ApplePayにも対応!誰でも超おトクなdカード、dカードGOLDの使い方

新着を見る



最終更新 [2015年10月27日]

[スポンサーリンク]




Macをデュアルモニターなどのマルチモニター、ミラーリングモニター、クラムシェルモードなど外部ディスプレイとの接続して使う方法です。

Mac(今回はMacbook Air)をデュアルモニターなど外部ディスプレイと接続して広いディスプレイを使えるように構築したときのメモです。

自分は、サイト更新などの作業でWindowsとMacbook Air(13インチ)のどちらもを使っているのですが、Macbook Airの場合、ディスプレイサイズが物足ないというのが正直なところでした。
せっかくWindowsを使っているPCのモニター23インチがあるのでデュアルモニターにすればいいじゃん!とふと思って、マルチモニター環境を構築しました。

多少買い足すケーブルなどはありますが、外部ディスプレイを既に持っている人は激安でMacをデュアルモニターなどマルチディスプレイにすることができるのでオススメですぜ。

ということでMacで外部ディスプレイを使ってマルチディスプレイ環境にする方法です。
また、ミーティングやプレゼンの時に役立つミラーリングモードとかも紹介しています。


Macをデュアルモニターなど外部ディスプレイと連携させてマルチディスプレイにする方法

今回のMac環境

今回自分がマルチディスプレイにしたときのMacの環境です。
・Macbook Air(13インチ 2013)
・OS X El Capitan(10.11.1)

記事作成時の最新OSまで上げていますが、OS X Yosemiteなどでも基本的に設定方法は変わらないと思います。

用意するモノ

外部ディスプレイ

Windows用に使っている23インチ「PHILIPS 238C5QHSN/11」をそのまま使いました。
別にこのモニターじゃなくても大丈夫ですが、新たに購入するのであればHDMI接続のできるモニターがオススメです。
※VGAとかでも購入するケーブルやアダプタを変更すれば大丈夫です。

【HDMI対応ディスプレイの場合】ThunderboltとHDMIを繋ぐ変換ケーブル

今回自分が使ったのはこの「MacLab. Thunderbolt – HDMI 変換ケーブル」です。
Macbook Air側のThunderbolt端子とフィリップスのディスプレイ側のHDMIを繋ぐのにピッタリで価格が880円(記事作成時)、さらに相性保証付きで評価も高いという一品。

価格がとってもお手ごろなので即決でした。
1.8mなのでテーブルの上だけで使う分には、ちょっと長いです。。

【HDMI非対応ディスプレイの場合】ThunderboltとVGAやDVIを繋ぐ変換ケーブル

ディスプレイ側がVGAの場合は↑のような変換アダプタを使用します。
いろんなモデルがありましたが、Apple対応と書かれている&このケーブルの評価が高かったので紹介してみました。


と外部ディスプレイ+ディスプレイの端子にあった変換ケーブルがあればOKです。


Macでマルチディスプレイ環境を構築する手順

Macと外部ディスプレイを接続。繋ぐだけでミラーリングされる

Macbook Airとフィリップスのモニターを「Thunderbolt – HDMI 変換ケーブル」で接続します。
接続時には何もする必要がなく、Thunderbolt端子をMacbookAirにHDMI端子をディスプレイに差すだけでOKです。

次にディスプレイ側の設定をポチポチやります。
というのも、今回使ったフィリップスのモニターには2つHDMI入力端子がついています。
今回、変換ケーブルを挿したのがMHL-HDMI側だったのでそちらに切り替えたというだけです。

昔でいうビデオ1、ビデオ2みたいな感覚で大丈夫です。
古いか。。

特に何も設定することなく、Macbook Airの画面がミラーリングモニターとして外部ディスプレイ側にも映し出されています。
ケーブルを接続しただけの初期設定は「ミラーリング」状態ということになります。

「ミラーリング=同じ画面を2つ映し出している」なのでMacbook側のポインタを動かせば、外部ディスプレイ側のポインタも同時に動きますし、文字を入力すればおなじ文字が入力されます。

とりあえずこの状態でログインします。

Mac側でデュアルモニターモードに設定する

次にMac側でミラーリングモードをデュアルモニターに変更します。
左上のメニューから「システム環境設定」を開きます。

システム環境設定内の「ディスプレイ」をクリックします。

ディスプレイ設定の上のタブを「配置」に切り替えます。
画面図の下に「ディスプレイをミラーリング」という項目があり、チェックされているのでチェックをはずします。

これでデュアルモニターモードとなります。
プレゼンなどMac上で画面を操作しながら、同じ画面をディスプレイに映し出すというシーンがあれば、もう一度ここにチェックを入れてミラーリングモードにすればOKです。

デュアルモニターの配置を変更する

次にデュアルモニターの配置を変更します。
Macbook Airに23インチディスプレイなどを使用した場合は、大きいほうのアイコンが外部ディスプレイ、小さい方のアイコンがMacbook Airとなります。

動かしたいディスプレイをクリックして離さず、つまんだ状態で自分の好きなように移動させます。
上下左右全てに移動できるので好きなように配置することができます。

↑Macのディスプレイを下、外部ディスプレイを上に設定した状態。
このように自由にディスプレイを配置することができちゃいます。

ドックバーの配置ディスプレイも設定できる

ディスプレイ設定に戻ります。
ディスプレイアイコンどちらかにある白い細いバーのようなアイコンがあります。

これがドックバーとなります。
ドックバーを配置したいディスプレイ側に白い細いアイコンを持っていけばOKです。


Macbookを閉じて外部ディスプレイだけに画面を映し出すクラムシェルモード

Macbookを閉じた状態で外部キーボードやマウス、ディスプレイを使うクラムシェルモードというモードもあります。
自分はMacbook用のキーボードやマウスを持ってなかったのでできなかったのですが、Apple公式によれば↓のような設定で食らうシェルモードを使う方法が書かれています。

■設定方法
USBキーボードとマウスをMacに接続

MacbookをAC電源充電アダプタに接続

Macbookと外部ディスプレイを接続

Macbookを閉じる

クラムシェルモード開始

Macbookを閉じた状態で外部ディスプレイを使うモードなのでもちろんキーボードやトラックパッドは使えなくなります。
だって閉じてるもの。

ということで先にマウスやキーボードを接続しておく必要があります。
またAC電源接続も必須となっています。

MacbookをWindowsデスクトップのような立ち位置で使うというのがクラムシェルモードとなっています。

Windowsよりも簡単にマルチディスプレイ化できるMac。1度はやってみて。

Windowsのマルチディスプレイは、モノにもよりますが別途のグラフィックボードが必要だったり、ケーブル分岐が必要だったりとちょっと面倒です。
それに比べ、Macbookは紹介したケーブルがあればサクッとマルチディスプレイ環境を作ることができます。
外部ディスプレイを既に持っている人は、コストも全然かかりませんぜ。

Macbookの画面が狭い!と感じている人は↑の方法でマルチディスプレイ環境を構築してみては?
初期設定となるミラーリングモードもプレゼンなどの時に超便利に使えますぜ。

今回使ったアイテム


< この記事をシェア >




usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m


このMacを外部モニターと接続してデュアルモニターなどマルチモニター化する方法 – ミラーリングやクラムシェルモードも紹介の最終更新日は2015年10月27日です。
記事の内容に変化やご指摘がありましたら問い合わせフォームまたはusedoorのTwitterまたはusedoorのFacebookページよりご連絡ください。

キーワード:apple , MacBook , Macbook Air , クラムシェルモード , デュアルモニター , マルチティスプレイ , ミラーリング , 外部ディスプレイ ,




同じカテゴリの記事

MacにWindows10をインストールする方法【Boot Camp 6編】

Mac

これでMacでもWindows10が使える!USBタイプCやThunderboltもOK!

Mac OS Xに対応している外付けDVD/CDドライブの使い方・比較

Mac

これさえあればiTunesに簡単にCDぶっこめます

【Mac】Spotlight検索で特定のディスクやフォルダを検索対象から除外する方法

Mac

プライベートなフォルダや他の人に検索されたくないフォルダはSpotlight検索の対象からハズしとこう

【Sierra 10.12.2で非表示に…】macOSのバッテリー残り時間を確認する方法 – メニューバーからは消えたけどチェックはできる

Mac

なぜかメニューバーから表示が消滅。。ただアクティビティモニタからは確認できる!まぁもともとアバウトな残り時間ですけどね。。


新着記事

【これは安い!】「スプラトゥーン2」を実質4,010円で購入する方法

ゲーム

ニンテンドースイッチ本体まだ買えてない...という人はとりあえずソフトだけでもお得に買っておくものありかも!

【ミッキー】Appleの動画編集アプリ『Clips』でディスニー&ピクサーのアニメーションを使う方法

スマホアプリ

バージョン1.1でミッキーやミニー、ウッディ、マックイーンなど16種類のディスニーアニメーションが登場

【8月31日まで】機種変更もOK!ドコモのXiガラケー2機種を実質0円でおトクに購入する方法

携帯電話

月々サポートによる割引。契約もシンプルでSPモードガラケーが実質0円になるのはちょっと嬉しい


≫ 新着記事をもっと見る



usedoorTOPへ戻る

usedoorをフォロー


  • 注目の使い方

    『イオンモバイル』の初期設定方法(APN、プロファイル)、LTE速度測定まとめ。iPhone・Android対応

    格安SIMの中でも最安値クラスのイオンモバイルを実際に試してみた!


    【Apple Pay】登録カードがモロバレ!iPhoneのロック画面でApplePayのWalletアプリの起動をオン/オフする方法 – 初期状態はON

    ロック画面から登録カードが見れちゃう。iOS 10.1アプデした人は多分ONになってるぞー


    注目の記事をぜんぶ見る

  • 最新記事

    【これは安い!】「スプラトゥーン2」を実質4,010円で購入する方法

    ニンテンドースイッチ本体まだ買えてない...という人はとりあえずソフトだけでもお得に買っておくものありかも!


    【ミッキー】Appleの動画編集アプリ『Clips』でディスニー&ピクサーのアニメーションを使う方法

    バージョン1.1でミッキーやミニー、ウッディ、マックイーンなど16種類のディスニーアニメーションが登場


    【8月31日まで】機種変更もOK!ドコモのXiガラケー2機種を実質0円でおトクに購入する方法

    月々サポートによる割引。契約もシンプルでSPモードガラケーが実質0円になるのはちょっと嬉しい


    最新記事をもっとチェック

  • 人気記事ランキング

    【7/21~22抽選販売】「ニンテンドースイッチ」を予約・購入する方法

    【7/21~22抽選販売】「ニンテンドースイッチ」を予約・購入する方法

    7月21日(金)にビックカメラで「Nintendo Switch スプラトゥーン2セット」の抽選販売!22~23日に店頭&オンラインで通常版の抽選販売。...


    【発売日深夜0時からお届け】Prime Nowで『ニンテンドースイッチ+スプラトゥーン2セット』をGETする方法

    【発売日深夜0時からお届け】Prime Nowで『ニンテンドースイッチ+スプラトゥーン2セット』をGETする方法

    7月20日(木)22時から販売スタート!購入出来た場合、発売日21日の深夜0時からお届けしてくれますよ~...


    ランキングを見る

  • 使い方 カテゴリー

    暮らし
    趣味
    節約・稼ぐ
    WEB
    デジタル
  • キーワード

    Amazon Android apple au Chrome iOS iOS 8 iPad iPhone iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 6s iPhone 6s Plus iPhone 7 iPhoneおトク Kindle MNP PC SIMフリー SoftBank Windows windows 10 アップデート オトク キャッシュバック クーポン スタンプ スマートフォン セキュリティ ソフトバンク タブレット ドコモ ドコモオトク ドコモオンラインショップ レビュー ワイモバイル 写真 削除 動画 料金 新規契約 機種変更 注目・ピックアップ 無料 登録
  • usedoorをフォロー


  • あわせて読みたい記事