ「dtab d-01H」を激安で購入する方法 – 機種変更もOK!

    公式で一括0円!ドコモオリジナルの10.1インチAndroidタブレット


    LINEモバイルを契約して「LINEポイント」をゲットする方法 – 本格販売開始キャンペーン

    契約するプランに応じてゲットできるポイントが変動。最高で2,000LINEポイントをゲットできる!


    注目の記事をぜんぶ見る

  • 最新記事

    【50%ポイント還元】Kindleストアで芥川賞受賞作『コンビニ人間』が実質半額で買えるぞ! – お得にKindle本を購入する方法

    読みたいと思っていた人は要チェックです!購入金額の50%分がポイント還元されます。


    【最安一括648円】機種変更もOK。ドコモ2016年モデル『arrows SV F-03H』『AQUOS EVER SH-02J』を激安で購入する方法

    2016年後半発売のミドルスペックモデルが値下げで激安に。新規/MNP/機種変更どれでもOK


    【Android】充電中はディスプレイを常にオンにする方法 – 電源接続時のみスリープさせないようにできるぞー

    充電中ならずっと画面オンでもいいじゃん!開発者オプションを使えば誰でも設定できる


    最新記事をもっとチェック

  • 人気記事ランキング

    ランキングを見る

  • 使い方 カテゴリー

    暮らし
    趣味
    節約・稼ぐ
    WEB
    デジタル
  • キーワード

    Amazon Android apple au Chrome iOS iOS 8 iOS 9 iPad iPhone iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 6s iPhone 6s Plus iPhone 7 iPhoneおトク Kindle MNP PC SIMフリー SoftBank Windows windows 10 アカウント アップデート オトク クーポン スタンプ スマートフォン セキュリティ ソフトバンク タブレット ドコモ ドコモオトク ドコモオンラインショップ レビュー ワイモバイル 削除 動画 料金 楽天モバイル 機種変更 注目・ピックアップ 無料 登録
  • usedoorをフォロー


  • amazon web servicesの他の記事

    amazon web servicesの記事一覧