【PSVRあげます!!】Playstation VR(Camera同梱版)のプレゼントキャンペーンに応募する方法 - usedoor読者さんなら誰でも参加OK!

新着を見る



最終更新 [2016年6月10日]

[スポンサーリンク]




iPhoneのLive Photos(ライブフォト)をアニメーションGIFや普通の動画ファイルに変換したり、複数のムービーを繋げて合体したりすることができるGoogleが開発したiPhoneアプリ「Motion Stills」の使い方です。

GoogleがAppStoreにiPhoneのライブフォトで撮影したショートムービーをアニメGIFや普通の動画に変換する、複数のムービーを繋げて合体したりすることができるアプリ「Motion Stills」を公開しました。

これまで静止画や動画をアニメーションGIFにするアプリやサービスは色々とありましたが、ライブフォト⇒アニメGIFはあんまり聞いたことがありませんでした。
実質、iPhoneでしか見ることができない状態に近かったライブフォトムービーがアニメGIFとなればWEBサイトに埋め込んだり、最近だとTwitterにアップできたりと便利になります。

↑アニメGIF化したもの(Google Research Blogより)

GoogleがiPhoneの目玉機能に対してのアプリをAppStoreで公開というもの面白いですな。
ということで「Motion Stills」を使ってライブフォトムービーをアニメーションGIFに変換する方法を書いています。

[目次]
■Motion Stillsの概要
AppStoreからダウンロード
豆知識。Live Photosで撮影したムービーは「.JPG」と「.MOV」ファイルから出来てる
変換後はアニメGIFなら「.GIF」、ムービーなら「.MOV」の単一ファイルに!

■変換&合体!Motion Stillsの使い方
初期設定
アイコンを消しておけばパッと見は普通の写真
ライブフォトムービー⇒アニメーションGIFに変換
GIF変換前後のファイルサイズ比較
ライブフォトムービー⇒普通の動画に変換
ムービー変換前後のファイルサイズ比較
複数のライブフォトムービーを繋げて合体!
使ってみて勝手にまとめ

■関連記事
iPhone『Live Photos』の使い方とファイルの保存形式
TwitterでGIFアニメ画像を検索してツイートする方法
iPhone「Live Photos」の使い方の記事一覧



Motion Stillsの概要

AppStoreからダウンロード

Motion Stills – Create with Live Photos
価格: 無料
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ



豆知識。Live Photosで撮影したムービーは「.JPG」と「.MOV」ファイルから出来てる

ユーザー的には、ライブフォトムービーもアニメGIFも似たようなものです。
が、Live Photosで撮影したファイルの形式をPCなどで見てみると同じファイル名で「.JPG」と「.MOV」の2つで保存されています。

iPhoneで再生する場合は何の問題もないですが、PCなどで再生しようと思っても2つのファイルとなっているのでどうしていいかよくわからないのが正直なところでした。
今回の「Motion Stills」を使ってアニメGIF化することで利便性がグッとアップします。

変換後はアニメGIFなら「.GIF」、ムービーなら「.MOV」の単一ファイルに!

Motion StillsでアニメGIFに変換した後は1つの「.GIF」ファイル、ムービーに変換した後は1つの「.MOV」ファイルになって保存されます。
ファイル的には、ただのGIFまたはMOVファイルとなるので、あとは自分が使いたいようにすればOKです。

変換&合体!Motion Stillsの使い方

初期設定

画質サイズやリピート、Motion Stillsアイコンの有無の設定などお好みでどうぞ

Motion Stillsを起動するとiPhone内に保存されているライブフォトムービーを自動的に引っ張ってきて表示します。

画面一番上にある「設定アイコン」をタップすれば、画像の設定ができます。


サイズやリピート、透かしのON/OFF設定などができるので自分の好みの設定を最初にやっておくといいと思います。


Motion Stillsアイコンを消しておけばパッと見は普通の写真

設定の中にある「透かし入りGIF」をOFFにしておくと←のように変換された写真の右下に入るMotion Stillsマークが非表示(入らないよう)になります。

普通の写真として保存したい人はOFFにしておくことをオススメします。



ライブフォトムービー⇒アニメーションGIFに変換

アニメーションGIFに変換したい写真をMotion Stillsでタップします。


右の矢印?アイコンをタップします。


「GIFを送信」をタップします。


ライブフォトムービーがアニメGIFに変換されます。
変換中は画面上部にロードが表示されますが、アニメGIF変換の場合はすぐに終わりました。

アニメGIF化した画像を保存する場合は「画像を保存」をタップします。

また、TwitterやLINEでそのまま共有することもできます。


iOSの「写真」アプリではアニメGIFは再生できない。普通の画像としてしか表示できないのでご注意を。

写真を保存することでiOSの「写真」アプリでも変換したGIF画像を見ることができます。

が、iOSの「写真」アプリはアニメーションGIFの再生には対応していないのでiPhoneで見てもただの静止画となります。
PCなどに保存すれば、ちゃんと動くのでご安心を。


GIF変換前後のファイルサイズ比較

元の写真(.JPG)
ファイルサイズ:3.15MB


 ↓↓↓

変換後のアニメGIF(.GIF)
ファイルサイズ:5.85MB


ファイルサイズは、3.15MB⇒5.85MBとなります。
といっても元の.MOV分がないと考えると結果的には小さくなっています。

ライブフォトムービー⇒普通の動画に変換

普通の動画ファイルに変換したい写真をMotion Stillsでタップします。


右の矢印?アイコンをタップします。


「クリップを共有」をタップします。


ライブフォトムービーが普通の動画に変換されます。

変換中は画面上部にロードが表示されます。
動画に変換する場合は、若干時間がかかりました(数秒モッサリするイメージです)

変換した動画を保存する場合は「ビデオを保存」をタップします。

また、TwitterやLINEでそのまま共有することもできます。


動画はiOSの「写真」アプリから普通に再生できる。ムービー変換前後のファイルサイズ比較

動画に変換した場合は、iOSの「写真」アプリから普通に再生することができます。
(当たり前かもしれませんが。。)


ちなみに動画に変換した場合のファイルサイズは、3.15MB⇒7.36MBでした。


複数のライブフォトムービーを繋げて合体!

繋げて合体したいライブフォトムービーを右にスワイプします。


画面下部にムービーが保存されます。

同じ具合で繋げたい全てのムービーを全てスワイプして保存していきます。


ムービーの順番の変更は長押しで移動

画面下部に並べたムービーの順番を変更することもできます。

順番を変更する場合は、変更したいムービーのサムネイルを長押しして掴んで好きな順番に移動させればOKです。


繋げたいムービーを全て選択し、順番を決めたら「再生ボタン?」をタップします。


直接Youtubeにアップすることもできる

「Youtubeにアップロード」
「動画を共有」

と表示されます。
Youtubeにそのままアップすることにも対応しています。

繋げて合体した動画をiPhoneに保存しておきたい場合は「動画を共有」をタップします。


変換の時と同じメニューが表示されます。

「ビデオを保存」をタップすれば、iPhone内に動画として保存されます。


iOSの「写真」アプリでの再生もOKです。


まとめ。Motion Stillsを使えば、撮影時間が決まっているiPhoneのLivePhotosを動画感覚で使えるようになる!

本家Appleが出していてもいいくらいのクオリティ

↑で紹介したライブフォトムービーを繋げて合体する方法を使えば、本来3秒しか保存できないライブフォトムービーを動画感覚で使えるようになります。
そのままYoutubeにアップロードすることができるのも便利です。

iPhoneの目玉機能に対してのアプリをGoogleが出したというのもアレですが、けっこう使えるし面白いアプリなので「Motion Stills」を使ってiPhoneのLive Photosの使い道をさらに広げてみてはいかがでしょうか?

[関連記事]
iPhone『Live Photos』の使い方とファイルの保存形式
TwitterでGIFアニメ画像を検索してツイートする方法
iPhone「Live Photos」の使い方の記事一覧

Motion Stills – Create with Live Photos
価格: 無料
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ



< この記事をシェア >





usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m


このLive Photosで撮影したショートムービーをアニメGIFや”普通の動画”に変換&合体できるアプリ『Motion Stills』の使い方の最終更新日は2016年6月10日です。
記事の内容に変化やご指摘がありましたら問い合わせフォームまたはusedoorのTwitterまたはusedoorのFacebookページよりご連絡ください。

キーワード:3D Touch , apple , Google , iPad , iPhone , Live Photos , Motion Stills , アニメーション , アニメGIF , 動画 , 注目・ピックアップ ,






usedoorTOPへ戻る

usedoorをフォロー


  • 注目の使い方

    格安SIMなら「iPhone SE」の端末代込でも月々4,000円以下! – 格安SIMで携帯料金を安くする方法

    Apple Storeでも分割購入可能!6月30日までAppleローンが24回払いまで実質年率0%!


    【発売開始!!】4K対応の新型「Chromecast Ultra」を日本国内で購入&おトクに購入する方法

    一家に一台は欲しいChromecastの新型が日本上陸。何かとスペックアップしてますが、値段がなぁ。。


    【ポケモンGO】イーブイの進化後ポケモンを指定する方法 – 全5種類。金銀アップデートの「エーフィー」「ブラッキー」対応

    金銀アプデでイーブイは全5種類の進化ができる!名前変更するだけだけど1回のみなのでご注意を


    注目の記事をぜんぶ見る

  • 最新記事

    【Windows】アプリ画面がディスプレイ外に出ていって表示されない時の対処方法、戻し方

    モニターが2枚と1枚の環境を行ったり来たりしてると発生するウザい現象の対処方法


    「シン・ゴジラ」デザインのTカードを発行する方法

    TSUTAYA店舗に行かなくてもWEBから簡単に発行のお申し込みが出来るぞ!


    最新記事をもっとチェック

  • 人気記事ランキング

    ランキングを見る

  • 使い方 カテゴリー

    暮らし
    趣味
    節約・稼ぐ
    WEB
    デジタル
  • キーワード

    Amazon Android apple au Chrome iOS iOS 8 iPad iPhone iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 6s iPhone 6s Plus iPhone 7 iPhoneおトク Kindle MNP PC SIMフリー SoftBank Windows windows 10 アカウント オトク キャッシュバック クーポン スタンプ スマートフォン セキュリティ ソフトバンク タブレット ドコモ ドコモオトク ドコモオンラインショップ レビュー ワイモバイル 削除 動画 料金 新規契約 楽天モバイル 機種変更 注目・ピックアップ 無料 登録
  • usedoorをフォロー


  • スマホアプリの他の記事

    【ポケモンGO】ポケモンが出現する場所を調べることができるアプリ『PokeWhere』の使い方 – ポケビジョンのアプリ版みたいなやつだー

    どこにどのポケモンがいるかわかっちゃうアプリPokeWhere。でも使わない方が面白いと思いますぜ。。


    スマホアプリの記事一覧