ApplePayにも対応!誰でも超おトクなdカード、dカードGOLDの使い方

新着を見る



最終更新 [2017年1月18日]

[スポンサーリンク]




格安SIM『LINEモバイル』の特徴やプラン、価格など実際に申し込んでみて記事にしてみました。

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

2016年9月5日、ついにLINEが運営する格安SIM『LINEモバイル』が発表されました。
詳細は後述しますが、最小プランは月額500円から持つことができ、どのプランでもLINEの通信はデータ通信費にカウントされないのが大きな特徴です。
さらにSNS関連のデータ通信量がノーカウント、さらにさらにLINE MUSICのデータ通信量がノーカウントになるプランも用意されています。

もちろんLINEアプリとも連携でき、設定すればLINEのトークで今月のデータ容量の残量などをチェックすることもできます。
また、設定をちゃんとやっていれば月額基本料金の1%分がLINEポイントとして自分のLINEアカウントに付与されます。

ということでLINEモバイルのプランや概要、実際に申し込んでみたので申し込み方法や必要なもの、実際にかかった金額などを紹介します。

[2017年1月18日 追記]
新たにMUSIC+プランが発表されました。
これはLINEはもちろん、TwitterなどのSNSのデータ通信に加え、LINE MUSICのデータ通信量もノーカウントにするというもの。
現状、LINEモバイルの中では一番上位のプランになると思います。

[追記]
LINEの他、facebook、Twitterの通信をカウントしないコミュニケーションフリープランにInstagram(インスタグラム)も対象として加わりました。
インスタの通信もカウントされないことになったのでさらに内容が充実しました。

関連記事:『LINEモバイル』の初期設定方法(APN、プロファイル)、アプリ連携、LTE速度測定まとめ


LINEモバイル概要

プランと金額、プラン別の特徴など

LINEフリープラン
データ容量 1GB
月額料金 500円
※別途、初期契約手数料:3,000円
追加料金 SMS:+120円/月
音声通話:+700円/月
※音声通話の場合、MNP対応
特徴 ・LINEで使用するデータが通信カウントなし(詳細は口述)
・LINEの年齢認証が可能
・SMSナシでもSMS認証をスキップできる
・データを友だちにプレゼントできる
・通信規制時の速度は200kbps
・月額料金の1%がLINEポイントで還元される
データカウントされないLINEの機能 ■トーク機能
・テキスト及ひ音声メッセーシの送受信
・スタンフ、画像、動画・その他ファイルの送受信
・無料通話、ヒテオ通話

■タイムライン機能
・画面閲覧、投稿(画像、動画む)

■その他の機能
・スタンプ、着せ替えのダウンロード
・アカウント設定に関わるご利用
・友だち一覧画面の表示、友だち追加
・「その他」画面の表示

■その他
・LINEモバイルのWEBサイトへのアクセス

↓はカウントされる
LINE NEWS、LIVE、MUSIC全般
注意点 ・音声通話プランは12ヵ月の最低利用期間アリ
(期間内解約は解約金が9,800円)
・同時に端末を購入する際は、端末代金は一括払いのみ

コミュニケーションフリープラン
データ容量 3GB、5GB、7GB、10GB
(すべてSMS付。SMSナシは用意されていない)
月額料金 3GB:1,110円
5GB:1,640円
7GB:2,300円
10GB:2,640円
※別途、初期契約手数料:3,000円
追加料金 音声通話:+580円/月
※音声通話の場合、MNP対応
特徴 ・LINEで使用するデータが通信カウントなし(詳細は口述)
・Twitterで使用するデータが通信カウントなし(詳細は口述)
・facebookで使用するデータが通信カウントなし(詳細は口述)
・Instagramで使用するデータが通信カウントなし(詳細は口述)
・LINEの年齢認証が可能
・SMSナシでもSMS認証をスキップできる
・データを友だちにプレゼントできる
・通信規制時の速度は200kbps
・月額料金の1%がLINEポイントで還元される
データカウントされないLINEの機能 ■トーク機能
・テキスト及ひ音声メッセーシの送受信
・スタンフ、画像、動画・その他ファイルの送受信
・無料通話、ヒテオ通話

■タイムライン機能
・画面閲覧、投稿(画像、動画む)

■その他の機能
・スタンプ、着せ替えのダウンロード
・アカウント設定に関わるご利用
・友だち一覧画面の表示、友だち追加
・「その他」画面の表示

・LINEモバイルのWEBサイトへのアクセス

↓はカウントされる
LINE NEWS、LIVE、MUSIC全般
データカウントされないTwitterの機能 ・タイムライン画面の表示・投稿(画像・動画む)
・「ホーム/ニュース/通知」の画面表示
・メッセージ機能のご利用
・プロフィール編集
・アプリではなくからのアクセスもカウントフリー対象
データカウントされないfacebookの機能 ・タイムライン/ニュースフィートの画面の表示・投稿(画像・動画含む)
・「リクエスト」「お知らせ」「その他」の画面表示
・プロフィール編集
・アプリではなくからのアクセスもカウントフリー対象

↓はカウントされる模様
facebook Messanger
データカウントされないインスタグラムの機能 ・タイムラインの画面の表示・投稿(画像・動画含む)
・アクティビティ
・ダイレクトメッセージ
注意点 ・音声通話プランは12ヵ月の最低利用期間アリ
(期間内解約は解約金が9,800円)
・同時に端末を購入する際は、端末代金は一括払いのみ

MUSIC+プラン
データ容量 3GB、5GB、7GB、10GB
(すべてSMS付。SMSナシは用意されていない)
月額料金 3GB:1,810円
5GB:2,140円
7GB:2,700円
10GB:2,940円
※別途、初期契約手数料:3,000円
追加料金 音声通話:+580円/月
※音声通話の場合、MNP対応
特徴 ・LINEで使用するデータが通信カウントなし(詳細は口述)
・Twitterで使用するデータが通信カウントなし(詳細は口述)
・facebookで使用するデータが通信カウントなし(詳細は口述)
・Instagramで使用するデータが通信カウントなし(詳細は口述)
・LINE MUSICが通信カウントなし
・LINEの年齢認証が可能
・SMSナシでもSMS認証をスキップできる
・データを友だちにプレゼントできる
・通信規制時の速度は200kbps
・月額料金の1%がLINEポイントで還元される
データカウントされないLINEの機能 ■トーク機能
・テキスト及ひ音声メッセーシの送受信
・スタンフ、画像、動画・その他ファイルの送受信
・無料通話、ヒテオ通話

■タイムライン機能
・画面閲覧、投稿(画像、動画む)

■その他の機能
・スタンプ、着せ替えのダウンロード
・アカウント設定に関わるご利用
・友だち一覧画面の表示、友だち追加
・「その他」画面の表示

・LINEモバイルのWEBサイトへのアクセス

↓はカウントされる
LINE NEWS、LIVE全般
データカウントされないTwitterの機能 ・タイムライン画面の表示・投稿(画像・動画む)
・「ホーム/ニュース/通知」の画面表示
・メッセージ機能のご利用
・プロフィール編集
・アプリではなくからのアクセスもカウントフリー対象
データカウントされないfacebookの機能 ・タイムライン/ニュースフィートの画面の表示・投稿(画像・動画含む)
・「リクエスト」「お知らせ」「その他」の画面表示
・プロフィール編集
・アプリではなくからのアクセスもカウントフリー対象

↓はカウントされる模様
facebook Messanger
データカウントされないインスタグラムの機能 ・タイムラインの画面の表示・投稿(画像・動画含む)
・アクティビティ
・ダイレクトメッセージ
注意点 ・LINE MUSICの利用料金は含まれないので別途契約が必要
・音声通話プランは12ヵ月の最低利用期間アリ
(期間内解約は解約金が9,800円)
・同時に端末を購入する際は、端末代金は一括払いのみ

MUSIC+プランは、2017年1月に追加で発表されたプランです。
現状、LINEモバイルのSIMの中では最上位にあたるプランとなります。
内容は、コミュニケーションフリープラン(主要SNSのデータ通信量がノーカウント)の内容全てに加え、LINE MUSICのデータ通信量がノーカウントになるというもの。
LINE MUSICをヘビーに使うユーザー的にはかなりオイシイSIMです。

ただし、LINE MUSICの利用料金は含まれていないので別途契約する必要があります。
(LINE MUSICには無料版がありますが、無料版とMUSIC+プランの組み合わせってあんまり意味ないと思います)

ちなみにMUSIC+プランとコミュニケーションフリープランの価格を比較すると、データ通信量の多いプランの方が価格差が小さくなっています。
10GBプランだと300円/月しか価格差はありません。

LINE MUSICを使う人で容量が大きめのもの契約する人はMUSIC+プランにした方がコスパがいいと思いますぜ。

■『LINEモバイル』のお申し込みはこちら
LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!



LINEモバイルに申し込む方法

申し込みに必要なもの、かかるもの

ちょっとエグい?データ専用プランでも本人確認書類が必要

・本人確認書類(データ専用でも必要)
・クレジットカード(デビットカード不可)
・メールアドレス
・MNP予約番号(MNPの人のみ)
・初期契約手数料3,000円(もちろん後払い)

LINEモバイルへの申し込みは、ブラウザから行います。
PCからでもスマホからでもOKですが、登録する項目がけっこう多いのでPCでの登録をオススメします。
(スマホからやってマジしんどかったので。。)

LINEモバイル

↑がLINEモバイルの申し込みページです。
PCでもスマホでもOKなのでアクセスします。


プランやSIMを選択

まずプランを選びます。

↑で紹介した「LINEフリープラン」or「コミュニケーションフリープラン」を選択します。

今回はどうせだったのでLINEの他にTwitterとfacebookもカウントフリーとなるコミュニケーションフリープランを選択してみました。

ちなみにコミュニケーションフリープランはデータ専用でもSMS付きプランしかなく、データ容量も3GBからとなっています。


SIMサイズを選択します。

iPhone 6sで使おうと思ったのでnano SIMにしました。


自分の情報を入力

自分の情報を入力していきます。

名前や住所、電話番号の他に登録するメールアドレスなどの入力も必須です。


←こんな選択肢もありました。


ここで一度メールが飛んできます。

メール認証というちょっと古いやつです。


メール内のURLから登録を続ける

LINEモバイルから届いたメールの中にあるURLをタップします。


本人確認書類の送信

本人確認書類の送信ページが開きます。


←にあるようなものが本人確認書類として扱われるものです。


撮影してそのままアップロードできる機能も搭載されています。



支払い方法選択

LINEモバイルの支払いには、クレジットカードとLINE Payカードが使えます。


マイページにログインするためのIDとパスワードを登録します。


最終確認が出ます。

問題なければ、申し込みを完了します。


これで完了です。


登録完了通知がメールで届く。マイページにはもうログインできる

登録したメールアドレスに申し込み受付完了の連絡がきます。


https://mobile.line.me/mypage/login/

↑がマイページのURLです。
LINEモバイルに登録完了している場合、メールアドレスと設定したメールアドレスですでにログインできます。


この契約なら1日で発送された

次の日に商品発送のメールがきました。
仕事早っ

MNPじゃなく不備がない場合は1日で発送されるようです。


SIM到着後にいろいろとあるらしいので続編書きます

LINEの公式アカウント上で、LINEモバイルの便利な機能をお使いいただくためには「契約者連携」と「利用者連携」の2つが必要となります。
どちらも、お使いのLINEアカウントと紐づけることを意味しています。

via:http://mobile-blog.line.me/archives/6421852.html

LINEモバイル公式ブログでは↑のように書かれています。
これはSIMが到着していろいろとやってみた後じゃないと厳しいと思うので後日別途記事を書いていこうと思います。

LINEはもちろん、コミュニケーションフリープランであれば、Twitter・facebook・Instagramの通信もノーカウントとなるLINEモバイル。
これらのサービスに毎月のデータ通信量を食われているユーザー的にはとってもオイシイSIMなので格安SIMの購入を検討している人はチェックしてみてください。

また↓の記事でも紹介していますが、他の格安SIMよりも通信速度が爆速なのは確かです(記事作成時)
これも1つのポイントだと思いますぜ。

関連記事:『LINEモバイル』の初期設定方法(APN、プロファイル)、アプリ連携、LTE速度測定まとめ

■『LINEモバイル』のお申し込みはこちら
LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!


< この記事をシェア >





usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m


キーワード:Android , iPhone , LINEモバイル , データ通信量 , プラン , 価格 , 注目・ピックアップ , 登録 ,




同じカテゴリの記事

FREETEL SIMのデータ通信量を確認する方法【節約モード】

MVNO・格安SIM

節約モードでデータ通信量を節約する事もできるぞ!

格安SIM『mineo(マイネオ)』の使い方 – プラン、特徴、価格、データ通信量、評判など完全まとめ

MVNO・格安SIM

ドコモ・auどちらでも使えるおトクな格安SIM。データシェアや複数回線割引など大手キャリア風のサービスもアリ

格安SIMの「無制限プラン」料金比較・まとめ – MVNOでスマホ料金を安くする方法

MVNO・格安SIM

「U-mobile」と「もしもシークス」は無制限なのに最大150Mbpsの高速通信!


新着記事

【50%ポイント還元】Kindleストアで芥川賞受賞作『コンビニ人間』が実質半額で買えるぞ! – お得にKindle本を購入する方法

セール

読みたいと思っていた人は要チェックです!購入金額の50%分がポイント還元されます。

【最安一括648円】機種変更もOK。ドコモ2016年モデル『arrows SV F-03H』『AQUOS EVER SH-02J』を激安で購入する方法

携帯電話

2016年後半発売のミドルスペックモデルが値下げで激安に。新規/MNP/機種変更どれでもOK

【Android】充電中はディスプレイを常にオンにする方法 – 電源接続時のみスリープさせないようにできるぞー

Androidスマホ

充電中ならずっと画面オンでもいいじゃん!開発者オプションを使えば誰でも設定できる


≫ 新着記事をもっと見る



usedoorTOPへ戻る

usedoorをフォロー


  • 注目の使い方

    【忘年会に!?】大人気トランプマスクを購入する方法 – いろんなトランプさんがいたのでまとめてみた!

    大人気のトランプマスクをがっつりまとめてみました!けっこう種類あることにビックリ


    【Apple Pay】iPhoneでSuicaにチャージする方法完全まとめ(現金・クレジットカード・オートチャージ)

    いちおう現金からでもできるiPhoneへ取り込んだSuicaのチャージ方法を総まとめ!


    【最新版】Twitterスマホアプリから即ブロックする方法 – iPhone・Android対応

    Twitterがまた仕様変更!アプリから即ブロックできるように


    注目の記事をぜんぶ見る

  • 最新記事

    【50%ポイント還元】Kindleストアで芥川賞受賞作『コンビニ人間』が実質半額で買えるぞ! – お得にKindle本を購入する方法

    読みたいと思っていた人は要チェックです!購入金額の50%分がポイント還元されます。


    【最安一括648円】機種変更もOK。ドコモ2016年モデル『arrows SV F-03H』『AQUOS EVER SH-02J』を激安で購入する方法

    2016年後半発売のミドルスペックモデルが値下げで激安に。新規/MNP/機種変更どれでもOK


    【Android】充電中はディスプレイを常にオンにする方法 – 電源接続時のみスリープさせないようにできるぞー

    充電中ならずっと画面オンでもいいじゃん!開発者オプションを使えば誰でも設定できる


    最新記事をもっとチェック

  • 人気記事ランキング

    ランキングを見る

  • 使い方 カテゴリー

    暮らし
    趣味
    節約・稼ぐ
    WEB
    デジタル
  • キーワード

    Amazon Android apple au Chrome iOS iOS 8 iOS 9 iPad iPhone iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 6s iPhone 6s Plus iPhone 7 iPhoneおトク Kindle MNP PC SIMフリー SoftBank Windows windows 10 アカウント アップデート オトク クーポン スタンプ スマートフォン セキュリティ ソフトバンク タブレット ドコモ ドコモオトク ドコモオンラインショップ レビュー ワイモバイル 削除 動画 料金 楽天モバイル 機種変更 注目・ピックアップ 無料 登録
  • usedoorをフォロー


  • MVNO・格安SIMの他の記事

    格安SIM『NifMo(ニフモ)』の使い方 – プラン、特徴、価格、データ通信量、評判など完全まとめ

    毎月の料金がさらに安くなる『バリュープログラム』を搭載したニフティが運営する格安SIM「NifMo」


    格安SIM『UQモバイル』の使い方 – プラン、特徴、価格、データ通信量、評判など完全まとめ

    au回線を使った格安SIM「UQモバイル」 ワイモバイルとほぼ同じ料金体系のライバル?


    MVNO・格安SIMの記事一覧