【リアルタイム更新】iPhone Xの在庫状況をチェックする方法 - ドコモ・au・ソフトバンク

最終更新 [2017年6月28日]





誰でも無料で参加できるApple Beta Software Programに登録してAppleの時期OSを一足早くインストールして使ってみる方法です。

[2017年6月27日 更新]
iOS 11のパブリックベータ版がApple Beta Software Programに登場しました。
これまでは開発者向けとしてApple Developer Programには公開されていましたが、今回パブリックベータが公開されたことで誰でも無料でiOS 11をダウンロード&インストールできるようになっています。

Appleには、Beta Software Programという配信前の最新OSをテスターとして使ってみることができるプログラムがあります。
登録は必要ですが、誰でも無料で参加できます。
配信前のiOSやmacOS、tvOSなどに触れることができます。

ただ、もちろん正式版ではなくあくまでもベータ版です。
普段使っているiPhoneやiPadにブチ込むと使えないアプリや機能などが絶対に出てきます。
前の機種など普段使いしてない端末が対応端末なのであればインストールして遊んでみるのもいいかもです。

ちなみにAndroidにも似たようなのがあります。

[目次と関連記事]
Apple Beta Software Programとは?
Apple Beta Software Programに参加(登録)する方法
iOS Beta Software Profile(プロファイル)をインストールする方法
iOS 11パブリックベータをインストールする方法
登録したiOSデバイスを解除する方法
【Android】Android Beta Programから最新OSをインストールする方法



【無料&誰でもOK】Apple Beta Software Programに登録して最新のiOSやmacOS、tvOSのベータ版を一足早くインストールする方法

Apple Beta Software Programとは?

次回リリースのOSのプレリリースを試してバグ発見などに参加するというもの

次回リリースのiOS、macOS、およびtvOSを今までで最高のものにするためにご協力ください。
Apple Beta Software Programのメンバーは、プレリリースバージョンをお試しいただき、お気付きの点をお知らせいただくことで、Appleソフトウェアの構築に参加していただくことができます。

iOSに限らずですが、Appleの新しいOSのベータ版を入れてバグ発見やら気付いた点を報告したりすることに参加するというものです。
テスターってやつですな。
プログラムへの参加(登録)は必要ですが、無料で誰でも参加できますし、日本語にも対応しているので簡単です。

Apple Beta Software Programに参加(登録)する方法

https://beta.apple.com/sp/ja/betaprogram/welcome

↑にパブリックベータ版をインストールしたい端末でアクセスします。
今回はiPhoneでやってみました。

ちなみに登録しただけで最新OSがインストールされるわけではないのでご安心を。
とりあえず「登録だけ」でもOKです。

アクセスしたら「登録」をタップします。


自分のAppleIDの入力を求められます。

英語のページですが、英語なのはここだけなので問題ないと思います。


2段階認証を設定している場合は←が表示されます。

セキュリティ回りの設定は人によると思いますが、確認コードでの認証などがある場合は、コードを入力してログインします。


定番の規約が表示されます。

下にスクロールします。


規約読めません。。

まぁもう何となく言いたいことはわかると思うので、その辺OKという人は「承諾」をタップします。


これでApple Beta Software Programへの登録は完了となります。


あくまでこの端末の登録が完了しただけなので、iPhoneで↑をやったからといって最新のiOSベータ版がいきなりインストールされるということはもちろんありません。

最新のiOSのベータ版をインストールする場合は↓の手順を行っていきます。


iOS Beta Software Profile(プロファイル)をインストールする方法

iOS端末でApple Beta Software Programを使うには、まずはiOS Beta Software Profileというプロファイルのインストールが必要となります。

プロファイルをインストールするだけ自動的に最新OSのベータ版が適用される訳ではないのでご安心を。


プロファイルをインストールしたい端末(iPhoneなど)でApple Beta Software ProgramのWEBページを開きます。

タブを「iOS」に合わせて下にスクロールします。


文中でリンクになっている「お使いのiOSデバイスを登録」をタップします。


下にスクロールしていきます。


「プロファイルをダウンロード」をタップします。


自分の場合はAppleWatchを接続していたためか、←のような表示になりました。

「iPhone」をタップします。


iPhoneの設定画面が開き、「iOS Beta Software Profile」というプロファイルが表示されます。

右上の「インストール」をタップします。


パスワードを入力して進みます。


またもや定番の規約(英語)が表示されます。

まぁもう雰囲気で読んで右上の「インストール」をタップします。


再起動を要求されます。


再起動完了でプロファイルのインストール完了となります。
これはあくまでApple Beta Software Program用のプロファイルをインストールしただけです。
これを入れるだけで再起動後に最新OSのベータ版が適用されるという訳ではありません。


iOS 11 パブリックベータ版をインストールする方法

対象端末にご注意を

当たり前ですが、iOS 11に対応している端末を使う必要があります。
iOS 11は64bitデバイスしか対応していません。

iPhoneだと5s以降(5cは非対応)です。
iOS 11に対応している端末の詳細などは↓の記事をチェックしてみてください。

関連記事:【iOS 11】アップデートできるiPhone・iPad・iPodまとめ


ダウンロード&インストール

ここからは、iOS 11対応端末&iOS Beta Software Profile(プロファイル)がインストールされている前提です。

プロファイルのインストールなどを行ってない端末は↑に書いている手順で先に準備しておいてください。


バックアップはお忘れなく!

公式からもちゃんと案内がありますが、バックアップはお忘れなく。
バックアップさえあれば、元のiOSに戻したい時も簡単にできるようになります。

メイン端末じゃないので壊れたり、元に戻らなくてもOKという人も別にバックアップを取っていて損はしないと思います。


設定 > ソフトウエアアップデートから行う

設定を開きます。

中にある「一般」をタップします。


「ソフトウエアアップデート」をタップします。


「iOS 11 Public beta」があればOKです。
インストールして問題なければ「ダウンロードとインストール」をタップします。


ちなみにiPhone 7でやってみたところ、iOS 11パブリックベータ版のファイルサイズは1.9GBとけっこうなサイズでした。
メジャーアップデートなのでまぁ当たり前といえば当たり前なんですが。

登録したiOSデバイスを解除する方法

登録したiOSデバイスの解除は、プロファイルを削除することでできます。
iOS端末単体でサクッとできるので簡単です。

メイン端末を登録した人は、ある程度遊んだら解除して元に戻しておくことをオススメします。
詳細は↓の記事に書いているので戻したい人はチェックしてみてください。

関連記事:Apple Beta Software Programに登録したiOSデバイスを解除する方法


無料でできるので環境があえばApple Beta Software Programを試してみては?

ベータ版とはいえ、無料でAppleの最新OSに触れることができるApple Beta Software Program
正式版の配信まで待てない!使ってみたい!という人はそんなに敷居も高くないのでオススメです。

ただ、何度も書いていますが、メイン端末をやるのはあんまりオススメしません。
もちろんバックアップ必須で元に戻せる道を作ってからやるというのもアリですが、万が一元に戻せなかった時は涙モノ。
戻すのも面倒ですし。

自分の環境とあえばAppleの最新OS(ベータ版)を触れるプログラムに参加してみてはいかがでしょうか。

[リンクと関連記事]
Apple Beta Software Program
【iOS 11】アップデートできるiPhone・iPad・iPodまとめ
【Android】Android Beta Programから最新OSをインストールする方法


< この記事をシェア >




usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m


この【iOS 11登場!!】Apple Beta Software Programに登録してAppleの時期OS(ベータ版)を無料でインストールする方法。誰でも参加できるの最終更新日は2017年6月28日です。
記事の内容に変化やご指摘がありましたら問い合わせフォームまたはusedoorのTwitterまたはusedoorのFacebookページよりご連絡ください。

キーワード:apple , Apple TV , iOS , iOS 11 , iPad , iPhone , macOS , tvOS , スマートフォン ,






usedoorTOPへ戻る

usedoorをフォロー


  • 注目の使い方

    【マジ便利】LINEで自分一人の『ぼっちグループ』の作り方、有効活用方法 – LINEが自分専用のメモ&クラウドストレージみたいになって超便利

    「ぼっち」といっても寂しい訳じゃないんです。LINEは一人でも有効活用できるという小ワザ。もちろん無料


    『Google Home Mini』をおトクに購入する方法 – 販売店舗&キャンペーンまとめ

    楽天ブックスとヤマダ電機、ビックカメラで半額キャンペーン中!税込3,240円で買えるぞ!


    【半額で買える!?】ソフトバンクの「iPhone 8 / 8 Plus」を発売日に安くおトクに購入する方法 – 価格、割引、クーポン、キャンペーンまとめ

    もしかしたら「機種変更限定ポイント」が付与されているかも!?iPhone8が半額になるプログラムも登場


    注目の記事をぜんぶ見る

  • 最新記事

    【ドコモ】12月16日からもっと値下げ!iPhone 7/ 7 Plusの契約別価格まとめ&おトクに購入する方法

    ついに一括648円の契約まで… 多分ドコモのiPhone 7の最後の値下げです


    auのスマホをSIMロック解除する方法 – iPhone XのSIMロックを解除したお話

    2017/12/1からauでも即日SIMロック解除できるようになりました。


    【意外と音がいい!!】GoogleHomeをBluetoothスピーカーとして使う方法 – ペアリング方法&本体で音楽の操作もできる

    低音がいい感じ!Googleアシスタントに飽きた人は普通にBluetoothスピーカーとして使ってみては?


    最新記事をもっとチェック

  • 使い方 カテゴリー

    暮らし
    趣味
    節約・稼ぐ
    WEB
    デジタル
  • キーワード

    Amazon Android apple au Chrome iOS iOS 8 iPad iPhone iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 6s iPhone 6s Plus iPhone 7 iPhone X iPhoneおトク Kindle MNP PC SIMフリー SoftBank Windows windows 10 オトク キャッシュバック クーポン スタンプ スマートフォン セキュリティ ソフトバンク タブレット ドコモ ドコモオトク ドコモオンラインショップ レビュー ワイモバイル 写真 削除 動画 新規契約 機種変更 注目・ピックアップ 無料 登録 非表示
  • usedoorをフォロー


  • あわせて読みたい記事