【リアルタイム更新】iPhone Xの在庫状況をチェックする方法 - ドコモ・au・ソフトバンク

最終更新 [2017年1月26日]





AirPodsのように左右独立型となっていてBluetooth 4.2で接続するワイヤレスイヤホンSoundPEATS「Q16」の使い方、レビューです。

SoundPEATSさんよりBluetoothワイヤレスイヤホン「Q16」のレビューの機会を頂きました。
Q16は、AirPodsのように左右のイヤホンが独立しているタイプのワイヤレスイヤホンです。

iPhoneおよびAndroidで使うことができ、ノイズキャンセリング&ハンズフリー通話にも対応しています。
Bluetoothは4.2が採用されています。

ということでAirPods風の左右独立型&Bluetooth接続のイヤホンSoundPEATS「Q16」のレビュー&初期セットアップなどの使い方を書いています。
購入を検討している人はレビューを参考にしてみてくださいな。


【左右独立型Bluetooth4.2イヤホン】SoundPEATS「Q16」の使い方、レビュー

特徴やスペック

基本スペック
サイズ 48×40×32mm
重さ 約12g
待機可能時間 約180時間
再生可能時間 約6時間
対応端末 iPhone / iPad / Android
その他Bluetooth対応機器
Bluetoothバージョン 4.2
コーデック対応 AAC、SBC
対応プロファイル HSP、HFP、A2DP、AVRCP
防水性能 IPX4等級(生活防水&防汗仕様)
ノイズ対策 CVC6.0ノイズキャンセルテクノロジー
保証 メーカー12か月
その他 マイク内蔵でハンズフリー通話ができる
(距離は10mまで可能)
iOS端末からバッテリー残量を確認できる
価格 3,909円(記事作成時)
URL 【完全ワイヤレス】SoundPEATS Bluetooth4.2 イヤホン「Q16」 – Amazon

左右独立型だけじゃない。ワイヤレスイヤホンとしての性能は十分

SoundPEATS「Q16」のスペックは↑な感じ。
ワイヤレスイヤホンとしての基本的な部分はすべて抑えつつ、Bluetooth4.2搭載やマイク内蔵、ノイズキャンセリング、防水性能も搭載しています。
iPhoneユーザーでも満足がいくようにAACコーデックにも対応しています。

本当に完全独立型

特徴はなんといっても左右独立型。
完全に独立しているので、左のイヤホンのみ電源オンとかもできます。
ただし口述しますが、右のイヤホンでペアリングを行うので、右のイヤホンを紛失すると危険なことになります。。

AirPodsライクかと言われるとデザイン的にはそうでもないですが、Androidでも使える独立型イヤホンというのがいいと思います。
価格もAirPodsの16,800円(税別)と比べるとかなりお値打ちな約4,000円(記事作成時)となっています。

同梱品一式

SoundPEATS「Q16」の同梱品一式です。
・本体
・キャリングケース
・イヤーパッド(3サイズ)
・説明書(日本語非対応。。)
・充電要MicroUSBケーブル(二股仕様)

SoundPEATSのイヤホンには定番?のロゴ入りキャリングケースが付いています。
イヤーパッドもちゃんと3サイズ用意されています。

ちょっとビックリしたのは、充電ケーブル。
接続部分は、MicroUSBなのですが、1USBから二股分岐で2つのMicroUSBの口がついています。
プチキングギドラ。
充電の詳細は後述します。

説明書は残念ながら日本語には対応していませんでした。

完全左右独立型。充電も独立。ボタン類もどちらにも搭載

Q16は完全に左右独立型のイヤホンです。
音楽や通話を操作できる再生/停止ボタンやボリュームキーなども左右どちらにもついており、どちらからでも操作することができます。
右利きの人も左利きの人も操作がラクチンです。

充電方法はコレ。このケーブルを無くすと面倒になりそう。。

左右完全独立⇒充電も独立、となっています。
↑の写真のように両方のイヤホンにMicroUSBを接続します。
AirPodsのようにケースに差し込んで充電というわけではなく、両イヤホンともストレートに充電ケーブルをブッ挿します。
もちろん手持ちのMicroUSBケーブルで充電できますが、その場合はUSB口も2つ必要となるのでこの二股仕様のケーブルは無くさないことをオススメします。

ちなみに満充電までの時間は2時間。
2時間充電で180時間の待ち受け(6時間の連続再生)が可能となっています。

ハンズフリー通話は右イヤホンのみ対応

完全独立型ですが、ハンズフリー通話を行うことができるのは「右イヤホンのみ」となっているのでそこはご注意を。
また、ペアリング時は左右どちらのイヤホンも操作する必要があります。
(詳細は後述しています)

本体のサイズ若干大きめ

イヤーフックでひっかけるタイプなのでちょっとゴツい

Q16はサイズは若干大きめだと思います。
メーカー発表サイズは48×40×32mm。
イヤーフックで耳にひっかけるタイプのイヤホンなのでフックまで含めると縦も大きいですし、本体の厚みもあります。

AirPodsを持ってないので比べられなかったのですが、身近にあったポケモンGO Plusと並べてみました。
(比較物が微妙な感じでごめんなさい。。)

若干ゴツいなとは思いますが、このサイズなら紛失しづらいと思います。

イヤーフック形式なので落ちることはまずない

AirPodsとは違い、イヤーフックでひっかけるタイプのイヤホンなので耳から落ちるということはまずないと思います。
振動には強いのでランニングなどの運動の時とかでも十分使えます。


初期設定、ペアリング、操作方法

ボタン配置と役割

ボタン タップ時 長押し時
メインボタン
(マルチファンクションボタン)
音楽:再生/停止
通話:電話を取る/電話を切る
電源オン/オフ
ペアリングモードへ(右のみ)
+ボタン 音量アップ 曲送り
-ボタン 音量ダウン 曲戻し

Q16のボタン配置と操作は↑のようになっています。
この3つのスイッチが左右どちらにも搭載されています。
音楽などの操作はどちらで行っても問題ないですが、ハンズフリー通話は右のイヤホンでのみできる仕様になっています。
また、↓で紹介しているペアリング時は左右どちらのイヤホンも操作する必要があります。

ペアリング方法

ペアリングは右のイヤホンのみ。ちょっとわかりづらい。紛失はマジで危険

Q16をペアリングするには、最初右のイヤホンを利用します。
ペアリングは左だけではできません。
最初に一度設定してしまえば、大して問題ないですが、右のイヤホンを無くした時は恐怖です。。
紛失にはご注意を。

右イヤホンのマルチファンクションボタン(真ん中のボタン)を長押し

音声案内があるので耳に付けて操作した方がいいと思います。
右イヤホンを電源オフの状態で取り出し、真ん中のボタン(マルチファンクションボタン)を長押しします。
数秒押していると「パワーオン」という音声が流れます。
音声が流れた後もボタンから手を離さずに真ん中のボタンを押し続けます。

本体裏のLEDが赤⇔青の点滅になったらペアリングモード

右イヤホンの本体裏のLEDランプが赤色と青色で交互に点滅すれば、ペアリングモードです。
iPhoneまたはAndroidなど接続するスマホのBluetooth設定を開きます。

接続するスマホでQ16を見つけてタップすればOK

Q16と接続するスマホのBluetooth設定を開きます。
今回はiPhoneと接続してみました。

新しい機器のところに「Q16」と表示されればOKです。
あとはタップすればそのままペアリングされます。


左のイヤホンを接続する

ペアリングが完了したら、左のイヤホンの真ん中のボタン(マルチファクションボタン)をLEDランプが青色で点灯するまで長押しします。
これで左のイヤホンと右のイヤホンがつながります。

これでペアリング完了となります。
ペアリングはちょっとわかりづらいですが、一度やってしまえば終わりなので我慢ということで。


SoundPEATS「Q16」の音質や接続、操作性など

技術的なところはちゃんとカバーされている。クリーンな音質

Bluetooth4.2、AACコーデック、 CVC6.0のノイズキャンセリングなど技術的なところはサポートしています。
音質は、個人的には「高音の方が強くクリーンで低音が響きづらい」という印象。
高級な音質という感じではないですが、かなりクリーンな音質です。
もちろんハンズフリー通話も十分可能です。

完全独立型だけどAirPodsとは違うもの、という認識の方がいい

金額を抑えた独立型のイヤホン探している人やAndroidで使いたい人にオススメ

現在、左右独立型イヤホンというとやっぱりAirPodsが思い浮かぶと思います。
今回レビューさせてもらったQ16は『AirPodsとは似ているけど違うモノ』という認識の方がいいと思います。
『左右独立型イヤホン』というくくりでは同じかもしれませんが、充電方法やイヤーフックなど形状も異なります。

SoundPEATS「Q16」はこれまでケーブルで左右が繋がっていたBluetoothイヤホンのケーブルがなくなったと考える方がいいと思います。
Androidでも使えますし、ハンズフリー通話対応、イヤホンだけで音楽の操作もできちゃいます。

Bluetoothイヤホンを探している人で首の前または後ろにケーブルが通るのがイヤ、という人にはお値段的にもけっこうアリかなと思います。
ちょっと近未来な独立型イヤホンを探している人は参考にしてみてください。


< この記事をシェア >




usedoorの新着記事をチェック!

記事を書くヤル気が出るのでフォローよろしくお願いしますm(._.)m


このAirPods風?左右独立型のBluetooth 4.2ワイヤレスイヤホン『SoundPEATS Q16』のレビュー – 使い方やペアリング方法の最終更新日は2017年1月26日です。
記事の内容に変化やご指摘がありましたら問い合わせフォームまたはusedoorのTwitterまたはusedoorのFacebookページよりご連絡ください。

キーワード:Android , bluetooth , iPhone , Q16 , SoundPeats , イヤフォン , イヤホン , レビュー , ワイヤレス ,




同じカテゴリの記事

LED電球で音楽を聴いちゃう方法 – ソニー『LSPX-100E26J』が面白い!

ガジェット

欲しい!欲しいよ!でもちょっとお高いんじゃ…

「Fire TV Stick」でAndroidの画面をテレビなどの大画面に映し出すミラーリング方法 – Miracast

ガジェット

スマホがミラキャストに対応していればFire TV Stickに一発でミラーリングできる!

chromecastをリセットして初期化する方法

ガジェット

chromecastがバグった時や人に譲る時は初期化必須です

『Google Home』をおトクに購入する方法 – 販売店舗&キャンペーンまとめ

ガジェット

Google謹製のスマートスピーカーついに日本上陸!今、ビックカメラとヤマダ電機で買うと半額!




usedoorTOPへ戻る

usedoorをフォロー


  • 注目の使い方

    【ドコモ】12月16日からもっと値下げ!iPhone 7/ 7 Plusの契約別価格まとめ&おトクに購入する方法

    ついに一括648円の契約まで… 多分ドコモのiPhone 7の最後の値下げです


    【Google製】ギガが減らない!モバイルデータ通信量を節約してくれる無料アプリ『Datally』の使い方

    英語だけど初期セットアップさえ終わらせればワンタップなので問題なし!通信制限ひっかかる人にオススメ


    ドコモ『Xperia XZ Premium(SO-04J)』実機レビュー、使い方 – ちょっと辛口めに!!と思ったけど…

    ドコモ2017年夏モデルXPERIAの上位機種!ハイエンドのPremiumを触りまくってみました


    注目の記事をぜんぶ見る

  • 最新記事

    【ドコモ】12月16日からもっと値下げ!iPhone 7/ 7 Plusの契約別価格まとめ&おトクに購入する方法

    ついに一括648円の契約まで… 多分ドコモのiPhone 7の最後の値下げです


    auのスマホをSIMロック解除する方法 – iPhone XのSIMロックを解除したお話

    2017/12/1からauでも即日SIMロック解除できるようになりました。


    【意外と音がいい!!】GoogleHomeをBluetoothスピーカーとして使う方法 – ペアリング方法&本体で音楽の操作もできる

    低音がいい感じ!Googleアシスタントに飽きた人は普通にBluetoothスピーカーとして使ってみては?


    最新記事をもっとチェック

  • 使い方 カテゴリー

    暮らし
    趣味
    節約・稼ぐ
    WEB
    デジタル
  • キーワード

    Amazon Android apple au Chrome iOS iOS 8 iPad iPhone iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 6s iPhone 6s Plus iPhone 7 iPhone X iPhoneおトク Kindle MNP PC SIMフリー SoftBank Windows windows 10 オトク キャッシュバック クーポン スタンプ スマートフォン セキュリティ ソフトバンク タブレット ドコモ ドコモオトク ドコモオンラインショップ レビュー ワイモバイル 写真 削除 動画 新規契約 機種変更 注目・ピックアップ 無料 登録 非表示
  • usedoorをフォロー


  • あわせて読みたい記事