【値下げ!!】ドコモiPhone7 / Plusをおトクに購入する方法

新着を見る



最終更新 [2015年7月20日]

[スポンサーリンク]




Windows 10の予約アイコンが表示されず、windows 10の予約がデスクトップからできない時の対処方法です。

7月29日に登場するWindows 10
個人的にはWin8系が全くダメだったのでとっても期待しているOSです。

そんなWindows 10を早速予約しようと思っていたのですが、windows 10を予約するためのアイコンが表示されない!という現象に悩まされていました。。
別のパソコンではソッコー表示されたのに。。

システム要件は完全にクリアしているハズ。。
ということでいろいろと見直した結果、ちゃんとWindows 10の予約アイコンが表示されるようになったので表示されるまでの道のりを書いています。

ちなみに逆にWindows 10の予約アイコン(広告)がウザいという人は↓の記事をどうぞ

関連記事:Windows 10の広告アイコンを削除する方法【KB3035583】



Windows 10の予約アイコンが表示されない時の対処方法

そもそも対象か?をチェック

Windows 10の対象OS

Windows 10への無償アップグレードの対象OSは
・Windows 7 SP1
・Windows 8.1 Update
・Windows Phone 8.1
※32bit、64bitどちらも

残念ながらこの記事作成時には対象外となっているOS
・Windows 7 Enterprise
・Windows 8/8.1 Enterprise
・Windows RT/RT 8.1
・Windows XP
・Windows Vista

XPとVistaはテクニカルプレビュー版を使っていればいける?なんていう話もありましたが、結局厳しいらしいです。。
エンタープライズ版は、現在のところは対象外という立ち位置のようです。

ハードウエア最小条件
ハードウエア 必要要件
プロセッサ 1GHz以上のプロセッサまたはSoC
メモリ 32bit:1GB以上
64bit:2GB以上
HDD空き容量 32bit:16GB以上
64bit:20GB以上
グラフィックスカード DirectX 9以上
(WDDM 1.0ドライバ対応)
解像度 1,024×600以上

※↑はあくまでシステムが要求する最小要件


うーん。。
自分の環境はコレは余裕で満たしてました。。

Windows Updateをチェック

あくまでWindows 10の予約アイコン(広告)の登場はWindows Updateの1つ。
ということで対象のアップデートをインストールしていないのでは?の確認となります。

OS別、Windows 10予約アイコン用のアップデート
OS 必要なアップデート
Windows 7 SP1 KB3035583、KB2952664
Windows 8.1 Update KB3035583、KB2976978

スタート > コントロールパネル > Windows Update > 更新履歴の表示の中に対象のアップデートがあるかをチェック。
ない場合は、Windows Updateから更新してインストールしちゃいましょう。

いやぁこれも入ってるんだよなぁ。。

Windows Updateの設定を確認

自分はコレでした。。
なんて初歩的な。。

スタート > コントロールパネル > Windows Update > 設定の変更の中身を↑のようにすべてチェックしてOKを選択します。
設定完了後、再起動しちゃえば登場しました。。

まだ出てこない。。そのWindowsホンモノですよね…?

疑っているわけではないですが、いちおう自分のWindowsがホンモノかをチェックします。

コンピューター右クリック > プロパティの一番下にある「Windows ライセンス認証」が問題なくライセンス認証されているかをチェックします。

まだ出てこない。。そのWindows、会社で一元管理されているWindowsじゃないですよね…?

使っているWindowsに大元の管理者がいる場合はそこでぶったぎられている可能性が高いです。
ActiveDirectryなんかに参加していると管理者がそもそもWindows 10を勝手にインストールしないように設定しているパターンが多いですぜ。

まぁここまできてその可能性は低いとは思うのですが。。


【上級者編】それでも見つからない場合は、MSコミュニティで公開されていた手動のスクリプトを使ってみる

これちょっと上級者編になると思いますが、↑のことを全部やってもダメな時はMSコミュニティで紹介されていた方法が最終手段だと思います。
ちょっと小難しい方法ですが、コミュニティで紹介されていたものをそのまま紹介します。

Updateが正常にインストールされているかの確認コマンド

スタート > すべてのプログラム > アクセサリ > コマンドプロンプトを右クリック > 管理者として実行を選択します。
表示される黒い画面に↓を1行ずつコピーして入力します。

■Windows 7の場合
dism /online /get-packages | findstr 3035583
dism /online /get-packages | findstr 2952664

の2回

■Windows 8.1の場合
dism /online /get-packages | findstr 3035583
dism /online /get-packages | findstr 2976978

の2回

↑のようにどちらのコマンドを入力した時も『パッケージID』が戻ってくればOKです。


確認コマンドを作成して実行

次に↓をそのままコピーして、メモ帳に貼り付けます。

chcp 437
REG QUERY “HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\AppCompatFlags\UpgradeExperienceIndicators” /v UpgEx | findstr UpgEx

if “%errorlevel%” == “0” GOTO RunGWX

reg add “HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\AppCompatFlags\Appraiser” /v UtcOnetimeSend /t REG_DWORD /d 1 /f

schtasks /run /TN “\Microsoft\Windows\Application Experience\Microsoft Compatibility Appraiser”

:CompatCheckRunning

schtasks /query /TN “\Microsoft\Windows\Application Experience\Microsoft Compatibility Appraiser”

Powershell -Command “Get-ScheduledTask -TaskName ‘Microsoft Compatibility Appraiser’ -TaskPath ‘\Microsoft\Windows\Application Experience\'” | Find “Ready”

if NOT “%errorlevel%” == “0” ping localhost >nul &goto :CompatCheckRunning

:RunGWX

schtasks /run /TN “\Microsoft\Windows\Setup\gwx\refreshgwxconfig”


メモ帳に貼り付けたら、『ReserveWin10.cmd』という名前で『Cドライブ直下』に保存します。
※ファイル名&どこに保存でもいいですが、Cドライブ直下がわかりやすいと思うので。

次にまたスタート > すべてのプログラム > アクセサリ > コマンドプロンプトを右クリック > 管理者として実行を選択します。
表示される黒い画面に↓をコピーして入力して実行します。
C:/ReserveWin10.cmd

これで互換性のチェックを行ってくれるとのこと。
自分の場合はこの結果が表示されなかったので結果が書けないのですが、互換性の検証には10~30分かかるとのことでした。

via:Windows 10 無償アップグレードを予約したいのですが、タスク バーにアイコンが表示されていません


まだダメ。。こうなるとアップグレード対象に入ってないかも。。

ここまでやってもWindows 10予約アイコンが出てこない場合はやっぱりハードウエア関連に問題がある気がします。。
またメーカーの既製品のパソコンなどは対応が遅れていたりでまだアップグレード対象になっていないというお話もチラチラ聞いたりします。

やれることはやってWindows 10へのアップグレードに備えてみましょー。

関連記事:Windows 10の広告アイコンを削除する方法【KB3035583】


< この記事をシェア >





usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m


このWindows 10予約アイコンが表示されない時の対処方法 – WindowsUpdateや設定、要件などまとめの最終更新日は2015年7月20日です。
記事の内容に変化やご指摘がありましたら問い合わせフォームまたはusedoorのTwitterまたはusedoorのFacebookページよりご連絡ください。

キーワード:Windows , windows 10 , windows 8.1 , Windows7 , アップグレード , 無料 ,






usedoorTOPへ戻る

usedoorをフォロー


  • 注目の使い方

    【1月おすすめ】格安SIM(MVNO)料金徹底比較・まとめ! – 最安の格安SIMを調べる方法

    2月1日より、Nifmoの7GBプランが業界最安級に価格改定!7GBプラン1,600円~と激安です。


    注目の記事をぜんぶ見る

  • 最新記事

    『iOS 10.2.1』配信開始!アップデートしてみた。不具合、口コミなどまとめ。バグ修正&セキュリティ改善がメイン – iOS 10の使い方

    不具合も大きな変更点もなし。バグ修正&セキュリティ改善ということでiOS 10.2.1にしときましょ。


    最新記事をもっとチェック

  • 人気記事ランキング

    ランキングを見る

  • 使い方 カテゴリー

    暮らし
    趣味
    節約・稼ぐ
    WEB
    デジタル
  • キーワード

    Amazon Android apple au Chrome iOS iOS 8 iOS 9 iPad iPhone iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 6s iPhone 6s Plus iPhone 7 iPhoneおトク Kindle MNP PC SIMフリー SoftBank Windows windows 10 アカウント アップデート オトク クーポン スタンプ スマートフォン セキュリティ ソフトバンク タブレット ドコモ ドコモオトク ドコモオンラインショップ レビュー ワイモバイル 削除 動画 料金 楽天モバイル 機種変更 注目・ピックアップ 無料 登録
  • usedoorをフォロー


  • パソコンの他の記事

    Windowsで現在アクティブなウィンドウのみをキャプチャ(スクリーンショット撮影)する方法

    覚えておいたらちょっとラクチンになれる画面ショットの小ワザ


    パソコンの記事一覧