【当サイト限定 ドコモクーポン配布中!】iPhone 8、7、Plus、iPadが5,400円割引になる『限定割引クーポン』をusedoor読者にプレゼント!

新着を見る

最終更新 [2017年4月15日]





Windows10の動きが「ディスクの使用率100%」で重くなっている時の対処方法です。

自宅のデスクトップWindows10の動きが異常に重くなりました。。
タスクマネージャーから確認したところ、ディスク(C: D:)の使用率が常に100%という状況。。

いろいろやって標準に戻ったのでメモがてらやったこと全てを書いています。
かなり長い&最後の方はシステム設定をイジったりもしているので上から順にやってみてちょこちょこ時間をおいて、直ったらそこで完了という感じでやってみてください。


【Windows10】激重。常にディスクの使用率が100%になっている時の対処方法

タスクマネージャー&リソースモニターで確認

犯人がわかれば、プロセスを終了させて終わり

Windowsボタン右クリックやAlt+Ctrl+Deleteなどからタスクマネージャーを起動します。
左のメニューを「ディスク」に合わて使用率を確認します。

また、下にある「リソースモニターを開く」をクリックすれば、より詳細なプロセスを確認することができます。

↑リソースモニターの様子
ディスクをガリガリやっているプロセスが確認できます。
ここのプロセスから犯人がわかれば、そのプロセスを右クリックして終了させれば解決します。

ここからは自分が実際にやったことを順番に書いています。
1つづつやってみて使用率が落ち着くかをチェックしながら進んでみてください。
※HDD関連の内容なので実行は自己責任でお願いします。

そもそも。ディスク(C)のエラーをチェック

まずは、システムファイルの入っているCドライブのディスク自体にエラーがないかをチェックしてみました。
Cドライブを右クリックして「プロパティ」をクリックします。

プロパティが開いたら「ツール」を選択し「エラーチェック」を実行します。

エラーチェックが実行されます。
環境によって左右されますが、自分の場合は10分程度で結果が出ました。

Cドライブにエラーはないとの診断でした。

ディスクのクリーンアップ

いきなりシンプルですが、ディスクのクリーンアップを実行しました。
この作業は、ディスク内の不要なファイルを削除するお掃除機能ですが「システムファイルのクリーンアップ」もあるので念のため実行しました。

クリーンアップの方法は↓の記事に詳しく書いているのでこちらをチェックしてみてください。

関連記事:Windowsの『ディスクのクリーンアップ』の使い方



電源をパワー重視に変更

モバイル環境で使うノートPCとかはヤメといた方がいいかも

電源プランの設定を「高パフォーマンス」に変更しました。
注意書きにもあるようにパフォーマンスが優先されますが、消費電力が増えます。
充電環境がないモバイルPCなどにはオススメしません。

コントロールパネルを開きます。
中にある「電源オプション」をクリックします。

電源オプションが開きます。
左のメニューで「電源プランの作成をクリックします。

「高パフォーマンス」を選択すればOKです。

ウイルスソフトを停止してみる

次にWindowsにインストールしているウイルスソフトをオフにしました。
といっても今回のPCはWindows10備え付けの「Windows Defender」のみ。

こいつをオフにして様子を見てみましたが、ディスク使用率に変化はありませんでした。
Windows Defender以外のウイルスソフトを使っている人はそちらもオフにして様子見してみてください。
※ウイルスソフトを停止して解消した場合は、アンインストール状態で放置せず、他のウイルスソフトをインストールする等を行いPCの保護をお忘れなく!

関連記事:Windows Defenderを停止する方法


オンラインストレージを停止してみる

まだ落ち着かなかったので、次はオンラインストレージの同期を停止してみました。
同じような症状の人でOneDriveが悪さしていたという人もいました。

自分のマシンにはオンラインストレージは「OneDrive」と「Dropbox」が入っている状態でした。

オンラインストレージの同期停止は、だいたいどのアプリでも基本的にタスクバーからできます。
タスクバーに常駐しているアイコンを右クリック > 同期を停止をクリックすればOKです。

Windows10では備え付けになっているOneDriveの無効化やアンインストールをやりたい人は↓の記事をチェックしてみてください。

[関連記事]
【Windows10】Onedriveをアンインストール、完全削除する方法
【Windows10】OneDriveを無効化、非表示にする方法


ここまでは特にデメリットなくできる方法です。

↓ここからは、サービスの停止やシステム系の操作などをやっているので自分の環境に合わせて、また自己判断でお願いします。


ディスクをガリガリしてそうなサービスを停止

Windowsボタンを右クリックして表示される「コンピュータの管理」をクリックします。
左のメニューの「サービスとアプリケーション」を選択し、右側に表示される「サービス」をクリックします。
(最終的に「サービス」が開ければどのような感じで開いても大丈夫です)

SuperFetchを停止&無効化

サービスの中から「SuperFetch」を探します。
見つけたらこれを右クリックして「プロパティ」をクリックします。

SuperFetchのサービスを停止します。
自分はスタートアップも「無効」にしました。
SuperFetchは、本来パフォーマンスの向上が期待されるものですが環境によってはパフォーマンスに影響が出ることがあるようです。

Windows Searchを停止&無効化

次にWindows Searchのサービスを停止します。
Windows Searchは、Windows内にあるファイルやアプリなどが検索ボックスにワードを入力すると探せる機能。
MacでいうとこのSpotlightにあたる感じでしょうか。

使わないのであればオフにします。
オフにした場合、スタートメニューやタスクバーなどの検索ボックスが表示されなくなります。
機能がオフになっているので使えなくなるので当たり前かもしれません。

再起動後も使わないという人は、停止の後に無効化にしておいてもOKだと思います。
手順は↑でやったSuperFetchと同じでOKです。

これらを無効化に設定した後、ちょっと時間をおいてみます。

それでもディスク使用率が下がらないようであれば、次のステップに進みます。
ここからは起動設定や保護設定を変更したり、ディスクをガリガリやったりします。

システムの保護を無効化

【注意】システム復元ポイントがなくなる

システムの保護を無効にします。
無効にすることによってWindowsの復元ポイントが削除され、これ以降、復元ポイントが作成されなくなります。

復元ポイントがあれば、OSに何かしらエラーがあった時に過去の状態に戻れますが、無効化してなくなった場合、OSにエラーが生じた際は初期化が必要となります。
この辺の詳細は↓の記事をどうぞ。

関連記事:【Windows10】PCが起動しない⇒復元ポイントから手動でOSを回復させる方法


問題ないと判断した場合は、↓の手順でシステムの保護を無効化します。

Windowsボタン右クリックで「システム」を表示します。

左のメニューの「システムの保護」をクリックします。

Cドライブが「有効」になっていたら「構成」をクリックします。

「システムの保護を無効にする」を選択して「適用」をクリックします。

復元ポイントの削除と今後作成されないよ?という警告が表示されます。
問題なければ「はい」をクリックして無効化します。


仮想メモリを割り当てる

【注意】環境によって適切な値は変化する

次に仮想メモリの設定を変更しました。
自分のマシンはメモリが8GB搭載されているので設定しましたが、あまりメモリを積んでないマシンだとメモリ不足の警告が表示されることもあります。
メモリ多めのマシンであれば設定してみてください。

Windowsボタン右クリックで「システム」を表示します。

左のメニューの「システムの詳細設定」をクリックします。

詳細タブを選択した状態で表示されるパフォーマンスの「設定」をクリックします。

パフォーマンスオプションが表示されます。
仮想メモリの部分の「設定」をクリックします。

仮想メモリの設定が表示されます。
一番上のチェックを外すと下の項目が選択できるようになります。

カスタムサイズを選択して初期サイズと最大サイズを変更します。
自分のマシンはメモリ8GBで初期:4096、最大:8192を入力しました。
ここに入力するサイズは、基本的に1GBをMBに換算した1024の倍数を入力します。
決定したら「OK」をクリックして保存します。

ちなみにメモリが不足する場合は、警告が表示されるので元の状態に戻すことをオススメします。

最終手段?デフラグを実行

【注意】ディスクに悪いという話も。特にSSDだとNGかも

最後に昔からWindowsに搭載されている「デフラグツール」を実行しました。
ハードディスク上の断片化を見つけ、最適化してくれるというwindowsのツールです。

このデフラグ、自分昔は超ガツガツやっていました。
が、これ、ハードディスクをけっこうガリガリやるようでディスク的にはあまりよろしくはないようです。
特にSSDマシンの人とかはやらない方がいいと言われていたりもします。

ただ、自分はデフラグやりまくっていても特に大きなトラブルに発生したということはないです。
実行方法は↓となります。

Cドライブなどを右クリックして「プロパティ」をクリックします。

ツールタブを選択し、ドライブの最適化とデフラグの下にある「最適化」をクリックします。

デフラグの画面が表示されます。
まずは最適化が必要かをチェックするためにチェックしたいドライブにカーソルを合わせて「分析」をクリックします。

分析が開始されます。
終わるまで少々待ちます。

分析完了後、実行時間が更新され、状態の部分に「〇%が断片化しています」と表示されます。
これは完全に主観ですが、過去の経験上、断片化が20%を超えているとデフラグで最適化すると体感的にも動作が速くなるイメージがあります。

「最適化」をクリックするとデフラグツールによる最適化が開始されます。
どうせデフラグしたのであれば、C以外のドライブも分析、最適化しておくのもアリだと思います。

この一連の流れをやったらディスク使用率が落ち着いた

自分が今回やったのはコレでした。
この一連の流れをやったみたところ、ディスク使用率がかなり落ち着きました。
(ディスクEの使用率が高いのはエラーじゃなくてワザとです)
原因がはっきりしてないのでスッキリしないのもあるのですが、ここまでやればそれなりに落ち着きました。

人によって暴れているプロセスや機能が違うと思いますが、Windows10で同じような現象で苦しんでいる人がいれば参考にしてみてください。


< この記事をシェア >




usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m


この【Windows10】激重…ディスク使用率が常に100%でマシン動作が重すぎる時の対処方法の最終更新日は2017年4月15日です。
記事の内容に変化やご指摘がありましたら問い合わせフォームまたはusedoorのTwitterまたはusedoorのFacebookページよりご連絡ください。

キーワード:HDD , windows 10 , サービス , チェック , ツール , ディスク , デフラグ , ハードディスク , 仮想メモリ , 使用率 , 停止 , 動作 , 無効化 , 重い ,




同じカテゴリの記事

【Windows10】起動できない…再起動連発になった時に「復元ポイント」から手動でOSを回復させる方法

パソコン

PCは壊れてなさそうでもデスクトップが表示されない→OS構成ファイルが壊れてる可能性が高そうです

【Windows10】セーフモードで起動する方法

パソコン

ある意味有名なWindowsのトラブルシューティングの基本となる起動モード

【Windows 10】予測変換『クラウド候補』の使い方 – あの「ラッセンが好き!」まで表示されちゃう

パソコン

芸人のネタや流行語大賞、アルファベットのワードもクラウド候補なら表示される


新着記事

【LINE】スライドショー機能の使い方、作成方法

LINE

7.14.0から登場の新機能!結婚式で流れる感じの動画(スライドショー)がサクッと作れちゃう

【iPhone X 価格まとめ・比較】お得にiPhone Xを購入する方法 – 各キャリアの予約開始日、発売日まとめ

iPhone / iPad

ドコモ・au・ソフトバンクが価格発表!キャリアの最安はソフトバンクの新規・MNPで実質54,000円!

【元から安い!!】『GoogleHome Mini』をおトクに購入する方法 – 販売店舗&キャンペーンまとめ

ガジェット

元からお値段6,480円!こちらもビックカメラグループで条件が合えば嬉しいキャンペーン開催中


≫ 新着記事をもっと見る



usedoorTOPへ戻る

usedoorをフォロー


  • 注目の使い方

    これは食べてみたい!非売品のNISSIN『カップヌードルふりかけ』をゲットする方法

    またまた日清が面白いもの出してる!購入はできない「ふりかけ」がマジ気になる


    【インスタグラム】アンケート機能を使って友だちに投票してもらう方法

    回答結果は相手に伝わるインスタのアンケート。用途は様々!


    iPhoneの画面を横向きで固定(ロック)する方法 – Safariなど横表示に対応しているアプリ用

    家でゴロゴロしながらブラウジング⇒画面が回転してウザい!という人へ


    Xperia XZs実機レビュー – ドコモ版『SO-03J』を使ってちょっと辛口めに… 他キャリア版との比較&使い方

    ドコモ版のXZsでのレビューだけどスペックやベンチマーク結果などは他のキャリアも同じだと思います!


    TVer(ティーバー)をテレビの大画面で視聴する方法

    ChromeCastなどには正式対応してないけど、テレビなどの大画面に出力することはできる!


    注目の記事をぜんぶ見る

  • 最新記事

    【LINE】スライドショー機能の使い方、作成方法

    7.14.0から登場の新機能!結婚式で流れる感じの動画(スライドショー)がサクッと作れちゃう


    【iPhone X 価格まとめ・比較】お得にiPhone Xを購入する方法 – 各キャリアの予約開始日、発売日まとめ

    ドコモ・au・ソフトバンクが価格発表!キャリアの最安はソフトバンクの新規・MNPで実質54,000円!


    【元から安い!!】『GoogleHome Mini』をおトクに購入する方法 – 販売店舗&キャンペーンまとめ

    元からお値段6,480円!こちらもビックカメラグループで条件が合えば嬉しいキャンペーン開催中


    最新記事をもっとチェック

  • 人気記事ランキング

    【ミニスーファミ販売情報】『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』を予約・購入する方法

    【ミニスーファミ販売情報】『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』を予約・購入する方法

    抽選販売開催中!ミニスーファミの発売日は10月5日で、価格は7,980円!


    【抽選販売受付中!】「ニンテンドースイッチ」を予約・購入する方法

    【抽選販売受付中!】「ニンテンドースイッチ」を予約・購入する方法

    エディオンアプリで抽選販売受付中!ビックカメラ店舗で10月27日(金)に店頭販売!...


    【10月版】のりかえでiPhone 7を買うならどこが安いか調べてみた! – ドコモ・au・ソフトバンクのiPhone 7料金比較・まとめ

    【10月版】のりかえでiPhone 7を買うならどこが安いか調べてみた! – ドコモ・au・ソフトバンクのiPhone 7料金比較・まとめ

    10月にiPhone7買うなら3キャリアどこが一番安い?MNPで購入した場合の料金を比較...


    ランキングを見る

  • 使い方 カテゴリー

    暮らし
    趣味
    節約・稼ぐ
    WEB
    デジタル
  • キーワード

    Amazon Android apple au Chrome iOS iOS 8 iPad iPhone iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 6s iPhone 6s Plus iPhone 7 iPhoneおトク Kindle MNP PC SIMフリー SoftBank Windows windows 10 アップデート オトク キャッシュバック クーポン スタンプ スマートフォン セキュリティ ソフトバンク タブレット ドコモ ドコモオトク ドコモオンラインショップ レビュー ワイモバイル 写真 削除 動画 新規契約 機種変更 注目・ピックアップ 無料 登録 非表示
  • usedoorをフォロー


  • あわせて読みたい記事